2008年11月29日

spacesisの謎追い、キンタ・ダ・レガレイラ・シリーズです。
謎追いシリーズはわたしが道楽で書物やネット検索で調べ、実際
に現場に足を運んで推理するものです。また、このシリーズの記
事は新情報を得た時点で書き加えることになります。その点をご
了承の上、読んでいただけたらと思います。では、第4弾どぞ。

キンタ・ダ・レガレイラは「塔のあるキンタ」とも呼ばれる。
下の写真がその塔だ。
レガレイラ塔1
塔は天体観測目的を装っているが、錬金術で言う「地下世界」への
隠された意味があることを誤魔化すためと言われる。前回紹介した
「井戸
」にある出口のひとつはこの塔につながっているようだ。
レガレイラ森には地下迷路が張り巡らされている可能性がある。

マグダラの塔について
「マグダラの塔」とも呼ばれるこのタイプの塔は、聖書や『ダヴィン
チ・コード」に登場する謎の多い女性「マグダラのマリア」です。
「罪深い女」と聖書では描かれ一般的には「娼婦」と考えられてま
すが、初期キリスト教グノーシス主義の人々には「すべてを知る女
性」と表現され、知恵の化身であり「イエスの最愛の弟子」として
崇拝される女性です。
     
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2006年11月26日
華道茶道展2

ただいま~~、って(笑)
ウップス!日記の間が3日も開いてしまいました。

展示会の準備で花器を借りにいったり、運んだり、自分の物も持ち
出したり、間に週末の仕事が午後まで入ったりと、金曜日から月
曜日の夜まで華道茶道展のボランティア。
荷物を運んだりの力仕事を含めて、いつになく目いっぱい動き回っ
たもので、火曜日の昨日は疲れで発熱、情けないことにダウンし
てしまいました^^;

やっぱり体力ないなぁ。それでも若かったら気力でいけるのですが、
口に出して言うのも癪だがそこが歳、どうもいけませんようで^^;

たった一日の月曜日夕方5時から7時半の開館は、時間的に難しい
人も多いと思っていましたが、約6、70人のポルトガルの人が観に
来たように思います。
小さなパラセッテ(小宮殿)の二部屋は人でいっぱいでした。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年11月22日
カルロスアルベルト広場2
★カルロス・アルベルト広場にあるパラセッテこと小宮殿

コインブラの知人が、日本からお茶お花の先生たちの親善交流行
事を受け、市の協力も得てコインブラ、ポルト両都市で華道茶道展
を開くことになりました。

それで、しばらく前からボランティアで「あれ、探せ~、これ探せ~」
の知人の指示を仰いで動いているのですが、これが、自分の仕事
の合間を縫うもので、忙しいったらない。

その指示のひとつが花器探し。15個ほどかき集めてくれと言われ
たものの、花瓶と違い、お花のたしなみがあるのなら別だが、そう
いうものは日本人とは言え、みながみな、持っているわけではない。
幸いわたしが日本から持ち込んだものがひとつあり、こちらで手に
入れたもので使えそうなのが二つほど。これで三つはなんとかな
るが、まだ12個も足らないでなはいか。

そこで思いついたのが、ある日本系財団。
昔、わたしはそこで2年少し日本語教室を開いていたのです。
確か、そこでは当時華道も教えていたはず、と思い出し連絡をつけ
て、10個ほどOKをとりました。あと2個、長年の付き合いがある大
阪出身の友人に聞いてみると、「ええよ、貸します。」
ということで、その2個を週末の職場で受け取ったのが先週土曜
日。ここまではトントン拍子、よろしいことで^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年11月19日
ブックマーク
30年前の、我が日記にはさまれた落ち葉。

この時期になるといつも夜空を見上げてみます。
11月17日は、しし座流星群の極大日と言われ毎年たくさんの
流星が見られます。
もちろん、条件にめぐまれたらの話です。
今年は残念ながら、月が煌々と照っており、流星が落ちるのを見
るのは難しく、諦めたのですが、今日はそれにちなんだ思い出
エッセイ「ブックマーク」を載せてみたいと思います。

(2005.11.16記)とあります。

今年もしし座流星群が見られる時期になった。
    
ピークは11月17日とある。
数年前の真夜中、午前2時ころ、わたしは表通りのベランダに座り
込み、ひとり星空を見上げて1時間ほど、生まれて初めて目にした
数十の流れ星に、言葉もなくただただ感嘆のため息をつき、こんな
素敵な贈りものはない、と密かに自分の誕生日に祝杯を挙げたの
であった。
    
この流星群をわたしが仰ぐことになったのには、ちょっとしたいきさ
つがある。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
2008年11月16日

去年の夏、夫、息子と一緒に行ったRibatejo地方旅行、テージュ
川も上流の、人家の少ない静寂な宿泊先に、「Estalagem Vale
Manso
」というのがあったのだが、そこの食事処から朝食時二日と
も、山並みの見える天空を悠々と飛翔する一羽の鷲を見た。

数年前にも人里離れたアレンテージュ地方の山中で、この先、更
に車で行くべきか引き返すべきかと、4人家族、車中で話し合って
いるときに、フロントガラスを通して目の前を、バサリと大きな鳥が
飛んで行くのを見たのだが、子供たちとあれは鷲だろうと話したの
であった。

自然環境云々とわたしたちはよく口にするが、自然を取り壊し住
宅地を町を作り、わたしたちは知らず知らずのうちに、自分たちに
都合良い、まがいものの自然を建造するのである。
町に住むわたしたちの周囲にある、いわゆる自然と呼ばれるものは
このまがいものであろうと、わたしはこういう鳥との出会いに触れる
度に思う。

こんなことを今日書いているのは、先週の日曜日に夫を引っ張り
出して行ってきたポルトの隣町ガイア市にあるParque Biologico
(自然公園)で再三ハゲワシにお目にかかったからである。

実際こんなに近くで見たのは初めてで、その羽の美しさに思わず
目を奪われたのだが、↓
ハゲワシ1
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年11月14日
今日の写真。
猫かくれんぼ
★どんなに上手に隠れっても~♪
ゴロー君、怒られてこんなところに(笑) 可愛いもんです^^


今朝は「マセラッティの君」の日本語レッスンに出かけてきました。
帰宅し、車を止めて自宅のラット・メインドアを開けようとしている所
へ、郵便やさんが近づいて来、「Bom Dia!=ボン・ディーア=
おはよう」の挨拶で始まり、わたしに言うことには、

「セニョーラ、わたしはあなたをこの間見かけて知ってますよ。」 
ど、どこでよ?@@
「ほら、ポルトマラソンで写真を撮っていたでしょう?」

う、うげ!

「実はわたしもあの日フルマラソンで走っていて、死に態でゴール
にたどり着く少し手前で、パチリパチリ写真を撮っているセニョーラ
を見かけました。」って・・・・死に態ではなかったのか~(笑) 
わたしはグラサンかけて写真を撮っていたのに、よくもまぁ、顔を
覚えていたこと!(笑)
それとも、わたしはどこか異様な姿だったのか?^^;

「あの時、長崎のランナーたちが来てたけど、その関係なの?
ジャーナリスト?」(爆)
ジャーナリストはあんなデジカメで写真を撮りませんてば!そして、
オタオタと走りません、もっとテキパキ走ります^^;
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年11月12日

巷では、田母神前航空幕僚長の国会参考招致のテレビ中継がさ
れなかったことが、却って田母神前航空幕僚長の論文以上に言論
弾圧だと騒がれていますが、論文への評価は別にして、ネットで質
疑応答の内容を読むことはできるので、目を通してみると、なんだ
かなぁ・・の感あり。異例のテレビ中継をしないというのも、すること
が稚拙ではないの?と逆に勘ぐってしまいます。

こういう現世(うつしよ)の出来事を横目に、相変わらずマニアック
な追っかけを続けているspacesis、お笑いくだされ(笑)
しかし、少し言い訳をするならば、シンボルの謎解きももちろん面
白いのではありますが、もうひとつには、富や権力の果てに行き
つく人間の心理にも大いに興味があり、シンボルの謎解きはそれ
を探るのと重なります。

ということで、シントラの謎、キンタ・ダ・レガレイラ・シリーズの今
回は、これです↓

第2章 レガレイラの森について
キンタ・ダ・レガレイラは、その草木の強力な魔術、精気をもつ庭
園と森からして、言葉で表そうとするならば「自然へのオード(抒情
詩)」の一言に尽きるであろう。

ポルトガル語の「Quinta=キンタ」を適切な日本語で表すのは難
しい。農園、荘園、果樹園、庭園とそのどれをが含まれるような
気がする。神秘的な謎のシンボルが散りばめられたキンタ・ダ・レ
ガレイラは、殊にそれらと十把一からげに扱われることを拒むであ
ろう。ゆえにわたしは、キンタという言葉にとらわれずに「レガレイ
ラの森」と言わせてもらう。
              
第2章では、森にある様々のシンボルの紹介をして参ります。
このシリーズでは、新しい情報入手次第、書き変えていくことにも
なります。レガレイラの森第一弾は「螺旋階段の井戸」。

レガレイラ井戸1
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年11月10日
秋の枝葉
ポルトガルには珍しい小さいもみじ。その美しさに思わずパチリ。
記事には全く関係ございません^^;


今日はかつて書いたエッセイを引っ張り出しました。
すでに読んだ方はスルーしてください。

♪だれかがこっそり 小路に木の実 うずめて~♪

の歌いだしで始まる、大好きなアニメーション^^
何度も飽きることなく我が家の子供たちと繰り返し繰り返し観た
ものです。
わたしも子供達も、気に入った映画は何度も観る、というマニア
ックなところがあり、特に娘などは大好きな映画やアニメは台詞を
ソラで言えるとこまで参ります^^;

さて、このアニメ、当初は時代が何時ごろなのか、などとは考えも
しないで観ておりました。
観ながら、さつきがメイを学校の教室の中で、自分のとなりの席に
座らせながら授業を受けている場面に出会った時は、思わず子供
たちを目の前に叫んだものです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年11月7日

話題にしては少し早い気がするのですが、先日、日本の大学で勉
強しているモイケル娘とメッセンジャーで話した折に上ったもので、
感じていることを綴ってみようと思います。

東京の大学を2年で退学し(諸事情は放っとくとしましてw)、九州
の公立大学に3年編入したモイケル娘も、来春は卒業です。
今夏、すったもんだの就職活動ものんびり構えていたもので慌て
ふためきましたが、際どいところでなんとかクリアし、いよいよ4月
から社会人になるのですが、就職先が東京となり、2年前に後に
した東京へ逆戻りということでござんす(^^;)

目下、卒論書き書き(やってるのかな?w)、来春に備えて「ペット
可」の安いアパートをネットで検索する毎日でしょうか。

さて、その娘が言う。
「卒業式に出るの辞めようかなと思ってる。」

卒業前に東京に出てアパート探しをしなければならないし、場合
によっては今の下関のアパートを既に出払っていることも十分
考えらる。すると、卒業式出席のために往復の電車代がかかる。
そうでなくても、引越しや就職でこれから色々物入りなのだから、
もったいない気がする。

これが理由のひとつ。そして彼女にそう言わせるもうひとつの理由
が、これもお金がかかる「卒業式の服装の着物、袴」のレンタル料
金です^^;
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年1月5日
郵便ポスト

我が家では、朝テレビのスイッチを入れることはありません。
我が家でテレビがつくのは夜8時半過ぎですが、今朝目覚めて
わたしが真っ先にしたことは、まっすぐリビングへ行き、その時間
帯は普段見る事のないテレビのスイッチを入れたこと。
そうです。アメリカの大統領選挙結果が気になっていたのでした。

ベトナム戦争中、空軍捕虜として5年も北ベトナムキャンプで過ごし、
拷問をかけられたがゆえにその時に受けた後遺症を今も体に残す
マケイン氏ですが、オバマ氏とマケイン氏の討論を見て思ったのは、
彼はアピールがあまりうまくないないな、ということでした。
「ウケ」はアメリカで成功するには大事な要素のひとつではないで
しょうか。

オバマ氏の圧倒的な勝利結果をみて、驚きはしませんでしたが、
親中派の民主党クリントン元大統領の時代には、ひどいジャパン
バッシングがありましたから、そういうことが再び起こらないよう、
日本人のわたしは願っています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年11月2日
10月の夕暮れ

夫の職業は公務員にあたる。ゆえに扶養家族であるわたしの
健康保険証も夫と同じ公務員用の保険証だ。ポルトガルでは
ADSEという。

しかし、情報によるとこのADSEもいずれ廃止されるだろうとのこと
だが、一般用の保険証との違いは何かと言うと、この保険証だと、
直接病院へ行き診察を受けることができるという点だ。
日本とは違い、救急にでも運ばれない限り、ポルトガルでは一般
用の保険証で、「風邪ひいたみたいだから、ちょっと病院へ」という
わけには行かないのである。

では、一般の人はどうするかというと、まずポスト=postoと呼ばれ
る区域の保健所兼診療所へ出向きそこの医師か、あるいはプライ
ベートのファミリードクターに診てもらい、何々の検査を受けよとの
指示を受ける。そして、再びその検査の分析結果をポストの医師に
仰ぎ、次はどこどこの病院へ、という指示になる。

これは、外国人である上にそろそろなにがしかの病気が出てきた
としてもおかしくない年齢に入ったわたしには、時間がかかる点
でなかなかに怖い話なのである。
それで、身勝手にもせめて自分がが生きている間はこのADSE
制度が変わらないことを切に望んでいるのだが、もうひとつ、これ
を維持し続けるために犠牲にしなければならないことがある。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2008年10月30日

7、8月は夏休みで例年だとよくポルトの街を歩き回るのだが今年
は少し仕事を入れたので散策に出かけることが少なかった。

9月に入り「どれ。」と久しぶりにサン・ベント駅からドウロ河畔リベ
イラに続く大通りを下って歩いていると、とある大きなショーウイン
ドーのある店に目が留まった。店先に置いてある陶器の人形の
作風に見覚えがあるのだった。
ローザラマリュ1

顔を近づけてみると、おお、やはり!ふくろうの人形が手に持って
いる本には「JR」のイニシャルが見える。「JR」とはポルトガル
北部きっての陶土人形作家「Julia Ramalho=ジュリア・ラマー
リュ」のことである。

ジュリア・ラマーリュは1946年にバルセロスのSao Martinho de
Galegosで生まれ、祖母Rosa Ramalho(ローザ・ラマーリュ。
1888~1977)の独特な作風を受け継いで現在も陶土人形作
品を制作している。↓
ローザラマーリュ2
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村