2017年12月29日 

長い間、雨が降らず南部地方では旱魃の話も出始めていましたが、ここに来て、ようやく雨天が続いているポルトガルです。

野良ネコたちにとり雨は辛いのですが、我慢してがんばっておくれよ、そのうち晴れる日が来るからね、と傘をさして餌運びするここ数日です。

さて、本日はFrancesinha(フランセズィーニャ)の話です。

息子も大好きで、リスボンに住んでいた時はポルトに帰ってくると、必ずフランスズィーニャを食べにいっていました。フランセズィーニャの本場はポルト。

YUKOfrancesinha
レストランYUKOのフランセズィーニャ

食パンの間には、ハム、ソーセージ、肉、チーズが挟まれており、その上にたっぷりのとろけたチーズがかけられています。中身はこういう具合い↓

YUKOfrancesinha
おいしいものをありったけ詰め込んだようなボリュームたっぷりの、言うなれば、特性サンドイッチです。

好きな人はこの上に更に目玉焼きを載せ、フライド・ポテトをつけます。ビール、ワインには最高!カロリーも最高のワッハッハ!フランスズィーニャのお値段の程は、7ユーロ(\1000ほど)。

本日は、フランセズィーニャについて、自分のメモとして記事を上げておきたいと思います。以下。

ポルトガルなのなぜ「フランセ」とつくのか、どなたも不思議に思うのではないでしょうか。そこで、今ではポルト料理を象徴し、世界でも十指に入るサンドイッチのひとつに数えられるフランセズィーニャのストーリーを紹介します。

元祖フランセズィーニャがメニューに載ったのは1952年、ポルトのRua do Bonjardim(ボンジャルディン通り)に開店したA Regaleira(ア・レガレイラ)レストランです。

ある年のこと、A Regaleiraレストランの店主は、フランスに立ち寄りホテルで一人のバーマンに出会います。今でもそうですが、よりよい生活を求めてポルトガルからフランスへと出稼ぎに出るポルトガル人はとても多く、彼もその一人でした。

このバーマンを見込み、店主はポルトの自分のレストランに誘います。Daniel Davide Silvaというこのバーマンがフランセズィーニャを作った人なのです。

Danielはレガレイラ・レストランで働き始め、フランスの「クロックムッシュ(Croque Monsieur)」というサンドイッチにインスピレーションを得て、肉とポルトガルのハム、ソーセージをパンに挟み、独得のピリ辛ソースを発案し、店のメニューとして出します。

YUKOfrancesinha
「クロックムッシュ(Croque Monsieur)」Wikiより

さて、この名称ですが、Daniel Davide Silva氏、なかなかの女好きだったそうで、フランスではバスに乗っては、小奇麗でシックな服装のフランス女性を観察するのが好きだったとのこと。このソースを思いついたときに「フランス女性はエキサイティングである」との意味で「Francesinha(フランス女性)」とつけたと言われます。

YUKOfrancesinha
レストランYUKOのピリ辛ソース。好きなだけフランセズィーニャにかけて食べられます。

ピリ辛ソースをポルトガル語ではmolho picante(モーリュ・ピカンテ、molhoはソース、picanteはピリ辛)と言うのですが、picanteはそのまま「刺激的」と言う意味につながりますね。

フランセズィーニャはソースがポイントで、レストラン・レガレイラのソースのレシピは門外不出、金庫の中に保管されてあるとのこと。

わたしがポルトに嫁いできたのは1979年ですが、フランセズィーニャはレストラン・レガレイラで既に出されていたものの、名前すら耳にすることはありませんでした。フランセズィーニャを耳にしたのは、息子の口からでした。

ボリュームたっぷりのピリ辛フランスズィーニャは若い人に人気があり、一軒のレストランから口コミで広まったDaniel Davide Silvaのサンドイッチは、今ではポルト郷土料理「Tripas料理(トリッパス)」に継いで、ポルトを象徴する一品になりました。

ポルトガル国内の大きな都市ではメニューに見るでしょうが、食べるなら、やはり本場のポルト、それもできれば、フランスズィーニャが美味しいと評判の店をお勧めします。レストラン・レガレイラは当然のこと、レストランYUKOもそのひとつです。

本日はこれにて。
ランキングクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年12月28日 

昨日の記事の続きで、レストラン「YUKO Tabern(ユーコ・タベルン)」の紹介です。

先だって夜、一見(いちげん)の客で行ったところ、見るからに満席で1時間以上待たなければいけないというので、諦めたのですが、今回は昼でしたが電話予約を入れて行って来ました。まずは店内の案内から。

ポルト レストランYUKO
店内は石造りで田舎風。カウンターの上にもわたしの名前が!(笑)

ポルト レストランYUKO
壁に掛けてあるモノクロ写真は全て古いポルトガルの人物画像です。

この日も満席
ポルト レストランYUKO

そして、壁に飾ってあるAzulejo(アズレージュ)こと、青タイル絵。
ポルト レストランYUKO

絵を拡大してみましょう。
ポルト レストランYUKO

ポルトの象徴であるクレリゴス塔、二重橋のドン・ルイス1世橋、昔ワイン輸送に使われドウロ川を下った帆掛け舟Rabelo(ラべーロ)が描かれています。そして、上部には「Yuko 1987」が見えます。Yukoさんが描いたのか、はたまた単に開店記念としての店の名前と年号なのか。

いずれにしても、ここで店名を掲げられるからには、単にここでフランセズィーニャを作っていた日本人ということではないような気がわたしはするのですが。

さて、前菜から。

ポルト レストランYUKO

Polvo com Molho Verde(ポルヴォ・コン・モーリュ ヴェルデ=グリーンソースのタコ)。Molho verde(グリーンソース)と言うのは、たまねぎ、パセリのみじん切り、それにオローブオイルとワイン酢を混ぜたソースのことです。
言って見れば「タコの酢の物」でしょうか。

レストランによっては酢が入ってなかったりします。わたしは食べるたびに、ここにちょっとだけでも醤油をたらしたら、グンと味が上がるのになぁ、と思いながら食べるのですが、それは日本人の味覚です。

が、ここのPolvo com Molho Verdeはなかなかにイケます。そして、写真をとりわすれましたが、サラダもドレッシングもおいしかった。そこで、日本人味覚のわたしがいうのですが、このソース、ドレッシングのレセピももしかしたら、Yuko仕込みではないのか?です。

とういうので、肝心のメインディッシュ、フランセズィーニャですが、写真を載せて「これです」だけで済ませない
性分です。これには説があります。既に今日の記事が長くなりましたので明日にしたいと思います。

では、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年12月27日 

今日のトップはこの写真!

yuko13-1.jpg

「おいおい、ユーさんよ、あんさんが料理好きだとは、ただの一度も耳にしたことがありませんぜ」と、口さがない長年のペンパル、いや、もうそんな言葉は死語になり、今ならメル友でしょうか、Iさんの呆れた口調で言うのが聞こえてきそうです(笑)

挙句は、Facebookに載せたこの画像を見た我が日本語の生徒さん、「先生、次のNHKパーティーはこの先生の店でしようよ」と迫られ、大汗をかいているのであります。

NHKパーティーと言うのは、毎年春に我がYY-日本語塾の生徒全員を集めて、相棒のOちゃんとわたしとが日本の家庭料理を作って奉仕するパーティー(笑)「Nihongo wo Hanasu Kai」の略称で、2011年春に始まったのが今春は第7回目になり、我ながらよく続いてるなぁと。

84才から15才までの老若男女の生徒たちも楽しみにしているようで、「先生、この日はいないのでNHKパーティーしないでください」とか、「今年のパーティーは未だですか」とか、いつの間にか催促が入るようになったというパーティーなのであります。初回の20人ほどから毎年増えて、全員来たら困るかもよ、と、Oちゃんと冷や汗かきながら、料理に精出します。

ちょっとだけ様子を写真で紹介すると、こんな具合です。
日本語を話す会

日本語を話す会

日本語を話す会

日本語を話す会

デザートのケーキは毎回、ケーキつくりを勉強した生徒さんにお願いして作ってもらいます。後は全てYuko & Yumikoの手料理。写真の他に、カレーライス、Yuko式グラタンも出ます。

彼女に作ってもらったケーキで最高だと思われるのが、日本のさくらをイメージしたこれです↓

日本語を話す会

みなから思わず感嘆の声がでたものです。

日本語を話す会
こんな体験も生徒にしてもらいました。


パーティー会場は、毎回Oちゃん宅なのですが、それで上述の生徒さんが、次、つまり来年の春にはタベルナYUKOで、と話が出たのです。

NHKパーティーの説明で前書きがすっかり長くなりましたが、件のレストランは「YUKO Tabern」が店名です。

この店、わたしがポルトに来て以来ずっと目にしてきたのです。開店30年とありますが、それは恐らく今の場所、Rua Costa Cabral(我が家から近い)で営業し始めてではないか?と、思っています。と言うのは、わたちたちの家のもっと近場にレストランYUKOと看板を挙げていたと、記憶しているのです。

わたしと同じ名前で、しかも日本人の名前を店名に掲げるというのは、普通、店主だと思うのですが、どうなのでしょう。YOKOならオノ・ヨーコがらみで話は分かるのですが、わざわざYUKOですよ?

これがずっと長年疑問だったの、パソコンを使うようになって、昔一度検索したことがありますが、どこかで、「ポルトガル人のお姑さんからポルトガル料理を覚え、店を出した」と言うようなことを読んだと思うのですが、今回再度検索してみたものの、ひっかからず。

わずかに出てきたのは、フランスズィーニャを担当していたのが、「日本人YUKO」と言うのみ。今回開店30年にして、ポルトの美味しいレストランにノミネートされたと紹介されています。しかも、フランスズィーニャで、ということらしいです。

では、フランスズィーニャってなに?と、やっと本題に入るのですが、レストランの写真も併せて、明日に続けましょう。

では、みなさま、お楽しみに!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年9月12日 
8月25日から突然FC2ブルグ画面で文字が重なって見え、ログインもできなくなっていました。

最初は自分の操作ミスかと思いFC2に問い合わせをしたのですが、何しろログインできないので仕様がありませんでした。
色々聞いてみると、日本からはブログ画面が異常なし、ログインもできる、しかし、自分のパソコン、夫のパソコンからアクセスすると画面が上記に書いたような状態で、他のFC2ブロガーさんのサイトを訪ねてみると、
無料サイト(恐らく)が、こちらのpcではやはり同じ状態になっていました。
そこで、これはこちらのプロバイダーの問題であろうかと判断し、8月28日の「お知らせ」を我がモイケル娘に書き込んでもらい下記に案内したgooブログに移ったのですが、なんと今日アクセスすると、通常に戻っている!!!

どうしてくれるねん!二ヶ所もブログ、設けたじゃん!
さて、どうしましょ?
どちらかをミラーサイトにするか、もしくはテーマを別にして記事を上げるか・・・と言うのは、更新していないに拘わらずアクセスはありますので。 このまま更新を続けながらどのようにするか、しばらく考えて見ます。
で、本日はとりあえず、この記事をあげます。

タパスレストラン「BeHer」

市立図書館での土曜日の日本語コースは今年は9月の第4週目からになり、土曜日をまだのんびりしているところです。 先週土曜日は、日本の知人に以前から依頼されていたアライオロス(arraiolos=ポルトガル南部の伝統的なハンドメイド絨毯のこと)の糸を探しにダウンタウンへ行って来ました。知人が言うにはアライオロス絨毯を作っているのだが、糸が足りなくなったと言うのです。

糸を売っている手芸店そのものが少ない上に指定の色があるもので見つからず、終いにはサンタ・カタリナ通りにあるアライオロス絨毯を売っている店へ足を運びました。

この店は随分昔に一度雑誌記事にするために取材にでかけたところでもあります。事情を話すと、嬉しいことに南部のアライオロス市から取り寄せてあげよう、と言ってくれました。

今日はその帰りに偶然見つけて寄ったタパスレストランの紹介です。

土曜日は仕事がなくゆっくり寝ている夫を横目に、わたしは10時からの図書館での二クラス授業に出勤します。帰宅はほぼ2時近くで、それからどこかのレストランに向かうには時間的に間に合いません。

それですぐ近くにあるレストランがわたしたちのキャンテーンみたいなものになっているのですが、かつてはよく気に入りの「タパス・レストラン」にも出かけたものです。12時半に開店し3時には一旦閉店するというレストランと違い、「タパス・レストラン」は一日中開いていますから。

タパス(tapas=tapaの複数形)はスペインの料理で、言ってみれば日本のおつまみのようなものです。魚肉、ハム類、卵、野菜、チーズ等を使った多種類の小皿料理で、主食を必要としません。色々な料理も少量だと、小食のわたしも食べられるというものです。
2017-10-2.jpg

ところが、ポルトで行きつけのタパス・レストランを見つけると、しばらくすると閉店してしまうのです。思うに、小食のわたしにはよくても、ガッチリ食べるポルトガル人にはタパスレストラン量が少ない上に高いので人気が出ないのでしょう。今ではタパスレストランはほぼ姿を消しました。

ポルトガル式のタパスこと「Petisco」はあるのですが、タパスと比べ種類が少ない。たまにはいいんですけどね。
前置きが長くなりましたが、先週土曜日はアライオロス絨毯店まで付き合ってくれた夫と二人、帰りがけに車を駐車したSá de Bandeira通り(サンタ・カタリナ通りと平行する道)へ向かっていくと、あれ?と目に付いたのが上の写真です。

タパスレストラン

どうやら新しいようで、外から中をチラリ覗いてみて入ろうとなりました。

ウエイターさんと話してみるとスペインからの進出で、数ヶ月前にオープンしたとのこと。
タパスレストラン
ビールはMahouというスペインのブランドでした。読み方は「マオウ」だそうです。飲んでみると味はなかなかいけます。ビール党のわたしは日本ならアサヒ、ポルトガルならスーパーボック、スペインはマオウと参りましょうか。

タパスレストラン
↑ワインもポルトガルのドウロワイン、アレンテージュワインとスペインの銘柄が揃えられています。
 
タパスレストラン
おしゃれなハイスツールの席  右はポプコーンと思ったら小さなショリース。歩きながら食べられるw

タパスレストラン
わたしたちのメニューはこれ。↑↓
2017-11-1.jpg

なんと醤油つきの天ぷらも(笑) お腹いっぱいになりました。ビール4杯を含み二人で35ユーロ。

店名BerHerは経営者の名前Bernardo Hernandezから来ます。

★インフォーメーション:Rua Sá da Bandeira, 5894000-437 Porto
               営業:月~木 11:00~23:00 
                   金・土 11:00~01:00

写真、突き出てますけど、今日はご勘弁。後ほど訂正します。

では、皆様、これまで同様、引き続きご贔屓の程、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2017年7月30日 

例年は市立図書館での日本語教室グループ授業を7月の半ばくらいに終え8月一杯夏季休暇、そして9月には始業だったのですが、今年は7月一杯、つまり昨日の土曜日まで授業をしました。

と言うのは、来たる9月はポルト市が主催するクリスタル公園での「Feira do Livros(ブックフェア)」が大々的に開催されると言うので、クリスタル公園内にある市立図書館の教室が9月第4土曜日まで使用できなくなったとういう事情があるからです。

これまで通りの7月半ばで終えると、丸々2ヶ月の休みになります。ポルトガルの学校では普通なのですが、そこが日本人のわたし、長過ぎる休暇はせっかく教えたひらがな、カタカナ、漢字を忘れてしまうのに十分な時間だと、焦ったわけです。宿題を出す手もあるのですが、まず期待できないかな?(笑)

そこで、夏季休暇に入るのを例年より2週間遅らせたと言う訳です。

しかし、生徒の中にはヴァケーションで家族とどこどこへ行くので、と欠席するのも結構おり、テキストをあまり進めるわけにも行かないので、これまでの復習授業に持っていったのですが、学校が休みでもあることで生徒たちも多少だらけとおり、ヒアリングに日本の歌を使ってみました。

「文法的になんとか理解でき、身近な語彙が使われていること」との条件でわたしが選んだのは、中山ラビの「人は少しずつ変わる」と「ドアをあけて」。

え?知らない?そ、そうかもねぇ^^;20代でわたしがよく聴いたLPからの2曲なのですが。歌を聴きながら歌詞を書き取るのです。古い歌ですが、イケルんじゃないかと想像した通り、生徒たちには好評でした。

2クラスを終えて1時半の帰宅。土曜日の昼食は夫と外食が通常ですので、さて、行こうかと車に乗ると、いつもなら「どこへ行く?」と聞く夫が何も聞かずに車を近くのレストランと逆方向にまわしました。

「あれ?いつものところへ行かないの?」
「今日はサプライズだ」

と、ダウンタウンへ向かったのでした。

着いたところが、あらま、Coliseu劇場がある、パソス・マヌエル通り(R. de Passos Manuel)のビアレストラン「Brasão(ブラザォン)コリゼウ店」。しばらく前に記事にしたBrasãoAliadosの同系列です。

ポルトのレストランBrasao Coliseu
 
Aliados店だけでは客がさばき切れないというので今年に入ってからBrasão Coliseuがオープンしたわけですが、250席あるとのこと。

ここで飲めるブールですが、ポルトガルのSuper Bock(ポルトガルではこれが一番美味しいとはわたしの意見)を始め、ドイツ、ベルギー、アイルランド、オランダなどのマイナービールも味わうことができます。

ポルトのレストランBrasao Coliseu

メインディッシュが来る前のわたしたちが注文したおつまみ(Petisco=ペティスコ)の「タコの酢のもの(Polvo)」と
ポルトのレストランBrasao Coliseu

下のpataniscas do bacalhau(タラの揚げものもどき)。予想外にも、これについてきたのがFeijão Frade(フェイジャォン・フラーデ)。
ポルトのレストランBrasao Coliseu

もうこれでわたしなどは十分なのです。メインディッシュの肉は一人分を半分ずつ分けてもらいました。
ポルトのレストランBrasao Coliseu

そして、もちろん、生ビール!
ポルトのレストランBrasao Coliseu

よく飲んでますなぁ、と言うなかれ。土日は、わたしのBeer Dayで楽しみでありますれば^^
しかし、今回は、このレストラン、気になる点がありました。席に案内されて行く時プ~ンと匂ったのが石油の匂いです。

匂いに敏感なわたしは、席に着いてもずっとこの匂いが鼻につき、こりゃ頭痛が始まるかも、と思ったのですが実際間もなくやってきました。

店員さんに、「石油の匂いがするんだけど・・・」と聞くと、なんと、店内で使用されている建材の一部、写真に見える黒い木が、線路だったのを使っているとのこと。それでかぁ~~。

ポルトのレストランBrasao Coliseu


すると、本店の建材もそうなのでしょうが、開店して長くなるので匂いが消えてしまったということでしょうか。

いつもは2杯いただく生ビールも一杯のみで、夫に頭痛を告げ仕上げのコーヒーもなしで出てきたのでした。食事はおいしかったのに、この匂いは残念なり!案内された席がこの建材の側だったのですが、もっと離れた席であればあまり気にならなかったかもしれません。

匂いに敏感な人には、Brasão Aliados店をお勧めします。

本日はこれにて。
ランキングクリックで応援をお願いできますか?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村