2007年1月31日

ショック~~~@@
二日も続けて、黒こげ鍋を二つ作ってしまった^^;

café com leite(=カフェ・コン・レイテ=フランス語のカフェオ
レ)と、もう一つは小豆です^^;
小豆は久しぶりに手に入ったもので、粒アンを作ろうと・・・
カフェオレがすっかりなくなって、ミルク鍋の上にうっすらとかか
った幕のようなものは、まさにチーズ(笑)
それにしても家中にこもってしまった匂いのひどいこと^^;
換気扇を働かしても効果はなし。
小豆ももちろん見事なくらい真っ黒け・・・
もう笑うっきゃぁない(笑)

なぜこうなったかと言いますと、ポルトのドウロ川、リベイラにあ
ったと言われる18世紀と19世紀の橋二つ、これを二日間、ずっと
調べておりました。
現在架かっているドン・ルイス一世橋以前のものです。
あっちへ行きこっちへ行きネット検索に没頭していたのですが、最
後にハタと思いついた我が家にある古い複製図、ひっぱりだしてみ
ると、なんとまぁ、これが、あったのです!

帰宅して強烈な匂いに鼻をヒクヒクさせている夫を捕まえて、古い
複製図を持ち出し、「ねね、見て。これ、Ponte barcas とPonte
Pênsilじゃない?(ponte=橋)」(笑)
夜遅くまで、調べた甲斐があったというもの。
こういうのは本当に嬉しいものです^^

なんでまた橋を検索なのか?
はい、先日、「ポルトガル・ロマン」サイトで取り上げた「ポルト
の七つの橋の物語」の材料なのです^^
こうして色々なことを調べてみると、たった一つの知りたいことか
ら、まるで枝葉のように延びてつながっている多くの事柄に出会い、
更に知識欲に駆られるのは不思議です。
近いうちに、黒こげ鍋ふたつの成果を更新としてあげまする(笑)

さて、EC加入後、ポルトガルのマーケットではかつてより多くの種
類の果物や野菜が入荷するようになりました。
果物ではりんごのFuji(ふじ)、nashi(洋ナシではなく、まさに日
本の梨です)、野菜となると日本で言う東京ねぎしかなかったのが、
近頃では小ねぎ、しめじ、しいたけなども見かけるようになりました。

しかし、冬の鍋料理に欠かせない薬味となる大根とか、ごぼう、れ
んこんは今だにお目にかかったことがない。
カブはnabiça(=ナビッサ・小かぶら)と呼ばれる大根の葉もどき
は売られているのに、これはまたいかに?

長い間何年もマドリッドから出張販売で来る日本食材店トーキョー
屋さんのしんなりしてしてしまったような新鮮味のない大根で我慢
してきたのですが、職場の同僚が農作業に精出し始め、ここ数年の
冬場は毎週のようにいただけるこの大根!ごらんあれ^^
大根
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月28日
ドン・ルイス一世橋
★ポルトにかかる橋のひとつ、最も人気のあるドン・ルイス一世橋

ポルトガルの昨今の話題をひとつ。

カトリック教徒が多いポルトガルでは、離婚法が成立して認められ
るようになってから、まだ30年ほどしか経っていない。(と、わ
たしは記憶している)
もちろん、離婚法がなかったからと言って、それでは誰も別れるこ
とはなかったと言うと、こればかりは、例え宗教が禁じてもなる時
にはなるものだ。書類上の離籍はできないが、別居しているケース
は多くあったのである。

ポルトガルでは、生まれて数ヶ月内にまず洗礼を受け、その後9歳
から11歳頃に、もう一度教会でのcomunhão(コムニャォン=聖体
拝領式)で、正式にカトリック教徒になる。
結婚は、教会で挙げるとなると洗礼を受けずしてはできないので、
この時に洗礼を受ける人もいる。
もちろん外国人(つまり、日本人など)も中にいる。
一度神前で誓った約束を破るとなると、二度目は教会での挙式はで
きないと聞く。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月24日
グラフィックメトロ
★ポルトのグラフィックメトロ
国税局査察官のことを通称マルサというのだそうだ。
故伊丹十三監督脚本で、このマルサに勤務する女性査察官と脱税者
の闘いを映画にし、1988年に日本アカデミー賞を獲得した
という。国税局なんて文字を目にすると、一瞬、な、なに?と思わ
れたりするでしょうが、わたしたち夫婦は脱税できるほどの実入り
があるわけでもない^^;

さて、つい先だって、ポルトのメトロ局からわたしあてに手紙が届
いた。「あ!」と心当たりのあるわたしは、「き、来ちゃったの?」
とやばい心地。
昨年8月の休暇中に実は「ただ乗り」の罰則をくらったのである。
ただ乗りといったって、そこはそれ、わたしのことです、うっかり
ミスでそうなったのである。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月22日

夕べはちょいと驚いた(笑)
台所で遅い夕食の後片付けをしていたら、サーッと後ろを何かが走
っていった気配。するとすぐ後から、夫がフェルトのスリッパを
片手に意気込んで来た。

「フラカォンはどこ?!」(フラカォン=furacaõ=台風の意味=今
では我が家のチビ猫、ゴロー君の呼び名に定着w)
「し、知らないけど、どうしたの?」←後ろをサーッと通っていった
                      のはフラカォンだったw
                      しかし、知らぬ顔存ぜぬ顔。
                      悪い妻だw

「どうもこうもない!頭にきてる」←おほほほほ。お珍し^^
「あぁた、猫も犬と同じように、コントロールできると思ってるで
しょ?you can not control them(笑)」
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月21日

近頃はあまり見かけなくなった交差点の物乞いの人たち。
かつてはいたる交差点に必ずと言っていいほどおり、殆どがジプシ
ーたちでした。
それが、数年前には東欧から流れ込んで来た人たちが占め、今は、
それぞれみな、なんとか仕事にありついたのか、それともポルトは
実入りがないと諦めて、別の土地へと流れて行ったのか。

昨日は出勤前に久しぶりに、わたしのくだんの「ひいきのジプシー」
を見かけました。車の窓を開けてコインを差し出し、赤信号で停車
するつかの間の会話。

    ジプシー「ちっちゃかった娘はどうしてるの?」
    わたし  「今、日本で勉強してるわよ。」
    ジプシー「へぇ。休みには帰って来るの?」
    わたし 「去年の夏に2年ぶりで帰ってきたの。」 
    ジプシー「日本は好きだって?ポルトガルよりいいって?」
    わたし 「そうね。多分^^」 
    ジプシー「娘に、教会の交差点のところによくいたジプシー
         からよろしくって言っといてよ。」


そう、前にもエッセイで書きましたが、ひいきのジプシーがいる
日本人なんてザラにいるものではありません。
が、ジプシーから「よろしく」なんて伝言をもらう「娘」もいない
だろうなぁ、きっと(笑)
今日はメッセンジャーで話したモイケル娘に、その伝言を渡しま
した。

「ひいきのジプシー」エッセイはこちら

★ランキングクリックお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月20日
ポルト・路地裏
★ポルト・リベイラへ下る道の路地裏

日本では今年の大学入試センター試験が今日行われましたが、ポル
ト補習校では恒例の年に一度の漢字検定試験がありました。

午後1時半からの補習校会場には、小学2年生から全学年、この受
験を義務付けられている本校の12名に、今年は日本語を外国語と
して習っているポルト大学日本語コースから10名、それにわたし
の日本語教室からは、優等生であるルイス君と、あわせて23名。
これまでで一番多い受験生数になりました。

ポルトガルでは、ポルト補習校が唯一の、漢字検定試験協会から認
定されている準会場です。
年々生徒数が減っていく昨今、10名以下では準会場の設定ができ
ません。
日本語を学ぶポルトガル人が、日本人向けのこの漢字検定試験に参
加してくるのは、こちらに滞在して週に一度補習校で国語を学ぶ
日本の子供達にとっては、刺激になりいい影響を与えます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月18日

今朝のweb産経に歌手の井沢八郎さんが亡くなったとありました。

わたしは以前メインサイトのホームページ「思い出のオルゴール」
に、 「誰が歌って何という曲か知らないけれども、演歌の嫌いな
はずのわたしの心に、ズシリと残ったものがある、
 ~どこかに故郷のかおりをのせて 入る列車の懐かしさ~♪」

と書いたら、友人のゴッチが、「それは井沢八郎が歌う、ああ、
上野駅」だと教えてくれました。
この歌は今でもふっとわたしを泣かせる歌です。

記事によると、なんと!井沢八郎さん、弘前出身とあります、同郷
でした!
本名は工藤さんだそうで、そういえば弘前辺りには「工藤」と言う
苗字はよくあるのです。
女優の工藤夕貴さんはその娘さんだと初めて知りました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月17日
リベイラ・川が見える
★ポルト・リベイラへの道。坂道を下りきった向こうにドウロ川と
 向こう岸のガイアが見える。


インターネットが便利な手段としてだけでなく、反面、危険性を備
えたものであることを十分承知し、よきツールとして使いこなすた
めにはどのような方法があるのか、熟慮することは大切です。
           
特に自分の子どもが10代であれば、確かに学習面の検索に役立つこ
とも多いのですが、それでも子どもの生活にネットを導入すること
には、十分に注意を払うことが必要だと思います。

インターネットの日本語口語習得ツールとしての楽しい利用法には、
あるいは少しの「幸運」が加わることが、よい役割を果たしてくれ
るのかも知れません。

娘が参加し始めたチャットルーム「不夜城」は、その幸運をもたら
してくれたように今では思っています。
           
「モイケルの母親です。年齢がみなさんと随分違いますが、いいで
すか」と、会話のやり取りの面白いのについ釣られ、恐る恐るわた
しが参加をほのめかした時は「ええよええよ~」と迎え入れられ、
以来わたしたちは親子でキーボードを取り合い、画面に次々打ち出
される会話を読んでは、二人で腹抱えて笑い合ったものです。
                   
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月16日

ネット友の「ちゅうさん」が今年もアーティストのお仲間たちと、
銀座にあるギャラリーで展示会をなさいます。
ご案内いたしますので、お立ち寄りください。
ちゅうさん展示案内1

ちゅうさん展示案内2
地図をクリックすると拡大図がでます。

ちゅうさん、今回はどんな面白いアイディアで出展なさるか楽しみ
です^^
直接見に行くことができないのは、残念なり。

ご案内をもうひとつ。

こちらは、リスボンに住む息子の音楽サイトです。
自分が作曲したものを載せている、最近立ち上げたサイトです。
新しい分野の音楽を作っているのだそうで^^;

親のわたしが、なんとか聞けそうです(笑)
まだ充実していませんが、
音楽メニューは、画面右側「new era」「25」「knowledge from
poser」と現在3曲載っています。
ちょっと覗いてやるかとの奇特な方、どうぞこちらまで。

スリーパーriuのサイト:http://www.myspace.com/sleepahriu
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月16日
フニクラール
★ポルトのフニクラール、ケーブル。

3日間日記を空けてしまいましたが、下記web産経連載記事「溶けゆ
く日本人」に毎日あてられ、ショックで寝込んでいたわけではあり
ません(笑)
少々雑事に追われておりました。

記事については夫にはもちろん夕食時、近頃とみに忙しく疲れてい
そうなのもすっかり無視して、可哀相に、わたしはまくしたてたの
ですが、それでもひとり思っているだけでは済まず、土曜日の職場
でこの話を持ち出しました(笑)

同僚達はみな日本人です。
ああだこうだと、みなこれまでの帰国で見てきた、「え?」と思わ
された経験が出るわ出るわ。そして、I氏の一言、
「今の親は子どもより、自分が第一なんですよ」
これには、わたしたち、シーンとしてしまい妙に納得したのでた
・・・^^;
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月12日

先日から連続して目にしている新聞、雑誌記事にいささか憂鬱な気
持ちになっている。

一つは職場の同僚がいつも回してくれる文芸(古い漢字が変換でき
ない)春秋12月号の教育特集記事、「子どもを殺すのは教師か
親か」。 あまりぞっとしない見出しだ。
「小学校が暴力教室と化した、家畜化する子どもたち、ゆとり教育
で技術立国崩壊」。
特集の小見出しのどれもに、見出し同様、なになに?と思わず身を
乗り出しそうになる。
読むと日本の今社会の堕落、モラル欠落ぶりが論じられており、
いったいどこの国の話かと目を疑いたくなってしまった。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月10日(2)

今日は二つ目の日記です。

イタリアの映画プロデューサー、カルロ・ポンティが本日死去との
ニュースが流れました。

若い方達にはあまり馴染みでない名前かもしれませんが、亡くなった
母の影響もあって、映画の好きなわたしは、殊にカルロ・ポンティ
の映画には母への思いとともに懐かしさを感じてしまいます。

140本近くの製作を手がけたといわれるカルロ・ポンティですが、
女優ソフィア・ローレンの夫でもあります。
それらの映画の中で、わたしが観たものは、思いつくままザッと挙
げても次の通り。

「道」「鉄道員」「ひまわり」「ふたりの女」「旅路」「軽蔑」
「ドクトル・ジバゴ」
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月10日(1)

馳星周(はせ・しゅうせい)の「不夜城」(Sleepless Town)を
小説名として知ってはいたものの、この本を手にとって読んでみた
のは、当時モイケル娘と連れ立って通いつめていた(笑)MSNネット
チャットルーム「不夜城」がきっかけでした。

歓楽街、新宿歌舞伎町を舞台に、中国人暗黒社会で生き抜いて行く
在日日台人の劉健一(リュウ・ジェンイー)を主人公に、嘘と裏切
りの裏社会に身を置く人間たちを描いた物語です。
日本版ハードボイルド小説に入るかも知れません。

         不夜城

しかし、わたしが好きなハードボイルド作品の主人公であるフリッ
プ・マーローやリウ・アーチャーたちが振りまくような男のロマン
チシズムはこの本にはこれっぽちもなく、殺伐とした読後感だけが
残った、印象深い一冊ではありました。
おっといけない、話が本の方に行ってしまいそうです。     
         
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月9日

今、大学から帰ってきたと言うモイケル娘と、久しぶりにメッセン
ジャーで話していたら、「ただ今、飯食い中」と言いながら、リス
ボンの息子がネットに上がって来ました。

日本からの娘とは日本語文字で、リスボンの息子とはローマ字日本
語で、と言うので、変換に急がしいったらありません(笑)
すると、娘、「あ、パパだ!」
なんとまぁ、我が夫、この時間帯にはよく我ら母子がメッセンジャ
ーで話しているのを知っており、娘に用件があるのでしょう、職場
の自分の室から上がって参りました。
これでサントス家四人がネット上でドッキング(爆)
よく、やってますなぁ^^;人ごとではありませんて(笑)
夜帰宅した夫、「小一時間ほど話して、お陰で昼食をたべそこなっ
た」ですって(笑)

さて、1月6日土曜日に新年のGala、コンサートへ行って来ました。
         strauss-gala

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月8日
ポルト市庁舎夜景
★ライトアップされたポルト市庁舎

1月に入って以来、やっと落ち着き気分で今日は今朝からpcに貼り
ついて、ご挨拶めぐりでした。
書かなければならないメールも控え、まだ数日かかるでしょうか。
更新も日記を除いては、ここしばらく途絶えていましたが、しばら
く前から手がけていたポルトガル・ロマンの一記事アップできまし
た。まだご挨拶に行っていない方、もしおられましたら、平に平に
お許しを。

ポルトは数日雨が降ったり曇ったりの天気で、今日は少々冷え込
んでいます。

さて、今年のわたしの豊富は、まず一筋に貯める!
これですばい(笑)
夫からのクリスマスプレゼントで、日本ポルトガル往復の切符代を
もらったのですが、わたしの計画では、これを来年に使おうと^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月6日 
猫雑誌1
           

1月2日のお知らせで書きました、我が家の5猫デビュー、雑誌社
から2月号が送られてきました。

期待感に胸ふくらませ、パラパラと雑誌をめくっていった。
が、最後まで来たが5猫が見当たらない。
あれれ?2度3度往復めくりをしてもありませんです。

変だな?そういえば、雑誌の間に 「プレゼント新聞」なるものが
挟んであったぞ、とそちらのページをめくると、あ、出てきました、
我が家のどこにでもいるような猫たち^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月5日
ゴロゴンタ
★ゴロー君とごん太。まぁるく和・輪になって^^

4日から予定を入れていた日本語教室、もう一日ゆったりしたいと
の気持ちに負け、よっしゃ、悪いけど珍しくこちらからキャンセル
しよ!と思って電話してみたのだが、連絡つかず・・・ 仕方ない、
2007年初教室、昨日からスタートました(笑)

さて、欧州共同体、今年からはブルガリア、ルーマニアの二カ国が
参入して27カ国の世帯となりました。
アメリカのように1言語ではない国がまとまろうと言うのですから
色々な摩擦もあって然るべき。
国境がなくなることで自由に入国してくる、人、物、習慣を考える
と、いい面もあるとは言うものの、諸手を挙げて賛成できないとこ
ろもあります。

EC加入後のポルトガルの道路網はたしかに目覚しい発展を遂げ
ました。
国境がなくなったことで物質流通も豊かになったかに見えるのです
が、では、ポルトガル国民の生活は向上したか、と言うと、
「しました」とは言いがたい。

物はある。しかし、消費する金がない、が現実でしょう。
物価はせっせと上がっているのに上級公務員はここ5年ほど給料
据え置きの状態が続いています。
夫婦単位、一家庭にかけられる税金も、我が家では35%以上持っ
ていかれます。
この状態だと、つまり、わたしが働けば働くほど持っていかれると
いうわけで^^;
35%もの税金を払わされるほど稼いでいるのなら、なんでもっと
楽な生活にならんのかしらん・・・^^;おかしいぞ・・・
頼むから教育費を課税対象から除いてくれないかしら。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月2日

ゴロー君の正月


おいおい、ゴロー君^^;わたしの植物がいったいどうなるの・・・
新年早々平和そのものの光景です(笑)
さて、今日は我が家のたいしたこともないモトヤンならず元ノラ達
の雑誌デビューのお知らせです。


ねこのきもち」というヒトと愛猫の生活
総合誌があります。

その雑誌の2月号(ただ今発売中)「ワールド・ねこ・ライフ」の
ページに我が家の5猫が掲載されます。
わたしの少しだけ若い時の写真も載ります(笑)

突然の取材申し込みだったもので、左の写真のようないいものは
手元になく、ちょっと残念な気はするのですが^^;

「ねこのきもち」は市販されておらずネット購入になるようです。
サイトはこちら↓
ねこのきもち

2月号の購読申し込みは1/24(水)までとなっています。

注意:1号のみの申し込みはできないそうですが、購読中止の
   場合は残金は返金されます。

雑誌が手元に届き次第、そのページを日記で皆さんに
お届けします。


★ポルトガル・ロマン:「コニンブリガ・ローマ時代の遺跡」アップし ました。どぞ。

★ランキングクリックお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2007年1月元旦

正月1

新年明けましておめでとうございます。
ネットのお友達のみなさん、リアル友のみなさん、そして、もしか
しているかも知れない密かなるファンのみなさん^^;、ポルトの
隠れたスポット情報やポルトガルの気になる出来事、spacesisその
日その日のつぶやきを2007年も綴って参りますので、これから
もどうぞよろしくお付き合いください。

ポルトは市庁舎前の花火大会で2007年の幕を開けました。
コンサート以外、夜間の外出をあまり好まなくなったわたしは、
もちろん亭主と5匹猫との年越しでした。
元旦の今朝は小雨模様でしたが、その雨も午後には上がり青空が
開け、日中は暖房のいらない一日でした。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村