FC2ブログ
2010年6月18日 

生け花1

「手にとるな やはり野に置け れんげ草」

という句がありますが、いえいえ現民主党政権のことではありませんて(笑)

でもね、一言言っちゃいたい。政権とってみると、ほらね?何でも菅でも、あ、
ちがった!なんでもかんでもですわw、(勝手にこの変換がでるのですw)
揚げ足とって政策を出すことなく、批判ばかりしていればよかった野党時代
と思惑はちがうでしょ? と。

拉致被害者家族と談合するときだけ「ブルーリボン」を胸につけ、談合が
終わるや即、それを外すって、菅首相どういうことだいと不満あり。
もちろん、国家戦力を常に念頭に置かなければならない政治家は策略も要り
誠意だけでは勤まらないでしょうが、それにしてもそういうことを拉致被害者
家族相手に平気でする菅首相に、その場限りの票集め,人気集めが見え見え、
首相の信念というものがわたしには感じられません。なんかズルい。
さすが「ズル菅」の名にふさわしく、こんなことを言うのは今更なのかも
知れません。

あらら・・・何ゆえ生け花の話がこっちの方に(笑)

さて、話を表題にもどしまして、6月10日の休日、日葡修好150周年記念
行事の一環として、リスボンにお出でになっておられた池坊華道会の平島先生
をポルト補習校にお迎えして、幼児から大人までの参加者を対象に補習校で
初めての「生け花教室」が催されました。

先生をお迎えするにあたり、わたしは学校の代表の形で挨拶を述べに参り、
生け花は見学させていただきました。

昔から日本人ほど暮らしの中に自然を取り入れてきた民族はないのではない
かとわたしは思います。春には花見、秋には紅葉を求めてと、「花の中に自分
を置き、花を楽しむ」行為は日本人ならでしょう。

ポルトガルでもMANGA同様、「IKEBANA」と日本語がそのまま定着しつつ
ある華道は600年近い古い歴史をもつ日本の伝統文化の代表的なものです。
一回きりの教室では、もちろん学ぶことはできませんが、我が校の子どもたち
にとって、その道の先生に直接指導していただける初めての試み、日本
文化や日本語の勉強に興味をもつきっかけになるかもしれません。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2010年3月27日

二日ほど前の恐竜の話の続きです。

子どもたちも大好きだったのだが、わたしも夢中になった恐竜だ、ついに
好きが嵩じて、補習校の学芸会にクラスで「Earth Chronicle・地球年代紀」
と題した影絵をすることにした。

クラスと言っても複式授業と言って1時間半の授業で2学年を教える4、5人
のクラスなのだが、この時は、月に一度ある午後授業を使い、自分のもつふた
つの学年に、小学1年生も一緒に引き受けた。

1年生から3年生まで、影絵の準備をする前に、プロジェクトとして「恐竜」
について子どもたちと勉強することにしたのである。

パソコンがなかったその当時は、手書きで、手持ちの英語の百科事典や絵本
を使って、子どもたちと学びました(笑)
下が当時1年生でわたしのクラスで一緒にキョウリュウプロジェクトをした
モイケル娘のファイルです。1993年と書いてあります。

影絵1
ページを開くと、最初に「キョウリュウのバラード」があります。
これは、モイケル娘がブリティッシュ・スクールで習ってきた英語のメロデ
ィーに、わたしが日本語をつけたもの、2番目まであります。

影絵をしたときには、それが終わってから、子どもたちが全員顔を出し、エピ
ローグの仕上げとして、これを歌い、歌の最後にはみんなで「ガオー!」と
やるわけです。この時は電子ピアノでヘタクソな伴奏をわたしがしたのでした。
影絵2

「今から46億年ほど昔、地球は溶けた岩のかたまりでした。」
で、子どもたちの「地球年代記」は始まります。
影絵3
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2009年10月12日

この春3月に、21年間携わってきたポルト補習授業校を退いた。

補習校8
今年三月の退任式スピーチで。
補習校は、海外に子連れで赴任した経験のある人は分かるだろう
が、そうでない人には耳慣れない言葉かも知れないので、少説明
しようと思う。

正確には補習授業校と言うのだが、家族ぐるみで赴任している企
業の駐在派遣社員などが、子供たちの日本語力の低下や帰任
後の進学などを危惧して設立されたものが多い。
が、近年では、国際結婚や永住家庭の子供の入学が増えてい
るのが現状である。

2007年には世界53カ国195校あり、それらの規模としては
生徒数が10人から1000人以上と様々で、週に一度、たいていは
土曜日に現地の施設や学校を借用、運営されているが、全世界
の約65%が生徒数50人に満たない小規模校だと言われる。

講師は現地採用で、授業は土曜日の朝、3時間半から4時間、
国語算数(数学)を中心に、文科省の定める1年間のカリキュ
ラムを、年間150時間ほどで2科目全てを終えるようになっている。

補習校の経営母体は現地の日本企業商工会や日本人会で、
日本政府の援助対象となるものとならないものがあり、その
運営方法も様々。

補習校入学資格は、原則として日本国籍を有することだが、
なかには、国籍があっても授業についていける日本語能力
を請われる場合もある。

大部分の小規模校は義務教育の小中学部のみだが、ポルト
補習校のように、小さいながらも幼稚園部、高校部を設置
するところもある。

授業形式は学年を併合し、いわゆる寺子屋式の「複式授業」
をとることが多い。
この点は、経済上の問題、講師不足など補習校によって個々
理由がある。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
我が職場はポルトのとある小学校を空いている土曜日だけ借して
もらっています。授業が終わると学校は使えません。
よって月に一度の会議は、近くにある「Nosso Lar=我らがホーム)
というカフェで毎回開かれます。

5人のスタッフの4人は生ビール一杯、もう一人は下戸ですから
ガス入りミネラルウォーターと、これで「今日も一日お疲れさん!
乾杯!」と会議は始まるのです。
学校内じゃないですからね、大丈夫です^^

ある日のこと、2週間後に控えている運動会が主な議題。
ざっとできあがったプランに目を通して見ると、なんと、
「これ、子供ら出ずっぱり走りっぱなしじゃないの。」とわたし。

何しろ少ない人数です、赤白に分けたら全学年入れて一組7人ほど。
さぁ、どうする。あんなんこんなんと奇抜なアイディア出しては
皆で大笑いです。
わたし達の席だけ、やたらにぎやかに輝いていたのでした。

「あれ?今年は炭坑節ないの?」と、これまたわたし。
わたしと同僚I氏のアイディアで、数年前から盆踊りの炭坑節を
プログラムにとりいれてきました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ