2008年2月28日

親友みちべぇがわたしと同じ町に住んでいるということを知ったきっかけ
は忘れてしまったが、それが分かってからというもの、年齢の差なしで
新密度がグンとあがり、いつの間にか女二人、駅前の炉端焼きで食事
をしたりし、彼女はわたしがバイトで歌っていた「梅新アサヒ・ビアハウス
」にしょっちゅう顔を出すようになった。

ある日誘われて彼女の家を訪ねたところ、当時中学生だった彼女の3人
姉妹の末っ子がわたしを見るなり、
「あぁぁぁ!知ってる人だ!」と叫ぶではないか。わたしは知らんぞ(笑)
しょっちゅう違った外国人と歩いているのを見かけるので友達と二人して
「いったいあの女性は何者なんだろう。ミステリーだね。」と噂しあって
いたのだそうな(^^;)
違った外国人て、あぁた、それがみんな恋人ではないんだってば^^;
彼らは我がアメリカ留学記に出てくるロブでありブルースであり、後に
我が夫となったサントスさんである。

サントスさんは当時広島大学病院で留学生として研究しており、我らは
今で言う「遠距離」なんとか。広島か大阪で月に1、2度の逢瀬である。
わたしの渡米直前のお正月を我がアパートで共に過ごし、みちべぇの
お宅にも二人して呼ばれ、よって彼女の家族はサントスさんを知ること
となった。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月27日

ネット友のかんちがいさんは目下のところ短期間の二世帯住まいを大い
に楽しんでいるらしい。
それもそのはず、彼女はまだ50(こんなとこでご本人の許可無く歳をバ
ラしてしまうことに少しは躊躇したのだが、なぁに、気の良いかんちがい
さんのこと、ちっとも気にしてないわよんと言ってくれるに違いない。
それに自分のブログでちゃぁんと書いてるし。爆)になったばかりのとこ
ろ、初孫娘に恵まれすっかり幸せ気分でいるようだ^^

その かんちがいさんのブログをのぞいてみると、鮮やかな雛人形の
画像が目に飛び込んできた。
お嫁さんの実家から初孫へと贈られてきたのだそうだ。

わたしも我がモイケル娘の誕生以来、いつの日にか五段三段飾りと行
かないまでも、一対の美しい雛人形を揃えてあげたいものだとずっと思
ってきたのだが、その高価なのに怖気づいて、結局それへの費用は教
育費に回すこととなり今日まで来てしまった。
2月の終わりともなると、替わりに日本から持ってきた小さなミニチュア
雛人形を飾って来たのだが、どうも迫力無く夫、息子ばかりか、当のモイ
ケル娘まで、気付いているのかいないのか言及したことはない^^;

わたしはと言えば、子供のころは田舎の貧乏大世帯の中で暮らし、
雛人形どころではなかった。幸いなことにそれを欲しいとも思わず、近所
の子ども達を集めては女ながらも棒きれを振り回し、チャンバラでは適う
ものないガキ大将であったのだから、せめて、娘にはたおやかな女らし
さをと願ったのであるが・・・・
チャンバラこそはしなかったが、どうやら見事におっかさんの血を引いた
ようである。

あいや、待たれい!?
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月27日
カステロ・サンタカタリナ
★ポルト、カステロ・デ・サンタカタリナ

一ヶ月ほど前に我が土曜日の職場で実施された今年の漢字検定
試験、日本人の子ども達にまじって、わたしの自宅日本語教室から
今回は3名が受験したのですが、結果は3人ともパスしました!
おめでとう^^

我がブログに遊びに来ておられる皆さんは既にご存知でしょうが、
例のルイス君は準2級をなんとまぁ~パスしちゃいましたよ(笑)
お見事!ルイス君。

週に一度だけ教室に通って来て1時間わたしと学ぶのですが、それ
でこの成績ですから本人は自宅で大いに勉強していることでしょう。
日本で勉強するのが夢の彼、日本語の実力を着々とつけています。
是非夢を叶えられる日が来ますように!
準2級に合格した暁にはプレゼントをあげましょうとの約束でしたが、
我が教室からのそのプレゼントとは今回の受験料免除です(笑)
彼、次はいよいよ2級挑戦になるわけですが、わたしもオチオチして
おられませんです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月24日

昨年3月に日本へ帰国したおり、30数年ぶりで故郷弘前へ先祖の
墓参りに行った。

その際、埼玉に住む妹から聞いた話に、
「弘前の八坂神社におじいちゃんの作った狛(こま)がある。」と。

わたしは祖父母にとっては初孫になるのですが、生まれた時には
祖父はすでに他界しており、祖父は知らない。
我が母は8人兄弟の一番上だったが(9人兄弟だったのだが、騎馬
隊だった長子は戦死と聞く)母も含めその叔父叔母たちも皆今では
鬼籍に入った。
妹が言うには、最後に残っていた横浜の叔母からその話を聞き、
実際に八坂神社へ行き祖父の造った一対の狛を見てきたと言う。

祖父が石工であったという話は昔から耳にしてはいたのだが、その
作品が現に残っているというのは驚きであった。
まだうっすらと雪の残っている先祖の墓参りをした後、車で足代わ
りを引き受けてくれた、高校時代の同級生のタコ君とともに、祖父の
狛を一目見ようと八坂神社へ周った。
  ↓弘前八坂神社
八坂神社1

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月21日

わたしは、ヨーロッパの国民スポーツであるフットボール(ポルトガ
ルではサッカーとは言わない)には、夫のように贔屓(ひいき。註:
逐一読みにくい漢字に読みをつけるのは日本で勉強している我が
モイケル娘が読めないといけないという趣旨でありますw)チーム
は持たず、せいぜいUEFAユーロカップとワールドカップの国を挙げ
てのお祭り試合時のにわかファンである。
よって、普段のスポーツニュースなど聞いていない。

しかし、つい先だってTVで流れたCristiano Ronaldoのニュースに
は思わず「うは!」となり、夫としばし話が盛り上がったのである。

ronaldo


何で盛りあがったかと言いますと、彼の契約金の数字です!(爆)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月20日

と、我が娘なら思わずいいそうな、コレ!↓(爆)
エレトリコと自動車

ダウンタウンはサン・ベント駅へ降りていく1月31日通りの路上で
今日の午後見かけた光景。

写っていませんが、写真右には大勢の人が立ち並んでいるので
あります。
路面電車線路上に堂々と駐車しているこの車!
おかげで電車は立ち往生。どかすわけにもいかないものね(笑)

電車の運転手も乗客もすっかり諦め顔で騒がず落ち着いたもの。
これってもしかしてしょっちゅうあるのかな?と思わずにいられま
せんでした。
道路脇に立ち並んでいる人たちは、電車は発車しないのだからと、
状況解決がつくまで、乗車しても仕方なかんべ、と降りて見物と
決め込んでいるのでした^^;
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月19日
木のブローチ
★我が友みちべぇの作品。木の漆塗りのブローチ。

古い話を持ち出すのですが、わたしがポルトに来た頃は、今のよう
に簡単に日本とコンタクトがとれるようなパソコンはなかった。

なんとか自分の意思伝達ができる英語を理解する人も周囲には
あまりいませんでした。
ポルトガル語を全く知らないで嫁いで来、当時はポルトに英語、
フランス語を教えるところはあってもポルトガル語を教える学校も
ありませんでした。

わたしのポルトガル語学習は、日本から持ち込んだブラジル語
テキストでの独学。ポルトガル語テキストがなかったのです。
じき、独学者がぶつかる孤独の壁にぶち当たりました(笑)

そういう訳で、習慣の違いには当然当惑しましたが、言葉の壁も
あって同居していた夫の家族とはなかなか溶け込めない部分が
あり、6年間は世間で言う嫁姑関係のconflict(衝突)らしきもの
をちょっとは体験したのでした^^;
日本人が周りにいませんでしたから、その鬱憤を晴らす場もなく、
手紙魔と化したわたしはせっせと日本やアメリカの友達へ送った
ものです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月16日
夕闇
★たそが~れに我が家の灯 窓にうつりし時
  我が子かえる日祈る 老いし母の姿(←まだだ。笑)
  谷間に灯ともしころ いつも夢に見るは
  あの灯あの窓恋し ふるさとの我が家♪「谷間の灯より」


週に二度通ってくれているお掃除のおばさんが、手術入院のため
休みをとってかれこれ3週間になります。
外での仕事、内での仕事をこなしながら、spacesis、なんとかこな
しておりまする。

さて、久しぶりに帰国子女話です。
土曜日の今日は職場が1時で終わり、毎土曜日には夫といつも
行くレストランで昼食をし、普段ですとその後、寝床直行のところ、
珍しく余力があったので、よっし!と娘の部屋の掃除です。

いえね、後2週間ちっとで、我がモイケル娘っ子、大学の春休みを
利用して1年半振りに帰って来るのであります^^
親から言い渡された「最初の2年間の帰国はならぬ」はかなりこた
えたようでしたが、気がつけばポルトガルを離れてはや3年半です。
彼女のポルトガルの見方がどんな風に変化しているかを知るのが
楽しみです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月15日

日記に人様のことをああだこうだと書くのはためらう。
うかつに書くと自分のお鉢が回って来たりするかも知れない、と
正直弱気になるのだ^^;

日々、自分の勉強のためにと、色々な人のブログを回るのがわた
しの日課になっているのだが、政治、社会問題に対するご自分の
意見を発信する人のブログを読むのはわたしの楽しみなのである。

プロのジャーナリストのブログに限らず一般人ブロガーでも、読ん
でいて胸がスカッとするような意見や問題の分析発信をするブログ
もあり、読んでいて「いやいや、ほんま、そうなのよ!」
と思わず賛同、パソコン前に拍手している自分がいたりする。
そして、こんな風に思うところをズバッと書けたら、言えたらええ
かもなぁ、と時々思いながらも無い爪は出しようもなし(笑)

しかし、自分のことを棚にあげないと批判はできない、とどこかで
読んだことがあるので、わたしも今日は自分のことをちょっとだけ
棚にあげて見ようと思う。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月13日

明日のバレンタインデーに因み、ポルトガルに昔からある
「lenco de namorados」(lenco=ハンカチ=cの下にポルトガル語
のニョロ記号が付く。namorados=ボーイフレンド)の紹介です。

「恋人たちのハンカチ」の起源は17世紀に遡ります。
この手作りのハンカチは昔は女性の服装の一部とされ、これを作
るのは、当時の女性のたしなみであったようです。
ハンカチを受け取った男性は、女性の告白を受けて公に恋人同士
と見なされました。

ハンカチは真四角のリネン布に綿の刺繍糸で刺繍します。
写真でご覧のように、刺繍の模様は決められています。

恋人達のハンカチ 恋人達のハンカチ1 恋人達のハンカチ2


ハートはもちろん愛情を、鍵は二人の心の結合を、忠実を表す鳩
も使われます。
また、バラ科の植物は、愛の牢獄、捕えられた愛を意味します。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月12日

行って参りました、高校でのボランティア授業。
夕べ午前2時まで下準備。それでも終わりきれず今日の午前中
ギリギリまでタイプを打ったり、展示する物を引っ張り出したり。
下が持っていったもの一式↓。
日本文化1
 
大きなポスターは我が同窓生が送ってくれた弘前公園の桜まつり
の写真。

その他、言葉で伝えるよりも目で見た方が分かりやすいものの
大きな写真コピーも。

もちろん、自分がタイプしたトラの巻き5枚もしっかりと^^夕べから
今日の午前中ギリギリまで打ったタイプというのはこれでして。

これを見て棒読みするわけではないのですってば^^;
こうしてタイピングすることでだいたい話したいことが頭に入るので
あります。 
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2008年2月10日
キンタ・ラメイラ・ノッカー
★カーザ・ダ・ラメイラ(旧ラメイラ家)のドアノッカー)

昼食を夫ととっていると、階下がなにやら騒々しい。

我が家は二人の子どもが家を出て、リスボン、日本におり、家族
揃ってと言っても夫婦二人きり。
ウィークデイは朝、午後、加えて時には夕方からも仕事があったり
するので手軽にできる食事を用意するわたしだが、日曜日の昼食
は少しだけ気合を入れて作る。
ワインかビールを開けて、午後2時頃からゆっくり食べるのがわた
したちの日曜日の慣わしだ。

昨日は21度まで気温もあがり、今日も素晴らしい天気で、テレビ
のチャンネル・ジェオグラフィでアフリカの「ホワイト・ライオン」
のドキュメンタリードラマを放映していたので、夫に、子ども達が
かつて大好きでもあった日本の「ジャングル大帝」の話をしなが
ら、のんびり食べていたところであった。

我が家は、ポルトガルではCondominioと呼ばれる分譲フラットで
ある。各フラットのドアを開けて話そうものなら、結構エコーで響く
のだ。

「何だろうね・・・」と夫と話しながら食べていたのだが、そのうち
声が大きくなり、女性二人の応戦抗戦が始まった^^;
おおおお、やっとるやっとる(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年1月8日
08年2月のペト
★ポカポカ暖かいので我が家の黒猫ペト君、すっかり緩んでますw
 平和だのぉ、おぬしは^^


日中18度まで気温が上がった本日、ポルトは真っ青な空。
ポカポカ暖かく、道行く人々は皆コートを脱いでいました。

さて、「草の根運動2008」などと今日はたいそうなトピックをうた
っています(笑)忙しい忙しいと言いながら、またまたつい引き受け
てしまったポルト某高校の日本文化紹介。

2年前に同校の英語授業でこの日本文化紹介をし、昨年も同じ
時期に依頼されたのですが、当時は自分の忙しいスケジュール
が開始したばかりで、時間的にも気持ちの上でも余裕がなく、
申し訳ないけれどお断りしたのでした。
今回も高校1年生のクラスで、昨年依頼してきた先生だそうです。
「よし!行っか!」とあいなり、それが来週の火曜日午後です。

気になるのは、近ごろめっきり使わなくなり舌が滑らなくなった
我が英語能力^^;
そのクラスの高校生くらいと同じくらいかも^^;と思いながら、それ
でも楽しんでボチボチ準備をしています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月7日

今日は我が街ポルトの自慢です^^

1月にポルトガルの新聞にも掲載され、「あ、これ書かなきゃ!」と
思いながら書きそびれていたニュース。

イギリスはガーディアン紙が選んだという世界の素敵な書店・
ベスト10。なんと!この10店の中に我がホムペやブログで案内
しているポルトの老舗の本屋「Livraria Lello」(レロ書店)が入って
いるのでした!

わたしは毎月某会誌の1ページにポルトもしくはポルトガルを案内
する記事を書いているのですが、依頼されてわたしが最初に取り
上げて書いた記事がこの「レロ書店」でした。
           ↓
雑誌レロ書店

左上の二階へ上る階段をガーディアン紙は
staircase to heaven 」(天国への階段)と表現しています。
レロ書店は地元ポルトが昔から、小さいけれどもヨーロッパで一番
美しいと自負してきた本屋です。
我がサイトでもご覧になっていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月5日

リスボンの息子から昨日の午後電話が入った。

「ママ!今テレビのニュースでうちの前にあるカフェがドロボーに
やられたってニュースが流れたよ!」

日曜日の夕食時に夫がそんな話していたようだが軽く聞き流して
いた^^;
このあたりは自慢じゃないが車上ドロボーの話もよく聞くのである。
朝起きてみたら4車輪とも無くなっていたとか、カーステレオをとら
れていた等、わたしも目撃こそしていないが、犯行後の現場は何
度か見ている。
気の毒だなぁ、自分も気をつけなくちゃと思いながら同情するしか
ないのである。警察は殆ど何もしてくれはしない。

かつて小さな庭付きの借家に住んでいたころ、我が家も何度かこそ
泥にやられていたようだ。「いたようだ」と言うのは、やられていた
のに気付かなかったのである^^;

ま、こそ泥であり、取られて悔しいというほどのものでもなかったの
で、届け出もしていない。
一言言ってくれたらあげたっていいのに・・くらいに思うようなもの
ばかりであったからだ。

件のカフェは「CONFEITARIA BOM REGRESSO」と言って、我が
フラットの斜め向かい。
土日の週末と祝日の朝は、夫はそこで典型的なポルトガルの亭主
族よろしく、カフェをすすりながらその日の朝刊にじっくり目を通す
のが習慣である。

また、ベンフィキスタ(リスボンのフットボールチーム、ベンフィーカ
ファンのこと)の彼は、試合があると、無関心なわたし相手に家で
見ていてもつまらないらしく、これも典型的なポルトガル人よろしく、
ご近所集まってテレビで試合を観戦し、GOLO(得点が入ること)が
入ったの入らないのと盛り上がる場所がカフェなのである。

カーニバル休みの今日、カフェから戻ってくるなり新聞を開いて、
「載ってるよ、向かいのカフェのことが」と言う。
ドロボー記事2
           ↑新聞記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年2月3日

リオのカーニバルにはとてもかなわないけれど、ポルトガルでも謝
肉祭は仮装の行列が出る都市があり、幼稚園児、小学校生は思い
思いの仮装をして学校へ出かけます。
この時期、ショッピングセンターなどでもそういう衣裳を身につけた
子供たちをたくさん見かけることになります。

学校は水曜日まで休みで、ポルトでは仮装行列が出る予定でした
が、昨日はあんなにいい天気だったというのに、本日は雨です。
カーニバル


ポルトガル国内で有名なカーニバル行列は、ポルト近隣のオヴァー
ルと南部アルガルブ地方のローレですが、この悪天候で本日はあち
こちの市、パレードをキャンセルしたようです。

南半球のブラジルは季節が反対とあってただいま夏?、天気の心
配などすることなしに思い切りカーニバルが楽しめますね^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村