FC2ブログ
2020年7月8日

今日は猫の話です。 

17年ほど住んだかつての借家は小さな庭に一本の桃の木があり、季節になるとバラとアジサイとカーラが咲き乱れ目を楽しませてくれた。子供たちが成長した家でもあるのだが、今でも目と鼻の先にある。

念願の自分たちのフラットをやっと手に入れ、現在の家に移る際に連れてきた猫が今は亡き真っ白ネコのタンポポちゃんとゴンタ、それにクルルだ。

たんぽぽちゃん

↑わたしが飼った猫で一番美しいと思われる「たんぽぽちゃん」。威厳があり他の猫たちも一目置いていたが当時は避妊手術をしていなかったので次から次へと子孫を産んだものだ^^;子猫たちの引受人を探すのに苦労したが、貰い手がなく結局家に残ったのも何匹かいる。

その一匹がクルル猫で我が家で親子3代目の猫。
クルルとチャバ
母さんネコの「チャバ」と一緒に写っているクルルの子猫時代。

何ゆえ、今日突然こんな猫たちの話をする気になったかと言うとこうなんです。

飼い主同様、ネコも年齢を重ねてきました。すると、これもまた飼い主同様、体のあちこちに避けようのない支障が出てき始めます。ガタが来たってことです。

いえね、70代初期のわたしたち夫婦は今のところなんとか大きな支障なくして生活でき、それなりの仕事で頑張っているのですが、ネコの年齢は人間とは比べられない。ネコの10歳ともなると人間の70歳に相当するそうです。

ちびねこ
表情に乏しいチビではあるが、独特の甘え方があります。

すると、我が家で一番若いゴローでももはや60歳、チビが実年齢15歳で76歳、黒猫ぺトは先日、入院した時に獣医に、106歳で亡くなったマヌエル・オリヴェイラ映画監督だね、と言われたほどの よぼよぼご長老猫さまです。日本社会の将来の姿、高齢社会がまさに目前にあるのであります。

goro.jpg
わたしの気に入りの写真のゴロー

ぺトテーブル
オレさまはつまらない、と若きときの黒猫ぺト

老齢による白内障でもうほとんど目が見えなくなったゴンタですが、勝手知ったる家の中、どこに何があるか、ちゃんと記憶しているようで、用を足すのにも問題はありませんでしたが、歩くときは壁沿いに歩いています。高所に上るときは時々感覚が狂い失敗もしていました。
ゴンタ
ゴンタ熟年の頃。ネコとは思えぬほど賢かった。

ある日、若いゴローがどうも調子悪くなり病院へ行くと、どうやら歯が問題らしく抜歯しました。モイケル娘に話すと「お前、腰抜けじゃなくて、歯抜けか」^^;

歯抜けになって帰ってきたゴローは、しばらく元気がありませんでした。この後、ゴローは原因不明の大病をし、もうダメだろうと覚悟を決め、大学病院の獣医科に一週間入院したところ、奇跡的に回復したことがあります。たくさんの検査をした結果、恐らく感染病であろう、とのことでした。

さて、抜歯のためそのゴローをクリニックに連れて行った日のことです。今でも覚えているのですが、手術に関して一筆取られていたときに、突然、年配の女性が「うちの犬が!」と駆け込んできました。

病院では顔見知りの人らしく受け付けの女性はすぐ彼女が外に止めた車に走って行き、中から一匹の白い小型犬を抱きかかえて獣医室へ運び込みました。抱きかかえられた、首がぐったりしているワンちゃんを見て、ペットも人間もこういうときは同じだな、と一瞬思ったものです。

受付の女性が戻ってくる間、「O meu Kiko, o meu kiko(わたしのキコちゃん)」と女性は人目もはばからず大粒の涙を流し顔をくしゃくしゃにして泣き出し、わたしも思わずもらい泣き。

犬、猫、何匹かのペットの死にわたしも出会ってきましたが、自身はあまり人前で泣くことはしません。生き物のことゆえ死は何ものも避けることはできないと、淡々と受け入れ、わたしは一人こっそり隠れて涙を流すタイプです。

家族の如く一緒にくらしてきたワンちゃんでしょう、どんな事情かは知る由もありませんが、口からわずかに血を流していたことから、おそらく手遅れだろうと推察しました。ペットを喪失する哀しみは痛いほど分かります。

その日はゴローを受付に預け、女性の手を握り、「どうか気をしっかりもってくださいね」としか言えないわたしでした。ペットはともに暮らすうちに家族同様の存在になりますね。

我が家猫たちがホームレスにならないよう、彼らを全員見送るまでは、わたしもあちらの世界には行けないな、なんてことを考えるこの頃、東京息子よ、モイケル娘よ、万が一のときにはちゃんと面倒を見てくれますように、なんまんだ、と祈っているのであります。

クルル2
春間近。外の空気にその匂いをかいでいる、今は亡きクルル。

mansbestfriend.jpg
ネットでぶつかった心が泣かされるような写真です。

Man´s best friendは本来は人間であるべきだと思うのですが、人が癒してあげることができないものを無言のペットは持っているのでしょうね。

本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年7月6日 

最近でこそ惹かれるような映画が現れなくなったので、あまり観なくなったが、わたしは映画ファンだ。本同様、いい映画は人生を潤すとわたしは思っている。映画の中でつぶやかれる珠玉のフレーズに出会ったりするのも楽しいものだ。

・Death is just another path, one that we all must take. 
(The Lord of the Ringsのガンダルフの言葉)

・I am the master of my fate.
 I am the captain of my soul.
(映画Invictusの中で獄中のマンデラの支えになった詩の一節)

・There is no present like the time.
(映画、The Best Exotic Marigold Hotelで老婦人がラストシーンでつぶやく言葉)

・Stay Gold.
(永遠の青春映画、The Outsidersでとりあげられているロバート・フロストの詩の一節、Nothing gold can stayから、主人公の親友が最後に遺した言葉)

・希望はいいものだ、なによりいいものだ。そしていいものは決して死なない。
(スティーブン・キング原作の映画、ショーシャンクの空に、から)

・世の中にはすぐ分かるものと、すぐ分からないものの二種類がある。すぐ分からないものは長い時間をかけて、少しずつ分かってくる。
(日本映画、日日之好日から)

・毎年、同じことができるというのが本当の幸せ。(同上)
70代に入ってから実感する言葉である。

挙げて行けば切りがない。そして、いい映画には総じていい音楽が組み込まれている。
中でもイタリアのエンニオ・モリコーネの音楽には心を揺さぶるものがある。映画「ミッション」の挿入曲、「ガブリエルのオーボエ」、「海の上のピアニスト」「マレーナ」「ニュー・シネマパラダイス」「オペラ座の怪人」と、わたしが観たものだけざっとあげてもこうだ。

これはわたしがモリコーネのファンになってから知ったことなのだが、クリント・イーストウッド主演のマカロニウエスタン映画、荒野の用心棒、夕日のガンマンなどの音楽も作曲していた。

モリコーネの音楽はどれも好きだが、特にわたしの心に残っているのは1984年制作の映画「Once upon a time in America」だ。
1920年代のニューヨークを舞台に、ユダヤ移民の幼な馴染みの仲間たちがやがてギャングになる、友情と恋、裏切り、挫折の20代から60代の男たちの人生が描かれている。

once-upon-a-time.jpg
Wikipediaより

忘れ去られていた古代ギリシャの楽器パンフルート(パンパイプとも言う)を使ったモリコーネのこのテーマ音楽は少年ギャングたちの人生を予測させ、切ないこと限りない。もう一曲、同映画の「デボラのテーマ」も美しい。

下記で聴くことができます。
Once upon a time in Amerika  https://www.youtube.com/watch?v=Jj5Xczethmw
デボラのテーマ https://www.youtube.com/watch?v=-Ruz1VJQyqc

素晴らしい音楽の数々でわたしたちを楽しませてくれたエンニオ・モリコーネ。
May you rest in Peace.
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年7月5日 

世界が目まぐるしく変転しています。
5月からの武漢ウイルス緊急事態が徐々に緩和され、このまま気をつけて行けば、秋にはひょっとして帰国できるかな?などと期待したら、とんでもない間違いでした。

ポルトガルは、3月に北部から多くの感染者が出たのですが、今はリスボン周辺で毎日のように200人300人と確認感染者が報告されています。

感染者数のグラフを見ると緩いながらも未だにずっと右上がりですから、第二波もなにも、これは第一波が終わったということにはならないんじゃないかと思い始めています。

ここ数年、うなぎ上りに観光客を迎えていたポルトもすっかり閑古鳥が鳴いています。市内のあちこちにあまた建てられた宿泊施設の行く先はどうなるのか。

だから、言わんこっちゃないのだよなぁ。安い宿は大学生向けの下宿に転化可能ですが、ブームはいつか去るもの、その時、小さなポルトの街にこんなにいっぱいのホテルをどうするというのだと、他人事ながら気になります。

下は先日紹介したポルトガル文学「破滅の愛」の舞台となったモンシーク修道院跡に建てられた五つ星のNaya ホテル。ドウロ川沿いです。

cidade9_1.jpg

こちらはサンベント駅真向いから始まるRua das Flores(花通り)のホコ天に出現したPortoBay Floresホテル。こちらも五つ星です。

casamaias4_1.jpg

この家はCasa dos Maiasと昔から呼ばれ、1989年にわたしがポルトに来たころには、既に廃屋になっていたマイア一族の小宮殿でした。この通りを通るたびに、崩れかけた家をかろうじて支えでもしているかのような石の家紋(Brasão)に興味をもち、なんども撮影してきました。
rua-flores-fachada3_old.jpg


ホテルになるとの話を耳にした時は、宮殿の一部である石の家紋と聖カタリナの車輪(後記にて案内しています)をなんとか遺して欲しいものだと切に願っていました。何と言っても500年の歴史を持つ建物なのですから。

また、裏庭にはニコラウ・ナゾニに手による礼拝堂もあったとされ、できるものなら庭を一度見てみたいと思っていたのでした。

通りに面した小宮殿、つまりホテルの一部である正面は、もとのゴチック建築をできるだけ変えずに工事を進めたようです。ですから、このPortoBay Floresホテルは古い歴史を物語る建物と、スパ、ジム、インドアプールなどを備えた二つの建物からなっているそうです。

石の家紋と聖カタリナの車輪はどうなったかと確認に行ったところ、大丈夫、ちゃんと残されてありました。

casamaias2_1.jpg
建物の左端にある聖カタリナの車輪

マイア一族から引き継いだFerrazes、 Bravo両家の紋章は、ホテル入り口の中央上にそのまま遺された。この家紋左の塔と雲にわたしは錬金術の匂いがしてならないのだが・・・
casamaias3_1.jpg

下の画像はシントラ、キンタ・ダ・レガレイラの礼拝堂外壁横に見られる錬金術のシンボル。
regaleira-capela-tangue-1-2020.jpg
二つの塔と真ん中にあるのは雲だ。

まだ他にも紹介したい新しい宿泊施設はあるのですが、今日はこのくらいにて。

このように、世界の観光国の例に漏れずポルトガルもオーバーツーリズムだったのが、突然の武漢ウイルス感染のアタックをもろに受け、今は息も止まらんばかりの不況に襲われ、目まぐるしい変転を強いられています。

3月以降、国家、個人のイベントは全てキャンセルされて夏を迎えたわけですが、我が家も 今月初めには大イべントがありました。しかも、このイベントはキャンセル能わずでした。

7月2日、初孫が生まれました。6月から3カ月程の帰国予定はその手伝いのためであったのですが、武漢ウイルスのため帰国叶わず、落ち込んでおったわけです。無事に誕生したことに感謝の気持ちでいっぱいです。

励ましてくださった皆さん、そして、必要あらばいつでも手伝いを、と申し出てくれた友人たちにこの場を借りて心からお礼申し上げます。

気軽に拙ブログに綴れなかった事情も、いずれ、落ち着いたときに書きたいと思っております。
本日はこれにて。

・Casa dos Maias  http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1772.html

・聖カタリナの車輪 http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-2065.html
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年6月28日 

今日は過去記事のエッセイを再掲しますので、ごめんあそばせ。
既読の方はスルーをば。

ー綴り方教室ー

子供の頃は、究極の内弁慶であった。

ご近所では、女だてらに男の子達を従えてのガキ大将であったのに、学校に行くとからきしダメなのだ。毎学期ごとの通信簿には、良くもない成績に加えて、「今学期も一度も挙手がありませんでした。」とか、「発言が一回も行われませんでした。」と、ずっと毎年書かれて来た。だから、悪さをして親が先生に呼ばれる、などと言うことは学校ではなかったのである。

小学校5、6年の頃であろう。わたしは生まれて初めて学校の小さな図書室に入り、一冊の本を借りた。それまで、本らしき本は、手にしたことがない。

当時は「なかよし」「少女」「少女クラブ」などの少女向けの月刊雑誌があったが、それらのどれか一冊を手にするのは年に一度のお正月であった。

朝、目が覚めると、わたしと妹の枕元にお正月特別号として、いっぱいの付録でパンパンに膨らんだ一冊の少女雑誌がお正月のお年玉代わりとして置いてあるのだ。それは本当に待ち遠しく、嬉しいものだった。その一冊は、完全に自分の物だったから。

さて、わたしが初めて学校の図書室で手にしたその本には、「シャーロック・ホームズ:まだらの紐」とあった。なぜ、自分がそれを選んだのか今では覚えていない。しかし、それが以後のわたしを読書に駆り立てることとなった始まりの、挿絵はところどころにありはしたが、活字がぎっしり詰まった、いわゆる「本」なのであった。

一発で推理小説の面白さに引き込まれ、わたしは瞬く間に図書室にあるホームズ・シリーズを読破した。

次に向かったのがモーリス・ルブランの「アルセーヌ・ルパン:奇巌城」。これには参った!泥棒とは言えども、エレガントで世界中を股に掛け、恋をし、大金持ちからしか盗まないルパンが実にカッコよいのである。(と、当事は思った)

「怪盗紳士ルパン」「ルパンの冒険」「ルパンの告白」「ルパン対ホームズ」と次々と読み漁り、すっかり虜になってしまい、寝ても冷めてもヨン様ならぬ、ルパン様である。そして、シャーロック・ホームズよりも「怪盗ルパン」の方にわたしはより魅力を感じたのだった。 布団の中で、夜寝付くまで想像を膨らまし、夢の中でわたしはルパンになった。

そんなある日、クラスで綴り方、つまり作文の宿題が出た。作文を書き、それを各自がクラスで読んで発表するのである。
迷うことなどあろうか、わたしは自分が夢中になっていた、「怪盗アルセーヌ・ルパン」について書いたのである。

内弁慶だったわたしは、発表の自分の順番が回ってくるのにドキドキしながら、その反面、ルパンについて、皆に話したくてたまらなかったのだ。これは、究極の内弁慶にしては、生まれて初めて持った鮮やかな積極的な気持ち、興奮であった。胸の高鳴りを感ながら、大きな声で作文を読み上げ、最後をわたしはこう結んだ。

「わたしも大人になったら、ルパンのように世界中に手下を持つ大泥棒になりたい。それがわたしの夢です。」

数日後、母は先生に呼ばれた。「泥棒になりたいというのが夢。ましてや女の子がどうしたものか。」と、当の本人ではなく、母が説教をくらって来たのである。母はわたしを叱りはしなかった。

大人になったわたしは世界を股に掛けるとまではいかないが、一般の日本人の人生軌道を逸して、海の向こうはアフリカ大陸というイベリア半島にひっついている国、ポルトガルに定住することになったのだが、これは幼い頃の夢のかけらだと思ったりしている。

ここにはあの頃の究極の内弁慶の少女の姿はもうない。異国で子育てをし、日本とポルトガルを股に掛けてる間に、あのころの内弁慶だった少女は、人前で自分の思うところを言えるほどに、逞しくなったのである。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2020年6月27日 

マヌエル・オリヴェイラと言えばポルト出身の映画監督で、2015年に106歳で亡くなった世界でも現役最高齢の著名な監督でもありました。アニキ・ボボ、アブラハム渓谷、クレーブの奥方など多くの作品を残しています。

監督はポルトのアグラモンテ墓地に眠っています。

さて、何故マヌエル・オリヴェイラ映画監督なのかと言いますと、我が家の黒猫ことぺト君に関するのであります。

peto1_1.jpg
パソコンの後ろから顔出して、んもう、気になって仕事ができないよ。

かつては6匹いた猫たちが歳を取り一匹また一匹と旅立ち、去年の12月にはクルル猫を見送り、現在はとうとう3匹になってしまったのですが、しばらく前からどうも黒猫ぺト君が食べない。

そして、それまであまり目にしなかった水を飲む姿を何度かみかけたもので、先週日曜日に市内にあるサント・アントニオ病院の獣医科に救急患者として夫が連れて行きました。

gato

精密検査と2、3日食べていなかったので点滴のため、即その日に入院です。どうやら腎臓病のようで、やっと昨日一週間ぶりに帰って来たのですが、ただいま尿の検査結果待ち。

入院する前にも増して、も骨と皮です。
獣医さんが、18、9歳だと知り、「マヌエル・オリヴェイラだわねぇ(高齢という意味で)」と(笑)

入院中、「俺はここでおわるのかなぁ」と、さぞかし心細かったのでしょう、帰ってから一人で籠のなかで寝るのを嫌がり、わたしたちの側から離れません。

去勢手術をしてあるにも拘わらず、よくマーキングをしては、「こらー!またやった!」と、わたしに追いかけられて叱られていたのですが、近頃はそれもなくなっていました。

こ憎ったらしいけど、可愛いんですよね。
gato

こんな表情豊かなところもある(笑)
猫カフェ

病院で一人逝かせるのは可哀そうです。お前、終の棲家はここだよ、と言っております。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ