FC2ブログ
2019年8月30日 

東京息子も一週間ほど前に日本に帰り、先週末で我が夏休みは終了。

早く日本語学習を始めたいという生徒も何人かいて、自宅での個人授業は月曜日からぼちぼちと始まりました。来週からは土曜日の教室も開始です。

さて、ポルトに来て丸40年を過ぎたのですが、子供達が中学校を終えるころまでは、生活の中心は彼らでした。当時も家で二人ほどの日本語学習者はとっていましたが、子供たちが学校に行っている時間帯です。

息子が就学年齢に達したとき、6歳下のモイケル娘は1歳少しで、毎週土曜日にわたしが補習校で講師をしている間は、夫が娘の面倒を見てくれました。

子育て当時、したいことがなかったかと言えば嘘になりますが、「それを犠牲にして」なんて気持ちは毛頭ありませんでした。子育てをする事によって自分自身が育てられたと言った方がわたしの場合は適切(笑)。過言ではないです。

その例の一つとして、日本文化の素晴らしさに目覚めたことが挙げられます。子供達の学校生活を通して、日本という異文化には、みなさん多少の興味を示します。それで、日本文化に関するボランティア依頼もよくきたものです。
                                    
ところがです、その母親ときたら、日本にいた若い時分は目を外へ向けるばかり。ちょっと反骨精神を持っていましたから、それを振り回していわゆる日本の社会常識ごときものは、伝統文化から習慣までうっちゃってしまい、我が娘以上に「ヘッ!そんなもん」くらいに思っていましたのを、告白します。
                                           
これがです、こちらでの生活が長くなっていくに連れて、このままでは、どうもヤバイと感じるようなことが多々出てきたものです。
                                    
・「日本の伝統文化を紹介してもらえないか」 とポルトガル人 
(↑しょ、紹介できるもんは折り紙の鶴くらいしかおまへん^^; 紙風船もだまし船も本を見ないとできまへん^^; お茶?お花?とんでもない!あんなん人様の御前でご披露できるまで行くには、何年もの修業と多額なお金がかかるざますよ。 一人暮らしの身でお月謝が払えるわけおまへん!)                                   

・「着物を着て結婚式に来てくれないか」         
(↑来た!あぁぁ、せめて母に着付けを教えてもらって着物を受け取るんだった。着物があるにはあるが、一人で着たことがないでぇ。はい、誰も知らぬをいいことに、勝手気ままに着て行きました。後日そのときの写真を母に送りましたら、「なんちゅう着方をしとるん!」と叱られました^^;
                                   
・「その理由も含めて、日本はどういう新年の迎え方をするのか」
(↑これ、今ならネットで検索ができますが、当時は当然パソコンなど持っていませんでしたから、日本語、さらには英語の本まで読み漁って勉強する羽目になりましたぞ(爆)逆だっちゅうのよ^^;)
                                               
・「日本人はこういうときに、なぜこのような行動をとるのか」
(↑これは、背景となる日本文化の知識が少しでもないと歯がたちまへん。その上で自分で考えて行きます。一般論でなくていいと思うのですね。 「~だからだとわたしは思います」で結びます。ずるい(爆)                                        

・ぬぬ?と思ったのには「国歌を歌って録音して欲しい。紹介したいから」というのです(笑)これはインターネットが普及している今なら、頼まれることもなかったでしょう。伴奏なしで歌って録音しましたです、はいw(←これはどこぞの学校の要望でした)

つまり、日本人である個人のわたしを通して、日本、日本人を知りたい、となるのです。 いい加減なわたしも、これにはびびって考えさせられました。
       
海外で生活すると言うのは、勿論一般の日本人としては、非常に個人的なことなのですが、人々は個個の日本人としてよりも、その人を日本人全体の姿と見がちです。

ポルトガルに住むことがなかったら、わたしは相変わらず自分の国の文化に大して興味ももたず、調べもしないでいたかも知れません。その必要性を実生活の中で感じる機会が少ないですから。

こういう自分のふがいなさから、実演披露や言葉での説明はできないが、日本文化を知ってもらえる他の方法はあるまいか?と考えて取り組んだのが、実物を目で見てもらう、ということです。

わたしのボランティア日本文化紹介はこうして始まったのですが、長年かけたとは言え、よくぞこんなものまでと思われるコレクションも中にはあります。

tsukagashira1_1.jpg

これは柄頭(つかがしら)と呼ぶのだそうです。わたしがポルトに来た当時、名誉領事をなさっていたCarvalho氏のコレクションの一部だったのですが、未亡人から形見分けとして、わたしのもとに届けられて来たいきさつがあります。

tsukagashira2_2.jpg

価値については分からないのですが、日本語学習者の間では人気のマンガ「流浪人剣心」もあるので、展示会に出してみました。すると、柄頭は持っていないが鍔(つば)がある、という生徒がいて驚いたのでした。
                             
自分の国のあれも悪い、これも悪いと欠点を揚げ連らねていたのが、いざ、他国の人達が一緒になって、「そうだそうだ~」と攻撃し始めると、自分が言っていたのは棚に上げて、「他国人に言われたくないわ」と腹が立つものです。今で言う「おまゆう」ですね(笑)

日本の外にいてつくづく感じるのは、良い所も悪い所も「オラが国」である。

今日は、家の中を少し整理していて出遭った柄頭から、こんな話になりました。

ではみなさま、本日はこれにて。
                           
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2018年7月26日 

ボランティア活動の一つとして友達の0ちゃんと、図書館や、頼まれれば小学校、小児病院などでも、物語を影絵にして見せてきました。

たいていは12月のクリスマス休暇にしてきたのですが、今年は7月の終わり、つまり今週の土曜日の予定だったのです。 が、図書館の手違いにより中止せざるを得なくなりました。プン!

YY日本語塾の活動として何度かパーフォーマンスをしているので、影絵を出す順序など、ナレーションと音楽に合わせて、だいたいは覚えているものの、いざとなれば、やはりリハーサルは必要です。先週には我が家でそれをしていただけに、中止にしなければならなかったのは残念なのですが、致し方ありません。

丁度、今ポルト郊外では「キョーリュー大展示会」が催されており、地球の誕生から、生命誕生、キョーリューの時代、そして、キョーリューが絶滅するまでを物語りにしたわたしたちの影絵は、よかったのになぁと心底、残念に思っているのです。

今日は、自分のメモとしてYY塾のキューリュー年代記を少し詳しくあげてみたいと思います。できれば、下記のサイトをクリックしてBGMを聞きながら、この物語をざっと読んでもらえるといいのですが。

www.youtube.com/watch?v=W8MlNSiEzTU

では、ストーリーjはこんな具合です。

miragaiadino
46億年前の地球の原形              

影絵
海で生命、単細胞、魚の誕生  

陸が形成され陸に上がる生物が出る。
キョーリューshoki

キョーリューの祖先テコドントが現れる
アサヒビアハウス

やがてジュラ紀に入り、陸、海、空を支配するキョーリューの時代がやってくる。
039-3.jpg

キョーリューは草食と肉食の二種類に分かれる。草食動物のブロントサウルスと翼竜↑
↓ブラキオサウルス、ブロントサウルスは群れを作って行動したといわれる。
kagee

こんな大きな恐竜が草食だというところが、わたしは面白いと思うのです。

尻尾の鉄の玉のような硬い骨で身を守るアンキロサウルス
neko

背中に硬いボーンプレートを持つステゴサウルス
050-1.jpg

尻尾の先にはスパイクのようなものがついている。敵と戦うときはこのように(笑)
neko

トリケラトプス。三つの角は下のように敵を追いはらう。earthcronicle

恐ろしいが子どもたちに人気がある肉食動物のT-Rexことティラノサウルス・レックス。
キョーリュー2-1

自分より大きな小食動物を襲う。前足は小さいが後ろ足の爪が鋭い。
batalha

地球に隕石が衝突し、火山も爆発。空は灰に被われる。
end1.jpg

portugalgoods

地球の気温は下がり、キョーリューたちは食べるものがなくなり、絶滅する。
059-1.jpg

portugalgoods
 
わたしたちの祖先である人類は、キョーリューが絶滅したずっと後で、今から25万年ほど前にやっと現れたのである。
portugalgoods

それぞれの代表的なキョーリューを出すときは、大きさ、重さなど、その特徴も簡単に説明しますが、モイケル娘に頼んで録音してもらったポルトガル語のナレーションと、BGMは「The Land Before Time(リトルフット)」のサウンドトラック「The Great Migration(恐竜の大移動)」をずっと流します。

物語が終了後、再度、影絵に出てきたキョーリューたちを順番に見せていくのですが、この時、BGMは同じくこの映画で使われたダイアナ・ロスの「If We Hold on Together」です。これで最初から最後までの影絵の上映時間は15分ほど。

音楽とのび太とドラえもんの絵は著作権が気になりながらも、子どもたちのためのボランティアというので、見逃してもらいたいなと思います。

今回の影絵は中止になったものの、こうしてブログにあげることで満足している単純なわたしであります。

ではみなさま、また。

♪Don't lose your way with each passing day.
You've come so far. Don't throw it away.
Keep believing, dreams are for living
Wonders are waiting to start
Live your story Faith hope and glory
Hold to the truth in your heart

If we hold on together I know our dreams will never die
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2018年7月7日 

影絵を上映してくれと、図書館からの要望で今月最後の土曜日にすることになりました。

毎年クリスマスシーズンにしていたのですが、2年前には図書館の教室で日本文化紹介展をし、昨年は影絵新作を手がけていたものの、多忙で手が回らず未完成だったゆえ、実行できませんでした。2年間、影絵上映をしていなかったのであります。

elf3-1.jpg

新作には、上の写真から分かるように、「かたあしだちょうのエルフ」です。ポルトガル語翻訳、BGMも決まり、絵を切り始めていたのですが、はて、ナレーターはどないなるねん?

これまでの三作、「キョーリュー年代記、かぐや姫、百万回生きたねこ」はすべてモイケル娘にナレーションを依頼して来たのですが、9時から5時まで勤務の彼女、録音がなかなか難しいらしく、それも昨年は影絵上映をしなかった理由の一つでした。
ナレーションは8月にモイケルが帰省したときにしてもらおうと考え、今回は「キョーリュー」と「かぐや姫」をすることにしました。
5歳以上が対象ですから、再上映なりとも、数年前は3、4歳だった子どもが見られるわけで、問題はなし。

切り絵そのものは何度も使えるようにと、かなり暑い用紙を使って作っていますが、上映している間に痛んでくるのは当然で、今回も何枚か手をいれる必要が出てきました。

ヨーリュー
Crónica de Dinossauros(キョーリュー年代記)

と言うわけで、ただ今、作品を引っ張り出し、息子のベッドも娘のベッドも切り絵が広げられてもろに占領しており、ネコども立ち入り禁止状態であります。

kaguya1.jpg
Princesa KAGUYA(かぐや姫)

さて、しばらく前に「ポルトガル語、半端ないって!」と、書いたのですが、このところ、日本語授業の合間にポルトガル語の予習復習を力みすぎた感あり。

影絵の準備も重なって、実はポルトガル語勉強に集中できず、そのうち微熱を発し敢えなくダウン。体調を崩して2日間寝ていたのでありました。ツーソンのアリゾナ大学で必死に英語の勉強に取り組んだのはかれこれ40年も昔のこと、あれと同じように集中するには、もう体力がないのだとベッドの中で思い至ったのでした。悔しいが、これは歳だとまったく認めざるを得ません。

とは言え、何度かどこぞで見かけたこの言葉、

人生は七十歳から
七十歳にて お迎えあるときは、今留守と言え
八十歳にて お迎えあるときは、まだまだ早いと言え
九十歳にて お迎えあるときは、そう急がずとも良いと言え
百歳にて お迎えあるときは、時期をみてこちらからボツボツ行くと言え

わたしもこれに倣って、ただ今、留守でありまする、と参りましょう。

影絵に関してはまだ二つ三つ構想があり、BGMだけは既に用意して、エルフの次に手をつけたいと思っているのですが、現実主義の息子からは、一文にもならぬのによくがんばるね、と半分嘲られております。
息子よ、一文にもならないのは確かだが、BGMを聞きながら各シーンを思い浮かべ、少しずつできあがっていくのが、大いに嬉しいのであります。

本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2017年3月8日 ポルト市立図書館、日本文化展示会

長年かけて自分が日本から持ってきたものを紹介したいと、ボランティア活動として、会場を無料提供してもらい、日本文化展示会なるものを始めて、かれこれ10年以上になります。

こう言うと、お茶お華ができて筆も握り、着物も展示してあるので着付けもできよう。さぞかしや日本の伝統文化に造詣(ぞうけい)が深いのだろうと思う方もおられるでしょうが、本人は上に挙げたことのひとつもできないのであります。

弘前の高校を出て、大阪での独り暮らし、稽古事はなべてお金のかかることゆえ、とてもそのような余裕なく、美しい伝統文化への憧れが、異国に住む自分をそう仕向けているのかな?と、何だか自分でもよく分からないのが正直なところです。

ただ、日本語を教えていると、どうしても日本文化に触れないわけにはいきません。ああだこうだと口で説明するより、実際に見てもらいたいと思って始めた部分もあります。

アルメイダ・ガレッテ市立図書館での今回の展示会は、主に日本語学習者に見てもらいたいと思い、実は2週間後の帰国を控え、ちょっと無理しての行事でした。

日本文化展示会

日本文化展示会

そう、当初は「ちょっと無理して」だったのですが、ふたを開けてみると、がびーーん!前日、金曜日午後に相棒Oちゃんといっしょに会場でディスプレイする予定だったのが、木曜日に図書館から連絡が入り、部屋がどうしても必要なので、金曜日午後は仕様不可とのこと。

日本文化展示会

土曜日1時まではOちゃんは仕事があるので、展示会当日の開場時間まで一人で準備することになったのでした^^; 「ちょっと無理」どころか、未だ疲れを引きずってるのであるよ。頼むぜ、図書館・・・・

展示会というのは、展示物を選び、車に詰め込んで運び、会場に展示、終わった後は箱に仕舞いこみ、車に詰め込み持ち帰り、それらをもの仕舞いこんであった各々の場所に再び入れて、完了とあいなります。

わたしたちの展示会は常に数時間、今回も2時半から6時まで。今回手間取ったのが、思いもよらなかったところの黒布がテーブルと相性が悪かったのでしょう、何度敷きなおしてもテーブルから滑り落ちディスプレイがはかどらなかったたことでした(汗)Oちゃんが念のためにと渡してくれた白布を一部下に敷くことで、やっとセッティングに入ることができたのでした。

日本文化展示会

日本文化展示会
美しい櫛とかんざし。使うことはないが、眺めているだけで心が和みます。

日本文化展示会
「釣月耕雲」、実に味わい深い禅語だ。

右横の着物は亡き母が選んでくれたわたしの着物です。これまでは展示しませんでしたが、もうあまり着ることもないので、今回から展示物の仲間入りです。

日本文化展示会
日本語学習者には漫画ファンが多いので、その一部も。

日本文化展示会

扇子も随分たくさんあったのが、来客に差し上げたりして大分少なくなりました。

母の形見の紋付は、毎回出します。ブログ友からの寄贈である桐の下駄一式も。
日本文化展示会

日本文化展示会

今回、思い切って展示してみた「小袖」です。展示方法をもう少し考えたかったのですが、時間切れだったのと、展示する空間がなくなってしまったのとで、こんな風にしてしまいました。

この小袖は長い間、長持ちの中に眠っていたものですが、絵づけは、かつて友禅染を習っていた妹が、それを母が仕立て上げたものです。それを妹から譲り受けました。丈の長い着物より、背丈の小袖の方がわたしは好きで、気に入っています。

今回展示したもので、人気があったのが「判子」です。この展示会では「どうぞ自由にさわってください」の趣旨で、来た人たちが手に取り半紙に押して遊んでいました。

日本文化展示会

そして、初めての小さな展示物。

日本文化展示会

これは柄頭(つかがしら)と呼ぶのだそうです。わたしがポルトに来た当時、名誉領事をなさっていたCarbalho氏のコレクションの一部だったのですが、2年ほど前に未亡人から形見分けとして、わたしのもとに届けられて来たいきさつがあります。

価値については、良く分からないのですが、日本語学習者の間では人気があるマンガ「流浪人剣心」もあるので、出してみました。すると、柄頭は持っていないが鍔(つば)がある、という生徒がいて、驚いたのでした。

こうして来客たちと話しているうちに3時間半の展示会はあっという間に終わり、それと同時にはたと気がついた。昼ごはん食べてへんやん!朝からずっとコーヒーも水も飲んどらんうやん!喉が渇いたー、生ビールが飲みたい!と、Oちゃん、Oちゃんのご主人、我が夫、それに残って後片付けを手伝ってくれた3人の生徒さんに、しきりに訴えたわたしでした。

もちろん、展示物を夫とわたしの車の押し込んで、Oちゃん一家と無事展示会が終わったのを祝して、図書館近くのCervejaria Galizaへと向かい、立て続けにクーッと3杯生ビール!おいしかった!Oちゃん、ご馳走様でした & お疲れ様!

え?そ、そうなんです、手伝ってくれたOちゃんのご馳走になっちゃいましたっけ^^;
本日はこれにて!

ランキングクリックして、ブログ応援をお願いできますか?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2017年3月3日 

明日、土曜日の文化展の準備でここ数日、バタバタしています。

今回は、持ってるものぜ~んぶお見せしますよ、という趣旨の芸術性まったく抜きの展示会です。ちょっと面白いものでは、小袖、刀の柄頭(つかがしら)も幾つかご覧になれます。ポルト近辺の方、興味がありましたら、お気軽にお出かけください。入場料は無料です

以下、ご案内いたします。

Um Espaço de Cultura Japonesa
                Por YY-Nihongo Juku

16-1.jpg
画像はWikiより

Local: Bibliotéca Munincipal Almeida Garrett
Sala UNICER
Data: 4 Março 2017
Hórario: 13:30 – 17:00
Entrada:Gratuita
Contacto:+351 226 081000 (BMAG)

では、みなさま、報告は後日に。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ