2016年9月15日  

わたしたちが滞在したサン・ミゲル島、Ponta Delgada(ポンタ・デルガーダ)周辺はパイナップル栽培でよく知られています。

パイナップルはポルトガル語で「ananas(アナナス)」と言いますが、子供たちが家にいなくなったころは、よくパイナップルケーキを作り、これはわたしの十八番(おはこ)です。

一度などは、ポルト補習校時代に受け持っていた生徒たちに頼まれて、パイナップルケーキの作り方教室を開いたものです。その後、彼らがそのケーキを十八番にしているとは、親御さんから耳にしているのですが、
嬉しいことです。また、年に一度、同僚のOちゃんと開く個人授業、グループ授業の日本語学習者合同のNHKパーティーこと、「日本語を話す会」でも出します。

アソーレス

さて、アソーレス最後の日にパイナップル農園を訪問してきました。

恥ずかしながら、この日までろくに考えることなく、パイナップルは大きな木になっているものと思っていたおアホなのでした(笑

してみれば、あんな重い果物です、木からぶらさがるなどちょっとありえませんね^^;


アソーレス
パイナップルの温室。

パイナップルは19世紀に南米からサン・ミゲル島に紹介され、現在では写真のように温室栽培されています。

アソーレス

アソーレス
  
アソーレス旅行の最終回は、案内し忘れた写真です。

アソーレス
サン・ミゲル島Ribeira Grande。小さな海辺の美しい町。町から海を望んで。 
 
通りには、意外にもマヌエル建築様式の窓を発見!
アソーレス

こちらは、Frunasの公園。
アソーレス

サン・ミゲル島で見かけた家々。

アソーレス

アソーレス

アソーレス

旅行中、世話になったレンタカー
アソーレス


これで、アソーレス案内は一件落着。
次回は、シントラへ!

本日もお付き合いいただき、ありがとうございます。では、また明日。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2016年9月13日 


サン・ミゲル島のポンタ・デルガーダから目指すは三つ目のカルデラ湖Lagoa da Fogoこと火の湖。

途中の展望台、Miradouro de Santa Iriaで大西洋を望む。緑の絨毯を敷いたような突き出た半島が見られ、海の色も空の色も吸い込まれそうなくらい真っ青でした。

アソーレス

アソーレス
 
1831年8月に、この緑の絨毯の中腹では、兵を率いてブラジルからポルトガル本土へ向かうリベラリストのドン・ペドロ4世(ブラジル初代皇帝)と絶対主義者の弟ドン・ミゲル1世の兵とが戦ったことでも知られます。

勝利したドン・ペドロ4世はこの後、1832年7月にポルト北部のメモリア海岸に上陸するわけですが、1829年からドン・ミゲルがオーストリアへ亡命する1834年までを、ポルトガルの内戦とされています。

ポルトの隣町MatosinhosのPraia de Memoriaにあるドン・ペドロ上陸の記念碑オベリスク。過去記事でとりあげていますのでリンクは後記に。

アソーレス

ほぼ山頂にある「Lagoa da Fogo」 火の湖と言う名からは想像しがたい美しい水面のカルデラ湖です。後姿の若い男女は息子とそのガールフレンド。

アソーレス

雲を下に見ながらの帰路でした。
アソーレス


「メモリア海岸のオベリスク」はこちらで↓
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-556.html

アソーレス案内は次回が最後になります。では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2016年9月8日

アソーレス

サン・ミゲル島三つ目のカルデラ湖はLagoa do Fogo(直訳は火の湖)を含むCaldeira Velha(カルデイラ・ヴェリャ)と呼ばれる自然公園。UNESCOに登録されています。

アソーレス

アソーレス
 
山道をのぼっていくと、最高温度100℃にも上がる温水池があります。

アソーレス

自然公園の中には二つの野外温泉プールがありますが、下がこの温水池から流れこむ温水プール。

アソーレス
  
山道をもう少し上るともう一つの滝がある温水プールがあります。

アソーレス

温水は少し茶色に濁っていますが、子どもも含めたくさんの人に混じって、私を除く我が家の3人も入りました。プールの横にある小さな小屋が着替え場です。
caldeiravelha14.jpg


インフォメーション: 入園料 大人2€
開園時間 4~9月 9:00~20:30   
10~3月 10:00~18:00
11月と12月 9:00~17:00

アソーレス案内はまだ続きますが、本日はこれにて。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2016年8月28日 

マカロネシアの島のひとつ、アソーレスのサン・ミゲル島には三つの大きなカルデラ湖がありますが、今日はその二つ目のフルナ
ス(Furnas)カルデラ湖とフルナス温泉地帯です。

Furnas Azores

フルナスはFurnaの複数形で岩穴、穴の意味です。名にあるように、周囲600メートルのフルナス湖執念半分は林、もう半分は日本の温泉地帯で見られるように噴気孔がたくさんあります。アソーレス諸島そのものが火山島なので当然でしょうが、フルナス湖畔は噴気孔の観光地として知られています。

Furnas Azores

地下からドロッとした溶岩がブツブツと湧き上がっています。Furnas Azores

下は高温度の湯水がボコボコと。
Furnas Azores

フルナスは温泉の地熱を利用した料理、Cozido nas Furnas(フルナスの肉野菜の煮物料理)でも知られています。温泉地には写真のような穴が開けられており、

Furnas Azores

この中に肉野菜が入ったアルミニウムの鍋を蓋をして入れます。

Furnas Azores
上に立てられた木札にはどのレストランのものか番号が書かれてあります。

この料理を食するには地熱での料理が5時間ほどかかるので、取り扱うレストランでの予約が必要なのですが、満席で残念ながら体験できませんでした。下の写真は、見逃した、料理を地中から取り出しているところです。

Furnas Azores
この写真はWikiより。

下は料理が取り出された後です。
Furnas Azores

レストランで出されるCosido nas Furnasはこうなります。 見た目はCozido à Portuguesa(ポルトガル伝統煮物料理)と同じですね。
cozidofurnas.png
Wikiより。

すぐ側は静かなフルナス湖。

Furnas Azores

湖の周辺の林は苔が生えており、ネコもたくさん見かけました。
Furnas Azores

本日はこれにて。 アソーレスはまだ続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2016年8月23日 

アソーレス諸島はポルトガルの大航海時代、15世紀に発見されました。しかし、発見者には、Gonçalo Velho Cabral(ゴンサロ・ヴェリュ・カブラル)と Diogo de Silves(ディオゴ・デ・シルヴェス)の二つの説があります。

アソーレス諸島

Ponta Delgada市の広場にあるPortas da Cidade(ポルタス・ダ・シダーデ=町の門)の前にはGonçalo Velho Cabralの像が建っていますので、彼を発見者とする説が強いのでしょう。

アソーレス諸島の気候は年中温暖だとありますが、実は湿気が多く曇りがち。空港に降り立つなり、「あ、日本の初夏の気候だ」と思いました。自分の髪の毛がサラッとしないので、すぐ分かります。わたしたちが滞在した4日間も3日目を除いては曇り、霧、霧雨と、二日目に上ったセッテシダーデ・カルデラ湖へはご覧の写真の通り。

acores1.jpg

アソーレスはアジサイが山道の両脇にたくさん植えられていて、とてもきれいでした。天気がよかったらどんなにか美しいだろうか、と思ったのですが、時期的にアジサイもそろそろ色あせた部分が見られ、曇った天気がそれを覆い隠していて、却ってよかったのかも知れません。アジサイの道は恐らく6、7月が一番美しいのでしょう。

アソーレス諸島

セッテシダーデ・カルデラ湖は、下の写真に見るように、Lagoa Azul( 写真右。青い湖の意味) と Lagoa Verde(写真左。緑の湖の意味)の二つの湖からなっています。その名の通り、曇った天気で撮った写真でも色の違いが分かります。セッテシダーデス(Sete Cidades)とは「七つの町」と言う意味です。写真の青い湖湖畔に見える人口800人足らずの村に小さな村の名前でもあります。

アソーレス諸島

山頂にある湖を見て、村に下りてきた頃は霧が雨に変わり、かろうじて村にひとつあるネオゴチック建築のサン・ニコラウ教会を撮影しました。

アソーレス諸島

この他にもこの山には小さな湖がたくさんあります。そのひとつ、下は「サン・チアゴ湖」。人を寄せ付けない美しい緑色の陥没カルデラ湖です。

アソーレス諸島

本日はこれにて。アソーレス旅行はまだ続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村