FC2ブログ
2019年8月12日 

戦後2年目にしてわたしは父の故郷である岩手県の雫石に生まれたのですが、子供時代から高校を卒業するまでのほとんどを青森県の弘前(ひろさき)で過ごしました。

時々、その弘前での18年の日々を思い出すのですが、最初に浮かんでくるのは、「我が家は一貫して貧乏だったなぁ」と同時に「けれど、なんて当たり前な、のどかな時代だったろう」という思いです。

この頃の思い出話は、興味のある方はこちらで読んでいただくとしまして、

かつては8月にも自宅では日本語を教えていた時期があり、時節柄、二人組みの生徒さんに「お盆」の話をしようとしたら、生徒の一人が、

「せんせい、その言葉、知っています。トレイ(tray)でしょ?」と言います。

「お、よく知っていますね、その言葉。」と、まずは褒めておき(笑)「今日話すのは、そのお盆ではなくて、祖先の霊を祀る日本の行事のお盆です。」(もっとも語源は先祖の霊に食物を供えるのに使った「トレイ、お盆」から来るとの説もある)

外国語を学ぶには、もちろん文法も大切ですが、その国の歴史や習慣を知ることも重要だとわたしは思うので、日本語クラスでは機会があれば、日本の行事や習慣の説明を試みます。外国語を学ぶことはその国の文化を学ぶことでもあります。

さて、日本の伝統行事では、ポルトガルとは習慣が違うわけですから、説明に色々手間取ったり、意表をついた質問が出たりして、こちらがハッと気づかされることも時にはあります。自分にその行事の経験があると、説明も生き生きとして余計な失敗談に及んだりもして授業は盛り上がります。

わたしが子供の頃、お盆というと、必ずしたのが下町の祖母の家の玄関前での「迎え火、送り火」でした。灯かりを目印にご先祖さまの霊を「お帰りなさい。こちらですよ。」お迎えし、送り火は、「また来年までね」とお送りするのです。

祖母の家では、割り箸を二本ずつ縦横と交互に組み合わせた四角を高くしていき、その中で迎え火、送り火を炊いていました。

先祖の墓参りには、霊魂があの世とこの世を行き来するために「精霊馬」と呼ばれるきゅうりやナスに割り箸を四本刺して、馬、牛の形にしたものを作り持参し供えました。こんな感じです↓

obom.jpg
(画像はwikiより)

祖母の吉崎家では9人兄弟で長兄は戦死、残った8人兄弟の一番上がわたしの母でした。南部出身の父は、家族を放ったらかして地方競馬の騎手として岩手県盛岡市に住んでいましたので、母とわたしと妹の3人は祖母の家に、おじたちや従妹家族たちと同居していたのですが、14、5人の大家族でしたので、墓参りや、月見、お正月の餅つきなどの家内行事はそれは賑やかなものでした。

おじたちがやがて所帯を持ち、祖母の家もおじが判子を押した知り合いの保証人の責任として売り払わなければならなくなり、大家族はちりぢりになってしまいましたが、その後も、お盆には、それぞれが家族を連れてお墓参り、大勢が墓前で顔をあわせることになったものです。

お墓が清掃されているのや、お供え物がすでにあるのを目にしては、「誰々がもう来た」などおじたちの名をいう母の言葉をよく耳にしました。

そうして時代が過ぎ、いつの間にか、一族が揃って顔をあわせるのは、結婚式か葬式になってしまいましたが、母も含めおじやおばもやみな、ご先祖さまの仲間入りし、わたしもポルトガルに定住てしまった今は、それも無くなりました。

お盆が来るたびに、意味も分からず精霊馬を遊びながら作り、祖母や母、おじやおばたちと一族が連れ立って、墓参した子供の頃が思い出されます。

そうそう簡単に日本へ帰れない異国にいるわたしは、今年も遠い昔のお盆を思い出し、心の中で迎え火送り火をたき、今日まで無事に生きて来られたことをご先祖さまに感謝いたします。

追:2007年に30数年ぶりに先祖の墓参りをしました。 その時のエピソードは こちら→「ご先祖様、お笑いくださるな

ではみなさま、また。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月28日

七十路の門を既にくぐったわたしたち夫婦、たまにくだらない言い合いもあったりしますが、もう尾を引きません、根に持ちません。いたって平和なのは、もしかしたらまだ毎日それぞれに外部の人達と接してすることがあるからかもしれないなと思ったりします。

二人とも完全に仕事を退いて、年がら年中一緒にいることになったら、果たしてどうなるのか?ま、わたしの場合、しばらくは終活の一環として、断捨離に励んだり、好きな勉強をしたり?う~ん、今は考えんとこうっと(笑)

わたしは、幾つになっても笑いこそは人生で絶対必要要素のひとつだと思っています。笑う角には福来る、と昔からいいますし、本当にそうだなと感じます。しかし、意味なく笑っているのはアホですしね、気持ち悪がられるのが関の山。

毎朝起きるとネットで新聞を読み、お気に入りのブロガーサイトを訪問するのが習慣ですが、これがほとんど政治関係なもので、ニコニコ顔になるはずもありません。 起きてきた夫が後ろから「おはよー」と声をかけてくると、記事に怒ってるもので振り向いた顔が「オニ」ってこともざらにあり、夫は「ぐは!」となります。

笑うときは、大きな声ですから、読んでる本を開いたまま、あるいはモイケル娘のブログ記事を目の前にして、わっはっはですから、夫が「何がそんなに面白いのか」とやってきます。笑うことによって肩の凝り、ストレスは薄らぐし、爽やかな楽しい気持ちになります。

時には昔の出来事を思い起こしたりして、笑いがこみ上げてくることもよくあります。今日はそのエピソードのひとつを。
みなさんとわたしの笑いのツボが同じかどうかわかりませんが、以下、ご笑覧あれ。

★中川くん

自身は染まりませんでしたが、20歳の頃の大阪京橋時代、まわりには上に素人とつく、演出家、役者、シナリオライター、作家志望と、演劇関係の知り合いがいました。

そしてわたしはその中で、いつのまにか、これまた上にへんちくりんなものがついて「自由人yuちゃん」で呼ばれていたのです。どこが自由人か、と問いますと、常識の枠にとらわれないで行動するからだそうで、褒められているのか呆れられているのか、複雑なところではありました。

わたしは素人劇団の何のお役目も担っていないのに、あちこちと引っ張りまわされ、出来上がったばかりのシナリオを読まされたりしたものです。

劇団長はかつて「劇団四季」に籍を置いたことがあるという人で、彼らはサマセット・モームの作品のみを手がける劇団だったのですが、そのお芝居を観にいったりしたものです。

そんな役者仲間に、ただ一人、プロダクションには属していなかったものの、中川君という一応プロの役者がおりまして、これが顔が大きいもので、現代劇より時代劇でよく映えるのですね。

案の定、彼は京都四条にある南座で、よく歌舞伎公演での役回りをしていたのでした。なに、役回りといってもハシッパの役(笑)

これが、ある日浮かぬ顔をして現れまして、
「舞台でドジッた。トップの役者さんにこってりしぼられてん」と情けない顔で言います。何をしたかと言いますと、出番寸前にどうにも我慢ができなくなってトイレに行った。そしたら、出番の合図が聞こえたので慌てて舞台に飛び出して行った。

出てしまってからハッと気がついたのが、足に履いてる「便所」と書いてあるスリッパ!(爆)
おまけに、手に持ってなきゃならないはずの十手をトイレに置いてきてしまい、「御用だ!御用だ! 」と突き出す手には、十手なし・・・周りの小役人の役を演じている人らの後ろに後ろにと隠れて誤魔化そうとしたが、そんなもん、ロケじゃあるまいし本番なんやから、どうやって誤魔化すのよ(笑)

これを聞いたときには、気の毒よりも大爆笑が起こってしまって、我らは抱腹絶倒。

役者さんの世界って、NGがたくさんあるでしょ?あれ、爆笑ものが多いですね。ただし、劇場での本番は、やり直しがきかない。困りますよね。

中川君によると、立派な役者さんも時には失敗するのだそうで、そういうときは、舞台が終わった後に、役者さんからはちゃんと陳謝として、全員に何がしかが配られるのだそうです。

あれから40年も経つというのに、今思い出しても、「便所」と書かれたスリッパを履いて、「御用だ、御用だ!」と空の手を突き出し、にっちもさっちも行かなくなっている彼の姿を思い浮かべると、あっはっはと笑わずにはいられないわたしです。

中川君、どうしているでしょう。中川君からもらったヅラをつけたサイン入りのブロマイド、どこへ行ってしまったかなぁ^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月27日 

イギリス、フランスなどでは38、40度を記録し史上二番目の暑さだと言います。
だと言うのに、7月も下旬のポルトガル、真っ青な空が顔を見せず、小雨が降るやらで20度ですって。とても夏とは思えず、窓から吹き込む風には秋かとまがう匂いがしたりします。

が、こう言った矢先に酷暑に突然襲われるのかもしれません。

さて、近頃、わたしの餌を待っている野良ネコちゃんが増えて6、7匹になりました。餌は一匹ずつアルミホイルに入れて用意します。外が明るいうちに持っていくと、カモメのヤローども(失礼!)も、待ちかまえていて、カモメも食わずばなるまいに、とは思うものの、わたしの姿をみるなり騒ぐもので、少し日が暮れかかったころに、ネコエサを運びます。

夏場はできるだけ、猫たちが食べ終わるのを待って、アルミホイルの包みを片付けるようにしています。
なぜかと言えば、猫たちが食べ終わったのをそのままにして置くと、アリの行列ができるのです。まぁ、カモメ同様アリとてこの時期、冬に備えて食べ物を蓄えるのが仕事ですからね、「ご苦労さま」と思い、時にそのままにして、すっかり暗くなってから片付けに行ったりします。

イソップ(あるいはラ・フォンテーヌ)の話にある「アリとキリギリス」はあまりにも有名で、今更披露する必要もないのだが。

夏の季節を歌って遊び暮らすキリギリスとは対照的に、暑い日差しを受けながら汗を流して冬の準備にせっせといそしむアリ。それを見て笑うギリギリスではある。が、やがて冬が到来し、食べ物もなく寒さに凍える日々に、思わずアリの家のドアを叩く。今度はアリが笑う番だ。

この教訓話にはなるほどと思わされるのだが、わたしはもうひとつの「アリとキリギリス」を知っている。もう40年も昔に、当時知り合った夫から贈られた英語版のサマーセット・モーム短編集に収められている「アリとキリギリス=The Ant and the Grasshopper」がそれです。

arnt1.jpg

先のことに思い巡らし定職に就きせっせと働いて貯蓄に精出している兄と、それとは真逆、ろくに仕事にも就かずその日その日を遊び暮らしている弟の兄弟がいる。時々呼び出されては弟に金を無心される兄は、その都度将来のことを考えろ、もっとまじめな生活をしろと説教を垂れる。兄はこの弟を心のどこかで見下げている。

ある日、友人からの又聞きで、弟が先ごろ大金持ちの未亡人と結婚したのだが、未亡人がみまかり、その遺産をずべて弟が相続したということであった。

この時の兄の「It´s not fair !」の悔し紛れに叫ぶ気持ちが分からないではないが、わたしは、「へぇ~、人生って案外こんなものかも知れないな。」と、変に納得いったような読後感をもったものだ。

この40年間、もちろんわたしは遊び暮らしてきたわけではない。私たち夫婦は子供達の教育費は分不相応にかけたので、先を考えて貯めたいにも貯めようがない状態でずっと来た。

老後、何が一番必要かと言えばやはり金だ、と言ってはばからない人は周囲に結構いる。夫は別だが、どこからも年金の入ってきようがないわたしは、この言葉を耳にすると、うなだれるばかりだ。そして、お金は確かに必要だが、「一番」という言葉に、心のどこかで反撥するわたしがいる。

息子も「アリとキリギリス」の話は知っていて、
「パパの年金があるから、少しは大丈夫」と言うわたしの言葉に、
「ボクもそうだけど、ママもキリギリスタイプだね。」と息子に・・・言われた・・・
そして「パパは典型的なアリタイプだ」と彼は付け加えた。

その通りです、息子よ。しかし、人生はunfair(アンフェア=不公平)なことの方がfair よりも多いかもしれない。

それに、アリとアリの夫婦なんて、しんどいかもよ。キリギリスとキリギリスもこりゃ破綻で大変だ。アリとキリギリスの夫婦、これでなんとか帳尻が合うのであるよ^^

冬が到来したら、夫と言うアリのドアを叩く、わたしはキリギリスです。てへ。

ではみなさま、また。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月22日 

土曜日はきついなぁと、近頃とみに感じるようになった。

4時間通しで立ちっぱなし授業をしますが、それが好きなものでその時は苦になりません。終わった後でどっとくるのです。

迎えに来てくれる夫と外で昼食をとって帰宅するのですが、自らをねぎらうためにと軽く生ビールをいっぱいいただきます。この冷たいのがおいしいんですよね。

でも、最近、この軽いいっぱいが、ひょっとして我が筋肉をゆる~くして、土曜日の食後の眠気をさそってしまうのではないか?と、思い始めました。近いうちに実験がてらこの楽しみをやめて食事してみようかと考えているところです。

さて、そういうのが毎土曜日ですから、先週も「疲れた~」と言い持って日本語授業用の重たいカバンを放り、スペイン人の如くシェスタ(昼休憩)と称してしばし午睡しました。

2時間近くも休んだでしょうか、ふと目が覚めると、ぎょぎょ!我がベッドの半分を一列に並んで猫たちも奥さん同様、眠りをむさぼっているではありませんか(笑)

2019July_1_1.jpg

実を言うと、数ヶ月前まではねこたちはこの部屋に自由に出入りできていたのですが、このうちの一匹、もしくは二匹が部屋にマーキングするようになったのです。匂いに敏感なわたしはこれに怒髪天をつく、と相成り、「お主らみな立ち入り禁止なり!」。

マーキングは絶対していないと思われるゴロー君を除いては、このところ入室させなかったのです。が、疲れていたせいか、うっかりドアを閉めるのを忘れ寝ていたところを狙って、ご覧のとおり^^;

分かるんですよね、奥さんのそばにいたいなぁってねこたちの気もち。そんならマーキングしないでよね!始末が実に大変なのです。

起きてリビングに行くと、夫、「今日は天気もいいし、この間言ってた礼拝堂を見に行こう!日没が9時とあるから、家を8時に出るぞ」と言う。

あ、あの・・・・コロッと忘れてた雑誌原稿、催促のメールがあって、今日中に送らないといけないんですけど・・・と言ってみたものの、次に夫が行こうという機会がいつになるか知れず。

しんどいのを振り切って行ってまいりました、ミラマール。思わせぶりになりますが、その画像は明日に。
本日はこれにてごめんくだされ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年7月19日 

もう何年も前のことになります。

わたしが社交ダンスに興味をもっているのを知った夫の同僚ご夫婦が、彼らが通うダンス教室に見学に来ませんか?と誘われたことがあります。

週に一度のレッスンで、それも日曜日の夕方でした。 それなら日本語教室を続けながらなんとかなりそうだと思い、夫も一緒に見学に行ったのです。

紹介してもらったダンスの先生はオーストリア人の男性で、ウインナーワルツのコンテストでも受賞した方だと紹介されましたが、わたしは「ヒェ~~、背が高い・・・」と、それに感心したものです。

ワルツを美しく踊る夢を見るわたしでしたが、イングリッシュ・ワルツとウインナー・ワルツのステップが違うこともその時まで知りませんでした。

July_2_1.jpg
昨日の美しい夕暮れ


ダンスフロアで流されるタンゴやワルツの音楽に魅せられて、踊れずとも曲に合わせて思わず体も揺れようというもの。わたしはとうとう引っ張り出されて、ステップをろくすっぽ知らないのに、男性の上手なリードでなんとなく踊れたのでした。
しかし、夫はいまいち乗り気ではありませんでした。 でも、分かるのです、わたしたち二人がパートナーを組んで踊ると、いったいどういうことになるのか(笑)

音楽は歌うのも聞くのも、低い音量より、家中いっぱいに流れるように音楽を満喫するのがわたしの流儀。いつも、外から帰ってくると、「声が大きい・・・外まで君の歌が聞こえてる」。夫は逆でかなり低いボリュームで聞きます。わたしに言わせると、「そんなんじゃ、その音楽のよさがわからない」です。

レストランでは、「さっさと食い物飲み物、持ってこんかい!」と待つのが嫌いなわたし。注文したものがなかなか出てこないと、2回目は避けます。夫は逆です。「まぁ、急いでいるわけじゃなし。いいじゃない」とのんびりしたもの。

口笛は天下一品!子供のころから自慢で、リズム感も抜群のわたし。いや、ほんまでした。 夫はわたしからすると、下手。いいんですけどね。夫の口笛はなにかが違うのです・・・けど、面と向かって本人にはまだ言えないままです。それで、気分が良いとき始まる彼の口笛が始まると、「あちゃ~、来ちゃったよ」と、わたしの心中はいつも「はよ、その口笛止めれ~」なのです。(笑)

ざっと上に上げただけでも、わたしたちのこの性格、趣向の違い。

ですから、ダンスで二人が組んだらどうなることやら。足を踏んだの踏まなかったのと密かな言い合いになり、ロマンチックなダンスの途中で、わたしがあっち向いてプン!は十分起こりうることです。

息子や娘があきれる「バター戦争」もそうです。夫は固いバターを頑張って薄~くナイフでのばして取り、パンにつける。片やわたしは、「それなら、冷蔵庫の外に出しておけばいいじゃない。固いバターは、バターそのものを食べてるみたいでいや!」(もちろん、夏は別)

それで、どさくさにまぎれて外に出して置くと、「バターを冷蔵庫に入れておくべし」と夫が抗議する。毎日食べるバターです、冷蔵庫外に置いたとて、いたんでしまうところまで行く以前に食べてなくなってしまうでしょ(←わたしの言い分)

要は、彼は固バタ党、わたしはソフトバタ党。んじゃ、今日からバターは二つにすれば?こっちの箱にはyuko、そっちの箱にはCarlosと名前を書く。これでどうよ!とまぁ、こんな具合です。

子供たちはそういう親のヘンチクリンなやりとりを見てきて、「なんでこうなるのか?」と思っていたようです。しばらくぶりにポルトに帰省した娘がボソリと言ったことがあります。
「おっかさんと親父、性格の違いだけじゃなくて、文化の違いもあるんだねぇ。一緒に住んでいた時は気づかなかったけれど、久しぶりに見て分かった。」

同じ日本人同士の夫婦でもそれぞれ育った環境が違い、性格も違いますから、時に喧嘩に至ることはあると思います。これが国際結婚となると、「日本はこうだけど、ポルトガルのこんな所は嫌い」「日本だってこんな部分があるじゃないか」と、ささいな文化の衝突も十分にあるわけです。 ま、さすが今ではわたしも少し成長したもので、その手のやりあいはなくなりましたけどね。

面白いもので、家から目的地へ着くまでの走る道もわたしたちは違うのです。「時間的にはわたしが通る道の方が早く着くけどね」と言っても、「僕が運転するときは僕の勝手だぞ」と、てこでも変えませんね。おかしいったらありません(笑)

結婚して41年にもなると、そんな痴話喧嘩もなくなると思いきや、未だに時々楽しくチャンバラしてます。
これって意外と活力が出て元気になるんですよね。はははは。

みなさまは、いかに?
本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ