2010年11月29日 

今では24歳と30歳になった我が子たちが、オポルト・ブリティッシュ・
スクールに通学していた頃、17年間、毎日車で迎えに行くのがわたしの日課
のひとつでした。

彼らを車に乗せて走り出したところで、わたしの第一声が、
「What did you learn today?」

すると、今日はMrs.誰々がこんな話をしてくれた、だとか、○○君がこんな
ことをして叱られた、とか、だれだれちゃんにお弁当のお寿司をあげた、だ
とかの答えが返って来て、子供たちのその日一日の学校生活がおおよそつか
めたのでした。

夕食時には、食卓を囲みながら今度は夫が子供たちに母親と同じ質問をし、
幼い頃の彼らは、その日の出来事を嬉々とした表情で、また、時には、あまり
語りたくないような様子で、それでも、両親のわたしたちにたいがいのことは
包み隠さず話してくれたように思っています。

そのうち7年生くらいになると、「昨日と同じさ」「Nothing special」と
なって行ったのですが、わたしの「What did you learn today?」は子供たち
が9年生(中学3年生)までずっと続いたものです。

JWspeech
11月19日Japan Week日本語スピーチ者と講師たち。

「What did you learn today?」は何を勉強したか、という意味ではありますが、
わたしの真意は「何を学校で学んだの?」で、学習だけではなくて、
だれだれちゃんが叱られたのなら、あなたもそれをしないようにしましょう、
というようなことも含んでいたのですが、小学生の間はいいとして、思春期の
彼らにはうっとおしい質問だったかも知れません。

それでも二人に、
「おやじ、おふくろ、いい加減にその質問、やめてくれない?」
と言われたことはありませんでした。

子供たちが日本で生活している今、「ただいま~」「お帰り」とスカイプでの
会話も「今日はどないだった?」とあの頃と同じような決まった台詞で始まる
わたしたちです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2010年11月28日 

JW-ceremony

今週一週間は「戦士の休息」と称して、日本語教室は12月から開始、昨日から
ひたすら眠りをむさぼっています。

目覚まし時計が鳴る前の7時過ぎに自ずと目が覚め、そうなるともうわたしは
眠れないのです。そして午後再びベッドにもぐりこむ。

さて、これがです、「あそこの学校交流の写真を撮り忘れた」だの「テレビ局が
入るはずなんだが、日時を間違えた」だのと、そんな夢ばかり見て、しまった!
との思いで目が覚め、どうもイカンのです。当分はこんな思いを引きづりそうです。

また、コーディネーターが人目もはばからずパチパチ、シャッターをきるわけには
行かず、我がデジカメに残っているジャパンウィークの写真は誠にわずか^^;
いたし方ありませんが、できるだけここに載せてみましょう。

上はポルト市庁舎、貴賓室でのオープニングセレモニー会場です。
日本からの参加者は約300人。
この日はリスボンのNATO会議で出席なされていた、伴野外務副大臣も駆けつけ
られ、愛知IFF会長、ポルトのルイ・リウ市長、大使と豪華な顔ぶれが揃いました。
JW-ceremony

正装は着物姿が多く、やはりいいですね。
JW-ceremony
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2010年11月27日 ポルトJapan Week 2010終了&鉄砲隊

JW-teppou
風雲立ち込める空に登場する「種子島流火縄銃砲隊」。ロザ・モタ・パビリオン
のオープニング・フェスティバルのプロローグにて。


IFFスタッフと共にポルト市のプロトコルへご挨拶に行った昨日、夕方7時から
はダウンタウンのHotel Mercureで、日本人ポルトガル人のボランティアの人
たちに集まっていただき、ささやかなパーティーが開かれ9時にお開き.
Japan Weekは事実上、昨日をもって終了しました。

1年間を通じての大きなプロジェクトで、特に後半、10月11月の二ヶ月は
土日もなく昼夜、寝食を忘れて取り組みました。

わたしはポルトガル在住31年ですが、この間、ポルト補習校の開校時から
21年間手伝いをさせてもらい、と、言っても、これは週に1度の授業です
から勿論、日ごろから授業準備は必要なものの、自宅で当時は数人の日本語
の生徒さんを取っていたのみで、後は主婦と母の時間が多い日々でした。

ですから、今回のJapan Weekのコーディネーターのように、ほぼフルで仕事を
するなど、ずっとしてこなかったもので、そのブランクと語学力不足、体力不
足、齢63とで、正直言います、ほんまにほんまに
しんどかった~~~!

これまで1年間、IFFスタッフが来ポし、一緒にポルトで仕事することから
始まり、市、IFFとのメールのやりとり、頻繁なる会合等で、さすがのんびり
物のわたしでも、注意を怠らないように、間違いがないようにと、随分気を
つけてきたもので、終盤の昨日は一気に気が緩み、急いでホテルへ向かう
はずが、反対方向のメトロに乗ったり、最後の仕事の確認で失敗したりと、
これでまぁ、よくぞ1年間乗り切れたものだと、我ながら感心しています。

そして、それらの失敗をしながら思ったものです、「徐々にもとの自分に
戻っていってるなぁ」(笑)

ボランティアで今回の大イベントに協力していただいた皆さんも、一週間本当
にお疲れ様でした。そして、時々わたしを「ボス!」と持ち上げてくれ、陰に
日向にサポートしてくれたしっかり者のOちゃん、あなたの助力なしでは
このダメボス、今日まで持たなかったことでしょう。
実際、「もう辞めや~~」と思いかけたことも1度や2度ではありませんです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2010年11月20日 Japan Week in ポルト オープニング・フェスティバル

正直言って眠い!きつい!

しかし、コメントで見られるように、子供さんをポルトのJapan Weekに送り
出し、少しでもはやく様子を知りたい、と思う親御さんもいらっしゃるかも
知れないと思い、詳しい情報は後にして、写真だけでも掲載してみようと
思います。

オープニング・フェスティバルは下記写真、クリスタル宮殿公園内にある
女子マラソン選手と世界初のオリンピック金銅二冠を獲得したポルト出身の
Rosa Mota選手に因んで名づけられた「ローザ・モタ・パビリオン」
で行われました。

JW-rosamota
ロザモタパビリオンがある公園にについてはこちらでどうぞ。

写真はいい天気ですが、今日は朝から時々雨が降ったりの曇り空。
しかも、種子島鉄砲隊の発砲時、さぁ、撃ちますってときに、ザーッと
激しい雨に見舞われました。鉄砲隊の写真は後日に。

15分ほど鉄砲隊パーフォーマンスは中止と相成ったのでしたが、鉄砲隊
の写真は後日です。

今回、既にポルトの入港していたリボリ劇場の上演グループがオープニングに
参加し、熱演してくれました。

JW2

トップバッターは「さだ須佐太鼓団」。和太鼓の音は、ズンズン体に響いて
きます。やっぱりいいなぁ。このリズム、この力強さ。和太鼓ならではでしょう。

JW1

なに?上下写真とも空席が目立つ?^^;まぁまぁ、そうおっしゃらず、実は
これらの席は舞台の後ろになり、座ることはできないのですよw

長崎東高校の吹奏楽部の演奏ですが、この衣装で数人が登場したときに、
とっさにわかりました、お!これはよさこいソーラン節だ!と。
わたしも補習校で講師をしていた頃、これを子供たちにさせてみたいと一時期
考えたものです。

こちらは浜松華蝶ちんのみなさん。
演奏してくれた古い歌、「麗しの天然」は、わたしの子供のころを思い出させ
ました。

JWhamamatsu

このグループ、1時ごろから日本語を学んでいるポルトガル人の若いボラン
ティア、ミゲル君にお願いしたのですが「16人の若い女性たち」と、どういう
訳か、わたしの頭が勝手にそう思い込み、ミゲル君にもそう言っていたのです
が、ち、ちとちがってた^^;

ミゲル君、思ったことでしょう、「Yukoさん、人が悪いなぁ・・・」と(笑)

わたしは、この後の会場である市庁舎に行かねばならず、フェスティバル終了
1時間前には席をはずしたもので、この後のポルトガル北部の民族舞踊と
盆踊りをみることができなかったのでした。

さて、コメントのレスを溜めておりますが、今しばらくお待ちください。
今日は、パビリオン・ロザ・モタと同じ敷地内にある市図書館ギャラリーで
展示会オープニングです。

では、皆様、また明日!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2010年11月18日 

JWPR1

2週間もブログを留守してしまいました。

留守というか、ポルトにはいたのですが、毎日仕事に追われ、好きなブログを
書く間もないほど、この2か月はひたすらパソコン画面に向かうか、会議の
ために外出するかいう日々。
夫も猫もごめんよ、しばらく辛抱しとくれ、と心中、詫びるのみでした。

我が人生でかほどに仕事に忙殺されたのは、30歳を目前に、渡米資金を
稼ぐために、昼はオフィス、夜は二箇所掛け持ちで歌姫をした時以来です。
若いころのように頭の回転がいい訳はなし、油をさすにもさす油なし(笑)。
日本語、英語、ポルトガル語の中途半端な3ヶ国語を、恥も外聞もなく使う
っきゃぁない毎日でした。

そして、明日はいよいよ、Japan Weekスタンバイです!
JWロゴ

トピック「ようこそ、Japan Week ポルト 2010年!あなたをお待ちしてます」
とは実はRadio Nova Eraという放送局で、Japan Weekの宣伝としてポルト市か
ら依頼され、わたしが翻訳、録音したキャッチフレーズなのです^^;

今回でわたしはポルトガル二度目のスタジオ録音なのですが、まぁ、ボランティ
アということで意外とリラックスできての録音でした。
本当は年取ったわたしの声よりも、一緒にこの仕事をずっと手伝ってもらって
きたOちゃんの若い声がいいと思い、放送局まで同行してもらったのですが、
どうぞどうぞと進められるままに、なんだ、結局自分が厚かましくも調子に
乗って「ようこそJapan Week!」とやってきたのでありました。

JWPR2

今週初めから放送されているようで、騒いで宣伝するのも気恥ずかしや、せい
ぜい一緒にこのプロジェクトに取り組んで来た市のメンバーと我が夫くらいに
モソッと話したくらいなのですが、これのPM3を知らん顔して送ると、それを
聞いた東京息子からは、「なんだ、ママの声ジャン」・・・・
なんだはないだろう、息子。
昔の補習校の生徒からは、「あれ、先生の声でしょ!ラジオで聞いたよ」と
声がかかり。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2010年11月5日

sunsetfox
ポルト百景。ドウロ河口の日没。 

手伝い仕事の関係で、近頃はメトロでしょっちゅう外へ出る。

ポルトのメトロ座席は日本のように長い横列式ではなく、2人用座横席が
向かい合い4人ずつの座席に区切られている。

わたしはド近眼なので、季節を問わず外出時にはグラサンを離さない。
それで乗客の観察を思い立とうとすれば、グラサンの陰から目の動きを
あまりよそ様知られるこになくできるのである。
いや、だからと言ってそれを得意とする者ではないですw

ある日のこと、左斜め前の席にすわっている若い女性が、バッグの中を
ごそごそ探っているのに何気なく目がいったのです。
すると、バッグから何かを取り出し、目にそれを持っていっている。
手鏡でないのは一目でわかります。その動作がしばらく続くものでつい、
「ぬぬ?いったい何をしてるのだ?・・・・」と、まぁ、人が悪いことに
彼女からすれば右斜め後ろの座席から、興味本位で観察することになっちゃ
いまして^^;

右目から左目への動作に移るとき、キラリと見えた彼女の手にあった
ものとは、なんと!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
2010年10月31日 

前回の我がブログ記事を読んだ友人たちから、「だ、だいじょうぶ?」との
メールや電話が舞い込みました。
いやね、その大丈夫?ってのは事故じゃなくて、わたしの頭がですってよ(爆)

我が「永遠のペンフレンドI氏」からは、
「単に車がガ~ンだけでなく、頭がガガ~ンでは・・・。一時的に打ち所が
悪かったのかなぁ」
・・・・・・・・

君らねぇ(笑)まぁ、しかし、自分が事故記事を書いた翌朝、読み返して見て、
「ぎょ!なんなんだ、この記事は@@」と驚愕した、記事とは言えない
恐ろしいものではありました。

ブログ記事にアップする以前にわたしは原稿を書きます。
その原稿をブログ記事にコピーペーストして載せる訳ですが、どういうわけか
今回は、とんでもないコピペの仕方で、読んでいて途中から、「あれれ?おろ?
この文章、もう既に二度ほど出てきたではないか?ぎょ・・・・」
となったのでありました。

なんだか、事故が起きたその日の我が心のごとく、ぐるぐる頭が回るような
ひどい記事ではありました。
こんなこともしでかすわたしですが、皆様、愛想を尽かさず今後ともどうぞ
よろしくお付き合いくださいませ。

車
その車、こんな感じでございますねん^^;

思うに、これは完全なるオーバーワークのなすところでござんす(笑)
脳内シナプスが、なにかな?そのオーバーワークで接続どころを間違った
かもでありますよw

明日は万聖節ことオール・セインツ・デイで休日、近頃の忙しいのを
あの世から見ていた我がご先祖様たち、あの事故で、
「孫よ、曾孫よ。目を覚まさせ!気合を入れよ!あと少しじゃ!ガツン!」
ということだったのかもしれません。

もう少し、後三週間だ!と気合を入れた横から夫が、

「うん。始まるまではね。Japan Week終了まではまだ4週間だ」

ガビ~~ン。そういう水をさすようなことを言うんじゃないってば・・・

さて、こんな状態でしたから、昨日は土曜日の日本語教室が終わってから
夫がIKAE側のショッピングセンター内にあるタパス・レストラン「Flying 
Datchman」(以前にこちらで紹介済み)へ連れて行ってくれました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村