FC2ブログ
2010年8月28日

今日は今年の春に訪れてきたグラナダのロルカの生家について綴りました。

どこの国でも 死はひとつの終わり
死が来て幕はとざされる
だがスペインではちがう
スペインでは幕がひらかれるのだ 
(ガルシア・ロルカ)
ロルカ1

残酷な時代はいつでもどこにでもあります。
グラナダ生まれの詩人劇作家ロルカが生きたのはスペインのそういう時代で
した。ロルカが自分の早期の死を予期していたかどうかは分かりませんが、
彼の多くの詩には死を追悼するのが多いように思われます。
ロルカは死によってこそその名を永遠に人々の胸に刻んだのかも知れません。

わたしはロルカの研究者ではなく、青春時代の一時期に彼の短い一生に
興味を持って本を読み漁っただけなので、あれやこれやと持論を展開できる
術は持ちません。しかし、詩人の銃殺という残酷な粛清の事実には今も若い
時同様に大きな恐怖と悲しみを覚えます。

そして、自由に言論ができる今の時代に生きる自分の幸運を噛み締めます。

ロルカ2      
ロルカが8歳まで住んでいたという記念館。通りにはオレンジの木。              

ロルカ3
生家の中庭。内部の撮影は禁止だった。   

現在記念館になっているロルカの生家フエンテ・ヴァケーロス(Fuente Va-
queros)はグラナダから30キロほどだろうか、小さな村だが、ロルカの生家
がどこにも案内の標識が見られなかったのは意外でした。

初夏の暑い日ざしを浴びながら、ひなびたグラナダの小さな村フエンテ・ヴァ
ケーロスでロルカ生家を探しながら、村の雰囲気に田舎の持つ独特の閉鎖性を
感じて、わたしは少なからず自分がそれを嫌って都会へ飛び出した19の頃を
思い出していました。

ロルカはグラナダでより、生誕地のフエンテ・ヴァケーロスより、むしろ海外
で誉れを受けているのでしょう。そんなことをふと感じました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2010年8月8日 

月と星と
月と星と。

我が家周囲はハイソな人たちが住むFozなどとは違い、市井の民の住宅地帯
である。おまけに向かいの並びには、カフェが三つ、美容院が一軒、肉屋が
一軒、同じ並びの2軒向こうはポルトガル語で言う「Mercearia=メルセアリー
ア」、食料雑貨店がある。

便利といえば便利だが、これが夏になるとたまらんのです。
みんながみんな、どっかへ休暇で出かけるわけではないですからね。家でのん
びり過ごす人も結構いるわけで、こういう人たちが遅い夕食後、涼を取る意味
でも家族全員でエアコン、特大テレビのあるカフェへと繰り出してきます。

いんですよ、繰り出してきても。
ところがです、こういうことが時々起こる。

昨日は一日中衣類の整理をしていたわたし。何しろ、このところ時間がなく、
あれやこれやの仕事をひたすらこなし、人と出会ってのおしゃべりタイムも
「夏休みが来るまで待っててんか~」と、アイロン、掃除はこのところずっと
お掃除のベルミーラおばさんに任せきり。

日本語教室がほとんど休みに入った今、普段手の行き届かない箇所の整理です。
女性なら想像できるでしょうが、この整理たるや時間がかかり、面倒な仕事で
はありますが、年に一度はこれをして置かないことには、長年のガラクタが積
もるがままになり、後でエラい苦労をすることになります。

夫が整理をし始めたわたしを見て、
「毎回しんどいしんどいと後でなるのに、まぁたそれを始めるの?」

そう言うけど、じゃ、いつ、誰が・・・するんすか・・・

とまぁ、それは置いといて、そんなわけで、昨夜は「もういいや、ブログ止め
て今日は寝っか」と12時半に床に入り、読書し始めたところ、
通りでボールを蹴ってる音がきこえると同時に、大人同士の大きな声での会話
が始まったではないか。

気にすまいと意識すればするほどボールの音と会話の大声が耳に響き、んもう
読書できやせん。

「何時やと思っとんねん!話ならカフェでせ~~!」と。ところが、カフェも
そろそろおしまいで、話し足りんでか、通りでやってるんですわ。
で、それを待ってる子供二人が、サッカーボールを蹴ってるんですわ。

今朝は今朝で、ジョアキンおじさん、自分のカフェが食堂みたいなもんです、
7時半過ぎには、大声で話ながらカフェ開店。もうこっちは寝てられまへん。
寝室が通りに面してるのは考えもんです。

ほんまにもう、ラテン系のおおらかさ、大声で話す気取りのなさが好きでは
ありますが、夜の大声は響くんです。
って、自分も日中は結構声が大きいかもだ(笑)

さて、話変わり、前回ぺネドーノの続きです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2010年8月6日

vinhateiro
vinhateiro=ヴィニャテイロと呼ばれるブドウの段々畑を見ながらドライブ。

毎年少なくとも一週間ほどはどこかへ休暇旅行に出かけるのだが、今年は11月
にポルトで行われるJapan Weekの手伝いで夏休み返上のつもりでいた。

それと、数ヶ月前までは、我が家の近所に住んでいて、留守中のねこの三食、
トイレの世話を、お掃除のおばさんに頼んでいたのが、以前記事に書いたよう
に諸事情があって、ベルミーラおばさん、長年住んだこのあたりから隣町の
Matosinhosへ引越ししたもので、もう以前のように、おいそれと三食のネコ飯
の世話をお願いできなくなったこともある。

頼んだらもちろんしてくれるだろうが、この暑い中たとえ日に二回にしても、
行ったり来たりはやはり気の毒で、もちろん謝礼は出すのだが、簡単には
頼めない。

そこで、ベルミーラおばさんが我が家の掃除に来る日、9時から入り12時に
終わる彼女に、ネコ飯ランチをお願いして、わたしたちは夜には帰宅する
「遠出」を実行したのが今週火曜日。

どこへ遠出してきたかといいますとです、以前、義兄がどこからかもらってき
たパンフレットのお城の写真に一目惚れし、そのうち訪れてみたいと思いなが
ら、とうとう数年経ってしまった今夏、夫をせっついて「行こう!」と出かけ
てきたのが、ベイラ・インテリオール地方(Beira Interior ポルトガル東、
中央部の内陸・山岳地方)、ラメーゴ(Lamego)近くの村「Peedon=ぺネドーノ」
です。

penedono11
ぺネドーノのBrasaoこと紋章

わたしが予想していた所要時間をはるかに超え片道3時間かかり到着したぺネ
ドーノは、人口がたったの1100人ほどの本当に小さな村でした。
このあたりは栗の産地で有名だそうで、件の目的のお城はこれです↓

penedono1

中世の城ぺネドーノ城。西洋史では中世は5世紀から15世紀の半ばをさしま
す。ぺネドーノはレコンキスタ時代の10世紀には既に言及されているが、現在
の城の形式が出来上がったのは14世紀半ばとされ、花崗岩と頁岩(けつがん
=xhisto)でできている。右に建つのはPelourinhoと呼ばれるさらし台。

ご覧のように小高い丘は花崗岩の岩そのもの。城の土台になっている。
penedono2
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2009年9月2日 

corunawar1

ナポレオンはイベリア半島を制覇しようと、1807年、1809年、1810
年と三度に渡り兵を送っているが、最終的にはいずれも成功しな
かった。腹立ち紛れに吐いた言葉が「ピレネーから先はヨーロッパ
ではない。」(とわたしは思っている。笑)

1809年に戦場となったのがラ・コルーニャだ。これは1808年から
1814年にかかる半島戦争のひとつであり、スペイン、ポルトガル、
イギリス軍が共同でフランス軍に対抗した戦いだ。

1809年1月、ナポレオン自らが20万の兵を率いてラ・コルーニャでの
戦いに臨み、3万の精鋭を率いるイギリス軍司令官ジョン・ムーアは、
ここで戦死する。
ナポレオン軍は勝利したものの、同年3月にナポレオンから指揮権を
受けて半島を下りポルトを攻撃したソールト元帥は敗れる。
                              
このあたりの歴史については、別サイト、ポルトガル・ロマンの
イベリア半島戦争のモニュメント「ライオンと鷹」と
ポルトの七つの橋 「1809年3月29日・Ponte das Barcasの悲劇を参照。
                             
前置きが長くなりましたが、今年は丁度このラ・コルーニャ戦から
200年目。それを記念して、わたちたちがコルーニャを訪れた日に、
その戦いを再現する行事が催されようとしていたのでした。

corunawar2

corunawar3
イギリス、フランス、スペイン軍を装い、夕方からたくさんの兵が
集まって来ました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2009年9月1日

ヘルクレス2

スペイン・ガリシア地方コルーニャの市街から2キロほど離れた岬
灯台ヘラクレスの塔。
ヘラクレス→半神半人のギリシャ神話の英雄。ゼウスとアルケメー
ネーの子。

伝説では、ヘラクレスは女神ヘラの陰謀で、誤ってわが子を殺して
しまい、その償いにアポロンの神託で10の仕事を命じられる。
そのひとつが巨人ゲリュオーンを射止めること。
3日3晩、壮絶な闘いでついにヘラクレスはゲリュオーンを倒し、この
塔の下にゲリュオーンの頭部を埋めたとの伝説がある。

高さ55メートルのヘラクレスの塔は、2世紀、ローマ帝国時代の灯台
で修復されているが、現在でも使われているローマ時代の最古の
灯台。世界遺産として登録されている。

この塔に上るべきであったのですが、夫が手に持っていたコルー
ニャの地図をうかつにも この日の強風に吹き飛ばされ、ほっとけば
いいのに、それを拾いにわざわざ下の原っぱへ降りて行ったので
あります。

なかなかやってこない夫を塔の横手で待ちながら、ふと下を見下ろ
すと、↓
ヘルクレス3

「ん?あれはなんだ?」と「コンパスローズ=羅針盤」にいたく惹かれ、
こけないように足元に気を配りながら降りていくと、
ヘルクレス4
                
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ