2015年11月26日 

土曜日の補習校時代からの付き合いで何となく気が合い、わたしが補習校を退いた後も、2ヶ月に一度くらいの割で、食事会を持つ4人の仲間がいます。

うち、わたしが一番の年長者でしかもポルト最長在住者なのですが、中に黒一点のI氏がいる。I氏とは補習校時代から学校や授業に関する意見交換をよくしたし、今でもお互いが本好きなもので、持つ本を貸し合っています。その彼は、時折、「この映画、ドラマ、面白いよ」と言って、メールで仲間にサイトを流してくれます。

映画「ビリギャル」もそのひとつで、つい先だって回って来ました。 「なんだ?ビリギャルって?」と、思いましたら、学年で成績がビリッケツのギャル、女子高校生のことなのだそうです。

既にネットでは知られており、わたしも噂を耳にしていたのですが、敢えて検索をしなかったのでした。
まじめな映画も好きですが、こうした若い人に人気があるものも結構面白くて、見ます。「電車男」「花より男子」「ノダメカンタービレ」など等、見ながら腹を抱えて笑ったりしてるのです。

さて、せっかくI氏が教えてくれたのだし、どれどれ、と「ビリギャル」を見てみたら、あらま、これが見ていくうちに、自分の体験と重なる部分が結構あり、少しマンガチックなところも大して気にならず。ついつい最後まで見てしまいました。

素行不良のギャルで、高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかった少女・さやかが、塾講師坪田の指導を受け、学力偏差値を上げて、ついには慶應義塾大学に現役合格するまで(ここまではWwikikから)を描いた実話だそうです。

映画を観ていくうちに、中学時代の自分や、ポルトガルの高校の成績を挙げなければならないと同時に、日本の大学を目指して独り黙々と勉強していた11年前の我がモイケル娘の姿とも重なり、なんだかじ~んときたのでした。元々は原作がある「ビリギャル」、もちろん多少の粉飾はあるでしょうが、これが実話だと言うのが、自分の体験から素直に信じられます。



拙ブログでもエッセイ「思い出のアルバム」で下記にて綴っていますが、中学3年生の時、田舎の弘前から西宮中学校に転入して、
あまりの自分の勉強のダメさ加減にショックを受け、生まれて初めて机に向かうことをし始めたあの頃なのでした。
下記にエピソード。
 
我が清秋の急行日本海1」
我が清秋の急行日本海2


モイケル娘との受験体験は「ズッコケ親子の受験戦記:めざせ夢、日本の大学」で綴っていますが、入るまでも地獄、入っても地獄の経済状態ではありました^^;

帰国子女なら、英語が話せるから大概どこの大学でも受け売れてもらえると考えるのは甘いのであります。話せるだけではダメで、きちんとしたエッセイが書けるくらいまで求められ、その上、小論文が書ける日本語の能力も必要です。週に一回、のほほんと補習校に行くくらいではとても間に合いません。

運の良し悪しもあるでしょうが、我が子ながら、よくがんばったなと今にしてつくづく思い出したりします。
しかし、その早稲田も2年で勝手退学し、地方の大学へ転入した時は、さすがわたしも、「おいおい、どこへ行くにゃ~?」と悲鳴でござんした^^;

そして、3年の社会人を経て、再びと、今度は立教の院入試です。見ず知らずの日本近世文学分野、しかも「狂歌」なんぞに^^; 無事入ったはいいけれど、修論の取り組みは、恐ろしいことであったでしょう。これを無鉄砲と言わずして何と言う。我が血であります^^;

その後のモイケル娘はって?はい、春から小さなこんにゃく会社、いや、翻訳会社で、日々奮闘しているようであります。わたしが彼女の今の年齢だった頃は、渡米を夢見て、オフィス(月々のカツカツの生活費w)とビアハウス歌姫のバイトで(これは全て渡米資金に!)、ひたすら蓄えていたものでした。

夢に向かうって、つまづきもあるけれど、わたしたちに素晴らしい飛躍を与えてくれると思います。
「ビリギャル」を見ながら、娘の姿、自分の姿が重なって見え、大変だったけれど、楽しかったな、とあの頃に思いを馳せ、久しぶりに、なんだか勇気がわいてくるような、モチベーションが上がる映画に出会いました。

単純だな、わたしって(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2012年4月1日 


今日はエイプリルフール。取り立てて嘘をついてみようなどと考えもしませ
んが、ふと思いました。「毎日がエイプリルフールやん、民主党」。
ほんま、いい加減にしてよ。

さて、今日の本題に入ります。

レフ・トルストイの「アンナ・カレーニナ」を読んだのは高校時代で、深い感
銘を受けた一冊です。

道ならぬ恋に落ちたアンナは、年上の夫の許しよりも恋人を選ぶ。愛する子
供に会うこともかなわず、不義の恋ゆえ貴族社交界からは締め出される。
次第に嫉妬から恋人ブロンスキーへの不信が強まり、最後には恋人にも自分
にも悲観して線路に身を投じ短い一生を終える。

現代と違い不義に対する社会制約が厳しかった時代です。賢く振舞えず、一
途に情熱に流されて身を破滅させるアンナが憐れに思えたものです。
「アンナ・カレーニナ」はトルストイが当時のモラル、宗教、哲学の全てを
注ぎ込んで完成させた名作だと言われます。

さて、その文豪トルストイ没100年を記念して彼の晩年と妻ソフィーとの
確執と愛を描いたのが「The Last Station(終着駅・トルストイ最後の旅)」
(2010年)。トルストイを演じるのは、「サウンド・オブ・ミュージ
ック」でトラップ大佐を演じたクリストファー・プラマー、妻ソフィーは
わたしが好きな英国女優ヘレン・ミレンです。

彼女は映画「クイーン」でアカデミー賞をとりましたが、わたしはイギリス
の犯罪ドラマシリーズ「第一容疑者」のジェーン・テニスン以来ファンにな
りました。男社会の組織内での対立や矛盾、孤独、最後には自分が陥るアル
コール中毒と闘いながら現社会の難事件を解決して行く女警部ジェーン・テ
ニスン。悩める大人のキャリア女性をヘレン・ミレンは素晴らしい演技で見
せていました。下記のサイトでは予告編が観られます。

http://bd-dvd.sonypictures.jp/saigo-tabi/

ヘレン・ミレンが演じたソフィーが、ソクラテスの妻、モーツアルトの妻に次
ぐ世界三悪妻の一人だ言われるのを映画で初めて知りました。悪妻の定義が
どんなものか、わたしにはよく分かりませんが、男にとって扱いにくい妻っ
てことでしょうか・・・しからばわたしもその端っこあたりに入るかもなぁ、
とそんなことを思いながら書いています^^;

著名すぎるトルストイ、その著作権、遺産をロシア国民に委譲させようと
するトルストイの高弟チェルトコフや娘アレキサンドラとそれに断固反対
する妻ソフィーとの折り合いが悪かったことも、世に彼女を悪妻と言わし
めるようになったのではないか。

世界的に名声を得たトルストイは後にそれまでとは違ったトルストイ主義
と呼ばれる思想に転向し、晩年は求道者としての道を探ろうとします。夫
の筆跡を清書するなどしてその作家活動を支えてきたソフィーからすると、
トルストイの精神の変化についていけなかったのも諍いの原因だったのか
も知れません。

13人もの子供を産み長年ともに生きてきた妻ソフィーを、長女のアレキ
サンドラを始めとする家族、チェルトコフたちが瀕死の床にある駅の一室
に通すまいとする姿勢には、トルストイの家族関係に異質なものを感じて
しまいます。

終着駅とは、トルストイが自分の領地を捨てて家出し、彼が病に倒れ命を
落としたアスタポヴォ駅(現レイ・トルストイ駅)のことです。

82歳にして残された人生最後の時間を一人静かにと安らぎを求めて、家族、
領地を捨てて家出したトルストイですが、うがった見方をすれば、著作権や
遺産を国民に委譲することで自分の死後、遺される妻や大家族はどうなるの
か、遺言に署名するときにトルストイはやはり迷ったであろうか。人生最後
の時間を一人静かにというので、全てを捨てて旅に出るわけですが、文豪ト
ルストイであったからこそそれは周囲に許されたのでしょう。

この映画を見て、青春時代に感銘したトルストイの作品をもう一度、夏休み
にでも読んでみようかと思っています。トルストイについて何も知らずに
読んだ青春時代と、今回の映画を見て知ったことを交差させて読む現在とで
は、読後感が違って出るかも知れません。

もう一作、いいと思った映画作品を。

「Temple Grandin」。
これはテレビの映画チャンネルをひねって偶然に観た映画です。

誰ですか?テンプル騎士団の追っかけをわたしがしているからとてそれの類
だと思っている人は(笑)
Temple Grandinとは自閉症を抱えていながら社会的に名を上げ
たアメリカの実在する女性の名前です。ちょっと面白い名前ですね。

自閉症がまだ社会で認識されていない時代に生まれ彼女は2歳で特別施設
に預けられ1950年代に自閉症と診断されました。よき理解者である母親
とよい指導者に恵まれ後にフェニクスのアリゾナ州立大学に学び、更にイリ
ノイ州の大学で動物学博士を取得します。

家畜施設での虐待的な扱いを目の当たりにして、自閉症、差別と闘いながら、
わたしたちの食卓にあがるために飼育される家畜をできるだけ恐怖から開放
し苦痛を和らげようと、自分が考案設計した施設を持ち込んで家畜業者たち
の説得に取り組みます。

彼女半生を描いたこの映画はエイミー賞テレビ映画部門でたくさんの賞を
獲得しています。

Dr.Temple Grandinは現在も自閉症啓蒙活動と家畜の権利保護運動を展開し
ているコロラド州立大学准教授です。
下記Youtubeからの引用です。




本は勿論、わたしは映画を通しても学ばされることがたくさんあります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:映画
ジャンル:映画
2012年3月29日 

ブログ更新を放ったらかして、このところ映画づいています。

心に残る映画はしばらく余韻をひきづり、数日頭から離れません。何度も
思い出しては脳内記憶の引き出しから取り出すイメージの残像をたどり、
考えることが多いのです。それでついブログから遠ざかってしまいます。

映画、本については、個人個人で受け止め方が違うはずですし、分析し
て批評するのがわたしは得意ではありません。自分がそれらを通して知った
ことをメモしてみたいと思います。

今回みた映画のひとつ、War Horse。日本名は「戦火の馬」です。これは
映画を見る前にモイケル娘に送ってもらった原作を読みました。
uma.jpg

動物を扱った映画や本はわたしの好きな分野です。心も体も傷ついた馬を扱
った映画、俳優ロバート・レッドフォード監督の「The Horse Whisper」
「Black Beauty」、狼の血をひく犬が主人公のジャック・ロンドンの「野生
の呼び声」「三匹荒野をわたる」などなど、どれも忘れられない作品です。
日本映画では南極に残され一冬を生き抜いた「タローとジロウ」があります。

さて、開いてみると「戦火の馬」は児童文学でした。作者のモーパーゴはイ
ギリスの児童小説作家だそうで、「戦火の馬」は2007年からロンドンで舞
台化、上演され、5部門のトニー賞を獲得しています。スティーヴン・スピ
ルバーグがメガホンをとっています。

第一次世界大戦中の戦場に送られる馬、ジョーイが主人公です。この本を読
んで、兵士はさることながら、今まであまり気に留めなかった戦場の馬たち
が置かれた過酷な状況を知りました。4年にわたる第一次世界大戦で死んだ
イギリス兵が100万人、死んだ馬の数は200万頭だと言われます。

銃弾に倒れただけでなく、当時は大砲や弾丸を運ぶのに馬が使われ、栄養
失調や病気で死んだのも多い。鉄条網にひっかかって苦しむ馬の姿は気の
弱いわたしには映像も本で読んで想像するのも正視に絶えませんでした。

終戦後、生き残った馬たちを本国に輸送するのに費用がかかり過ぎるという
ので、食肉用としてフランスの肉屋に売ったことには、あの動物好きのイギ
リス人がこんなことをしたのかと軽いショックを受けました。

戦争や災害などの人間にとっての災難は動物たちにとっても同様だというこ
とをわたしたちはしばしば忘れるように思います。やはり人間第一とその場
になったらわたしも目をつぶってしまうかも知れないと思うと、そんな自分
の偽善性にガックリもします・・・

最後に、動物が出てくる忘れられない映画に「地の涯に生きるもの」があり
ます。わたしが12、3歳のころに見た映画で、森繁久弥が一人一冬猫を飼
いながら無人の知床で小屋番をする老人を演じていました。流氷にのって流
されようとする子猫を救わんがため、氷の裂け目に足を踏み外し命を落とす
ラストシーンには子供ながらも切なくて仕方がなかったものです。

また、ついこの間読んだ新聞の記事に福島の原発事故で警戒区域になった
地区に残され、背中の肉が落ち骨が浮き出ていた牛の話がありました。
物言わぬ動物たちの苦しい現状は形こそ違え、今も昔も似たようなもの。
人間が第一・・・・

下記で予告編が見られます。


とりとめなく書いた今日のエントリーです。
読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:映画
ジャンル:映画
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村