FC2ブログ
2018年10月10日

今日は自分のメモとして書きます。

「鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分かな」 

鳥羽殿とは鳥羽上皇のことで、この情景は鳥羽上皇の離宮へ急を聞きつけた5、6騎の武者が野分を駆け抜けていく様を詠んだ与謝蕪村の俳句なのですが、これを目にして、「おぉ!」と思ったのです。

と、言うのは、拙ブログで何度かとりあげてきた、「ねずさんの日本の心で読み解く百人一首」ですが、我が日本語生徒のアルフレッドさんと一緒に勉強し始めたのは2016年10月で、ちょうど2年になりますが、今回は時代の背景を「保元の乱」とする藤原基俊の75番歌から藤原顕輔(藤原のあきすけ)の79番歌までを5週間かけて詠み終えたところなのです。

雅やかな貴族政治から武家政治へと移る過渡期が歌の背景になるのですが、この時代に登場する白河天皇、崇徳院、近衛天皇の主だった立役者の中に鳥羽上皇は欠かせない名前です。なぜなら、この鳥羽上皇の死が、崇徳院(鳥羽院の第一子)と後白河天皇(鳥羽院の第四子)の皇位継承争いの「保元の乱」の引き金になるからです。

76番歌から79番歌の間には、保元の乱で破れ、藤原忠道によって讃岐に流された崇徳院の歌も含まれています。

「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」

多くの百人一首が恋を詠んだ歌だと解釈されているのですが、この歌も「別れたあの人ともいつかまた逢いたい」と現代語訳になりますが、ねずさんの解釈では、政争の濁流に押し流された二人(崇徳院と後白河天皇)の運命を象徴する歌であろうとされています。

崇徳院崩御の七百年後、明治天皇は食指を讃岐に遣わし崇徳院の御霊を京都へ帰還させたとあります。それが現在の白峰神宮だそうです。言うなれば、七百年後に崇徳院が詠んだ滝川は再びひとつの川になったということです。

我が日本語生徒で、80数歳のアルフレッドさんが、週に一度、その週の一首を共に勉強するとて、山を下りてくるのですが、この解釈本を読むことで、日本の歴史の一端にふれ、平安時代の貴族生活、文化、ひいては日本人とはどういう民族なのかを学ぶことができて、とても面白いと言います。

百人一首は恋の歌だものなぁ、などど思って、長い間、あまり見向きもしなかったのですが、こうしてねずさん(小名木善行氏)の解釈本を手にすることで、改めて日本の歴史に目を向け、思わぬ発見に出くわすことが多いこの頃です。

さて、冒頭の句にある「野分(のわき)」ですが、これは秋の暴風のことです。秋草の野を分けて、いずこへともなく去っていく強い風、つまり台風の古い呼び名です。

nowaki.jpg
Wikipediaより

今ではあまり耳にしなくなった言葉ですが、秋の野の草花が強い風に乱れ吹かれる様を思うと、こんな台風にも風情を思ったいにしえの人々の心にいたく惹かれる自分に気付かされます。

もっとも、現代の大きな被害をもたらす台風には情緒も風情もありませんが、それもある意味、現代人が片棒をかついできた結果によるのではないかと思うわたしです。

最後に、野分についてわたしが好きな一句を。

大いなるものが過ぎゆく野分かな     高浜虚子

本日もお付き合いください、ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
2018年4月21日 

いえいえ、わたしがお別れするわけではありませんてば(笑)

ハードボイルド作家、レイモンド・チャンドラーの本の一冊であり、ハンフリー・ボガード主演で映画化もされている題名なのです。
今日、こんな話をとりあげるのは、所沢にて妹夫婦と二人、外国文学や日本の歴史小説作家の文章に話が及んだからです。

特に原語で読む語学力なく翻訳本を手にする場合、本のファンになるか否かはその訳者の文章が大いに影響する云々の話がでたのでした。

高校時代は外国文学に夢中になりましたが、20代にはハードボイルド作品に熱を上げていました。その頃の我が憧れのヒーローは誰あろう、レイモンド・チャンドラーの作品の主人公、私立探偵、「フィリップ・マーロー」なのであります。

書店の本棚にならぶ本の背表紙を読んで行きながら、偶然手にした一冊が時には思いの外おもしろくて、その作家に病みつきになったということは、みなさんにもあるでしょう。

偶然タイトルに惹かれて手にしたチャンドラーの一冊は、まだフィリップ・マーローが登場しない「ミス・ブランディッシュの蘭」という強烈な一冊でした。切れの良い、大人の香りがする、ちょっとキザッぽい日本語訳がわたしには抜群に新鮮だと思われました。
以来、チャンドラーの作品は次から次へと読破、ここがわたしのマニアックなところでして^^;

「あぶく銭は身につかない」「ある晴れた朝、突然に」「貧乏くじは君が引く」「高い窓」 「ダイヤを抱いて地獄へ行け」「悪女イブ」「さらば愛しき人よ」そして、この「長いお別れ」です。
「さらば愛しき人」は、ロバート・ミッチャムがマーローとして主演、映画化され、近年、村上春樹氏も翻訳をしていますが、わたしは俄然、清水俊二氏訳が好きです。

面白いことに、チャンドラーは実はイギリス人でありながら、書かれた全てのハードボイルド作品は、アメリカが舞台になっています。デビュー作品の「ミス・ブランディッシュの蘭」は、その暴力的な場面であると言うことと、イギリス人でありながらアメリカを舞台にした作品だということで、イギリスでは当初、発禁の憂き目を見たのだそうです。

フィリップ・マーロー。歳食っており、いつもヨレヨレのスーツをひっかけ、探偵事務所も薄汚いビルの一室。冴えない感じのこの探偵が人生の悲劇を織り成す様々な人間模様を見せる事件に取り組むとき、俄然、大人の魅力と哀愁をかもし出してきます。

「ギムレット(4分の3のドライジン+4分の1のライム・ジュース)」と言うカクテルがあるのも「長いお別れ」を読んで知ったのでした。
「タフでなければ男は生きていけない。優しくなければ生きている資格はない」
「さよならを言うことは、わずかの間死ぬことだ」
等はマーローのカッコいいセリフです。

ハドリー・チェイスの作品を殆ど読みきった後に熱中したハードボイルド作家はロス・マクドナルド。これも私立探偵「リウ・アーチャー」のシリーズです。え?どこか聞いたことがある?はい^^息子の日本名はこの「リウ」を実は絡めてありますです(笑) ポルトガル名は夫が、日本名はわたしが選び互いの選択に同意して決めたというわけです。    

が、息子の名の由来が、我が青春のヒーローの私立探偵たちの一人であるリウ・アーチャーからくることを、夫は知りませなんだ(笑)

今日は妹夫婦との話題からこんなことを思い出していたのでした。

本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
2018年4月13日 本「夜間中学校の青春」

今週は忙しかった!8月の雑誌原稿の締め切りが5月なのですが、ポルトに帰ってくる時期とその締め切り日がほぼ重なり、とてもじゃないが時差ボケで書けそうもござんせん。そこで、一ヶ月繰り上げて送ろうというので、やっと本日仕上げて雑誌社に写真ともども送ったところです。

図書館での明日の日本語クラスには一ヶ月休暇中の宿題を用意し、今日の午後はせっせと旅行トランクに放り込んである物を、本当に必要か否か再確認しました。見ると三分の2はお土産なり(笑)

さて、毎回帰国の時には機内や乗り継ぎの待ち時間をやり過ごすのに本をもって行きます。それで書棚から今回選んだのが新渡戸稲造の「武士道」と「夜間中学校の青春」です。二冊目の「夜間中学校の青春」は読むのが二度目になりますが、とても考えさせられた本です。以前にも紹介しましたが、もう一度書かせてください。

夜間中学の青春

夜間中学校で42年間教えた見城慶和さんという先生が写真家の小林チヒロさんという方と2002年に出した、夜間中学で学ぶ人たちの写真がふんだんに盛り込まれています。

初めはそれと知らずに手に取った本ですが、表紙の写真にあるように、映画監督の山田洋次氏もこの本を推薦しており、山田氏はこの夜間中学の見城先生をモデルに映画「学校」「学校Ⅱ」を作っています。映画も2本ともわたしは見ています。

本のエピローグで目に入った、夜間中学生の卒業作文の一行に、わたしは思わず胸が熱くなってしまいました。

「学校をそつぎょうしたら、私はまた、ひとりぼっちで、夜ふとんの中で泣いて暮らしていくのです。」

この一行の文に、これを書いた生徒の学校に対する思いが溢れているようで、わたしは胸も眼も熱くなってしまったのでした。

夜間学生と言うと、わたしのこれまでの人生では、拙ブログ左のカテゴリ欄に「思い出のオルゴール」という、昭和時代のわたしの思い出を綴ったエッセイがあるのですが、その中のエピソード「津国ビル純情1」に登場してくる夜間高校生の一宮君と、「1964夏・江東区の夕日」エピソードで少し語られる新聞専売店住み込みの夜間大学生たちが思い出されます。

進学率も高くなり、少子化で大学全員入学も言われる現在ですが、わたしの時代はようやく団塊世代の進学率が上がってきたとは言うものの、高校や大学へ行けなかった人も結構いた頃で、わたしも経済的理由で大学進学を諦めた一人でした(上述、「1964夏・江東区の夕日」で書いてます)。

それでも、全日制高校に三年間なんとか通うことができたのには、学校にも親にも感謝しています。そういうわたしの思いも重なって、この夜間中学生の写真記録の本にはいたく惹かれました。

この本の読後も、映画「学校」鑑賞後にも思ったことですが、いったい「学校」とは何なのか、わたしたちが学校で学ぶことは何なのか、それらはわたしたちの人生にどう反映していくのか。わたしは、近年やっと自分なりにその答えが少し見えたと思います。

国語も算数も数学も歴史もサイエンスも全ては得点教科ではなく、また単なる学力養成が目的になるのではなく、人生の荒波に航海した時、わたしたちが自分自身の思考力で乗り越えて生きて行くための礎になるもののはずです。

学力とは点数でなく、生きる学力なのだと気付いたのです。そういう教育には時間と手間がかかり、○×式の教育では養えないように思います。

教育も親子関係も友人関係も希薄になったように思われる現代社会に住むわたしたちに、人間原点の礎になる学校教育、家庭教育のあり方をもう一度よく考えてみる必要があるとこの本は訴えてきます。

わたしの好きな星野富弘さんの詩の中に、「きく」の絵とともにこういうのがあります。

喜びが集まったよりも
悲しみが集まった方が 
しあわせに近いような気がする

強いものが集まったよりも 
弱いものが集まった方が 
真実に近いような気がする

幸せが集まったよりも
不幸せが集まった方が
愛に近いような気がする

この詩は、映画「学校」(もう一度見てみたw)と「夜間中学校の青春」に、とてもよく似てるなぁ、と思ったのでした。

世の中が便利になったというのに、文明の利器に振り回されて、物事をよく考える時間ができたどころか、却って前にも増して多忙な現代生活を送るような結果になっているわたしたちは、かけがえのない、たった一度の人生の時間の大切さを忘れているのだな、と自分自身反省している今日この頃です。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
2018年4月3日 

夕日が沈むのを見るたびに、わたしはなぜだか心に大きな平和を感じます。生きていることの幸せ、k今日も生きたみたいなものでしょうか。

宇宙からすると、塵芥にも満たない小さな小さな、それでいて、今この時を自由に生きているその自分の姿が夕日に反射してチラリと見えるような錯覚に陥るのです。

子供のころから夕日や星空には抗い難い魅力を感じて今に至るのですが、みなさまはいかに?
 
人はわずか7、80年の人生の時間を切り売りして、より豊かな生活を求めようとするのですが、ポルトガルにいると、万人に与えられている自然の織り成す豊かさを忙しさの中で見失っていることが多いように思われます。

食べるためには仕方のないことなのですが、わたしの場合、朝から晩まで継続的に時間が拘束される仕事をしているわけではなく、合間合間に食材買い出しに出かけたり、授業の準備をしたり、趣味の調べ物をしたりも少しできるに拘わらず、近頃の自分の毎日はセワシイ気がするのです。

あと少しもう少し、とある目標に達するまでだと気張っているわけですが、達成後は人様に喜んでもらえるような活動をささやかながらして行きたいと望んでいます。

何の目標かと?うふふのふ。それは達成してからのお楽しみでございます。その暁には拙ブログにて密かに書くつもりです。

さて、そんな状態ですから月曜日から土曜日までずっと続けて日本語を教えていると、仮眠をとっても、なんだか疲れが残っているような無気力感に襲われることがあります。そんな時には、生徒さんには申し訳ないけれど思い切って日本語レッスンをキャンセルし、仕事を頭から追い払って、ベッドにゴロリ横になります。

本棚には、いつか時間ができた日に、ネットで検索しながら読みたいと思って買ってある謎解きの本が数冊あるのですが、その一冊が下のハードカバー「ケルズの書」です。

Kellsbook-1.jpg

オリジナルは8世紀に描かれた聖書の手写本だといわれますが、いわゆる聖書や仏典のように文字の羅列は見られず全ページが豪華なケルト文様の絵図で描かれています。

ベットに潜り込んで読むとはなしにページをめくる。こういう時間はわたしにとって至福のひと時であり、頭をリフレッシュできる必要な時間でもあります。

外は雨、自堕落で豊かなとも言える午後でありました。
よしっと。明日からまたがんばるわよ。

では、みなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
2018年3月8日 

夫が帰宅しており、晩ご飯を作っている最中に電話がなった、とある夜、応答した夫が電話を切る前に「Ate ja!(アテ・ジャ)」(すぐ後会うときにつかう挨拶言葉)と言ったもので、「誰か来るの?」と聞くと、「何だか知らんが兄貴が今来るらしい。」

へぇ、珍しい。用件も言わないでこんな晩飯時にくるとは、と思った矢先にビーッとコンドミニアムの玄関ベルが鳴った。

義兄が入るなり、「おい、yuko、君がこの間言っていたポルトガル最初のテンプル騎士団のグランドマスター(総長)がグァルディン・パイス(GualdimPais)だと言うのには異説があるぞ!」と言うではないですか(爆)

「ほれ、ここに色々書いてある。あげるから読みたまえ」と、手渡されたのが下の本。「ポルトガルのテンプル騎士団」とある。

templarop1.jpg

よ、読みたまえって、義兄ちゃん・・・これ、ポルトガル語じゃんか~。つい、この間、貸してくれた物凄く分厚い本だって、全部ポルトガル語だよん^^;義兄ちゃん、わたしがポルトガル語をすらすら読めると勘違いしてるんだわ^^;

regaleira2-1.jpg

↑これが以前に貸してもらった本。シントラ旅行でわたしたちが訪れてきたQuita da Regaliera(レガレイラ荘園)の暴露本(笑)と言いましょうか、つまりシンボルの謎解き本、虎の巻とも言えるもの。わざわざ斜めに写真を撮ったのは、その暑さを見てもらうため(爆)400ページ近くある本です。

貸してくれた時に、この本もあげると言われたものの、書籍が高いポルトガル、誕生日でもクリスマスでもないのに簡単に「は~い、いただいときます」なんて、受け取れません。

それで、ぱらぱらめくってみた結果、「これはわたしの謎追いに使えそうだ」と判断し、この本は義兄ちゃんに返して、同じ本を夫に探し出して買ったのでした。案の定、プライス30ユーロほど(5000円)。
中身は、残念ながら全部ポルトガル語です。当たり前のこと^^;読破するのに、どんだけの時間を要するだろか・・・考えないでおこっとw

テンプル騎士団のミステリーもキンタ・ダ・レガレイラの妖艶摩訶不思議さもわたしの歴史の謎解きに大いに関係ありと推察しハマッているのですが、一般的に知られるフランスのテンプル騎士団話と違い、ポルトガルにいたテンプル騎士団の情報は、ポルトガル語でしか入手できず、その情報をゲットしたいがために、○ソ!と思いながら必死にポルトガル語を読み拾っているわたしです。

夫はこんなわたしの興味に、一応付き合ってくれ、話を聞いてくれたり、それに関係する土地に同行してくれたりはするのだが、読もうともまではしない。が、義兄ちゃんはちょっと面白い。

先日も、自分が図書館で見つけたテンプル騎士団の話を、コピーして届けてくれたりと、わたしの話がきっかけで調べたりしているのではあるが、ひょっとして、わたしよりはまってたりして(爆)

ポルトガルのテンプル騎士団のグランド・マスターですが、記録者によってGuardim Pais を最初とするのと、彼以前のグランドマスターの名前が先に上がっているものとがあります。

義兄と、かの本をパラパラめくっては、ああでもないこうでもないと下手くそなポルトガル語で(もちろん、わたしがですってばw。時々、専門用語は分からなくてイラつくのであります^^;)晩御飯の用意も夫もそっちのけで、話していたら、あっという間に10時(爆)

「こんな本を読んで研究してると、頭がおかしくなるぞ。」などと言いながら、すぐさまこの本をわたしのところまで持ってきたことを考えると、義兄ちゃんよ、お主もはまっておるな(笑)

してみれば、亡くなった夫の叔父、彼も医者であったのですが、家の書斎にはたくさんの英語の超常現象やUFOの本があったのでした。わたしが時々夫に、「この本にこういう面白いことが書いてあった」
と、エーリッヒ・デニケン(スイスの古代宇宙飛行士説をとる作家)読後知ったことを披露すると「Mおじさんが同じようなことを言っていたね」とよく返事が来たものでした。

もう少しわたしが言葉を自由に操ることができたなら、きっと楽しい情報交換、意見交換ができたであろうと、今となっては悔やまれます。

しかし、こと、テンプル騎士団に関しては、もともとメーソン、つまりテンプル建築の石工たちの隠れたメッセージに興味を持ったことから始まったのですが、ここにきて、もうひとり、頼もしい義兄という助っ人ができたようです。この叔父にして、この義兄にして、そして、わたし、昔から言います、「類は友を呼ぶ」(爆)
これがもう一昔くらいも前のことで、情けないながらいまだこれらの本の勉強は手がつけられていないのです。仕事で時間が云々と言う以前に、ポルトガル語の理解がおぼつかないのであるよ、君^^;
そうして始めたディアス先生とのポルトガル語も早や幾年。8才年上の先生とは時にお互いの老後の話や社会問題に及んだりするのですが、辛抱強くできそこないの年配生徒に付き合っていただけるのはラッキーというものでしょう。

それが、現在勉強しているポルトの通りの歴史本、残すところ7章です。一週間に1章をすすめますから、7週間、2ヶ月ほどで修了することになり、いよいよ目的の本に突入できます。この日を夢見て、ポルトガル語学習に取り組み、己を叱咤激励するがために、時にこの話題を拙ブログで取り上げてきたのでした。

テンプル騎士団、キンタ・ダ・レガレイラ、どっちからはじめようかなぁ、と迷うのを楽しんでいるのであります。

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村