FC2ブログ
2020年4月7日

わたしの故郷は弘前である。4月に入るや、外国では耳慣れない「さくら前線」という言葉をテレビを通して聞かれ、日本列島は南から北へ北へとさくらの花で埋め尽くされて行く。

南でさくらが咲く頃、北国はまだ早春で長い冬の衣を脱ぎ捨てるのを今か今かと待ち構えている。春の訪れとともに一斉に芽吹き花を見ては、毎年決まってポルトにいながらわたしは日本の春を、さくらの春を、さくらの弘前を恋い焦がれるのである。

「敷島の やまとごころを人問わば あさひににおう山桜花」
 
本居宣長の歌である。若い頃は外国に憧れ、大和心のなんたるかに考えてみることもなかった。ポルトガルという異文化に長い間身を置いて初めて自分の日本人のルーツに心を向け始めたと思う。

その折に、この本居宣長の歌はあたかもペンから一滴の青インクが透明の水の中に滴り落ちて、静かに環を広げて行くかのように、わたしの心にやって来たのである。

本居宣長のこの歌には、色々な解釈があるようだ。「やまとごころ」を「武士道」と照らし合わせる解釈もあるが、わたしはもっと平たく、日本人の心と解釈している。

日本人の心とはなんであろうか。祖国を40年以上も離れて異国に住む一人の日本人として桜についてちょっと書いてみたいと思った。

作家曽野綾子さんのエッセイに、4月に成田上空にさしかかった時の経験を書いたものがある。

曇り空の下に点々と枯れ木にしか見えない木々があった。大変だなあ、今年はあんなに木が枯れた、と思ってからギョッとしたのだそうな。 ひょっとすると桜ではないかと。

果たしてその通りで、飛行機が次第に高度を下げて行くと、枯れ木としか見えなかった木々がわずかに色彩の変化を見せ、桜となったのだそうだが、機内の外国人客は、誰一人としてさくらに反応を示した様子は見られなかった。

この時初めて、桜は花の下で見るものなのかもしれないと思った、(ここまで要約)と。

わたしはこれを読んだ時、軽いショックを受けると同時に、日頃、日本語クラスで日本文化の話に及ぶとき、ついつい「さくら」の美しさを、目を細め熱っぽく語ってしまう自分の姿を思い起こしたのだ。

桜への思い入れは、日本人独特のものではないだろうか。そうして見ると、秋の紅葉や真っ白い雪の中に映える「寒椿」等にも、わたしたちは心惹かれるように思う。このような光景を思い浮かべるだけでもわたしの胸には美しき天然へのなんとも言われぬ懐かしさがこみ上げてくる。

詩人、大岡信さんが京都嵯峨野に住む染色家、志村ふくみさんのことを綴っている。美しい桜色に染まった糸で織ったその着物のピンクは、淡いようで、しかも燃えるような強さを内に秘め、華やかでいながら深く落ち着いている色であった。その色に目と心を吸い込まれるように感じた詩人は、桜から取り出した色だという志村さんの言葉に、花びらを煮詰めて色を取り出したのだろうと思ったのだそうである。

しかし、それは、実際には、あの黒っぽいごつごつした桜の皮から取り出した色なのだった。しかも、一年中どの季節でもとれるわけではなく、桜の花が咲く直前のころ、山の桜の皮をもらってきて染めると言う。

「春先、木全体で懸命になって最上のピンクの色になろうとしている姿。花びらのピンクは幹のピンク、樹木のピンク、樹液のピンクであり、花びらはそれらのピンクが、ほんの尖端だけ姿を出したものに過ぎなかった」(要約)

この詩人は、「言葉の一語一語は桜の花びら一枚一枚だと言ってもいい。これは言葉の世界での出来事と同じではないかという気がする」と言うのですが、わたしは詩人のエッセイにも、そして嵯峨野の染色家にも、いたく心惹かれて、ずっとこのエッセイに書かれてある言葉が心に残っている。

さくらに限らず、異国の町を車で走りぬけるときも、日本ほどではないが、それなりの季節の移り変わりを見せてくれる景色はある。車を走らせながらも、目前に広がる大きな並木道に 「あぁ、きれい。春やなぁ。秋やなぁ」と、思わずその移り変わる季節の匂いを空間に感じる。

とは言え、ひとひらの花びらを、一枚の紅葉を、そっと拾い上げて日記に仕舞い込む。ポルトガルの生活の中で、こんなことを密かにしている人は、何人とはいないであろう。

そんな時、わたしは自分の中のやまとごころがふと顔を出すように思う。密かに語りかける自然の声が聞こえる気がするのだ。大自然が広がるアメリカやカナダにも、そういう人はいるだろうが、わたしのような、極々一般の人間でも、そういう感覚を多くの日本人は持っていると思う。花を愛で、はらはらと散り逝く花の潔さと儚さに美学を見るのは日本人の特性なのだと異国に長年住んで今はしきりに思える。

我が故郷弘前の今年のさくらまつりは、今回のエピデミックで中止とのこと。人混みにまみれて眺めるさくらもいいが、独り占めの3000本の桜花を下を歩くなんて、なんと贅沢なことだろう。

これまで弘前の桜見たさに何度か春の帰郷を試みたが、満開の桜を見ることは叶わなかった。もう一度、もう一度、訪れてみたいと、このさくら吹雪、花筏を夢見ている。日本は美しい。

 
高校時代もよく歩いたので公園の中は全て見知っている。

                          この記事は2014年のものを書き直しました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年4月6日

ポルトの植物園
ポルトの植物園の初夏

人を非難するのを潔しとしませんが、あまりにひどい話ではあります。

中国がフランスに10億枚のマスク出荷を表明。ただしファーウェイの5G購入(わたしは人体に被害を及ぼす可能性大の5Gに反対)を条件に付けた、とのこと。アメリカも高い値を吹っ掛けられても買うしかありません。

全くもってマスクの争奪戦とは情けない。これが人件費が安いからとなんでも中共に依存してきたことのツケ。火元を作っておいて今感染の大いなる被害を被っている国々にこの傲慢なやり方は酷い。火事場泥棒ではないですか。こうなるとグローバリズム、目も当てられません。

検査キットのエラー率も高く、返品する国々も増えています。わざと不良品を送っているのではないか、ひょっとして故意にウイルスを付着させていないか、などとつい疑ってしまいます。世界もこれで中共の正体見たりと少しは覚醒するでしょうか。

さて、今週木曜日から5日間、イースター期間中、居住区域を出てはいけないことは既に書きました。車で10分たらずのいつも利用している二つのハイパーマーケットは、いずれも区域が違うので、買い物は近くのマーケットで間に合わせることになります。

そこで、今日は10日間、買い足しに行かずに済ませようと、ハイパーマーケットへ行くことにしました。三日前に出かけたスーパーは、自宅待機が始まった頃と比べて随分人が多かった気がしました。しマスク姿もたくさん見かけたので、一体どこから手に入れてるのかと不思議に思っているのです。

みなさんほとんどマスクをしていなくても人が少ない場合と違い、ほとんどがマスク姿なのに、自分だけがしていないと不安になって仕方ありません。そこで、即席マスクをしてみました。どうだ!

mask1.jpg

これは、ネックウォーマーなのです。家で試しにしてみたのですが、お、行けるじゃん。これでなんとかなるかも。もちろん、下にはガーゼをあてます。(これだと、結果、暑すぎた

が、実際に出かけた格好は、メガネでなくグラサン。それを目にした夫、「おい、それ、銀行強盗かテロリストに見える・・・」^^;

ええのええの、コロナもらうよりなんぼか増し。自分の姿は自分には見えませんからね、いたって平気。これで今日は買い物してきました。

買い物も後が大変です。いつもなら、しんど~と大きな買い物袋をドサっと台所台にしばらく置きっぱなしにするのですが、このところ、帰宅後すぐに買って来た物のそれぞれの袋をアルコールで拭き、果物野菜類は水で洗い、それから冷蔵庫、冷凍庫へ入れますから、一仕事です。

ちょっと神経質になり過ぎてるかな?と思うものの、こういう時はそれくらいが多分いいのではないかと思い、せっせとしてます。

ガーゼハンカチを使って、マスクを作ってみようかな?肝心の丸いゴム紐、持ってたかなぁ・・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年4月5日 

毎日中共ウイルスの話で辟易気味でしょうが、自分のメモとして記録しておきたいと思います。
4月4日現在、ポルトガルの感染者は10524、死者266、回復者75、感染の疑いがあるのは81087となっています。一日も早く終息の日が来ますように。

自宅待機最初の一週間は不安がつきまとい、衛生面でも気が付かないことが多かったのですが、2週間目ともなると、あ、これはこうしなくては、とか、手や衣服、靴の消毒も手順が分かってきます。

その2週間を利用して、勉強でもしようと思ったものの、掃除のおばさんが来てしてもらっていた家事を自分がすることになり、また今までしなくてすんだ昼食作りも入り、日に二回の賄をするのは、準備から後片付けまで入れると、結構な仕事になるもので、結局、勉強とやらはこの2週間できませんでした。

その間、ボランティアでオンライン授業を思いつき、準備することでやはり自分は教えるのが好きなのだと改めて思った次第です。こんな風にしようか、あんな風にしてみようかと授業方法を考えると時間がたつのを忘れます。

昨日はオンライン授業の2回目でした。

自由参加なのですが、中級クラスは6人、初級2年目のクラスは8人の出席でした。

中級クラスについては、通常短作文などその場で書いてもらいわたしがチェックしながら、一人一人簡単なアドバイスをしたりしてきましたが、オンラインではそれが難しい。

そこで、これを機に、書くのは宿題にしてオンライン上でそれぞれ口頭で短作文を言ってもらうことにしました。これが日本語を話すことにつながらないかなぁと思っているのです。

読み書きができても話すとなると、めったに日本語を耳にすることがない環境では、話すことはどうしても難しいのです。

もう一つは、テキストに使っている文章の翻訳を宿題としてしてもらうことです。作業はパソコンでしてもらい、それをメールで送ってもらいます。それだと、パソコンでこちらの書き込みもできそうです。

初級クラスについては、板書が重要だと思うのですが、ホワイトボードは我が家では使っていないもので、黒板使用です。

が、わたしが持ってるWebカメラは古く、チョークで書いた字がよく見えないので、大事な文型、文法の留意すべき点は、下のように、カードを作りに大きく書き注意を促すようにしてみました。

online1.jpg

きちんとしたオンライン授業は、色々なアイテムを利用してうまくできるのでしょうが、身近にあるもので間に合わせようとするアナログ人間ですからね。生徒には我慢していただきましょう。

オンライン授業は回を重ねるごとに生徒たちも慣れて行き、わたしも彼らも、いつ終わるか分からない自宅待機の時間を利用して楽しめるようになるかも知れないと思い始めています。

場合によっては、このままオンラインルームが続けられ、授業とは別に日本語専用のチャットルームになってくれてもいいかもな、と思っています。

我がモイケル娘の日本語教育に、実はわたしはこのチャットルームの方法を使ったのであります。次回はそれをあげたいと思います。

自宅待機3週目に入り、日本のことが今は心配になっていますが、できることをして待つほかはないと観念しつつあります。
ではみなさま、できるだけ外出をお控えくださいませ。

ではみなさま、また明日。
ランキングクリックしていただけると、励みになります。
お時間あらばよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年4月4日 

来週は9日の聖木曜日からPascoa(パスコア=イースター)です。例年ならどこでも家族一族が集まってキリストの復活を祝うのです。

わたしたちも夫の一族が義姉宅があるアヴェイルに集まり昼食をするのが習慣です。 が、ポルトガル政府は今回の武漢ウイルスパンデミックを受けて、9日から14日までパスコアの間は、これまでの「家にいろ」の非常事態宣言を更に厳しくし「居住区域を出るな」を発表しました。

既に5人以上の集会は禁止されているのですが、2週間の自宅待機も過ぎ、2度目の2週間自宅待機に入るとどうしても国民の気も緩みがちになります。おまけにパスコアとなると、ついつい、近くにいる親戚同士が集まらないとも限りません。それを見越しての政府のお達しです。

昨日、一週間ぶりに買い出しに出かけたのですが、これまでの2週間の静寂さに比べて、なんだか少しですが、人の話し声が聞こえ、車の往来が増えたような気がします。

出かけたスーパーも、え?と思うような人の多さでした。そして、マスク姿の人をたくさん見かけめましたが、一体どこから手に入れてるのでしょう。どこでも売っていないのですよ。このスーパーには怖いのでしばらく行かないことにしました。

医療関係者からもらってるのでしょうか?夫は病院勤めですが、今はマスクが医療機関でも足りないのを知っていますから、それをこっそり持ってこいとは言えないです。

マスクするに越したことはないが、それが足りない今はマスクは感染者、病院関係者用に使われるべきだ、と言います。

こういうのって正直者はバカを見る、とでも言う?マスクが病院から盗まれたという話もありますから、抜け目ない人というのはいずこにもいるものですね。

さて、先ほどのニュースでポルト市は今回の武漢ウイルスゆえ、毎年6月23、24日に催されるサン・ジュアン祭りの中止を決定たしとのこと。

saojoao2019_5_1.jpg
2019年ダウンタウン、サンベント駅周辺。向こうの空が赤いのは夜12時に上げられる花火。

010_1.jpg
食べて歌って飲んで踊って。街の至る路地で見かけるサン・ジュアン前夜祭の様子。

今年は春も夏もただ時間が通り過ぎるだけです。

わたしも武漢ウイルス以前に既に予定して購入してある6月22日の日本行切符で、果たして帰国できるかな? まぁ、言っても仕方ないけれど、返す返すも残念な中共のお粗末さではあります(怒)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年4月3日 

4月2日現在で、ポルトガルの中共ウイルスによる感染者と確認されたは9035(うち北部が5338近く)、死者209(北部107)、回復者68(北部16)、感染の疑いがあるのは全国で66895人近くです。

非常事態宣言を受け2週間外出禁止だったのが、ポルトガルは更に2週間、4月17日までの延長が発表されました。2日前には中共からのマスク、呼吸機器などがポルト空港に入荷しましたが、欠陥品でないことを願うばかりです。

以前から常々思っていたことは、米、ジャガイモなどの日常生活の基本的な食糧(野菜も果物もポルトガル国品より外の国のものが多く売られている)や今回のようないざという時の医療機器などの必需品は自国で生産製造できるものは、他の国に全面的に依存すべきではないということです。

グローバリズム拡大で、安くあがるからと、猫も杓子もあれよあれよという間に先進国が中共に工場を造り、自国民の失業率に影響を及ぼし、おまけに苦労して得た独自の技術をかの国に容易に盗まれてきたではないですか。

以来、便利だと思われるものがあらゆる分野で安価で市場に出回り、最後にはもはやMade in Chinaしかない、というような状況になってしまいました。

今、色々な国で衛生マスク、医療呼吸器がいる事態に陥り結局は感染源の中共を頼らなければならないとは。迷惑をかけたと詫びるどころか、それらをあちらこちらに売りつけて恩に着せる卑しさです。

グローバリズムもオーバーツーリズムも、気が付けばまるでシロアリにあちこち食いつぶされて終わったという具合にならないためにも、ここらあたりで中共にたいする認識が改められるべき時期だと考えます。

以前のような日常生活が送れるようになるまで、あとどれほどの時間がかかるのでしょうか。ポルトガルもさることながら、日本も心配です。みなさま、くれぐれも用心なさり、外出はお控えくださいませ。

この歌にあるようにポルトを楽しめる日が一日も早く来ますように。

Porto Sentido by Rui Veloso
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ