FC2ブログ
2020年1月11日 

日も暮れ、外猫たちが待っている餌をもってフラットを出た昨夜、背後の空に素晴らしい満月が見られました。

そうして、脳裏に浮かんだ月下独酌なる言葉は、今年85歳になる我が日本語生徒とともに、600ページ近くに及ぶ「ねずさんの日本の心で読み解く百人一首」を学んでいたときに目についた李白の漢詩なのですが、そのときその年配の生徒、アルフレッドさんとと二人で勉強してみました。

「月下独酌」

花間一壺酒  花間 一壺の酒
独酌無相親  独り酌みて相ひ親しむ無し
挙杯邀明月  杯を挙げて明月を邀へ
対影成三人  影に対して三人と成る
月既不解飲  月既に飲むを解せず
影徒随我身  影徒らに我が身に随ふ
暫伴月将影  暫らく月と影とを伴って
行樂須及春  行樂須らく春に及ぶべし
我歌月徘徊  我歌へば月徘徊し
我舞影零乱  我舞へば影零乱す
醒時同交歓  醒むる時同(とも)に交歓し
醉后各分散  醉ひて后は各おの分散す
永結無情遊  永く無情の遊を結び
相期獏雲漢  相ひ期せん 獏(はる)かなる雲漢に

漢字が分かる日本人にとって、漢詩はなんとなく意味がつかめますね。
月と自分の影を相手に酒を楽しんでいる訳ですが、興味ある方はネットで検索していただくとして、普段は山で生活をし、日本語授業がある時にポルトに下りて来るアルフレッドさん曰く、
「この詩はまるでわたしの山での生活を歌っているようです」。

聞けば、彼の山の家の周囲にはポルトガルでは見られない桜の木や銀杏の木が植えられ、ベランダからは月が昇ってくるのが見えるのだそうな。「いらっしゃい、いらっしゃい」と言われながらも、まだお邪魔していないわたしです。

同時に、わたしはかれこれ10数年も昔、木彫家の我が親友の山房での和歌山紀の川市での一夜を思い出しました。
日本庭園を前に、縁側で向こうに見える山並みと煌々たる月を眺め、漬物を肴にして和歌山の地酒「黒牛」を飲みながら、ポルトガルの、そして、彼女の四方山話をポツポツと夜通し語り合った忘れられぬ夜です。

1
庭から山を望む

気が付けば、いつの間にか二人で一升瓶を空にしていたのでした。それが不思議と酔うこともなく、「酒は静かに飲むべかりけり」とはこういうことかと思ったものです。

2

座敷の横の縁側で一晩中静かに杯を傾け。
3.jpg

漢詩の最後、「ともあれ月と影と親しく交友し、遥かな銀河での再会を誓おう」と訳せる「相ひ期せん 獏(はる)かなる雲漢に」は、胸にジンと響きます。

ワインよりも、ビールよりも、美味しいお酒を少しだけ、素敵な酒器で日本にていただきたいと思うこの頃、年々益々、我が思いは祖国に馳せるのであります。

ではみなさま、本日はこれにて。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年12月21日 

月に二度ほど、友人の高校3年生の娘さんAちゃんの国語の勉強を見ています。

わたしが借りている日本語教室は普段の土曜日は10時から13時までなのですが、彼女の国語授業がある日は朝9時からです。
題材は自由にしてもらっていいと言われているので、時に高校国語教科書から、時にエッセイ集からと選びます。

ccd1.jpg
教室がある場所。連日の雨で日頃はサッカー試合のある子供たちの声でにぎやかなグラウンドも今日はなし。代わりにカモメたちがサッカーをするそうですよ(笑)


一度、マンガ「ちはやふる」の話が出たもので、日本の歴史も同時に学べる「ねずさんの日本の心で読み解く百人一首」を取り上げてみたら、Aちゃん、かなり興味を示し、更に数首を取り上げて、授業を進めています。

昨日は、7番歌である阿倍仲麻呂の

「天の原 ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも」

でした。

この歌では遣隋使、遣唐使について学び、遣唐使の安倍仲麻呂が科挙の試験にも一発で受かった秀才であったこと、また、皇帝の側近として長年仕えた仲麻呂はついに祖国の土を踏むことが叶わなかったという、この歌は、百人一首の中でただ一つ、外国で詠まれた望郷の歌なのだということを学んだわけです。

若いAちゃんに、望郷の思い云々はまだ難しいでしょうが、いつかこの歌の心が理解できることがあるかと思ったり。

さて、Oちゃんの国語授業がある朝は、10時からの日本語生徒たちに、「今週の土曜日、教室は9時から開いています」と連絡を流します。Oちゃんとわたしが勉強している間、早く来たい生徒は教室に入って自習できるようにしています。

そういう日は、よく日本語ができる一人の生徒が30分くらい早めに教室に入ってくるのです。が、昨日はなんと!9時になるとAちゃんよりも先に二人が、そして間もなくもう一人と、3人の生徒が早くやって来て、ふむ、みんなやる気あるじゃない!と内心驚いたのでした。

10時からのクラスは中級クラスで、いつのまにか、8年の長寿クラスになりました。週に一度、たった80分の日本語授業ですが、一通りの基礎文法のテキスト2冊を終え、目下、読解力中心の授業です。

読解力テキストにただ沿って進めるだけではいまいち面白みに欠けます。そこで、時折、歌を取り上げたり、短編小説などに取り組んだりします。生徒たちがどんな反応を示すかと、これを選ぶのがまた楽しみなのでありまして。

クリスマス、新年と例年ならば教室も1、2週間の休暇に入るのですが、今回は2月に控えた漢字検定試験の勉強で無休のYY日本語塾ではあります。

ではみなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年11月14日 

12日夜、成田空港に早めにチェックインして空港内で最後の買い物を済まし、まだ十分に時間があるので、まだ人もまばらな搭乗口の席に腰をかけて文庫本を開いた。

わたしが好きなオックスフォードを舞台にした主任警部モースの事件シリーズ最初の本で、Last Bus to Woodstock(ウッドストック行最終バス)、著者はコリン・デクスターだ。モースシリーズはテレビ化され、イギリスミステリー界ではシャーロックホームズを抜くほどの人気を博したとも聞く。

わたしもテレビドラマの「Inspector Mors」を見て以来のファンで、近年はモース警部の若き日が「エンデバー」として放映され、これもまたなかなかによかった。

おっとっと、話が横道にそれてしまった(爆)後期にて、モース警部については案内しています。
本を読んでいると、スマホのメッセージ音が鳴った。

「I`m returning today. And you?」とは、ポルトの大企業のお偉いさんの我が日本語生徒さん。

名古屋のT自動車へ10日に出発予定だとは聞いていたものの、それだと日本到着が翌日の11日だ。まさか、12日夜半にポルトガル帰国とは、なんぼなんでもあり得へんでしょ、と、自分の聞き間違いだと思っていたのである。

「わたしも今日帰りますよ。日本語レッスン、ここでしましょうか?Haha」
「I´m in the Airport and now at the gate」
「Oh, me, too. I cann´t see you」と、人も少ない搭乗口席を見渡すわたし。
「Haha, infront of you」
「えー!」

と、スマホスクリーンから目を離して、目前を見ると、あっはっは。ほんとにおりました、生徒さん(爆) 

実は8月の夏休み以来、ご本人は仕事やらカー・レースやらでヨーロッパを飛び回り、多忙。そろそろ日本語を始めたいと連絡してきたときは、4週間のわたしの帰国だったので、4か月ぶりの再会だ。

日本語レッスンをしたのかって?いえいえ、それは冗談であって、ジョークを言いながらの授業はしばしばなのである。

フランクフルトではポルトへのフライトまで5時間ほどの待ち時間があるのだが、わたしの年齢に配慮してか、R氏はわたしをビジネス、ファーストクラスが利用できるラウンジに招待してくれた。

が、こんな過密スケジュールでの日本出張だ。恐らくご本人は寝る間もなかったであろう。招待に応じると気を遣わせてしまうと判断し、「帰国時は毎回このスケジュールなので、5時間待ちの時間のつぶし方を心得ていますよ。どうぞご心配なく」と丁重に辞退し、次回月曜日の日本語レッスンの予約を入れられたのであった。

R氏の物静かさ、お偉いさんに見られがちな横柄さがないのにはつくづく感心するのだが、彼が企業のトップに立つ日、どんな手腕が見られるか、期待するのである。
と、エラそうに書いてみた

さて、そんなわけで、無事昨日ポルトに到着しました。日本滞在中にお世話になったみなさま、ありがとうございました。また、お会いできる日を楽しみに、日本語に、ブログに、頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

下記、モース警部等についての過去記事です。宜しかったらどぞ。
「わたしが好きな探偵ものの主人公たち」
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1922.html
また、こちらではR氏についての記事です。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-621.html
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年10月15日 CCD日本語の生徒さんに:

10月の半ば(なかば)になりました。古い暦(こよみ)では10月を「神無月(かんなづき)」とよびました。

日本中にいる「八百万(やおろず=すべての))の神々」が、仕事を休んで、出雲大社(Izumo Shrine)に集まるのだそうです。それで、「神さまがいない月」、神無月なのです。

人間の終わりがない願い事(ねがいごと)に、神さまたちもつかれて休みが必要ですから、1年に一度、出雲大社に集まってゆっくりするのでしょうか。

出雲大社では、10月を「神在月(かみありづき)」、神さまがいる月と言います。

さて、帰国の準備ができました。 今回は、娘のために作った「鏡(かがみ)」を持って行きます。
これです。
kibori10


鏡がわれないといいな。

コメントをしたい人は、日本語、ポルトガル語、英語、どれでもいいです。
まちがいを気にしないで!FBのYY-Nihongo Jukuに、書いてもいいです。

それではみなさん、行って来ます!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年10月9日 

土曜日の我が日本語教室の中級クラスは、現在11人います。30代40代の二人を除き、全員が20代です。中に昨年とこの秋からブラジルの留学生が二人参加しています。

その一人が、Jポップや日本についての記事などを読んでは、「このメールを書くのに40分かかりました」などと付け加えて、時々日本語でメールを送ってきます。

晩御飯の後片付けも終わった昨日のこと、メールボックスをチェックすると、O君からのメールが入っていました。

つい、先だっても、「日本語は中国語が元だ」という記事を読んだ、と書いてきたので、「違うぞ。漢字は中国がもとだけど、日本語の起源ははっきり分からないのだよ。」と返信、ついでに、日本民族と隣国と二カ国とは顔が似ているので同民族と思われがちだが、日本民族のDNAはかれらとは違うのである」と付け加えたのでした。

どれどれ、O君、今日はなにを言って来たかな?と少し期待しながらメールの内容を読む。と、側でテレビを見ていた夫を横に、「わーっはっはっは!」と大笑い。

曰く、先生、今日電車の中で若い女性が腕に「天便」と漢字の刺青をしていたので、へぇ、と思いました。それで、どんな意味かと聞きました。「Tenshi、エンジェル」だと言いました。ぼくは漢字が「使」と間違っていると気がつきましたが、その人に言えませんでした。それで、一応カッコいいね、と言いました。

可哀相に、あの人は、一生あの「天便」の刺青なのです。もちろん、わたしは漢字学者ではないので、もしかしたら「天便」という言葉があるかもしれないと、確認してみました。日本語では見当たらず。中国語にはあるのかしら?

それで、昔のモイケル娘のお笑いブログを思い出していました。

fabulous" "marvelous" by モイケル」 

美容院の窓にかかげられていた言葉。(日本でのこと)
何も考えずに見ると綺麗なデザインだけど

ちょっと日本語に置き換えてみた。
「素晴らしい」「優秀」という日本語が海外の美容院の窓を飾ってたらどないやねん。

あるアメリカの夫婦
「この漢字、気に入ってるから額に入れてるの」
と「歯医者」という字を飾ったり。

見慣れない字は魅力的だけど、ちょっと考えたほうがいいと思う(笑

「歯医者はまだいいぞ。産婦人科なんてこったら、はずかしいかも^^;」


こんな訳で、本日はこれに少し関連した過去ブログを再掲します。実は、この記事、ブログ友のムイントボンさんに、やはり外国人がしていた刺青の漢字の話が出た際に、もう一度記事を載せてくださいとリクエストがあったのです。以下。画像は全てWikiipediaから拾ったものです。

「日本語ロゴに夫と爆笑」

ネットで拾った、外国人が着るTシャツのちょっとおかしい日本語ロゴの写真をわたしの突っ込みとともに紹介します。

logo17[1] logo9[1]
                さいでございますか^^ 

logo8[1] logo13-1[1]
大変でございますなぁ。                お励みください。

logo4[1] logo2[1]
あらら、お大事に。                まぁ、よくあることではございます。

logo1[1] logo19[1]
  い、いや、あの、その、ご自慢は分かるんですが、大汗ものです^^;

logo18[1]
キャバクラと幕府がなんで「いい国」なん!

logo7[1]
い、いいけど・・・言わんでもええがな(笑)
 
nihongologo.jpg logo5[1]
なんだかなぁ・・・
 
logo6[1] logo11[1]
いやぁ、お食事処でそれはないっしょ!      ↑「侍」とまちがっとらんか?酷い!!!

logo12[1]
おいおい、お前さんがた^^;

logo16[1]

「寿司 さしみ」^^;ま、これくらいならいいね。ブライアン・メイ(だと思う)
 
logo14[1]

ダニエル君、「Tokyoな」ってなんですのん・・・確かに名詞に「な」をつけることで「な形容詞」になるにはなるが、これはちょっとねぇ。「Tokyo的な」でしょうが。

そう言えば、ポルトのショッピングセンターにある寿司カウンターの店名が「渋い寿司」ってのがある^^;クールとひっかけてるのかもしれませんが、渋いって寿司ってどんなんやねん・・・


logo10[1]
あははは。これは小気味いい。

外国人のTシャツロゴを楽しませてもらったのですが、逆も然りで、わたしたち日本人の英語ロゴも酷いのがあること確信です。

昔、息子用に日本から買ってきたTシャツの英語ロゴに「Fry away」ってのがあり、「うは!」と思いましたっけ。そう言えば我がフラットの前のカフェ、「Take Way」と看板を一時出していましたが、誰かが伝えたのでしょう、じき「Take away」に訂正されました。

気がつかないところで自分もヘンチクリンなロゴの入ったものを着たりしているかも知れません。クワバラクワバラ、人様のことを笑えた義理ではありませんね。それにしてもいったいどんな人がこんな酷い日本語ロゴをTシャツにプリントするのだろうかと思わずにはおられない。

変な英語ロゴの多くは英語に疎い日本人が使うのだろうから、日本語ロゴもそれと同じように日本語をかじった外国人がプリントするのだろうか。それとも手当たりばったり、目に付いた日本語をプリントするってことだろうか? Or、漢字に対する自分たち(外国人たち)の感覚で選ぶのか。大笑いした後で思ったことである。お粗末さまでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ