FC2ブログ
2018年7月18日 

1851年のロンドン万国博覧会を訪れたポルトのブルジョアたちは、パビリオンとなったロンドンクリスタル宮殿の素晴らしさに感銘し、ポルトでもそれを建築しようとの計画で生まれたのがポルト・クリスタル宮殿協会です。

こうして、当時 Campo da Torre da Marca」と呼ばれていた現在のクリスタル宮殿公園にロンドン万博の宮殿を模倣して造られたのがポルトのクリスタル宮殿でした↓
    
ポルト
     
建築家はイギリス人のThomas Dillen Jones. 1865年にはこの宮殿でポルト国際博覧会が催され、ドン・ルイス王により開会式がなされました。
ポルト

展覧会には、フランス、イギリス、ベルギー、ブラジル、スペイン、デンマーク、ロシア、オランダ、トルコ、アメリカに加え、日本も参加したと言われます。

ポルト

しかし、残念なこと1952年の「ローラーホッケー・ワールドカップの会場にするため、1951年に宮殿は解体され、その址に建てられたのが、スポーツパビリオン、つまり現在のローザ・モタ・パビリオンです。
クリスタル宮殿の中央のドームがパビリオンの天井に取り入れられ、往時の宮殿をかろうじて偲ばせ、現在は公園にクリスタル宮殿とその名残をとどめているのです。

して見れば、1851年の第一回万博会場となったロンドンのクリスタル宮殿も博覧会終了後、取り壊しを惜しむ声が上がり、ロンドン郊外のシデナムに移設され、後、庭園、コンサートホール、博物館などが併合した複合施設として活躍したそうですが、19367年に焼失。現在はクリスタル・パレス駅として、
名前が残っています。

ポルト
ロンドン万博のクリスタルパレス。Wikiより

ポルトのクリスタル宮殿は規模的にこれに及ばないものの、ロンドンのように、取り壊しではなくてどこかに移設してほしかったなぁと、思うのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年7月15日 

さて、わたしが密かに「マグダラの塔」と呼ぶところの、この塔の由来なのですが、ネット検索してもいっこうにヒットしません。

ポルト

ただ、クリスタル宮殿公園になる前は、今の公園一帯は16世紀から19世紀まで「O campo da Torre da Marca」だったそうで、下の写真にあるように、園内には大西洋とドウロ川の間を船が入出港する際の目印として、小さなお城と塔が建っていたようです。

ポルト
wikiから

この塔は、19世紀半ばの王党派と自由主義者との間に起きた内戦時に、王党派の砲撃によって崩壊し、なくなりました。
しからば、わたしのマグダラの塔が出現したのはいつかと言うと、こんな写真を見つけました。1904年撮影とあり、塔の上には見張りが立っています。

ポルト
Wikiから。 今と全く同じです。 

ポルト

高所恐怖症気味なのですが、これくらいは、えいや!と上ってみましたが、ドウロ川の見晴らしがいいのを除いては特徴はなし。実は上るより降りる方が怖い。

ポルト
写真は塔の周辺。

こんもりした小山のような土地にあるクリスタル宮殿公園内は散歩道も上ったり降りたり。
ポルト

というので、この塔の情報にぶつからず、残念なり。夏休み中に更なる検索をしてみよと思っています。

ところで、クリスタル宮殿公園だというのに、肝心の宮殿はいずこに?次回はそれについて。
ではみなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年7月13日 

いつもは朝9時20分に日本語授業がある市立図書館に向かうのですが、先週土曜日は野暮用あり、
8時45分に家を出ました。用件は思ったより早く終わり、授業開始まで40分近く時間ができたので、久しぶりに、表玄関になるクリスタル宮殿公園入り口をくぐり、散歩してみました。

毎土曜日は園内にある図書館に来るものの、裏口から入るため、ここ数年、とんと公園を見ることがなかったのです。

ポルト

正門を入るとすぐ目の前に現れるロザ・モタ・パビリオン(ポルト出身の元女子マラソン選手。世界選手権、ソウルオリンピックでの初2冠を達した)。下は、わたしが日本語コースを教えるアルメイダ・ガレッテ市立図書館。

ポルト

がやがや賑やかなツーリストグループに目を向けると、放し飼いの孔雀が美しい羽根を広げて披露していました。これまでに何度もわたしの目の前で披露してくれていたので、今回は後ろから写真をパチリ(笑) 

2018_Aug_22_1.jpg

↓これがわたしがよく見かける美しい羽をひきずる孔雀です。
ポルト

雛がかえったようであちこちに母孔雀の後をチョコチョコとついて回る雛がいっぱいいました。

ポルト

2018_Aug_19_1.jpg

ポルトは長崎と1978年に姉妹都市提携を結び、わたしがポルトに来たのはその翌年ですが、今年は40周年になります。 図書館のすぐ横には2007年に長崎から贈られた2世の「被爆柿の木」が植えられています。

2018_Aug_21-1.jpg

もう11年目になりますが、被爆しているためか、成長が遅いです。hそれとも日当たりが悪いのでしょうか。 でも今年は思いの外、大きな葉をつけたような気がします。

下はイベントに利用される野外劇場

ポルト

Tilia(シナノキ?)並木道。
ポルト

並木道の横のカフェ
ポルト

朝の園内では、アクティビティをしているグループを見かけました。

ポルト

公園からは大西洋とやがて合流するドウロ川の景色も見られます。

2018_Aug_12_1.jpg

この日、公園を歩いてみようと思い立ったのには、この存在があったからです。
2018_Aug_8_1.jpg


わたしはこれを、クリスタル宮殿公園のマグダラの塔と読んでいます。以前は崩壊寸前で上ることができなかったのを、トーリストブームに乗り、市が手を入れて現在は塔にのぼることができるようになったとニュースで知ったのでした。

そこで是非と思い、見に行ったのです。

この項、明日に続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年6月6日 

さて、今日から始めるぞと少し気合を入れて取り掛かろうとしていたDias先生の午後のポルトガル語が来週からとなったところへ、「今日は仕事が終わった」と、夫が3時頃に帰宅した。

そこで、することがないわけではないが、小雨ふる中、ポルトの街へ「A Casa Escondida」を見に行こうと相成った昨日であります。
Casaは家、escondidaは動詞escondirの変形で「隠れた、隠された」の意味です。

ポルト 隠れた家

写真は並んだカルモ教会とカルメリタ教会で、前者18世紀、後者17世紀に建てられました。この斜め向かいは4頭のライオンの噴水があるPraça dos Leões( 正式名 Praça Gomes Teixeira)です。

「隠れた家」はこの二つの教会の間にあるのです↓(黄色の線で囲まれた箇所)。ふたつの教会は過去に見学しているのですが、これはちょっと気付きませんでした。

casaescondida_2.jpg

ポルトで一番小さい家であるだけでなく、恐らくポルトガル国内でもそうではないかと言われています。入り口で切符を買い入ってみました。写真は入り口の前にある階段を上って撮りました。

ポルト 隠れた家

2階はベッドルームと小さな書斎に、3階はリビングルームと小さな台所になっています。

ポルト 隠れた家

写真を撮ってしまってから、夫に「あ、撮影禁止とあるぞ」と言われ、「えー!ちゃんと言ってよね」と自分の不注意を棚に上げて(笑)

幅は2メートル少しでしょうか、更に上階がありましたが、公開は2,3階のみ。250年もの間、ほとんど人に知られずに来た家ですが、ツーリストが増えたところで、公開に踏み切りました。

では、何ゆえ二つの教会の間にこんな狭い家が建てられたのか。これ、調べてみたら面白い理由が見つかりました。カルモ教会を建てるにあたり、二つの教会が並んで建設されるのをバチカンが許可しなかったとのこと。そこで取られた苦肉の策が、間に作られたこの狭い家です。

この家は教会の医者、また教会の建築装飾に携わるアーティストなどの住まいに提供されたとのこと。
また、ナポレオン軍が侵入してきた19世紀初期、同じく19世紀初期の自由主義者と保守主義者との間に起こったポルトガル内戦時などには、この家は密会の場でもあったと言われます。

狭い家は外部からは教会の建物の一部に見えるのでそういう場所にはもってこいですし、小さな窓からは、下の写真で分かるように、広場がよく見渡せることから、いざという時には、カルモ教会に続く廊下から教会内部に逃れられたことでしょう。

ポルト 隠れた家

ポルトの歴史が垣間見られる小さな空間です。

入場料:3ユーロ
通常は9時から18時までオープン。土曜日は16時、日曜日は13時半まで。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年5月23日 

一挙に時差ぼけを追い払おうと昨日は昼前から、久しぶりにポルトの街を歩いてきました。

これまで車を駐車してメトロを利用していた「Polo Universitário(ポルト大学駅)」でしたが、しばらく前から駐車スペースが常に満車で、車を止める場所を探すのにグルグル周る羽目になるので、今はダウンタウンに近い二つ向こうの駅「Combatentes」付近に車を乗り捨て、そこから街に出ています。

ドウロ川を挟んだ隣町、ガイア側からポルトの美景をしばらくぶりに眺めてみたいと思い、サン・ベント駅で下車し、Rua das Flores(花通り)を通ってリベイラを目指しました。

ポルト
Rua das Floresの横道壁に描かれた巨大黒猫の絵

ポルト
その横道から眺められる路地の景色。わたしの気に入りの景色でもあります。

行きつけの店「Memorias」に「こんにちは!」と顔を出し、しばらくおしゃべり。お客さんが入店してきたので長居は無用。そして向かったリベイラ(Ribeira)こと、ドウロ川沿いなのですが、かつてわたしがのんびり歩いてきたリベイラと違い、オープンカフェは満席で、川沿いには屋根無しの物売り屋がぎっしり並んでいます。

これじゃぁ、川の景色を損なうんじゃぁないの?と思いつつも、ツーリストがわんさと押しかけると、我も我もとこの波に乗り、カフェ、ホテル、土産物屋に続き露店が増えるのもやむを得ないことだろう。

ribeira3.jpg
↑写真をクリックすると拡大写真が見られます。

ポルトは今、わたしが知っていた街から少しずつ変容してきているのです。小さな街です、願わくは風景があまり大きく変わらないよう、市が何らかの規制を設けてくれるといいのだが、と多少危惧の念をいだいているこの頃です。

ポルト
リベイラの露地

ポルト
リベイラの土産物屋。クリックすると拡大写真が見られます。

「外国人が多くて、ここはドイツかイギリスかと思ったりするよ」とは、住民の言葉とか。大きな街と違い、ポルトのような小都市は、ツーリストで溢れかえり地元の人の足が遠のくのは、将来、問題になりかねない。ブームとやらはいずれ去るもので、去った後にどれだけの店舗、ホテルが生き残れるだろうか、と不安な思いに駆られるのですが、儲かるのは今しかないっか!も、事実なり。

ポルト
↑是非、クリックして拡大写真をごらんください。

美景をそこなうんじゃぁないの?と気になる露店も対岸のガイアから眺めると小さくて見えず、いつもに換わらぬ美しいポルトの街並みを見せてくれます。

ほぼ2時間近くの散策をして帰宅。心地よい疲れでちょいと昼寝のつもりが、目覚めたらなんとまぁ、午後7時半を回っておりました。うげ!外猫のエサ運びの時間過ぎてるじゃん!と、眠気マナコで家猫のを後回しにし、外猫のエサを作り運んだ夕べでありました。

人間さまのは、はい、すみません、外食と相成りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村