FC2ブログ
2019年9月19日 

もう随分前ですが、かつて日本語を教えたポルトガル人の生徒さんにひょんなことで再会したことがあります。

当時彼女はポルトの私立大学で教えていたのですが、そこで日本語教室を開講するかもしれない、話に乗ってくれないかというので、手始めに日本文化の紹介と称して展示会で人集めをしてみてはどうかとなりました。

何を展示するかというと、自分の好みで日本へ行くたびに持って来たものを展示するのでありまして、○十万円もするものではありません。展示のディスプレイと後片付けが大変なのですが、ついつい引き受けてしまうのは、こういうことをするのが好きだからです。

展示会2012

exposicao4.jpg
 
 
そこで、事前に大学の文学部長にご挨拶しに行ったのですが、その折、咄嗟に聞かれたことで、後で我ながら面白い答えをしたものだと思ったことがあります。

わたしのポルトガル語の苗字「Costa Santos」を、日本語に訳せと学部長は仰せられる。Costaは日本語だと「背中、海岸」の意味があります。Santosは聖人Santoの複数形です。そこで、「海岸を歩く聖人」ですね、いかがでしょう?いい名前でしょう?わっはっは」となったのですが、咄嗟に訳したにしては、なかなかではないかと、我ながら後で一人喜んでいたのでした。

で、「海岸を歩く聖人」にしようか、「散歩する聖人」にしようかと、その後考え始めたものの、未だ未決定であります。

中国の唐の時代、科挙の試験を受けるため、長安の都にやってきた賈島(かとう)が、ロバに乗り詩を創作していたのですが、「僧は推す月下の門」がいいか、「僧は敲く(たたく)月下の門」がいいかと迷っているうちに上層役人の行列に突っ込んでしまい捕まってしまいました。詩の話をしたところ、行列の主から「敲くがよかろう」と忠言をもらい、これが現在わたしたちが使うところの「文の推敲」という言葉の語源になったとの話があります。

こんな立派な故事としょうもない我がことを比べるつもりはありませんが、これもわたしにとっては推敲だぞ、と思っているのであります。

さて、学部長に聞かれ咄嗟に「海岸を歩く聖人」と言ったのには、かつて我がモイケル娘と観た映画「Mr. Holland´s Opus」(直訳は「ホランド先生の作品」邦名は「陽のあたる教室」)の中で聞かれるクラリネットの曲のタイトルが知りたくて、母子して色々探し回り、ついにモイケル娘が発見したといういわく付きの「Stranger on the Shore」が頭にあったからだと思います。

その映画は、音楽教師(リチャード・ドレイファス)が作曲をするために時間を欲し、音楽教師ならもっと自由な時間がもてるだろうと安易に公立学校の教師の仕事を得るのですが、教師の仕事がそんな甘いものではないと気付き、色々奇策を打ってはダメな生徒たちををひっぱって行きます。ホランズ先生の作品とは彼が育て上げた生徒たちのことですね。

1960年代が舞台で、当時のヒット曲がたくさん出てきます。その中の一つがStranger on the Shoreだったのです。

ついでにもうひとつその映画で知ったのが、ジョン・レノンの歌、Beautiful Boyの歌詞、
「Life is what happens to you while you're busy making other plans.(人生とは、君が色々な計画をたてるのに夢中になっている間に、君に起こることなんだ。Spacesis勝手訳)でした。

素晴らしい一文だと思います。

閑話休題、件の「Stranger on the Shore 」はイギリスのクラリネット奏者、Acker Bilk(アッカー・ビルク)が作曲したミリオンセラーだそうです。素晴らしいクラリネットの音です。よかったら聞いてみてください。



ではみなさま、またあした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年9月17日 

一度目が覚めると、再び寝つかれない性分です。
数日前の夜は午前3時半頃に起き出してしまった。困ったな、どうする?と自分に問いながら猫たちが寝ている台所へ行くと、外がやけに明るい。

大窓ガラスを開けて空を見上げると、満月が煌々と光っているのだった。子どもの頃は十五夜と呼んだ中秋の名月であった。満月が眺められる夜は、時間があればベランダに座り込んでしばし月の美しさに見とれるのですが、時々、我がネコもやってきます。月光を浴びるネコはなかなかに神秘的であります。

夫にも「今夜の月はきれいだよ」と声をかけるのですが、「あ、そう。」で終わり(笑) 周囲を見回してみても、月が美しいだの、紅葉がきれいだの、吸い込まれそうな真っ青な空だのと言う言葉を耳にしません。感心がないのでしょうか。

十五夜が来ると思い出されるのが、もう60年位も昔に遡る、父が地方競馬の騎手で家にいたことがなく、母子3人で弘前下町の祖母の家に大家族の一員として住んでいた子供のころの「十五夜」です。

十五夜には毎年決まって祖母が「おはぎ」を作り、季節の果物の梨やりんご、すすきを縁側に置いて、お月様にお供えをしていました。あの頃の記憶をたどり、祖母の家に似たような縁側の画像をネットでさがしてみたら、ありました!

tsukimi2-2 - Copy
Wikiより

祖母の家もこういう感じで、縁側の前には庭がありそこには小さな池があったと思います。縁側の右手前の建物は台所で、そこには水ポンプ、釜戸がありました。

かまど
釜戸 (Wikiより)

祖母の家は玄関口を入ると裏の畑まで土間が続き、庭のトイレの、当時は便所と言いましたが、側にはドクダミが植えてありました。ドクダミの強烈な臭いは今でも覚えています。
縁側の画像を探している最中にこんなイラストに出会い、思わず吹き出しました。

名月
Wikiより

服装、方法こそ違え、わたしと妹もおはぎが待ちきれずに、こっそり縁側に行ってつまみ食いせんとするところを祖母に見つかり、何度「お月様が先だよ」と言われたことだろうか。チョコレートやケーキなどお目にかかれない時代でしたからね。

先週土曜日の日本語授業では、この十五夜の思い出話をしてきました。

それにしても、なんとまぁ遥か昔の話でございましょう。

台所に備えられてあった水ポンプにまつわる子供時代のこんな話があります。よろしかったらどうぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1911.html 「鬼さんこちら、手のなる方へ」

ではみなさま、また明日。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年9月16日 

昨日は日本からいらしたYご夫妻と半日を過ごしました。
このところ、日本語でおしゃべりする機会がなかったもので、ついつい調子に乗りしゃべり過ぎた嫌いあり^^;でも、色々な話題が出て、とても楽しい時間でした。

大丈夫かな?と気にしていた体調も喋り捲ったせいか、なんだか順調。この調子でどんどん体調が回復していけばいいな、と思っています。体調不調の原因を探るため、あと三つほどの検査を受けることになっているのですが、その頃には完全回復していたりしてね(笑)

しかし、バッグに入れてあったのに、うっかり首にスカーフを巻かなかったもので、今朝はてき面、首回りに太陽光線アレルギーの湿疹でありました。トホホホ。

今日は、ご夫妻を案内したレストランを紹介します。
レストランÁrvore(árvore=木)は、この夏、わたしたちが行き始めた隠れレストランです。通りに面してはいるのですが、これが人通りの少ない古い裏通りであるのと、ちょっと見た目にはレストランだとは気付かないことが多いのとで、今のところ、人があまりいないのでのんびりできるのがいいのです。

元はCasa das Virtudesと言うPinto de Meireles一族の屋敷でした。最初の当主は18世紀半ば、José Pinto de Meirelesキャプテンでキリスト騎士団の騎士です。ゆえに、表玄関には立派なBrasão(ブラザォン=家紋)が観られます。下の写真はわたしがたまに見かけてきたものの、放置されたままの屋敷です。

casa1.jpg

Casa das Virtudesは大きなキンタ(庭園)Virtudes 公園も併せてあります。下は現在の表門。

2019_Aug11_1.jpg

ここから入り、石段、もしくはエレベーターでレストランへ。

aug2019_2_1.jpg

テラス席もあり、ドウロ川と横のVirtudes 公園が一望できます。
2019Aug_5_1.jpg

arvore1.jpg

aug2019_1_1.jpg
↑緑がこんもりとしたVirtudes公園

メニューは豊富ではありませんが、わたしが気に入ったのは、たっぷりの美味しいサラダ。小食のわたしにはこれだけで十分。夫のディッシュと半分ずつ分け合うのですが、昨日は残念ながらそれがなし。
食事は可もなく不可もなくというところでしょうか。けだし、眺めがいい立地条件、それと静かでゆっくりできることがそれをカバーしていると思われます。

Quinta da Virtudesについてはこちらで案内してあります。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1863.html

ではみなさま、本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年9月14日 

台所で遅い夕食の後片付けをしていたら、サーッと後ろを何かが走っていった気配がした。するとすぐ後から、夫がフェルトのスリッパを片手に意気込んで入って来た。

「フラカォンはどこ?!」(フラカォン=furacaõ=台風の意味=我が家のトラネコ、ゴロー君のあだ名に定着w 実は息子も同じあだ名を頂戴している)
「し、知らないけど、どうしたの?」←後ろをサーッと通っていったのはフラカォンだったw しかし、知らぬ顔存ぜぬの顔。

goro_Aug2_1.jpg
                    
「どうもこうもない!頭にきてる」
夫はネコにだけではなく家族にもまず怒らない人であるが、この日は、おほほ、おめずらしい。
「あぁた、猫も犬と同じように、コントロールできると思ってるでしょ?you can not control them(笑)」

いつぞやも夫が帰宅してすぐに、「お~~い、yukoさん。ちょっときてごらんよ。」

なになに?と今では空室になっているモイケル娘の部屋へ行ってみると、あらま、カーテンバーに通して吊り下げていたカーテンが、布のループだけ残して半分ダラリと垂れている。カーテンバーの端っこに、モイケル娘の黄色いオウムの人形を下げていたのだが、それを狙ったフラカォンがカーテンをよじ登ったところ、カーテンがループから取れてどさりとフラカォンは床に落ち、逃げたのだそうな。次から次へといろいろしでかしてくれたゴローではあった。

犬は人間が主人になれるけれど、猫は逆になりがちなのである。Cats own us. わたしはそう思っている。
だから、猫好きで4匹も拾って飼ってはいるが、ねこッ可愛がりはしない。可愛がり方はいたってあっさりしたものだ。猫の奴隷にならないためである(笑)

また、うちの猫たちはどれも首輪をつけていない。まんがいち猫が外へ逃げたときに、案外事故の元になったりすることもあろうと、ある時期からわたしは止めたのだ。

フラットの2階が自宅になった今、もしベランダから落ちてしまった時は、そして、行方知れずになってしまった時は・・・仕方がない、それもまた人生、いや、猫生なのだ。

我が家に拾われるネコは、時々ナデナデはされるけれども、飼い主からあまり深い干渉を受けず、そういう意味では、フラットという小さな空間ではあるが、いくらか気ままに生活しているのではないかと思ったりする。

夫がさんざん探し回したフラカォンだが、どこかにひっそりと身を隠し、夫は見つけることができなかった。すぐ近くにあってほぼ毎晩義兄のうちへ行くのだが、彼がドアを閉めたとたん、フラカォンはどこからかひょこっとわたしの目の前に姿を現した(笑)

「お前ね、もうちとダンナに敬意を払った方がよくはないかい?」と抱き上げた後、他の大人ネコたちがくつろいでいる大カゴに入れてやる。

義兄の家から帰ってきたころには、夫は頭にきていたこともすっかり忘れているのであった。

モイケル娘のオウム人形は、場所を変え、しばらくは息子の部屋のカーテンの横にぶら下がっていたのだが、ゴローは叱られて逃げ隠れするのも遊びと思ってるかも知れない。幸せなこと

本日はみなさま、これにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年9月13日 

子供の頃から観てきた映画は数知れず。
わたしの小学生の頃は今のようにテレビなどほとんどない時代です。小学校の講堂を利用して映画教室(わたしたちはこれを「幻灯」と呼んだりしたのですが)が、時々催されました。

椅子などには座らず、そのまま床に地べた座りです。スクリーン代わりに講堂の壇上に大きな幕が張られ、私達のすぐ後ろでは映写機が裸のままジ~ッと回るのです。


そうして観た映画は数々。「綴り方教室」「にあんちゃん物語」「コタンの口笛」「地の涯てに生きるもの」「24の瞳」「柿の木のある家」「のんちゃん、雲に乗る」「緑遥かに」「怒りの孤島」等等があります。

どれも、子供心に深い感銘を与えたように思います。なぜなら、わたしは今、ここにこうしてずらりとタイトルをあげることができる程に覚えているからです。

本から学ぶことはたくさんありましたが、映画鑑賞から教えられたことも山ほどあるように思います。根が単純なせいか、本も映画も読んだり観たりしている途中から観客としての立場を忘れ、思わず引き
込まれてのめり込んでいることが度々あります。

映画の危険な場面など、「あ、危ない!後ろに人がいるよ!」と、今でも声に出したりしてるのです^^;

映画は観て一巻の終わりではなく、「もし自分の身にあのようなことが起こったら」と後で考えて見ることは、普段ののんびりした生活にちょっとした起爆剤を与えるような気がします。

たかだか70年80年の人生で、わたしたちが経験体験できることは、知れているでしょう。でも想像力を持つ人間は、それを駆使して模擬体験とします。更に賢い人はそれを未来につなぐことができるでしょう。

自分の身を人の立場に置いてみる。これはたやすいようでなかなか難しい。
論語に、「四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳したがう。」とありますが、「60歳で他人の意見が分かる」と言うのには、その歳の頃には、「人のなすこと言うことが、環境、文化、教育の背景から来るものであり、いちがいに笑ったり怒ったりはできない」という意味合いも含むことでしょう。

異文化社会に身を置く場合、私たちは、特に若い時は往々にして自分が体得してきた常識なるものをうっかり振りかざし、批判しがちです。わたしにも若い時、うかつにもそういうことをしてしまった後悔があります。

日本の教育が一番いい、と錯誤したことw、日本人は時間厳守、常にきっちりしていて他人に及ぼす迷惑行為はあまりとらない、と言う幻想w

これらは勿論、まったくそうなわけではないのですが、時間を守らない、きっちりしない、迷惑行為を平気でする、などの同国人に私自身は出会って来ました。要は日本人だから、ポルトガル人だからの問題ではないと言うことです。

日本人であるわたし自身も、同じ国の人から、「ポルトガルに長い間住んでる人だからね」との印象を与えることがあるかも知れません。しかし、「異国に住んでいる」から、ではなくて、「単一の文化を離れて体得して辿り着いた考え方をするの人」って捉えて欲しいな、と思います。

国柄は人柄に似てるでしょうか。ま、国も人も個人的に好き嫌いはあるでしょうが、色んなことをその「個性」と見るか否かで、随分私達の接し方にも生き方にも違いが出て来ると思います。

物事を捉えられる想像力は、読書や映画の鑑賞から、そして異文化体験からも十分に養うことができるのではないでしょうか。

読書も映画も、そして海外のことも、「想像力を駆してその身をそこに置いてみる」のは、ああだこうだと批判する以上に、わたしたちに素敵な生き方のコツを示してくれると思います。

映画、加藤大介主演「南の国に雪が降る」を見て、涙腺破裂、ここ数日こんなことを考えたのでした。

minaminoshima.jpg

ではみなさま、また。

ポチッとランキングクリックひとつしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ