2007年12月16日

パリの旅行4話です。
Bateaux Parisiens (バトーパリジャン)のディナークルーズとシャン
ゼリゼ通りのリドで夕食をしながらのレビューを楽しみました。
パンフレット

バトーパリジャンのディナークルーズ
                
夕方7時出発。
だったのが、我らのグループにショッピングマニアの奥方がおり、
ホテルでのグループ集合時間に間に合わず^^;
我らがバトーの起点に到着した時には、この日のツアー客は全員
待ちくたびれておったのでありました(大汗)
ここでも見事にポルトガル人気質を全開(笑)

セーヌ川クルーズは、両岸にパリの美しい夜景を見ながら、川に
架かるいくつもの橋をくぐり(橋は37あると聞きますが、このクルーズ
ではいくつの橋をくぐったのか不明^^;)、歌を聴きながら約3時間半
を過ごしました。
  
パリクルーズ1

女性シンガーが古いシャンソンからポピュラーソングまで歌いました。
「パリの屋根の下」「マドモアゼル・ドゥ・パリ」など、懐かしいシャン
ソンに思わず体も揺れました^^高校時代からのパリへの憧れは、これ
らのシャンソンを通してでした。
パリクルーズ2

バイオリニストは、それぞれのテーブルでお国を代表する音楽を奏で
てくれました。わたしたちのテーブルの隣は日本の若いツーリスト達。
「上を向いて歩こう」を弾いていましたが若い人たち、知ってるのかな^^  

ディナーはピンクのシャンパンで始まりました。
途中、アジア系のカメラウーマンが各テーブルを記念写真を
撮りながら周ります。この次があるかどうかわからないパリのセーヌ
川の一夜です、
「さぁ、ほっぺたくっつけて!キスして!もっと笑って!」と
客達はさんざん注文つけられました(笑)そのたびにドッと笑いが。
こうして出来上がった写真は、パリ河岸夜景の写真を枠にA4の大きさ
で20ユーロで売りつけられました(爆)
でも、一生の素敵な思い出になりました。
その写真は既にこちらにアップしましたので今日は省略。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
2007年12月2日

パリ第三話です。

パリ最後の日、午前中に時間があり、滞在したホテルからもすぐでし
たから、仲良しグループ5人で話のタネに、と行って来たのがこの
「ラ・デファンス」。少し曇っていたせいもあって、写真は不思議なでき
あがりになりました。
ラ・デファンス1

この日は、ホテルから出ているメトロ1号線がストライキで、バスで
向かいました。ちなみに、この日ラ・デファンス行きのバスはこのメトロ
ストで、無料で乗ることができました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
2007年11月25日

今年10月のパリ旅行の(2)です。
パリ・プロコプ1


パリ滞在中、予定に入っていなかった招待が舞い込みました。
それが18世紀にフランス人におシャレなカフェとしても認められ、パリで
そしてヨーロッパで最古と言われるカフェ・ル・プロコプでした。
「プロコプ」は、シチリアから一旗あげようとパリへ出てきた貧しい青年、
フランチェスコ・プロコプの名に由来します。
カルチェラタンとサン・ジェルマン・デ・プレの間に位置します。

由緒あるこのカフェ(レストラン)はベンジャミン・フランクリンが
アメリカ独立宣言の草案に朱をいれたのもこの店とか。
ボルテール、ラ・フォンテーヌ、バルザック、ナポレオン、ユゴー、
ヴェルレーヌ、ジャン・ジャック・ルソー、マラー、ロベスピエール
などのフランスの歴史上名を馳せた人々が集ったル・プロコプは
世界でも初めての文学カフェであり、政治家やジャーナリストが
激論を戦わした場所でもある。
パリ・プロコプ2
地階、一階二階とある。階段を上って一階へ。
わたしたちのグループが座ったのは「ロベスピエール続き間」で、
↓下はその一間。

パリ・プロコプ3


ル・プロコプの写真をもっと見たいという方は是非こちらまで↓。
 ポルトガル・ロマン:out of portoパリの休日・ル・プロコプ」 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
2007年11月11日

パリ旅行案内2回目です。
シャンゼリゼ通り1
凱旋門から始まるシャンゼリゼ通り。この道の終わりがコンコルド広場。
そこからチュイルリー公園になり、ルーブルに続く。中央にかすかに
見えるのがコンコルド広場に建つオベリスクと観覧車。

歪んだ建物
横道の向こうに、ぬぬ?あれは新デザイン?と近寄ってみたところ、
実は工事中の建物のカバー用板に絵をあしらったのでありました。
それにしても小粋な!すっかり感心。

シャンゼリゼ通り
秋を見た。

シャンゼリゼ界隈の更なる写真をご覧になりたい方は、こちらまで。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
2007年11月4日

木曜日夕方7時にパリ、オルリー空港を発ち、今回のフライトは予定
時間より早めにポルトに着陸。約2時間後には我が家に到着すると、
留守番をしていた五匹猫、全員でお出迎えでした(笑)

留守中は猫の飯はなしか?いえいえ、お掃除のおばさんがすぐ近くに
住んでいますので、コヤツラの三食は、ちゃんと仕事として彼女がして
くれます。ペットを飼ってるとこういうところにも支出がありまするよ^^;
見捨てられたかと心配するのか、数日留守の帰宅後は5匹とも決ま
って我がベッドから離れるものではない。
動物もただ食わせとけばいいってなもんではありませんね。

これまでの2回とも通関で意地悪されてあまりいい印象を受けなかった
パリでしたが、今回は良かった!
30年もすると、さすがフランス人も変わろうというもの。
何しろ、日本人のツーリストはお金を落としていくのですものね。
30年前にロンドンで予約して思い切ってパリまで飛んだ飛行機の中、
もちろんエコノミークラスでしたが機内はガラガラのガラ。
わたしの席の周りには誰も座っていませんでした。
素敵なホストさんがシャンパンを薦めてくれましたっけ^^
緊張してそれさえも「い、いりません」と断るくらいの小心乙女でした。
ほんとだってば!


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:パリ、フランス
ジャンル:海外情報
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村