2017年9月18日 

息子の帰省中に数日家族旅行をしようとホテルの予約も入れてあったのが、5匹ネコのうちのチビちゃんがお腹の小さな腫瘍を二箇所取り除く手術をし、切開口がなかなか治らず完治に一ヶ月かかってしまい、旅行は中止になってしまった8月でした。

わたしは年に一度日本へ帰国するので旅行は満足としており、どっちでもいいやと思っていたのですが、毎年夏季には旅行をするのが習慣の夫、どうしてもどこか行こうと言うのです。

欧州は、もちろん、全部行ってはいませんが、あちらこちらへ行っているので、取り立ててどこと行きたいところが・・・・あったーー!どういう訳か夫がなかなか二つ返事で、いいよ、と言わないできたローマ!

ローマはもとより大世界なれど、とゲーテも歌っており、塩野七生氏の「ローマの物語」ファン、更にはミケランジェロの暗号がぎっしり散りばめられているバチカンのシスティナ礼拝堂に関する本も読み漁ったことがあるわたしにとり、ローマは生きているうちに是非行って見たいと思っていたのでした。

そこで夫に、他の都市はもうあまり興味ない、ローマなら行って上げる、なんちゃって(笑)
と言うので、ローマに数日行って参るのですが、いつも旅行の手配を依頼するAbreu旅行社から連絡があり、「ボーディングカードの手配済み。明朝は空港の社の窓口へ4:40分ころに来い」・・・・
げ!いやでござんすよ。便は6時半、それに今回のわたしたち、大きな旅行カバンは持っていかないのでボーディングカードを受け取るだけです。1時間前でいいよ、とごねているわたしです。

今回はpcをもって行きませんし、我がスマホは一旦直って帰ってきたものの、再び画面真っ黒 どうにもなりません。

留守中ブログ更新はできませんが、お時間あらば、当サイトの更新不可がしばらく続き、慌てふためいて作ってしまった新ブログサイト、「ポルトガルの空の下で」までお出かけいただいたら嬉しいです。予約記事を入れていますので。

それでは、行ってまいります!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年9月15日

随分前だが、とある雑誌記事に、

ー引用始めー
老後の生活資金は余命と生活費によって決まる。長生きすればするほど多くの資金が必要になる。
寝たりきりや難病になれば多額の介護医療費用がかかる。そうしたリスクを勘案して年間1000万の生活資金を準備し、日本人の最高齢である110歳まで生きると想定すれば60歳からの50年間で5億円の資産を用意しなければならない。
ー引用終わり

これを読んだわたしは、わっはっはと笑うしかなかったのである。5000万でいい、できるものなら生きているうちに拝んでみたいような気はする。しかし、そんなことはまず叶わないと思う方が、わたしたちの場合、まともであろう。

我が子たちの教育選択にあたって、「お金は残せない。せめて教育で」と、9年間のBritish School、日本の通信教育と補習校の学費をも含めて教育に費やした費用は、バカにはならなかった。お金のかかる教育が終わった頃は、今度は親であるこちらは定年である。

もうどんなに頑張っても、雑誌記事に言うような資産など貯まるわけがない。夫の年金でできるだけ病気をしないように生きる方法しか残ってはいないではないか。

読後は少々気が沈んでしまい、数日は「ノーマネー、ノーフリーダム」が頭をグルグル回っていた。この言葉はユダヤ人の格言だそうだ。

以前、土曜日の職場のスタッフたちにその話を振ったことがある。すると、皆口を揃えて言うではないか。
「そら、老後はやっぱり金ですよ。子供を頼らないで、周囲にも迷惑をかけないようにして、万が一の時はホームに入って。こういうことは金がないとできない」
・・・・・・・・・・・・・
あぁ、がっくり。反論する気も起こらなくて、うなだれてしまったわたしでありました^^;

子供をあてにしているわけではないけれでも、いざと言うときに「子供を頼らない」と言うのなら誰を頼るのか、「家族」って何なのか?周囲、つまり「家族に迷惑をかける」と言うのも、わたしには「うんうん」とうなずけないのだ。誰も好き好んで年取って病気になるわけではあるまいし、それが、家族にとって迷惑になると言うのか?

人の病気も寿命もその都度その都度してきた自分の人生の選択につながろう。5億円の資産を持っていたとしても、不慮の事故遭遇や不治の病にでもなったりしたら、もうどうにもならないではないか。楽しむこともせず転ばぬ先の杖のためにひたすら貯蓄に励む人生は、しかしまたどんなものか?

ノーマネー、ノーフリーダムだから老後のために5億円用意しようと言われてもなぁ、実感が湧かないよ。

しかし、この言葉が橘玲(たちばなあきら)氏が書いてあるカンボジアの青年の口から出たのであれば実感が伴う。

わたしも若いときは進学してもっと勉強したかったが、経済的な事情でできなかった。が、それをノーマネー、ノーフリーダムと思ったことはない。勉強する方法は本で独学するなど他にもあるからだ。
わたしならノーマネー、ノーフリーダムを「ノーマネー、ノーチョイス。しかし自由はあるぞ。」と言葉を置き換えるだろう。

わたしの考える「フリーダム(自由)」は、本があり、音楽があり、ネコがいて、夫がいて、まがりなりにも三食、いや、二食だっていい、食べることができ夜露をしのげる家があれば、老後はそれで結構自由だと思っている。

と、「ノーマネー、ノーフリーダム」に何とか反撃してみるのだが、やっぱりダメ?5億円なんて無理言ってもらっても困るんだが・・・^^;

おしまいに、わたしの心をきゅっと泣かせたアジアの国の、とある一枚の画像を。ノー・マネー、ノーチョイス、しかし学ぼうとする意思と自由が少なくともある。頑張れよ。
mcs_R-1.jpg
Wikiより

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年9月12日 
8月25日から突然FC2ブルグ画面で文字が重なって見え、ログインもできなくなっていました。

最初は自分の操作ミスかと思いFC2に問い合わせをしたのですが、何しろログインできないので仕様がありませんでした。
色々聞いてみると、日本からはブログ画面が異常なし、ログインもできる、しかし、自分のパソコン、夫のパソコンからアクセスすると画面が上記に書いたような状態で、他のFC2ブロガーさんのサイトを訪ねてみると、
無料サイト(恐らく)が、こちらのpcではやはり同じ状態になっていました。
そこで、これはこちらのプロバイダーの問題であろうかと判断し、8月28日の「お知らせ」を我がモイケル娘に書き込んでもらい下記に案内したgooブログに移ったのですが、なんと今日アクセスすると、通常に戻っている!!!

どうしてくれるねん!二ヶ所もブログ、設けたじゃん!
さて、どうしましょ?
どちらかをミラーサイトにするか、もしくはテーマを別にして記事を上げるか・・・と言うのは、更新していないに拘わらずアクセスはありますので。 このまま更新を続けながらどのようにするか、しばらく考えて見ます。
で、本日はとりあえず、この記事をあげます。

タパスレストラン「BeHer」

市立図書館での土曜日の日本語コースは今年は9月の第4週目からになり、土曜日をまだのんびりしているところです。 先週土曜日は、日本の知人に以前から依頼されていたアライオロス(arraiolos=ポルトガル南部の伝統的なハンドメイド絨毯のこと)の糸を探しにダウンタウンへ行って来ました。知人が言うにはアライオロス絨毯を作っているのだが、糸が足りなくなったと言うのです。

糸を売っている手芸店そのものが少ない上に指定の色があるもので見つからず、終いにはサンタ・カタリナ通りにあるアライオロス絨毯を売っている店へ足を運びました。

この店は随分昔に一度雑誌記事にするために取材にでかけたところでもあります。事情を話すと、嬉しいことに南部のアライオロス市から取り寄せてあげよう、と言ってくれました。

今日はその帰りに偶然見つけて寄ったタパスレストランの紹介です。

土曜日は仕事がなくゆっくり寝ている夫を横目に、わたしは10時からの図書館での二クラス授業に出勤します。帰宅はほぼ2時近くで、それからどこかのレストランに向かうには時間的に間に合いません。

それですぐ近くにあるレストランがわたしたちのキャンテーンみたいなものになっているのですが、かつてはよく気に入りの「タパス・レストラン」にも出かけたものです。12時半に開店し3時には一旦閉店するというレストランと違い、「タパス・レストラン」は一日中開いていますから。

タパス(tapas=tapaの複数形)はスペインの料理で、言ってみれば日本のおつまみのようなものです。魚肉、ハム類、卵、野菜、チーズ等を使った多種類の小皿料理で、主食を必要としません。色々な料理も少量だと、小食のわたしも食べられるというものです。
2017-10-2.jpg

ところが、ポルトで行きつけのタパス・レストランを見つけると、しばらくすると閉店してしまうのです。思うに、小食のわたしにはよくても、ガッチリ食べるポルトガル人にはタパスレストラン量が少ない上に高いので人気が出ないのでしょう。今ではタパスレストランはほぼ姿を消しました。

ポルトガル式のタパスこと「Petisco」はあるのですが、タパスと比べ種類が少ない。たまにはいいんですけどね。
前置きが長くなりましたが、先週土曜日はアライオロス絨毯店まで付き合ってくれた夫と二人、帰りがけに車を駐車したSá de Bandeira通り(サンタ・カタリナ通りと平行する道)へ向かっていくと、あれ?と目に付いたのが上の写真です。

タパスレストラン

どうやら新しいようで、外から中をチラリ覗いてみて入ろうとなりました。

ウエイターさんと話してみるとスペインからの進出で、数ヶ月前にオープンしたとのこと。
タパスレストラン
ビールはMahouというスペインのブランドでした。読み方は「マオウ」だそうです。飲んでみると味はなかなかいけます。ビール党のわたしは日本ならアサヒ、ポルトガルならスーパーボック、スペインはマオウと参りましょうか。

タパスレストラン
↑ワインもポルトガルのドウロワイン、アレンテージュワインとスペインの銘柄が揃えられています。
 
タパスレストラン
おしゃれなハイスツールの席  右はポプコーンと思ったら小さなショリース。歩きながら食べられるw

タパスレストラン
わたしたちのメニューはこれ。↑↓
2017-11-1.jpg

なんと醤油つきの天ぷらも(笑) お腹いっぱいになりました。ビール4杯を含み二人で35ユーロ。

店名BerHerは経営者の名前Bernardo Hernandezから来ます。

★インフォーメーション:Rua Sá da Bandeira, 5894000-437 Porto
               営業:月~木 11:00~23:00 
                   金・土 11:00~01:00

写真、突き出てますけど、今日はご勘弁。後ほど訂正します。

では、皆様、これまで同様、引き続きご贔屓の程、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ブログの更新ができない状況です。

お手数でも下記に移動しましたので、お越しください。
http://blog.goo.ne.jp/spacesisporto
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年8月23日 

息子が帰った。

夕べのうちに小さな旅行カバンは準備が終わっており、今朝7時に起きて、自分で朝食のベーコンエッグを作っていた。

我が家からは空港まで車で30分足らず。時間に余裕があり、朝食後、最後の最後までお気に入りのネコのゴローをからかって、なんと言うか、そういうところは幾つになっても変わらず、今では呆れを通り越してプッと噴き出してますが、見送って帰宅後、抜け殻のようになっております。

こういう寂しさは、わたしの場合、じわ~っとやって参り、言葉で表現するのはなかなかに大変なのです。

古い日記にこんなことを書いています。

―それにしても家の中の静かなこと・・・
モイケル娘(息子)がいる、寝ていると分かっての静寂と、もうおらんのだ、帰ったのだ、の静寂は
大違い。

「お~い、いつまで寝とんのよ~」「ちょっとくらい部屋整理して!」
「整理のコツ!使ったものはすぐもとあった場所に戻す!」
「テーブルセッティング、早よ、せ~」
「パソコン、まだか~」

こんな取るに足らない小言を言う相手がいないというのは、ほんま、わびし^^;この寂しさは、4匹の愛猫相手で間に合うもんではありません。

夕べから「あ~あ、つまんない」を連発して、夫に「だから言わんこっちゃない。日本に送り出すからだ」と言われては、表面は「フン!」、内面は「しゅん・・・」

お掃除のおばさんが来て、もぬけの殻になった娘や息子の部屋を見て、「あらら、もう日本へ行ってしまったのですね」の言葉には、おっかさん、うかつにも落涙するとこだったぜ^^;―



モイケル娘が一時帰国した2006年の日記にこうあります。ポルトの我が家を離れて娘は13年、息子は8年になりますが、子どもたちが日本へ帰った後の抜け殻感にはどんなに月日が経っても慣れるものではありません。

が、愚痴はこれにて終わりでござんす。

さて、この時に帰省したモイケル娘の言った言葉で、印象深い言葉がひとつありました。

「おっかさんと親父、性格の違いじゃなくて、文化の違いもあるんだねぇ。一緒に住んでいた時は気づかなかったけれど、2年ぶりに来て見て分かった。」

うほほほほ。あんた、ちょっとは大人になったじゃない(笑)惚れたはれたの間は見えないのだけれど、これが一緒に暮らすとなると、国籍の違う者同士、どうしても文化の衝突はある。

いえね、わたしたち、派手なやりあいはしないけれども、個人的な些細なことがきっかけで終いには、

「日本のこんなところは、よく目にしたよ。そういうところは、ああだらこうだら」
「なによ、ポルトガルだってこういうところがあるじゃない!」
と、日本対ポルトガルの国同士の言い合いに高じることは、時々ある(笑)

個人の趣向の違いももちろん、出てきます。例えば、音楽を聴くとき。わたしはボリュームを大きくして、音楽を満喫したい方。片や、夫は、かなり低いボリュームを好みます。わたしから言わせると、「そんなんじゃ、その音楽のよさがわからんじゃん!」です。

息子や娘があきれる「バター戦争」もそうです。夫は固いバターを、うす~くナイフで抉り取り、パンにつける。片やわたしは、「それなら、冷蔵庫の外に出しておけばいいじゃない。固いバターは、バターそのものを食ってるみたいでイヤ!」(もちろん、夏は別です)

それで、どさくさにまぎれて外に出して置くと、「バターを冷蔵庫に入れておくべし」と、夫。
毎日食べるバターです、冷蔵庫外に置いたとて、夏は別にしてイタンデしまうところまで行く以前に食べてなくなってしまうのです。(←わたしの言い分)

要は、彼は固バタ党、わたしはソフトバタ党。んじゃ、今日からバターは二つにすれば?こっちの箱にはyukoと書いて外、冷蔵庫に入れるなよ~。そっちの箱にはCarlos!これでどうよ!」とまぁ、こんな具合で(笑)

子供たちはそういう親のヘンチクリンなやりあいを見てきており、恐らく「なんでこうなるのか?」と思っていたことでしょう^^;

ま、二人が、それも育った国柄が違う人間がひとつ屋根の下で生活するとなれば、多かれ少なかれ大げさな文化の衝突はあるわけで、その環境の違いというバックグラウンドを越えて、ある程度譲り合わないとうまくできない。

モイケル娘がそういうところに目が届くようになったのは、やは、日本の生活を通して自分も少なからず経験するところがあったからに違いありません。

息子も娘もちっとは大人になったと思うのであります。

本日も読んでいただきありがとうございます。
ランキングクリックで応援をお願いできますか?



にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村