2016年10月31日 

今年は個人的に色々な変化があり人生のターニングポイントだな?と少し気を引き締めています。

数えで行くと、わたしも齢70であります。故郷弘前では同窓生たちが「古希祝」と称して第一回卒業生たちと恩師たちが集って同窓会を開いたそうな。

「ソデ(我が呼び名)、来る?」と、わたしにも声はかかったものの、いかんせん、ポルトガルからでは「ほいきた」と飛んでいくわけにも行きません。それに今年はモイケル娘のおめでたい事もあり、気と共に財布の紐もちょいと締めているのであります。

母校のウエブサイトに掲載されている写真から会の様子を想像して行った気になっております。で、写真を見て気がついたのは、いったいが、生徒か恩師かもう区別がつかないような状態だってば^^; あははは。
さて、変化のひとつに、「ちょっと困ったかな?」という類もありました。ポルトの市立図書館にて毎年ボランティアで影絵上映をしているのですが、中心は日本の絵本なのです。故に作成にはポルトガル語の翻訳とナレーターが欠かせません。
翻訳は毎回、我が日本語塾の長年の生徒であり友人でもある、我が塾の2番目の最年長者であるマリアさんにお願いしているのですが、彼女、どういう拍子でか、6月のサンジュアン前夜祭で前のめりに転び左手指と手の甲にかけて骨折しちゃったのです。翻訳はそれ以前に頼んでいたものの、そのまま6月末から日本語授業には来ることができず。手指の手術を2、3度繰り返す羽目になったようです。

そのような状態では翻訳もできないかも知れないと思いながらも、少しの期待があったのですが、音沙汰なし。翻訳が出来上がらないことには、切り絵にもなかなか本気が出ず、実はこの数週間、ダラダラと切り絵をしていたのでした。

これはいかんかも?というので、最近翻訳の仕事も手がけ始めた息子に依頼した矢先のことです。
「来週月曜日、行きまっせ。翻訳で意味がいまいちつかめない箇所があるのでいっしょにお願い!」とやっとこさ彼女から連絡が入ったのが先週のこと。

それで、今朝は二人でポルトガル語訳の推敲です。マリアさんはこれまでにドイツ語、ロシア語、英語等の本の翻訳を手がけてきた人で、日本語もある程度理解するので、やはり、文意をつかんでうまい訳をしてくれます。

今年の影絵は「かたあしだちょうのエルフ」
BGMは出だしに「Circle of Life(ライオンキングから)」、語っている間は「Born Fee(野生のエルザから)」と「Out of Africa(アカデミー賞を獲得したロバート・レッドフォードとメルリ・ストリープの映画から)で、訳20分くらいの影絵になります。

↓翻訳がどうなるかまだ分からなくて、のらりくらりとやってきた切り絵。
kagee

よっしゃ!と気合入れだした切り絵です。

kagee

これからセロファン紙はったり細かい切込みを入れたりしていきます。ボランティアですから、作成費用は全て自己負担になるのですが、題材、曲の選定、場面の設定など等、通常は約1年ほど案をあたためて取り掛かります。気を盛り上げるため3曲のBGMを聴きながら日本語教室の仕事の合間や夜なべをして作成していく。

影絵を一番楽しんでいるのは、見る人たちよりも実は作成するわたしであったりしましょうか^^

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2016年5月18日 

ポルトに帰ってここ3週間、YY日本語塾恒例の「日本語を話す会」パーティーと、昨日火曜日に終えたポルト大学での小さな日本文化展示会のイヴェント二つ、それに先週土曜日から始まった日本語初級新コースとで、さしものわたしも顎を出す寸前で、齢69の数字が目の前にちらついているような気すらします。

が、とにかくこれでやっと夏休みまでは日本語教室授業いっぺんでやれそうです。ボランティアの話がきても、ひきうけないぞ~と、夫にもらしましたら、曰く、「どんなもんかね。数日もしたら、そのしんどさを忘れて、話が来たらまた引き受けそうだ。」・・・・

本日は昨日のイヴェントの写真をば。下が今回の「U.Porto:Once upon Another Time.Nultilinguim & Multi-
Cculturalism」イヴェントが行われた会場、ダウンタウン、ライオン広場前のポルト大学Reitoria(大学総長の執務室とでも訳すのかな?)です。20世紀初期に造られました。

PortoUniversityevent

PortoUniversityevent

展示会場廊下なのですが、構内、もう一箇所では、各国からの留学生による自国紹介のプレゼンテーションや民族舞踊等が紹介されました。

PortoUniversityevent

PortoUniversityevent

残念ながら日本人留学生はいない様子で、プレゼンテーションはなしですが、その代わり、展示会は他国と比べてかなり大きなものになりました。

PortoUniversityevent
モロッコ、ブラジル、ベトナムなど意外やシンプルな展示をしている中、じゃ~~ん、わが国はこんな風に十分なスペースをいただいて、並べられるだけ並べてみました。できるだけたくさんのものを皆さんに見ていただきたいと思うもので、芸術的な展示からは程遠く、ついついこうなってしまうのが、YY塾です^^;

PortoUniversityevent
 
ただ物を並べたと思うなかれ。実は、会場がかつての図書室なもので壁がない!背景のセッティングに随分と手間がかかり、2時間半を要してしまいました。

PortoUniversityevent
毎年いただいたものをずっと集めてきた知人の墨絵葉書も今回は紹介させていただきました。
   
PortoUniversityevent
いつもの如く親友みちこの作品も欠くことなし^^

PortoUniversityevent

各国国旗の折鶴は、友人のアーティストちゅうさんからいただいたものです。
PortoUniversityevent

PortoUniversityevent
こけしも、ちゅうさんからの寄贈です。

毎回、相棒のOちゃんとの展示会写真を撮りわすれてしまうのですが、今回もOちゃんは先に帰り、残った
わたしのみ。すまん、Oちゃん!
PortoUniversityevent
母の形見の紋付ももちろん登場。

5時半終了のはずが、さすがポルトガル、おおまかにスケジュールが送れ、展示会場に人がどっとやってきたのは6時半も過ぎ。日本へ何度か足を運んでおられると言う女性の副大学長が見えられて、日本の展示を是非皆さんに見て欲しいので、申し訳ないが予定時間をオーバーしてくれないか、と申し出があり、お断りもできませんでした。

PortoUniversityevent

結局、7時まで会場に残り、その後の後片付けには、やってきた夫に手伝ってもらい、1時半から8時近くまで会場につめることになってしまったのでした。

わたしにとっては少しハードワークになりましたが、この会場では偶然の嬉しい出会いがいくつかありました。
ひとつは、2010年の国際親善協会と市の主催で催されたポルトJapan Weekのイヴェントで、この大仕事を1年間共にした市の女性職員マルタさんとここで再会したこと、また、わが子たちと子供時代に一緒に遊んだという近所に住んでいたブルーノ君に声をかけられて、えーー!と驚かされたこと、カンボジアの学生さんのツーショットの申し込みがあったこと(なんでだろ?国のばぁちゃんにでも似てたのかなw)などなど。

もちろん、相も変らず失敗も欠くものではござらん。

Oちゃん: あれ? Sodeさん、ここにあった「Furoshiki」の説明札、どこへいったんかしら?
ソデ:う~ん、おかしいね。
Oちゃん: (横にある紋付の袖に視線をやり)、あー!ここに付けてる!
       「Montsuki」が「Furoshiki」にされるところですぞ、ソデさん!
ソデ: うっ、面目ありまへん。

という具合で、全くもってあぶのうございました。後はこのまま夏休みまで日本語教室に没頭です。ブログも
あまり間を開けないよう勤めますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2015年6月27日 

「ポルトの小児病棟で影絵上映をしてくれませんか」と打診が入ったのは3週間前のこと。わたしが日本語コースを開いている市立図書館では定期的に、年に1度12月の上映を始めてこの活動をも4年になりますが、今回はその図書館を通しての打診です。

これまで、7回ほど、ポルトやガイアで作った影絵作品を持ってボランティアで上映してきました。

わたしに異存はないのだが、一緒に活動をしてくれているOちゃんに、スケジュールを聞いてみます。彼女の子供たちが夏休みに入っている時期をというので、日程を今月30日にしました。影絵のスクリーンを設定をのするのに、部屋の大きさ、机の大きさを知る必要があり、先ごろ病院のレクレーション・ルームを下見に行ってきました。

子供のレクレーションルームですから、机そのものが低い。わたしが注文して作ってもらったスクリーンは幅117cm、高さ88cm、それに開き扉がついています。大きなスクリーンを机に載せるので、それが低すぎるとスクリーンに影絵を映す出すわたしたち裏方は、頭や手が映ったりしないように苦労するのです。

kagee

上の写真は過去の市立図書館での子供のアクティビティルームでのセッティングですが、これくらいのテーブルの高さが欲しいところです。先方のテーブルの高さは66cmしかありませんので、今回は17cmくらい高さをあげる工夫がいるのです。

テーブルの足は四本ですから、4箇所の高さを同等に上げすることになります。何かいい方法はないものかと、色々考えてみたところ、ふと、東京息子が4、5歳の頃、随分気に入って遊んだ積み木を思い出しました。あれならば、形が違っても高さは均等なはず。と言うので、長年車庫に仕舞っていた積み木を探し出して、もってきました。

tsumiki1.jpg

30年もお蔵入りだった引き車の木の積み木。昔、息子のためにと、日本から頑張ってポルトガルに持ち込んだものです。よく遊んだので積み木の色はかなりはがれていますが、プラスティック製とちがい、木製は、こんなに古くなったと言うのに、なにかしら温かみを感じます。それで、懐かしくなり、当時の息子の写真を探してみました。

joao.jpg
倒さずに見事に積み立てたのを、照れくさそうに自慢している30年前の息子、ジョン・ボーイです。

まさに積み木を積み立ててテーブルの脚を乗せる方法ですが、果たしてうまくいくか?日曜日の明日は、Oちゃんと二人、我が家でリハーサルを含めて、それを試してみることになっています。出し物はと言うと、湿っぽい話は抜きで、いつの時代も子供たちに人気があるキョーリューの話です。地球の誕生から、海の中の生命誕生、魚が陸に上がり両足で立つようになり、そして巨大なキョーリューの出現誕生から地球への隕石落下による大気異変、キョーリューの滅亡、人類誕生までの長い歴史をまとめた
「キョーリュー年代記」です。
影絵

kagee

kagee

子供たちの様子をみて、影絵上映の後、もしもう少し続けられるようであれば、これまでもしてきたように、折り紙で1、2種類のキョーリューを折ってもらおうと思っています。
ヨーリュー

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2014年12月28日

昨日土曜日、アルメイダ・ガレッテ市立図書館のボランティア活動である影絵上映が終わり、来週3つほどの日本語レッスンで、今年の仕事納めになります。

palaciocristal.jpg
クリスタル宮殿公園内にあるアルメイダ・ガレッテ市立図書館

今回の「百万回生きたねこ」は、新作だったので切り絵に手間取り、上映リハーサルが2回しかできませんでしたが、そこはこれまで上映を経験して来て息が合ったOちゃんとわたし、なんとかしのぐことができました。何しろ、二人とも通常は日本語を教えるという仕事の合間でするわけで、しかもOちゃんは二人の子供の子育て中、それを協力してもらっているのです。いつも、本当にありがとう、Oちゃん!

「百万回生きたねこ」は、上映時間が15分と、今までで一番長い影絵になりました。ポルトガル語翻訳はわたしの長年の日本語生徒さん、マリアさんに日本語勉強のためだからと持ち上げ(笑)、お願いしました。わたしも翻訳の確認に、我がポルトガル語のディアス先生に目を通していただき、そのナレーションは東京に住むモイケル娘に録音してもらいました。

bibag[1]
館内。左側にある階段を下りると部屋UNICERがある。

目下、大学院の狂歌修論でひたすら忙しく勉強している彼女に、段落ごとにもっと間隔を開けよ、バイクの音が入ってる~、最後のシーン、入るのが早いだのと何度も注文をつけては、「頼むぜ~」と再再録音を依頼したのでした。モイケル娘よ、ありがと。で、日本語のナレーションはわたしです。

観に来てくれたのはポルトガル語版が80名近く、日本語版は、もちろんどなたでも興味がある人は歓迎で、図書館の案内でもしているのですが、主にOちゃんとわたしが開いているYY-Nihongo Jukuの生徒さんを中心に20数名ほどでした。
会場はわたしが今年の春まで日本語コースに使用していた教室で、目一杯入ってもらって60名が限度です。よってポルトガル語版は昨年同様、2度上映しました。

ポルト補習校時代の同僚I氏ご夫婦も可愛いお孫さんを連れて来てくれました。そして、会場でびっくりしたのが、そのお孫さんのお母さんこと、Tちゃんもいたことです。

Tちゃんは、ポルト補習校時代に数年わたしの生徒でした。一クラス1人、2人が多い補習校でTちゃんのクラスは唯一、5人というクラスでした。補習校は常に複式授業(同時に二クラスを教える授業)だったので、この5人にもう1学年上の二人が加わり、7人と言う、補習校の歴史では最大人数、チームワークもとれ愉快なクラスでした。わたしは、土曜日の補習校を離れても、時々この子供達にケーキ作り教室なども開いたりしたものです。
20年ぶりに会ったTちゃんは昔と変わらず、曰く、「Yuko先生、相変わらずですね!」「うんうん。昔みんなと作った時より、格段進歩したでしょ?」などと短い会話を交わしたのですが、こういう再会は本当に嬉しい。

もう一人、来てくれるとは予想していなかったのに、わたしが日本語を教えている某企業のマセラッティの君とわたしが呼ぶところの秘書の方が息子さんを連れて来ました。ザックバランな性格の女性で、レッスンが終わった後、わたしは時々秘書室に顔を出してはおしゃべりする相手です。日本文化、日本語関係のイベントは、彼女に連絡してマセラッティの君の耳に入るようにしているのです。

さて、金曜日の午後、Oちゃんと二人図書館で上映のためにセッテリングに入ったのですが、こんな感じにしてみたのです。

裏から灯りが漏れるといけないので一部の隙間もないように注意を払わなければなりません。今回はできるだけたくさんの人が入れるようにとスペースを広げたかったので、このように教室のコーナーを利用してスクリーンを設けました。これはOちゃんのアイディアです。

kagee2014-2.jpg

スクリーンのすぐ前には赤いカーペットを敷いて、子供連れは座ってもらいます。その後ろに椅子を並べ、席が取れなかった人には申し訳ないが、立ち見となります。なに、たかが15分ですし^^
教室のドアも黒い厚紙を貼り付けて、外部の光を遮断します。そうして3時間近く経過、セッティングがほぼ完成したので館内のカフェで一息入れよう!となり、ドアを開けて室外に出てドアを閉めたとたん、わたしとOちゃん、ギャッハッハッハ!ご覧あれ~

kagee2014-3.jpg

UHU Patafixのりを使って貼ったのだが、室内から見ていたもので、外でこんな風になっているとはツユ思わず(笑) 静かな館内にギャハハハと一瞬響いた我らが笑い声、ふと受付カウンターに目をやると、いつも不機嫌そうで取り付く島もなさそうな感じの図書館の女性、クックックと笑っている。き、気付いてたんだったら言ってよねぇ~・・・

Oちゃんとわたし、親子ほどの年齢差なのだが、これだから一緒にやってて楽しいのであ~る。11時15分に上映開始、1時近くに終了後、Oちゃん一家に我が夫も加わって、後片付けし、今年最後の行事も終わり、6人でレストランで打ち上げ。いっそのこと、YY-Kagee GroupをYY-Family Kagee Groupに名前を変更しようか?などと、ワイワイ言い合っての昼食会でした。

わずか15分の影絵、観に来てくださったみなさん、ありがとうございます。来年もがんばります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2014年11月12日 朗読録音、ニーナめ~~!(怒)・・  

ここずっと日本語教室の合間を見ては12月27日に上映予定の影絵、「百万回生きたねこ」の切り絵作成に没頭しています。

100mannneko

今回は日本語を学んでいる人たちにも見て聞いてもらいたいと思い、ポルトガル語と日本語で2回に分けて上映することにしました。ナレーションはポルトガル語に翻訳したものを例年通り我がモイケル娘に朗読録音してもらい、日本語版はわたしが録音することにしました。

で、先日から、実は何度となく録音を繰り返しておるんです・・・
ゆっくりと発音正しく、しかもなるべく聞き取りやすいように読みますので15分くらいの朗読になり、BGMと丁度あうというものです。

録音に苦労しているのは、pcのヴォイス・レコーダーを使用しているのですが、我が朗読そのものもさることながら、外部からの雑音も意外としっかり録音されることなのであります。

外からの子供の声(学校が近いのだw)、階上の物音(近頃住人が変わり、子供が4人ほどおり、よく床に物を落としている、その物音が頭に来るくらいはっきり聞こえるのであ~る)、時々上空を飛んでいく飛行機の音、救急車の音、そして、一番血がのぼるのが、階下の人が車庫で飼っているジャーマン・シェパードのニーナちゃん!

今日も、お、今回は結構朗読も良いデキで、なんとか最後までこぎつけそうだワンと思いきや、物語でねこが相棒の白猫の死を悲しむ場面を読んでるときに、「うわんうわんうわん!」と始まり、なかなか止むものではござんせん。腹の中で、「んにゃろーめ、1、2回ならいざしらず、いつまで吠えとんじゃ~~」とわれながらハシタナイ言葉でののしりながらい怒り抑えて読むもので、悲しい場面の朗読に腹力が入り、最後の章寸前でストップボタンを押さざるをえず!あぁぁぁ、腹のたつ^^;
繰り返し読んでるので、もうすっかり暗唱してしまいました。

いえね、ニーナちゃん、二階の台所ベランダから見てると、こちらを必死で覗いてる様子、でっかいお耳だけがチョビッと見えて、可愛いんですよ。けど、これじゃぁ、録音ができない。

マイクだマイク!と、早速FNAC(フランス系の大型書店)で週末に仕入れてきた。どうせ買うなら少しは性能のいいのを、と夫が持ってきた15ユーロくらいのを、「こんなの音響がよくないよ。もっといいのを」と、元歌姫もどきのわたし。歌だってマイクの性能でよくも悪くもなるものなんです^^;そうやって買ってきたマイクだが、家で箱から取り出して接続する段になり、接続口を見るなり夫、「これじゃ接続にケーブルがいるよ」。 ケ、ケーブル?と機会音痴のわたしは、そこまで考えが及ばず、恥かいた。

ケーブルを買いに行った夫がもってきたのは、結局最初に彼が手にした安物のマイクだった。
ケーブルひとつだけは売ってなくて、なくてもいい二ツ入りのしかない。もったいない、だって(怒)、カラオケにも使えるかも~と、この所、声張り上げていなかったわたしは密かに期待したのだが、なんだ、残念。

それでもマイクをpcに接続した後、どこでどのようにプレイバックするのか分からない。錆び付いて古メカの頭に少しはカツを入れようと、これを今週末の課題にした。知っている人にはどうということがない機能なのだが、それにウロタエテいた今週でした。

CDも間もなく取り扱われなくなり、ペンを使うことになるという。グワ~、また新たなことを学ばなければならんのか~と思いながらも、好きな音楽、好きなことが関連するのならば、こればかりは時代に取り残されないように、頑張ってみようと思っているおっかせんである。

本日は多忙ゆえ、これにて御免。
明日はアヴェレダのワインセラーです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村