FC2ブログ
2019年7月14日 

先週日曜日は、取材を兼ねて夫をお供に、ミラガイア地区の川沿いを歩いてきました。ドウロ川沿いのリベイラ(Ribeira)同様、ミラガイアはわたしが気に入っている古い町です。

086_1.jpg

傾きかけた小さな家並みが見られ、ベランダには洗濯物がたなびいていて、いかにもポルトらしくて懐かしい香りがします。若いときはこの古臭さが嫌いだったのに、同類哀れむの感とでも言いましょうか(笑) 

ちなみにリベイラやミラガイアなどの古い家並みでは洗濯物を外に出すのが許されていますが、他地域では表通りやみえる場所に洗濯物を干すのは市が禁じています。

082_1.jpg

今では、シーズン中は路面電車乗り場に長い列ができるような、ほとんど観光客用になった路電もこの地区を行き交います。

ミラガイア地区に着いては何度か取り上げていますので、後記にて案内しますが、今日の話題はこれです。

palaciosereias2019_1.jpg

ミラガイアはこのように小高い丘からなるのですが、上に見えるのはPalacio das Sereias(Sereiasは人魚の複数形)こと、人魚の館です。下から見上げるとパッとしませんが、ファシャーダの二つの人魚像からこの小宮殿名前の由来がわかります。

palaciosereias-sunset.jpg
夕日を受ける人魚の館

Rua da Restairaçãoから Rua da Bandeirinhaに入って、楽なアクセスもできるのですが、川沿いのミラガイアから石段(Escadas das Sereias)を上ってのアクセスもできます。少しきついですがわたしはこちらの方が好きです。

が、実はこの石段は危ないなぁ、ちゃんと工事する必要があるのではないかと、随分前から思っていたのです。それが、市はやっと工事に手をつけたようで、現在は石段をのぼってのアクセスができません。これも観光客が増えて市の懐が潤ってきたからでしょう。

下記では子の館とミラガイア地域を案内しています。興味あらばどうぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1307.html 人魚の館

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1306.html  ミラガイア アーケード
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月12日
 
何べん鍋やらヤカンやらを焦がしとるねん、と、その都度がっくり頭(こうべ)うなだれ我ながら情けなく思うことが度々ありました。ながら族はもうできない状態に自分がなってきたと、我は見たのであった(^^;)

フラットのドアを開けるなり夫が、「またBispo(ビスポ)やったな」と申されます。

ちょっと「Bispo」について説明を加えますと、Bispoは「司教」と言う意味ですが、焼けた匂いがする、という表現にかつてよく使われました。

18世紀に権力を振るったポンバル公爵、ジュゼ1世暗殺事件にイエズス会も加担したと見て、時に火刑に処し、ポルトガルから追放したというのに由来します。

あきれ果てた夫が電気ケトルを買ってくれたことで、ヤカンの問題は数年前に解消しましたが、鍋はそうはいきません。
鍋を焦がすと、磨いて元に戻すのにかなりの力が要るわけでして、近頃その力が失われて来ました。5、60代のころまでは、腹が立ったり哀しかったりしたときは、よくこれをやったものです。ただひたすらにゴシゴシゴシw

子育て、補習校の仕事関係、国籍が違う夫の家族づきあい等など、時には面白くないこともあるわけですから、そのストレス発散に、この鍋磨きは随分と役立ったものです。が、今ではそこまでしなければ発散できないようなストレスもなくなりました。いたって平凡な毎日なのです。

ポルトガルの女性の台所はピッカピカです。台所だけではなくて、鍋も顔が映るくらい鏡のようにピカ!です^^少なくとも、わたしが知ってる周囲の人の台所、鍋はそうです。

s_domingos1

夫の母との同居時代、毎食後にそうやって食器類と台所をピッカピカに磨くことに精を出す義母を目にして、「わたしは、あんなことしない!昼ご飯の後にピッカに磨いても、夕方また使うじゃない。鍋、台所磨きと掃除に自分の人生を費やしたくなーい!」と心ひそかに抗ったものですが、いつの間にか、郷に入ってせっせと磨いてる自分を見出したりします^^;根性なしめ(笑) 

その鍋磨きをする力も悔しいことに足りなくなってきました。

ここ数年で、世の中のたいがいのことは、若い人間向け(60代前半までを入れる)にできているのだ、ということに気付きました。これが日常生活の中に多いのですね。

瓶缶、プラスティックボトルの蓋、牛乳パックの手による引き裂き口、それに、本、カタログなどが包まれたプラスティック・カバーの袋。コレなどは引き裂くのに力が要る。はさみを使えば済むことなんですがね。ドアのノブもそうです。濡れ手だと、頭にくるくらい、いくら回しても回らない時があります。手にその力がないのです。

チビのわたしなどは、こちらの台所の設計もかなり頭にくる。これも若いときには気がつかなかったんですけどね。

取り付け戸棚や洗い場の位置がみな高いのです。あ、これは年齢に関係ないか(笑) 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎し」の部類に入ってきますね^^;スンマセンw

そそ、以前、日本から持ち込んだ中華鍋を二日続けて使いましたら、その重みで、左親指の付け根を傷めてしまったことがありました。両手で持ったら、料理を皿に移せないので、ついつい片手で持つことになります。結局炎症をおこしたみたいで、頭にきたものですから、中華鍋の重さ、量ってみましたぞ(笑) 暇なヤツだとお笑いめされるな。

1.5キロないのですね、日本から持って来た安物の中華鍋。これが片手で持てないとは。いやはや、子供のときは、ガキ大将で奮った腕力も、今では情けないものです^^;

自家注文ででもしないと、世の中、台所にまで不公平があるな、てなことを思ったりする今日この頃、みなさま、そんなこと、ありません?ない?そんな歳とってない?・・・・

本日は愚痴にて。みなさま、また。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月11日 

ポルトガルに長年住んで知ったことのひとつに、ポルトガル人の国、郷土に対する自慢、つまり愛国心、郷土愛です。

ポルトガルや自分が住む町、祭りなどを主語に、「o mais bonito do mundo(世界で一番美しい)」とか「o maior do mundo(世界で一番!)」と言う言葉を一般人がよく口にします。

また言ってるわん、と内心クスリと笑っているのだが、かく言うわたしも「世界で最も美しいレロ書店」なんてやらかして、雑誌記事などに紹介しているのでありますれば。

さて、そのo mais bonito do mundoをまたもや目にしたのがポルトの市庁舎通りこと、Aliadosのマクドナルド。

今でこそ国内のあちこちにあるマクドナルドですが、わが子たちが小さかった頃は、ポルトにマクドナルドのみならずファーストフード店そのものがなく、スペインやイギリスへ旅行に行くと、「あ、マクドだ!」と子どもたちのリクエストで何度車を止めて入ったことでしょう。

ポルトに住む子供たちにとって、海外旅行、日本帰国はファーストフード店がお目当てでもあったのでした。

下はポルト、マクドナルドの入り口です。大きなáguia(アーギア=鷲)のシンボルが見られます。
Macporto_3.jpg

1995年にオープンされましたが、実はこの建物はポルトでも屈指の「カフェ・インペリアル」だったのです。1936年に開店したカフェ・インペリアルは入り口が大きな開店ドアになっていました。

Imperial1_1.jpg
Wikiより

内装は初期アールデコ調で、カフェ・インペリアルには当時の多くの知識人が集まる場所でもありました。入り口のブロンズの鷲同様、現在もマクドナルドの店内、カウンター上部にはアールデコ調のステンドグラス、クリスタルのシャンデリアはそのまま残っています。

Macporto_1.jpg

ステンドグラスを拡大してみましょう。左のはぶどうの収穫です。

imperial2_1.jpg

見ての通りカフェを楽しむ紳士淑女

diploma

側壁上部の美しいモチーフ
inperial3_1.jpg

美的感覚は個人様々なので、一概に「世界で一番、最も美しい」と言うのには少し抵抗がありますが、「世界でも美しいマクドナルドのひとつ」と言う風な表現で行くと、ポルト、アリアードスのマクドナルドもまごうことなくその中に数えられると思います。

ついでに、わたしが見かけて美しいと思った他国のマクドナルドを紹介します。

mcdo-budapeste_nyugati[1]
2013年に訪れたブダペストのマクドナルド。中に入って食事しました。

下は2007年のパリで見かけたマクドナルド。外から見ただけです。
Mac_paris.jpg


下記、過去記事ですが、興味あらば、どぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-category-53.html ブダペスト旅行

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-category-36.html パリ旅行

ではみなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月10日 

教えていると言うより、共に学んでいると言える、長年の日本語生徒のアルフレッドさん、御歳85歳でまだ向学心にあふれています。

「ねずさんの百人一首」解説を読み終えて、目下、二人で勉強している「季節の言葉」(著者俳人長谷川櫂氏)の中で、表題の「麦の秋」という美しい言葉に出会いました。

「麦の秋」は、稲の秋に対して、麦の収穫を迎える初夏のことで、俳句では夏の季語なのだそうです。麦は大昔、地中海地方で始まり、弥生時代には日本にも伝わっていたと言います。

ところが、夏は乾燥する地中海気候からやってきた麦、湿気の多い日本の気候にはうまく適能できず、稲に主役の地位を譲ったまま、現在に至っています。

おもしろいなぁと思ったのは、世界のほとんどの国では小麦の生産が主なのに、日本は大麦の生産が小麦を上回り、このような国は他にチベット、エチオピアと、世界でも2、3カ国しかないとあることです。

ははぁ、では、チベット、エチオピアでは大麦を原料にどんな食べ物があるのかと興味がわきます。

小麦はパンの原料、大麦は日本では味噌や醤油の原料です。また、大麦は麦ご飯ともなります。昔は前年の秋に穫り入れた米が底をつく春から初夏の麦の取入れまで食べるのに事欠き、麦の秋がくればそれで次の米の収穫まで食いつないだとあります。

麦秋や若者の髪炎なす   西東三鬼(さいとうさんき)

黄金の麦畑にそそぐ初夏の乾いた太陽。麦秋の風になびく若者の髪がまるで燃え立つかのようだ、と解説があります。ドラゴンボールの悟空の「つったってる」ヘアスタイルを想像してしまうわたしなどは、作者の顰蹙を買いそうです。

dragonball01_fixw_234.jpg
Wikipediaより

このところずっと涼しかったポルトにもようやく麦秋が訪れました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月8日 

息子はパートナーのAちゃんと東京に、娘は我が婿殿と3匹ネコも一緒に、二人とも社会人として日本で働いていて、我ら親子はそれぞれ違った国に暮らしている。そのばらばらに住んでいるわたしたち家族も年に一度くらいはできれば全員集合して欲しいと願う夫である。

日本で働いている場合、外資系は別だろうが、そうそうポルトガルへ帰ってくるだけの休暇は取れないようだ。

大阪で会社勤めをしてきたわたしは、それが分かるのだが、年に22日の休暇を続けて取ろうが、2、3度に分けて取ろうが、周囲に何も言われることもなく自由にできるポルトガルである。夏がやってくるたびに、「有給休暇というものがちゃんとあるのに、なんで10日くらい続けて休みを取って帰国できないのか」と夫は納得しない。

busstop1.jpg
2006年2年ぶりに帰国した娘と家族旅行。アレンテージュの田舎の可愛いバスストップに座って。

busstop2.jpg

「周囲のことを考えると、長期休暇はどうしても迷惑をかけることになるでしょ?続けて10日以上休暇を取るなんてできにくいのよ。」と、 説明を試みるわたしの頭のどこかに、「それが日本なの!有給休暇があるからと、ほいほい取るわけにはいかないのよ。」と自分が分かるもので、ついつい適当な説明になりがちだ。
終いには「周囲への配慮というのがあるっしょ!ポルトガル人にはあまりないけど!」なぁんて余計な一言を口から吐いてしまい、「なんのために休暇を作ってるんだか、訳が分からん、日本は!」と言われる始末だ。こうなると日本、ポルトガルの文化の衝突である。

あんさんの言うことは分かってるがな。けど、日本社会のことも分かるのだよ。それぞれにいいところとまずいようなところがわたしには見えるので、一概に「なんのための休暇だ」に同意し兼ねるのだ。

かく言うわたし、実は40数年前のその昔に、当時勤務していた会社に直談判し、イギリスのケンブリッジ語学留学のために一ヶ月の休暇取得を実行した社内初の、そして恐らく社内最期のツワモノではあった(笑)

family2018_2.jpg
2018年、息子のパートナーAちゃんも入って5人家族旅行

新入社員として東京で働きめた当時のモイケル娘は、10日間ほどの有休休暇があるのだが、新入社員は有休を取らないのが一応ルールなのだそうな。「じゃ、いったいなんのための有給休暇よ!」とばかり、続けては取らないが、彼女は密かにそのルールに反抗してちょぼちょぼ取っていたようだ。

息子はと言えば、勤め始め当初は「ローテーションを組む必要があるから、休みは2ヶ月前に言わないと取れない」とぼやいていたが、緊急の場合はどうするのだか、と思っていたら、近頃は、自分の事情で時々休みを取っているようだ。

もっとも息子の場合は、有給でないので休むとその分減給になるのだから、用意してかからないと月末に受け取った金額を見て、「うげ!」と言う具合になりかねない。

DSC_0742_1.jpg
2016年、我らが婿どのとの4人家族旅行

命の洗濯には少なくとも2週間ほどの休暇が欲しいものだとわたしは思うのだが、息子は最初のアメリカ語学学校を2年ほどで辞め、大学の非常勤講師となってからは、授業から解放される年度末と夏休みは3、4週間帰省するようになった。
娘については、ダンナとネコたちを考えなければならないので、今のところその洗濯ができる兆しは見えなさそうだ。

それから見ると、暑い夏の一ヶ月間をキャンプ場で家族とゆっくり過ごしたり(これは何も遠いキャンプ場でなくてもいいのだ。同じ市内のキャンプ場で家を離れ、いつもと違った環境で休暇を格安に過ごす方法でもある)、車で長い旅行をしたり、海辺のアパルトホテルでのんびり海岸生活を楽しんだりと時間を忘れて過ごすポルトガル人の休暇の取り方は天国だなぁと思う。

まぁ、だから、この国はなかなか発展しないのだと言われるところもあるが、発展しても人間関係がなんだか空疎になり、おぞましい犯罪が増える社会よりはなんぼかいいかも知れないと、この年代になって思うことだ。

夫は再び家族旅行ができるのはいつの日かと夢見ているようだ。その家族旅行がひょっとして、時に4人、5人、6人、7人となるのを楽しみに。そうなると、車は今のところ2台あるからいいけれど、旅費はひゃ~~!大変だ!

ではみなさま、本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ