FC2ブログ
2018年8月10日 

これまでに何度か訪問したボルサ宮(Palácio da Bolsa)ですが、2014年から2015年に渡り、入り口に面した「ナショナル・パテオ(Pátio das Nações)」の壁画修復が始められたところ、一つの紋章の下から別の紋章が現れ、それが「日本の紋章」だとのニュースが流れました。

ニュースのその年1月に、わたしは雑誌記事取材のためにボルサ宮を訪れたのですが、「日本の紋章」が現れたのはその後の3月のようで、残念ながらその時は知らなかったわけです。

それがこの度、精密なレプリカが公開されたというので記事を読んでみると、なんと日本の紋章とは「葵の紋」のこと。

brasao_japonese.jpg
Wikiより

ポルトガル人の手によるものゆえ、デザインが多少違うような気がしますが、この紋章がなぜポルトの旧証券取引所のボルサ宮にあるのかという謎にぶつかります。

ボルサ宮の詳細については既に書いてありますので、後記で案内しますが、1842年に施工、完成まで70年近くを要しています。
皇室の紋章である十六菊花紋でなく、葵の紋章があるということは、徳川時代にポルトと何らかの関わりがあったことになります。

ボルサ宮は完成まで70年を費やしたのですから、その間の歴史を調べようと思ったところで、ふと、先日、拙ブログにて取り上げた「クリスタル宮殿公園の記事を思い出しました。

1851年の第一回ロンドン万博へ出かけたポルトのブルジョアたちや旧証券取引所関係者たちが、会場として建設されたクリスタル宮殿の素晴らしさ圧倒され、ポルトにも是非とそれを模倣して建設し、1865年にはそこでポルト国際博覧会が開催されたのです。

その際、欧米諸国に加え日本も参加しているのを知り、へぇ~と思ったのですが、クリスタル宮殿に目が行っていたもので、日本の参加については調べることもせずそのままになっていました。

1865年といえば、大政奉還がなされ徳川幕府の時代が終わる2年前です。ペリーの黒船来航により日本が開国して後の1860年に日本ポルトガル間では日葡和親条約と日葡修好通商条約が結ばれ、215年ぶりに通商が再開されています。

ボルサ宮のナショナル・パテオの上部にの壁に描かれてあるのは、当時、ポルトと深い関わりがあった国々の紋章だといわれ、件のポルト国際博覧会には、1962年に幕府が初めて欧州へ送った文久遣欧使節団が訪れたようです。

さすればこの使節団は福澤諭吉も含む38名となっていますから、大規模な使節団として、羽織、袴、まげを結った一行の姿は人々の記憶に残ったことでしょう。これで、とりあえずボルサ宮にある徳川家葵の紋の謎は一通り解けたと言えます。

それにしても、奇遇が重なり面白い謎解きができたものです。そして、今から150年ほど昔に自分が住むポルトに福澤諭吉達に日本の大使節団がしばし足を停めていたと思うと、静かな感慨が湧いてくるのであります。いやぁ、これだから歴史は面白い!

本日もお付き合いくださり、ありがとうございます。お時間あらば、ランキングクリックをしていただけると嬉しいです。

下記、ボルサ宮関連の過去拙ブログ記事です。クリックしてどぞ。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1535.html「ボルサ宮1」
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1537.html「ボルサ宮2」
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1540.html
  「ボルサ宮:エッフェルの部屋」
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1541.html
  「ボルサ宮:アラブの間」
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-695.html
  「長崎ポルト姉妹都市30周年記念・ポルトぶらぶら歩き」」
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2018年2月19日 

鍵二つって、そりゃSpacesisさんはそうでしょよ。二つどころか三つ四つあっても住む人が同じだから、自分の家から自分を締め出すのは再三起こりますってば。
なんて、だれだぃ、そんなことを言ってるのは(笑) 意味が分からんという方はこちらでどぞ。

迂闊者にはしんどい鍵社会

今日はそれじゃないんです。
先週から、大学講師の仕事が休みの東京息子が帰国しているのですが、昨日は雨もあがり天気がよかったので、急遽、以前から見たいと思っていた教会を見にオヴァール(Ovar)まで探して行って来ました。ポルトガルでも美しい教会のベスト10に入ると言われておりずっと興味をもっていたのですが、機会がなく今日まで来ました。

オヴァールの町中にあると思いきや、探して行ったふたつの教会はどちらもかなり奥まったところにありました。今日はそのひとつ、Igraja Mátriz de Cortigaçaの紹介です。

igreja14-1.jpg

Cortigaça(コルティガッサ)というオヴァールの村にある教会は、ポルトのイルデフォンソ教会のように建物の外側が全てアズレージュで被われています。12世紀のものであろうと言われます。残念ながら昨日は閉まっていて中が見学できませんでした。

アズレージュは向かって左が聖ペトロ(ポルトガル語ではサン・ペドロ)、その下がアッシジのサン・フランシスコ、右が聖パウロ、その下がサンタ・マリア(聖母)が描かれています。

教会入り口中央の上部にはサン・グラールこと聖杯が見られます。その下にも聖杯と十字架が交差しているシンボルが見えます。写真を撮っていると、ぬぬ?サン・ペドロは二つの鍵をもっているではないか。

igreja16-1.jpg

サン・ペドロはイエス・キリストの12使徒の一人で、昨年初秋にわたしたちが旅行してきたバチカンの初代教皇でもあり、「天国の鍵」を手にしています。

すると、息子と一緒に後ろにいた夫も「あれ?鍵がふたつあるぞ」と言う。「あ、ほんとだね。ふたつって?」とわたしが応じると、夫、すかさず、「スペアキーだよ、君同様、サンペドロも時々自分を締め出してしまうので、天国に入るのに合鍵が要るんだろ」・・・・

側で我ら夫婦のやりとりを聞いて息子がぷっと吹き出している。この間の締め出し事件を彼に話して「また、やってたの?梯子のぼるの危ないよ」と息子に言われたところであった。

夫のこの手のジョークは毎度のことで、言い得ているのが、これまた腹が立つのであります。ちがうわ!なんでサン・ペドロが、天国に入るのに合鍵がいるんだぃ!と、いきり立ち、よし!家に帰ったら早速調べてみようと思い、したのでありました。

サン・ペドロが天国の鍵を持つ、というのは知っている人も多いかと思います。かつては国民のカトリック教徒が多かったポルトガルです、夫もカトリックではありませんが、こと聖書に関してはやはり色々知っています。

しかし、日本語では単数複数の表現はなく「鍵」です。ポルトガルの伝統陶芸家ローザ・ラマーリュのサン・ペドロも手に一つの鍵を持っているし、わたしは昨日までサン・ペドロの鍵は一つだと思っていました。

saoPedro.jpg
陶芸家ロザ・ラマーリュの作品「サン・ペドロ」

調べた結果がこの絵で分かりました。

saopedro2-2.jpg

上の絵はバチカンのシスティナ礼拝堂にある壁面画の一枚です。下に拡大しました。

saopedro2-1.jpg

確かにイエスから二つの鍵を受け取っています。

「わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」( マタイ伝 16:18)

金の鍵は天の国における権威を示し、銀の鍵は縛ったり解いたりする地上の教皇の権限を意味しているのだそうです。鍵の先は上(天)を指し、鍵の握り部分は下(この世)に向き、これらはキリストの代理人の手にあることを示唆しています。 二つの鍵をを結んだ紐は天国とこの世に渡る二つの権威の関係を示す、とあります。

vatican_crest.gif

上記バチカンの紋章にもペドロが授かった金銀の鍵が描かれています。現フランシスコ教皇はサン・ペドロから数えて266代目の天国と地上の権威を現す二つの鍵を預かる教皇ということになります。

ということなんだよ、うちのダンナ!合鍵じゃないわ・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年10月29日 

サン・ロック公園のラビリンスを後に更に進むと椿園があり、その真ん中にはライオン像の浮き彫りを持った噴水が置かれています(秘儀思想者、メーソンの邸宅には必ずといっていいほどライオンの噴水が見られる)。

Quinta de Sao Roque

Quinta de Sao Roque

公園の別入り口があるRua da Lameira(ラメイラ通り)に面して古い館が建っています。

Quinta de Sao Roque

この館と周辺については後日述べますが、今日は館の後ろにある人口洞窟について。 ポルトガル語ではGrutaと言うのですが、シントラのレガレイラの森を始め、この手の洞窟はポルトでも古い館の庭に見られ、必ず小さな池の側に造られています。ラメイラ館の洞窟もその例に漏れず。

Quinta de Sao Roque

洞窟は秘儀思想、アルケミスト、新プラトン主義のシンボルであろうとわたしは解釈しています。わたしたちの住む世界がこの洞窟であり、英知という光を求めてその闇を抜け、光ある外界へ出ることで囚われていた己の魂を開放する、となるのでしょうか。「英知」なるものがいったいなんであるのかよく理解していない凡人のわたしではあります。

サン・ロック公園のラビリンスと洞窟には興味があり、これまでも何度か訪れているのですが、この日は12時からの日本語レッスンの急なキャンセルが入り、いつもあちこちを散策する午前中ではなく、昼間に行きました。

洞窟も館の周辺も一通りぐるりと回り、さて、帰ろうかともう一度この洞窟に入ろうと近づいた時のことです。

Quinta de Sao Roque
洞窟の中の岩の一部が光っているのに気が付きました。光った部分はやがて段々と範囲を広げていき、とても不思議な現象でした。

空に目をやると丁度太陽の木漏れ日を池の水が受け、それが岩(恐らく花崗岩)に反射してでしょう、もわ~っとあたかも岩が光を放ち始めたような状況に、思わず鳥肌がたったのでした。

そこで、素人腕ではありますが、スマホの録画撮りをしてきました。実は録画が終わってから気が付いたのですが、草刈機のうるさい音が盛んに入っているではありませんか。それも気にならなかったほど、夢中で録画したのでありました。動画初投稿ですので、見にくい点がありましたらご勘弁。

[広告] VPS


なんだかエラく得をしたような気がして、この日は午後もずっと清清しい気分でした。これの状況が起こることは全て計算づくめで池も洞窟も造られたのは間違いないでしょう。

豊かな物質文明に身を置くわたしたち現代人の堕落面は否めず、忘られつつある古の哲学者たちの思想を読んでみようと思っているこの頃です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年10月28日 

個人レッスンのキャンセルが入った先週、近くのサン・ロック公園(Parque de São Roque)を歩いてきました。

Quinta de Sao Roque

サン・ロック公園はポルト東部Antas、ドラゴンサッカー場近くにあり、かつてQuinta da Lameiraと呼ばれ、ポルトワイン業者のイギリス人Cálem一族が代々所有していたのをポルト市が買い取ったとのこと。18世紀に建てられたラメイラ館を含んだ公園全体の広さは4ヘクタールで園内をゆっくり散歩すると所有時間1時間ほどです。

入り口はTravessa das AntasとRua da Lameiraの二箇所にありますが、わたしはいつもTravessa das Antasから入ります。車が止めやすいのです。

Quinta de Sao Roque

この日の目的は散歩を兼ねて園内にあるラビリンスと洞窟の写真をとることでした。1.5mほどの高さのツゲで造られた迷路で何度か行き止まりにぶつかりました。
Quinta de Sao Roque


ラビリンス(迷路)に入りデジカメを上に掲げて撮った写真ですが、たどりついた中方には石柱があります。

5.jpg

下図はWikipediaで拾ったサン・ロック公園のラビリンスを上空からみたものです。

Quinta de Sao Roque

これを見て、ふとフランス、シャルトル大聖堂内にあるラビリントとの共通点はないだろうかと探っているのですが、目下分かった共通点はリング様式でリングの数が同じく11ある、中世のパターンだということです。

shrtre.png
Wikiより。

11世紀初期、シャルトル大聖堂は巡礼の中心地になると同時に新プラトン主義の学びの場となり秘儀を教えたと言われます。その教えと伝統は慎重にしかし確実にヨーロッパ社会に浸透していったと言われます。

聖堂内のラビリンスのみならず、ゴチック様式の聖堂そのものに多くの神秘的なシンボルが見られるのは当然といえましょう。そして、聖外部にはヨーロッパ最初の秘儀参入者ピタゴラスの姿も彫られています。

これらを考え合わせるとサン・ロック公園も恐らくその神秘的な思想に基づいて建造されたのではないかと推測しています。
次回はわたしがそう推測する理由のもうひとつの園内にある建造物を見てみましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2015年2月1日
  
たまたま目にし、一瞬「ゥワオ!」と飛びついたこの写真。ご覧あれ。

サラマンカ

この彫り物が、スペイン、サラマンカにあるゴシック建築の大寺院ファシャーダ(正門)に見られるというから、さぁ、大変。思わず身を乗り出したのでした。

ポルトガルのマヌエル建築様式の代表とされ、かつてはテンプル騎士団の町と言われたトマール(Tomar)にあるテンプル騎士団修道院(後にキリスト騎士団修道院と改称)のシンボル解明に挑戦しているわたしとしてはこの手のオーパーツには目がない!
サラマンカはスペインで一番古い大学がある町として知られます。サラマンカ大学は現在も約32000人程の学生を抱える総合大学です。かの有名な「ドン・キホーテ」の著者、セルバンテスも正規の学生ではなかったにしろ、ここで学んだと言われます。
サラマンカには12世紀に建てられた旧大寺院と16世紀から18世紀に建てられたゴチック・バロック様式の新大寺院のふたつの大寺院がありますが、上述の宇宙飛行士の彫り物が見られるのは新大寺院の方。こうなるとわたしなどはウッホッホです。

現代科学の先端を行く宇宙飛行士の姿が中世の大寺院に見られるとはこれいかに?あな、摩訶不思議と踊る心でこの話を追跡して行くと、件の大寺院ファシャードにこんな彫り物もある。

サラマンカ

ライオンか,はたまたドラゴンか。しかも、手にコーンに盛り付けられたアイスクリームを持っているではありませんか!え?え? ここまで来ると、いかな乗せられやすいわたしでも、ちょいとお待ちよ、と相成ります。こうなると徹底して調べる作業に駆られます。

新大寺院とは呼ばれるものの、16世紀から18世紀にかけて建築されたのですから、今では「新」とも言えません。大寺院のファシャード(正門)はこの数世紀でかなりの損傷を受け、1992年に修繕作業が入りました。この時に、彫刻家がその道の許可を得て「宇宙飛行士」と「アイスクリームコーンを持つドラゴン(ライオン?)」とを付け加えたのだそうです。これはどういうことかと言うと、慣習として、大寺院の修繕では度々、修繕する時代の象徴的な物が付け加えられるとのこと。現代の象徴として「宇宙飛行士」が選ばれたとあります。

サラマンカ

サラマンカは、昔、子供達を連れて車でピレネー山脈を越え、アンドラ王国から南フランスに入って家族旅行をしたときに通ったことがありますが、これが1992年に付け足されたのだったら、見られたはずもなし。
しかしながら、別説もあり、修繕以前の写真がないことから、この彫像が後で付け加えられたという確証はない。「宇宙飛行士」は修繕以前にあった可能性もあるとの別の説もある。
う~~む。ここで言われる「慣習」ってスペインだけのことだろうか?と、ポルトガルのシンボル追っかけとしてはいささか不安になってきますのぉ。

さて、この宇宙飛行士ですが、2010年にバンダリズムこと破壊行為を受けて片方の腕がなくなっていました。
サラマンカ

トップの写真は、見てお分かりのように右腕が修繕されたものです。

「なんでこんなものを今さら大寺院に付け加えるのだ!」との反対意見もあるでしょうし、また、歴史観点からもこれらの彫り物は困惑を招くので、気持ちは分かりますが、バンダリズムはいただけません。

サラマンカには他にも興味深いシンボルがたくさん見られるそうです。そのひとつが下のサラマンカ大学正門にあるもの。蛙を頭上に乗せたドクロ。これを見たものは学業成就するとのジンクスがあるそうです。左横にはユニコーンも見られます。ドクロもカエルも錬金術のシンボルであることを一言付け加えておきます。

サラマンカ

今回、大寺院とシンボルについても調べてみたところ、意外やサラマンカ大寺院のようにモダンなガーゴイルシンボル(Gargoyle怪物などをかたどった雨樋の機能をもつ彫刻)が加えられているところが意外や、あるのに驚きました。それら中から面白いものをいくつか拾い上げてみました。

gargois1.jpg

この辺はまだいい。

フランス、ナントの近くにある小さなベツレヘム礼拝堂のガーゴイルたち。
PaisleyAbbey _Scotland
エイリアン!

Chapelle-de-Bethlehem-Alien.jpg
もどき、ダーツヴェーダーと思ったらこちらには本当にダーツ・ヴェーダーが(笑)↓

darthvader1.jpg
ワシントン国立大寺院に。んで、こちらは、カマを手にしたヨダ?ET?↓

gargois6-1.jpg

グレムリンのギズモじゃん!
Gizmo-1.jpg

なんか笑っちゃいますよ。人が真面目にシンボルの謎解きに取り組んでいるのに、なんじゃいな、これはw おふざけじゃござんせん^^;

本日の画像は全てWikiからです。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村