FC2ブログ
2019年12月10日
 
日本から帰って以来一か月ほど、老猫の本格的な介護をしていました。

これまでに飼ってきた猫を何匹か見送りましたが、今回の猫、クルルにするような本格的な介護は初めてでした。夫の話によると、粗相が始まったのはわたしが返ってくる2週間ほど前だとのこと。わたしの4週間の帰国は猫にしてみれば約1年間の時間に例えられるとあります。

しばらく前から、ひたすら食べ物をねだり、食べても食べてもガツガツ食べるクルルは、ひょっとして自分が食べたのを忘れるというような痴ほう症かな?とも思っていたので、4週間家を空けるのは痴呆が進む危険があるかもしれないとは思っていたのですが。
夫はきちんと面倒をみてくれたとしても、午後は仕事があるので、いったん家を出ると夕方6、7時ころまで帰りません。

わたしの日本語を教える仕事は家が教室になっているもので、家にいる時間が多く、猫たちにとっては飼い主様はわたしということになります。

食べても太るということはなく、食べる量に反比例するようにひたすら痩せていきました。視力もかなり弱くなったようです。
2019kururu1.jpg

寒いからなのか、わたしがシャワーの後、ヘアドライヤーを使い始めると決まってそばにやって来るので、髪を乾かしながらドライヤーでクルル猫の体もついでに温めるたね、ドライヤーを向けていました。

わたしが家にいるとは言え、ずっと猫について回るわけには行かないので、粗相はどうしても避けられません。そこで、大きなケージを買ってきて、わたしが目が届かない間はその中に入ってもらうことにしました。
kururu3-1.jpg

寒がりやなので左横に小さめのストーブを置いています。面白いことにオシッコはちゃんとトイレの中にするのに、もうひとつがダメなのです。それで、ケージにはクッションの上に介護用の使い捨て防水シーツを敷きました。

これを汚した場合は、取り換えると同時に、猫の手足、しっぽをお湯で洗います。これを朝一番、5時ころに起きてし、日に何度も繰り返すのですが、夫も家にいるときは協力してくれました。

シーツは使い捨てですからいいものの、クッション代わりの毛布の選択を何度したことか、雨の日が多かったので本当に困りました。
2019kururu2-1.jpg
寒いので、昔息子が生まれたての赤ん坊の時に着た手編みのセーターを着せてあげていました。

すこしづつ衰弱し、昨日、「クルちゃん、もうがんばらなくていいんだよ」と体を撫でて声をかけた後、わたしが日本語授業をしている間に、静かに逝きました。

前の借家時代から飼っていたただ一匹の二代目猫、18、9歳でした。人間の年齢でというと90歳前後だそうで、長生きです。
クルルの介護を経験したことで、もう次は慌てずイライラせずに対処できるエキスパートになったかと思います。夫曰く、孫の世話の練習だと思って(笑)
本日、火葬に送り出しました。

可愛かった時のクルルの写真を載せて、みなさま、ではまた。
kururu2.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年11月4日

「カワイコちゃん」は、妹の家によく顔をだし、エサを食べて行くノラ猫の名前である。白いメス猫でかわいらしいので、「カワイコちゃん」とここでは呼ばれている。

我が家族同様、妹家族もネコ好きだ。数年前まで、20年間共に暮らしてきた二ひきの猫を見送って以来家猫はいないのだが、1年ほど前から来ている。

子猫を産んでは大変であろうと、避妊手術をしてあげるために捕まえて獣医に連れて行こうとなった。それが先週木曜日のこと。

妹夫婦に慣れているのでなんなく籠に入り、無事獣医に連れて行き、丸一日入院してもらうことになったのだが、妹の話によると、週末はあまり顔を見せないノラちゃんらしい。 

kawaikochan1.jpg

ふと、わたしは思った。
ひょっとして飼い主がおり、ウィークデイは勤めがあるゆえ猫を外に出して、勤めがない週末は飼い主、猫共に家で過ごしているのではないか?

妹たちがカワイコちゃんを捕まえて獣医に連れて行った朝は、わたしは20年ぶりに出会う、ポルトで知り合った知人との約束があり池袋まで出かけたのだが、気になっていたのである。

帰宅するなり、妹にどんな具合かと聞くと、いわく、「それがねぇ、獣医から電話がかかってきて、カワイコちゃん、既に手術がしてあったんだって」
や、やっぱり!

普通ノラネコに避妊手術をした後は、それがわかるようにと片耳の少し切目を入れるのだが、避妊手術を確認するために少し切開したので、一晩入院し予防接種も受けさせた妹たちであるが、外の自由を味わった成猫を家猫にするのには、難しさがある。

案の定、用意した大きなケージに入れると出してくれと言わんばかりによく鳴くもので、結局再び外へ放した。

一体どこへ行くのかと妹がカワイコちゃんの後をつけると、どうやらこの辺りが縄張りらしく、近所の家の後ろで用意されてある水をのみ、別の家では車庫の前でゴロンゴロンと地面に背中をこすりつけ、実に悠々と歩くのだそうな。

小春日和もある今の時期はいいのだが、氷雨が降ったり、日に日に寒くなるこれから先は、ノラ猫には厳しい季節に入る。その時は、再び妹たちがケージを組み立て、家に招き入れてくれることを切に望んでいるのである。

我が家の4匹猫は、夫が面倒をみてくれているが、外猫4匹については、うちに掃除に来るおばさんに4週間のわたしの留守中、毎晩エサ運びをしてくれるよう頼んできた。もちろん、4週間分のエサそのものをわたしが前もって飼い揃え、バイト代を払ってのことである。

どこにいても猫好きの人には猫が寄ってくるものだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年10月13日 
                               
日本語の生徒には若い人もいれば年配の人もいます。

ある日のこと、生徒さん、年配の女性なのですが、どうも元気がない。授業が終わった後、少し水を向けると、16歳になる愛猫のシャムネコが最近ものすごく食べる。後から後から食べる。粗相もあちこちにする、とのこと。

これを聞いて、アッと思いました。16歳は人間で言うと80歳で高齢です。そして、死んだ我が家のたんぽぽちゃんと同じ症状です。たんぽぽちゃんは、不治の病がありましたが、それに加えて、高齢のため、ボケが始まってたのです。

動物も人間と同じだな、と思いました。亡くなった我が母はさほどひどい痴呆ではありませんでしたが、それでも、時々自分がアイス・クリームを既に食べてしまったのを忘れて、続けて二つ目を食べていたことが何度かありました。「あら!」と言うと「まだ食べていない」と頑張ったものです^^;

ポルトの同僚、男性ですが、長い間飼っていた愛犬の介護をした人がいます。大きな犬でしたので、身動きできなくなった最後のころには、抱き上げるのも重くて大変だった、紙おむつをして世話をしたとのこと。

彼の場合は、仕事で外に出るということはなかったので、できたと思います。わたしもまた、仕事は家ですから、ネコちゃんの病気の介護、粗相の後始末が一年近くもできたのです。

動物を家族のメンバーに迎えるとき、最後まで面倒見ようと思いはしたものの、介護することになるかも知れない、とまでは考えませんでした。

昔は、ネコは自分の最後が近づいた時、飼い主の前からこっそり姿を消す、と聞きました。庭があり、家と外を自由に出入りできる猫たちの話なのでしょうか、アパートなどで閉じこもった生活を強いられる猫たちは、したくてもできませんものね。そして、外猫は短命、家猫は長寿なのです。

ポルトで初めて飼ったネコにルルと言うのがいまして。息子が5歳くらいの頃で、当時は夫の家族と同居していました。庭がありませんでしたから、野良で生まれたノラ猫ルルはわたし達に引き取られ、外の世界を知らずに育ったのですが、庭のある家に引っ越したときも、決して庭には出ずとうとう最後まで家の中でした。

その最後の時は、自分の身をどこかに隠そうと、動けなくなった体をひきづっては、何度も何度も洗面所の片隅に身を置こうとしたものです。

件の生徒さんは仕事があり、日中愛猫は一人家に残るわけです。こうなってくると、人間もネコもたいへんだな、治療して治る分にはいいのですが、そうでない場合はどのようにして、ペットと向き合うか、ちゃんとした解決方法は二選択一。大変なのを承知の上で最後まで介護するか、辛い気持ちを噛んでクリニックに連れて行って置いてくる。

人間社会のみならずペット社会にも、このような問題が持ち込まれるようになるとは、昔は考えも及ばなかったことでしょう。

今我が家には4匹いますが、15才16才17才、一番若いのが13才です。2年前まではこれにゴンタ君が加わって5匹いました。4匹のねこたちをしっかり治めていたのはゴンタでした。長老とは言え、今のフラットに引っ越すまえの庭付きの借家にいたときからの猫で、当時はよく外を出歩いていたものです。

gonta5.jpg

ありし日のゴンタ、そしてペト

フラットに引っ越してからは、土日のみ朝の1時間ほどを外で探索しては必ず帰って来て、下のフラットの壁の上で、帰ったよ、とわたしたちを呼ぶのでした。それで、二階のフラットから下まで降りて、メインドアを開けて入れてあげるのです。

そんなんでしたから、経験も豊かで賢くリーダーシップがありました。仲間同士が家の中で取っ組むほどの喧嘩をすると、一目散に走って行き仲裁をしたものです。最後の最後まで、ほとんどわたしたちに手をかけずに老衰で静かに息をひきとりましたが、猫とはいえ、立派な最後でした。

いつの日にか、一匹、また一匹と介護をする日が来ることを考えると、覚悟はしておかないといけないな、とつくづく思います。

夫やわたしが猫たちの後に逝く、って想定ですけどね(笑) ねこたちをみな見送るまでは三途の川を渡れません。

下記では、ゴンタねこのことを書いています。よろしかったらどぞ。

 「満月と猫とゴンタねこ
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年10月1日

ひいきの3匹の野良ネコちゃんがいなくなって、しょげていた前回のブログ、ちょっと切ない内容になってしまいました。
え~い!と元気印で行かなくちゃ。そこで、今日は同じくネコにまつわる、でもちょっと可笑しなお話をば。

補習校を退いて、めっきり日本人と顔を会わせることがなくなったころのことです。日本語そのものを話す機会を失ってしまったもので、当時は独身だった子供たちと日本語での会話のやりとりは、「母国語が話せないストレス」からわたしを解放してくれるのでありました。

夫の気の会う仕事仲間との会食でも、「近頃は日本語を話す相手はもっぱら日本語教室のポルトガルの生徒よ」と冗談のような本当の話をしては、「お!いよいよYukoもポルトガル人の域に入ってきたのだね」と褒められたり(?)

が、三つ子の魂百までと言う、いくら日本で暮らした年数よりポ国での年数が上まったとは言え、母国語で思いのたけを語るようにポルトガル語で語れるわけはございません。日本人気質も変わるものではない。

そんなわけで、子供たちにしてみたら親とのスカイプチャットも小うるさかったかも知れませんが、母親にとっては、彼らの様子もわかり、母国語も話せる一石二鳥の役割をしてくれていました。

さて、そんなある日曜日、モイケル娘とのチャット。

モイケル:あ、そういえば「歌舞伎」の写真、ブログに乗っけたどーw
(註:「歌舞伎」とはモイケル娘の近辺のノラ猫。後半に写真あり)

spacesis: おお、見てみよう。わたしも「歌舞伎」の記事をブログに書こうと思ってるのだ
モイケル: あはは

spacesis:ところで、JRはどうしてるの?(JR:我が息子でモイケルの兄)
モイケル:今日なんかダンボールの中、仰向けになって寝てた

spacesis: ダ、ダンボールの中?
モイケル:昨日仕事が終わってからパーティがあって帰って来てない
      (兄妹二人で住んでいた)

spacesis: ダンボールでって、どしたん、それ!
モイケル:今日は外があったかかったんだよw
モイケル:で、気持ちよさそう~に寝てた

spacesis: おいおい、ホームレスじゃないか、それ。「歌舞伎」と同じw
      なんちゅうことを^^;

モイケル: ・・・・・・おっかさん、ちょと待てぃ!(話のズレに気付いて)
           「歌舞伎」の話だよw
モイケル& spacesis: ・・・・(二人しばらく沈黙後) ぎゃはははは!

spacesis: JRがダンボールの中で寝てたんかと(爆笑)
モイケル:さすがに兄貴もそこまではやらんわw

spacesis: がはははは。おかしぃ~。おナカがよじれる~
      (↑笑いすぎて)
spacesis:ああ、平和な日曜日の朝だ

チャットのちょっとした行き違い、ボタンを掛け違えたようなやりとりで、我ら慌て者親子の他愛ない会話ではありますが、こういう何ということもないように見える笑いの一瞬が心にポッと灯をともしてくれます。
そんな一瞬が生活には必要です。

昔から言います、「笑う角には福きたる」そういうことがしみじみ感じられるこの頃です。

さて、その「歌舞伎君」ですが、登場願いました。

Kabuki3.jpg

真っ白ネコなのになぜか顔の模様が歌舞伎キャラ。そして、先ほど、息子が寝ていると勘違いしたダンボールでの歌舞伎ネコの寝姿がこれ↓

kabuki.jpg

ねこ共も気持ちよさそうにお昼ね。平和だねぇ。我が物顔でベランダを占領する「歌舞伎」。油断しきってるなおぬし。

何ゆえダンボール箱でうたたねをしているかと言うと、歌舞伎君、モイケルのベランダにやってきてはエサを待つ常連ノラちゃんなのです。これからは寒かろうとベランダに応急ハウスとして設置したのがこのダンボール箱(笑)

箱の中にはちゃんと小さなカーペットも敷いてます。写真の白いプツプツはというと、エサをもらうの常連だと言うのに、断固、人を近づけない歌舞伎君、ベランダのガラス戸越しに撮影したからに他ならず。

kabuki2.jpg

ご近所では快く思っていない隣人もいるかも知れないと思いつつ、放っておけないのは母の血です。右や左のみなさまがた、どうぞご勘弁を。

既に元ノラ養子一匹(元カレのネコだったのを結局養子にしたとのことw)と保健所から引き取った2匹の計3匹をすでに飼っていた娘、いくら家に入れてあげたくてもこれ以上は増やせません。飼ってあげることはできないけれど、その時できる最善のことをする、これで行くしかありません。

こんな風にすっかり「油断しきって」寝ている姿、可愛いではないですか。歌舞伎ネコちゃんは今どうしているだろうか。逞しく生きていておくれよ、野良ネコ戦士。

みなさま、本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
2019年9月30日  

我が家には4匹のネコがいる。
一番若いのが13才のゴロー、次が15才で紅一点のチビ、16、7才の黒猫ぺト、そして長老18才になるクルルで、ネコの13才は人間で言うと60代も終わり頃にあたり、18才ともなると人間の90歳くらいに相当するのだと言う。ゴローを除いてはみな高齢者です。

家ネコが突然野良猫にならざるを得ないときは厳しい環境の人生に放り込まれることになるので、全員を見送るまでうかつにこちらは死ねないなぁと思っています。

ところで、わたしはこの12、3年、近所にあるジョアキンおじさんの畑に住む猫たちと、おじさんの庭の猫たちに毎晩欠かさず餌運びをしてきたのですが、一時期20匹近くもいた野良ちゃんたちも数年前から赤ねこちゃんと黒猫2匹だけになってしまいました。

他にジョアキンおじさんの自宅外で食事時間にいつも待ちかまえているのが4、5匹、併せて常に5、6匹のエサを用意して持っていくのですが、この一ヶ月で3匹がいなってしまいました。

一匹はつい先だって、いつも通り食事の合図をすると、いつもは3匹がどこからか出てくるのに、トラネコの姿がありません。すると、通りかかったおじさんが、「そこに一匹死んでるよ」と言うではありませんか。

えっ!とその指差す方に目を向けると、側のpasseio(歩道)の端っこにトラネコが横たわっています。
近寄り、体に触ってみるとまだ体温が感じられましたが、可哀相に事切れていました。車にはねられたのか、毒を盛られたのかは分かりません。このネコちゃんです。

gatosoto1_1.jpg

まだ若いネコで小柄、エサをあげて3年目にしてやっと背中に触らせてくれるようになった矢先でした。亡骸は箱に入れて、翌日、時々世話になる獣医さんまでもって行き40ユーロ(5000円程)で火葬にしてもらいました。可哀相でした。

もう一匹はこの赤猫ちゃん。これも触られてもらうのに4、5年はかかりました。人間を信用しない目つきをしており、こやつだけが、いつもの時間に遅れて行ったりすると、「シャーシャッ!」とまるで、「遅いじゃないか、今日の飯!」とでも言うかのように、威嚇しながらもすりよってきました。

neko2.jpg

それでも毎晩エサを待っていました。5年くらいもすると、表情が下のように和らぎいできました。

fofinho1.jpg

姿を消す前日は、エサを食べないで、「あれ?お前、どうしたんだい?と思ったほど」何度もわたしの足元に体を摺り寄せてきました。一月ほど前のことです。

今、思ってみると、自分の死期を悟って、あれはわたしに別れを言っていたのかなと思ったりしています。

下はジョアキンおじさんの畑に住んでいた赤ネコちゃん。

joaquingato6.jpg

畑にただ一匹残った成猫ですが、今までになかった行動に出ました。朝晩えさを運んだですが、ご飯より撫でて欲しいみたいで、やたら甘えてくるようになり、人懐こく、とても性格のいいネコちゃんでした。

10日ほど前から呼んでも姿を現さず。12、3年は面倒を見てきましたから、老猫でした。

この赤猫ちゃんについては、夫の反対さえなければ、わたしはとっくに家に連れ帰っているのです。もう4匹いることだし、言い出しにくいのではありましたが、夫に一度打診してみたことがあります。

「ねね、ジョアキンおじさんとこの畑の猫、一匹だけになったし、あの赤ネコちゃん、うちへ連れて来るのはどう?5匹も6匹も同じじゃなぁい?」(当時は家猫5匹がいた)

夫の即答、「同じじゃない!ゴンタの介護だってありうるぞ。(老齢で全盲になった猫) 目下、我が家に空席はない!」ですって。
このネコちゃんも姿が見えなくなる前夜は、やたら、甘えてきました。

昨夜、おじさんの庭のネコ2匹と畑の側にもう一匹いる黒猫にエサを持っていくと、近所のおばあさんが、「あんた、よく毎晩頑張るね。」と話しかけてきたもので、少し立ち話をしました。あばあさんも家に6匹ネコを飼っているのだと言います。「だから、もう家に連れていけないのよね。可哀相だけど」

赤ネコちゃんの姿がこのところずっと見えないとわたしが言うと、おばあさん、「そのネコはこの間、その辺で死んでいたのよ。もう歳だったからねぇ」 あぁ、やっぱり、と予想はしていたものの哀しい気持ちに変わりはありません。

補習校の講師時代、補習校の子供たちに読書を勧めるにに、なんでもいいから読めというのはわたしは嫌いで、この本、読んでみない?と入っていきます。そのためには、自分が読んでいなければならないわけで、当時は片っ端から児童書を読んでいました。

図書室で手にした本に、「荒野にネコは生きぬいて(原題Abandomed:G.D.Griffith作)」という児童書がありました。

kouyaninekowa.jpg
Wikipediaより

ある日、突然、飼い主に捨てられた子ネコは、少しずつ自分が捨てられたということを理解していきます。冷たい人間の仕打ちにも会い、厳しい荒野で生きる術を学びながら成長し、老い、死ぬまでのネコの一生を描いた物語ですが、読み勧めながらわたしは涙を抑えることができず、我が子たちに隠れて泣いた本です。

野良ネコ、野良犬の一生も人の一生に似るように思えます。逞しく生きているとはいえ、人のぬくもりが恋しくないはずはありません。いなくなった3匹のことを考えながら、昔読んだ本を思い出していたのでした。

くだんの本の主人公ネコは最後まで名前がないのですが、我が外ネコのどのネコも同じく名前をもたず、生涯を路上で生き抜いた小さな戦士たちでありました。

本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ