2017年6月23日 

ポルトガル語では「Festa de São João(フェスタ・デ・サン・ジュアン)」と言います。「サン(聖)・ジュアン」とは、ヨーロッパでも最も祝福されるといわれる洗礼者ジュアンを指します。

ジュアン、ジョーン、ジャン、ジョン、イワン、シーンと国によって呼ばれ方は色々ですが、聖書の中でキリストに洗礼を授けたヨハネです。また、オスカー・ワイルドの「サロメ」でもヘロデ王が彼女に褒美として取らす「ヨハネの首」が描かれています。

ポルトガルの町は、それぞれが守護神を持ちます。例えば、リスボンはサント・アントニオを守護神と掲げ、その生誕日6月13日の前夜祭には目抜き通りのリベルダーデ大通りを、リオのカーニバルに匹敵するような、盛大なパレードが練り歩き、大変な人出で賑わい、この様子はテレビでも一晩中放映されます。

ポルトの守護神は聖ジュアン、つまりサン・ジュアンです。ポルトガル語の「São」は、「聖なる、聖人」を
意味し、後に来る名前によって「São=サン」もしくは「Santo=サント」となります。

6月24日が聖ジュアンの生まれた日と言われ、祭りは23日の前夜祭です。ポルトのサンジュアン祭りは、リスボンのサント・アントニオ祭りと趣が違い、見せて見て楽しむのではなく、市民が町に繰り出して思い思いに楽しむと言うローカル色のアットホームな雰囲気があって、なかなかよろしいようです。

サンジュアン祭

サンジュアン祭りの中心は世界遺産指定されている区域、これこそポルト!と言われるドウロ川べりのRibeira(リベイラ)と、昔ながらのサン・ジュアン祭りが楽しめるフォンタイーニャス(Fontaínhas)

サンジュアン祭

前夜祭には、二重橋D.Luis Ⅰ(ドン・ルイス一世)橋を背景に、華やかな花火が打ち上げられ、祭りは明け方まで続きます。

マンジェリコ(鉢植え植物)、にんにくの花かプラスティックのピコピコ・ハンマー、そして鰯の炭焼きは、サンジュアン祭りの三種の神器だわたしは呼んでいます。

6月23日が近くなると街のあちこちで売られるピコピコハンマー
サンジュアン祭

サンジュアン祭
↑かつてはプラスティックのピコピコハンマーでなくて、このにんにくの花で行き交う人の頭をぽんぽん叩いたものです。

サンジュアン祭
↑マンジェリコは「くるま花科」と辞書にありますが、この時期、どこの家庭でも手に入れて屋内に置きます。独特の香りをもち、人々はこれに手をかざして香りを掬い取り、その香りを愛でます。ちょっと日本の香道の仕方に似ていませんか?

マンジェリコに小さな旗が挿されているのがよく見かけられますが、それにはサンジュアン祭にちなんで毎年催される短詩コンテストで入選した詩が書かれてあります。日本で言う短歌でしょうか。恋の詩がたくさんあります。

祭りの三種の神器にもうひとつ加えたいのが、サン・ジュアンの熱風船(Balão de São João)です。

サンジュアン祭

サンジュアン祭

こうして夜空に熱風船を飛ばすのですが、これが、先日の山火事惨事故、今年は禁止のお触れが出ました。破った者は個人だったら5000ユーロ(約60万円以上)、集団でした場合は最高6万ユーロ(700万円以上)もの罰金が科せられるとのこと。前夜祭の夜はその摘発のパトロールが行われるそうです。

こんな風にして古い習慣が失われていくのは残念なことではありますが、惨事の元になり得るとなれば致し方ありませんね。

下記では、2015年のサン・ジュアン祭りの様子と熱風船をあげています。
サン・ジュアン祭2011」  

そして、最後になりましたが、サン・ジュアン祭りの主役の鰯です!
サンジュアン祭

これがご近所で街中のいたるところでと、鰯を焼く匂いでとても家の中におられたものではありませんです。それから逃れるためにも、我らも街へと繰り出すのであります(笑)

明日はこの祭りの起源についてです。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックをして応援をお願いできますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年6月19日

山火事のニュースが流れると、また今年もか、一体国は本気で国土焦土化の予防対策を考えているのかと腹立たしい思いになります。

毎年夏になると、乾燥気候と山中の清掃をしないがために大々的な山火事が起きるのです。自然発火が原因になることもありますが放火も多いのです。まだ、本格的な夏到来ではあるまいし、今回も放火の類かと、しかめ面でニュースを見ていましたら、どうも樹木への落雷が出火原因のようです。

yamakaji1.jpg

火災現場はポルトガル中部山間部のペドロガオン・グランデ一帯で、17日午後、強烈な熱波と雨の伴わない雷と嵐の最中に発火しました。1600人の消防隊態勢で昼夜の必死なる消火活動にも拘わらず、火はなかなか鎮圧されませんでした。

報道によると、この山火事での死者はこれまでに子どもを含み62人に上るとのこと。半数はペドロガオン・グランデの住人ですが、幹線道路に向かう路上の車内で30人、炎から逃げようと車外に出たと見られる17人の遺体が発見されています。

yamakaji3.jpg

消火活動の合間に束の間の休息をする消防士たち↑↓

yamakaji2.jpg

死者62人の中には4人の消防士も入っています。近年最悪の森林火災悲劇です。ポルトガル政府は18~20日まで3日間を国喪とする政令を出しました。

ペドロガオン・グランデの位置を地図で見てびっくり、実は近い内に訪れようかと夫と話していたPenela城はなんと、すぐ近くではありませんか。これから乾燥気候に入るポルトガルです、このような火災は山間部であればどこにでも起こりそうに思われ、国内の旅行は山岳地方を夏の間は避けたほうがいい、「Penela」は行きたくないとごねているわたしです。

近年にない痛ましい山火事惨事に、ポルトガルは泣いています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年6月18日
 
元気なうちは異国暮らしも悪くはないが、ちょっと風邪を引いて数日寝込んでしまうなどすると、てき面弱気になります。

自分が台所に立てないのですから、無理して起き上がり、普段着のまま行ける近くのレストランに出かけても、こういう時はまず油っこくそしてボリューム一杯にドサッと出されるポルトガルの食べ物が口に合わない。見ただけで食欲減退です。

これが日本だったら出来合いのお惣菜とか、お弁当とか、お寿司とか、あれとかこれとか、なんとでもできるのになぁ、とつくづく日本食が、いえ、真実は日本が恋しくなるのであります。おっとっと、これ以上言い募ると、つまらない愚痴記事になりますので、この辺で止めて置きましょう。

さて、わたしの日本語の仕事は、月曜日から金曜日までは自宅と某企業の個人授業、土曜日は市立図書館で2クラスを教えるという日程です。終日ではありませんが、一日3レッスンもあれば授業準備時間も入れると5時間くらいにはなります。企業での個人授業が入る日は、車での往復の時間も加わり。帰宅してすぐ次のレッスンにとりかかる、という風になります。

体調が優れない場合は、個人授業に関しては事情を説明してキャンセルができますが、土曜日のグループ授業はそうはいきません。生徒に前日に連絡しても、全員がメールボックスを開くとは限りません。Hotmailなど、送ったメールが届かないこともよくあるのです。

故に土曜日は多少の事情は押して、なんとか出かけることになるのですが、昨日がそうでした。

前夜は授業準備ができず、エイヤ!と早朝起床、シャワーを浴びて準備完了、出勤です。夫には「帰ってきたらきっとすぐさま寝ることになるだろうから、悪いけど昼ごはんは私を待たないで、一人で外で食べてね」と言い残して出かけました。

クラスでは、「風邪気味ですから、今日はわたしの側に近寄らないようにしてください」とあらかじめ警告して授業を無事終え、いつもの如く2時近くに帰宅、ドアを開けたところ、「お帰り」と夫。あら?ご飯まだ食べにいってないの?すると、「一緒に食べようと思って、今日はTake Awayを用意したよ」(Take awayは英国、Take outは米国で、どちらも「持ち帰り」の意味)。

リビングにはすでにテーブルがセッティングされて、串焼き肉とライス、それにサラダが。これは食べないわけにはいかないでしょう。調子が悪くなると食事を抜くのが常のわたしです。なぜかと言うと、しんどいのを押して自分が料理する上に後片付けもそのまま後に回すということができない性分ですから、体調も更に悪化し不機嫌も増加、と相成りますw

わたしが昼食を抜くのを見越してのことだと思うのです。食べる前から「後片付けが~」と言い出すわたしに、いいからいいからとテーブルにわたしを促す夫。何とか昼食を終えて、微熱と安堵と満腹とでわたしはすぐさまソファに横たわり、そのまま寝入ってしまったのでした。


ふと、窓から差し込む赤い光で目覚め、外を覗くと、んまぁ、真っ赤な夕焼け空!
yuyake

やおら起き出して、スマホを手に台所のベランダへ。
少し汗ばんだので後2日ほどで、体調はもとにもどるかな?と感じつつ、寝てる間に、珍しくきれいに片付いた台所を見て、夫にありがとうの思いでありました。

夫が用意してくれた昼ごはんと美しい夕焼けに力を少しもらい、この後作り始めた野菜たっぷりのスープとパン、それに果物が、夜10時半の晩御飯でした。この夕焼けはポルトガル夏時間の9時半なのであります。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年6月16日 

自分でも、あれ?未だ紹介していなかったっけ?と今回は驚きのニコラウ・ナゾニが造ったと言われるラマルダ館(Casa de Ramalde)を取り上げます。

casaramarde
館の背後に見られる塔や正面シンメトリの階段はナゾニの特徴です。

ニコラウ・ナゾニ(Nicolau Nasoni)は、このところ遠ざかっていたわたしですが、これほどの偉業を成し遂げがら最後は貧困のまま一生を閉じたと言われ、その生涯を詳しく知ってみたいと、一時期、ナゾニの建築物を追いかけていたのでした。

当時はポルトガル語に暗かったのに加えナゾニに関する本もなく、今ほどにポルトガルのネット情報はなかったもので、ナゾニの生涯を調べるのには四苦八苦したものです。 彼の墓を突き止めたくて、クレリゴス教会を訪問したのですが、その時管理人から、ナゾニの墓はなく、遺骨はクレリゴス教会の床下に他の遺骨とともに埋められているというのを知らされたのを最後に、自分の日本語の仕事も忙しくなり街を散策する時間がなくなって、そのまま今日まで来てしまいました。ナゾニよ、ご勘弁くだされ。

さて、ポルトガル語ではニコラウ・ナゾニですが、イタリア語ではニコロ・ナゾニ。18世紀のイタリア、トスカーナ出身の画家兼建築家でポルトガルに移住し、ポルトを中心に北部で多くのバロック・ロココ建築物を残した人です。

彼の生涯についてはおいおい書きますが、今日はその作品のひとつ、内部は残念ながら入ることができませんが、外観を紹介します。

ボアヴィスタのラマルダ区域にあり、それでCasa de Ramaldeと呼ばれますが、本来は貴族の館でした。
ファサーダがある表玄関
casaramarde

casaramarde
かつての所有者貴族の家紋が見えます。

ファサーダをくぐって敷地内に入ってみました。庭からの写真です。
casaramarde

casaramarde

館につながった横の部分↑。下は館内にあるチャペル。

casaramarde

casaramarde

別称「Casa Queimada(焼かれた家)」とも呼ばれるように、1809年にナポレオン軍がポルトに侵入した時に、焼き討ちにあったことがあります。ナポレオン軍侵入ついては下記にて紹介していますので、興味のある方はどうぞ。

ボアヴィスタのライオンと鷲

本日も読んでいただきありがとうございます。
よろしかったら、ランキングクリックで応援をお願いできますか?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年6月14日

わたしにしては珍しく、本日は料理の話です。
鶏肉を除き肉類を食することが少なくなり、魚が食卓によくのる我が家です。

が、マーケットで売られる魚の種類は日本に比べると随分少ない。料理法も揚げるのとオーブンで焼くのが多いのだが、できるものなら揚げるのを避けたいと思っているものの、オーブンで焼くとパサつくので、結局オリーブオイルをたっぷり使う、なんてことになります。

わたしはグリルが一番好きなのですが、これがポルトガルでは難しいのです。日本のように台所で手軽に魚が焼けるガスコンロなるものがないのです。

一度などは煙が出ない匂いがしないなどのうたい文句につい釣られ、日本から持ちこんだ魚焼き器も試しましたが、結果はいただけないものでした。家中に匂いが充満し、台所、玄関ホール、果てはリビングルームや部屋の壁まで漂泊剤で拭く羽目になったのにはうんざりでした。

焼けないもので鰯や鯵はやむを得ません、フライにするのですが、大きいものは換気扇を使っても台所に匂いが充満するので小魚を揚げます。そんな訳で、近頃では白身魚を専ら買い込み、ポルトガルではあまりしない「ムニエル料理」をしています。

魚と肉に関しては、わたしは常に隣街のガイアにあるスペイン系デパート「El Corte Ingles」まで出かけます。
果物野菜類はあちらの、猫のエサ等はこちらのスーパーでと、あちこち行くので買出しも楽ではありませんぞ。

さて、昨日は魚を買いにEl Corte Inglesへ行ってきたのですが、近頃は白身の魚の切り身をあまり見かけないのが、少し値段がはる聞いたことのない白身魚が売られていましたので、夕飯にと早速買ってきました。

このムニエルを主食に、野菜スープ、ナスの味噌田楽、アボガドとトマトのマヨネーズ和えサラダと、わたしとしてはメ結構豪華なメニューではあります?

魚を下ごしらえをしたところで、サランラップに書かれてあった名前そどれどれ、日本語でなんと言う魚であろうかと、辞書で調べてみる気になったのであります。普段は食べ物に関してはめったにしないのですが、昨日にかぎって・・・

ポルトガル語で「Rascasso(ラスカッソ)、ラスカッソ・・・」 辞書では出てこなかったゆえ、料理途中にネット検索です。ところが、なかなかヒットしまっせん。

あちこちと調べてやっとのことで出てきたらば、げ!ポ、ポイズンフィッシュ?英語名は「Scorpionfish」、岩陰に棲んでいるので「Rockfish」とも呼ばれ、顔体に棘があり、この棘に刺されたらすぐ病院へ行った方がいいと言われるのだそうです。

rascasso2.gif

いやぁ、見るからに憎憎しげな↑そして、毒々しげな↓


あれのこれのと検索しながらscorpionfishの種類の写真を見ているだけで、毒気にあたったような気分になり、そうそうとその画像rascassokrabarroka.jpg
サイトを閉じたわたしでありましたが、もうその頃には完全に食欲を失い、どうしよう、下準備はしてあるけど料理したくないなぁ、でありました。

「ね、ね。今日買ってきた魚、毒性なんだってよ」と夫に話すと、「売ってたものだろ?大丈夫だよ」

切り身は見た感じがこんな白身なんですよ↓

rascasso1.jpg

味ぽんで味付け、一応食卓にのったRascassoのムニエル4切れではありましたが、結局半分の2切れは残りましたっけ^^;

大丈夫だと思うが、健康にどんな影響を及ぼすか分からない、猫にもこれはあげるまいというので、もったいないけれど、そそくさとゴミ箱行きになったのでありました。

日本にはフグってのがありますが、そちらは食べるときに毒性の注意、Rascassoは獲るときに注意というので、性質が違いますが、西洋フグとても呼んでやろうかしら。いずれにしろ、味はともかくとしてあまりいただきたいとは思わないものではあります。

読んでいただきありがとうございました。
ランキングクリックで応援していただけますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村