2011年5月17日 

奥さん、お帰り
奥さんお帰り~と、ゴロー君

土曜日の日本語教室は帰るとすぐ開講したものの、日本から不調で帰国し
たがため、これまでの日本語中心のポルトの生活に一挙に戻れずにいます。

体調不良に拘わらず、ジェットラグ(時差ぼけ)で5時前には起床してしま
うので、ならばと、帰国前に今回決心していたことを実行するいい機会と
捉え、早朝からゴソゴソと家中を引っ掻き回して夫に迷惑がられています。

ゴソゴソ何を?と言うと、思い切ってあれやこれやを処分することにした訳
で、こういう整理は普段の日本語教室の仕事をしながらでは中途半端に
なり、なかなかできない。

さして広いフラットではないのですが、引っ越して来た当時はもう少しスペ
ースがあった。なのに、ここ7、8年でなんだかドンドン物が増えたのだが、
夫婦二人に、これほどの物が必要なわけもなし。我が家は物が多すぎる
とつくづく思っての整理です。

とりあえず書籍、ポルトガルに関する書類や政治情報参考、昨年のジャ
パンウィーク関連の書類から手を付け始めているのですが、夏が終わ
るころまでには、ゲーム用にと日本から持ち込んだ古い小型テレビや
LPレコードプレイヤー、毛布やカバーなどの大布物、自分の衣服や靴、
最後は食器類と今回は整理と処分をバサッとやりとげたい。

こうして考えてみると、物が多すぎるのは和洋折衷生活様式に起因す
ると思う。まずは食器類がそうだし、オーナメントもポルトガルの物から
日本の物まで飾り棚に所狭しと並んでおり、よくもまぁ、せっせと日本
から持ち込んだものだと我ながら多少呆れ気味です。

まぁ、そのお陰で高価なものではないにしろ、それらを並べ立てて何と
か個人で「日本文化展」まがいのことができるのですが、その類の物は
今回は一つも買うまい、本だけだ!と決めていたものの、陶器が好きな
わたしはデパートへ行くとついついそちらへ足が向いてしまいます。

陶器はなんだかよく分からないというモイケル娘相手に、
「ねね、これ、素敵だと思わない?」などど話しもって、結局、器二つを
買ってしまった。
航空便で送ったので今日はご披露できないが到着したらそのうちに^^

さて、ジェットラグでボケ~ッとしている間にも、地震、原発後の日本の
ニュースは気になることが多い。

「中国大使館が都心一等地取得」 

数日前に目にした記事だが、今日はこれに
「超党派領土議連、規制求める声続出」が加わっている。
超党派の「日本の領土を守るために行動する議員連盟」(会長・山谷
えり子自民党参院議員)は17日、国会内で緊急総会を開き、中国大
使館が都心の一等地5677平方メートルを一般競争入札で落札した
ことについて規制を求める声が相次いだ。外国政府の土地取得を制
限する法律は事実上機能していないため、議連は法改正も視野に
議論を続ける方針だ。
総会で財務省は、国家公務員共済組合連合会(KKR)が公告した
港区南麻布の私有地の入札に6社が応じ、約60億円を提示した中
国政府が4月26日に落札、売買契約の期限は今月25日と説明した。
外国政府による土地取得は政令で財務相の承認を必要としているが、
中国を含めほぼすべての国は対象外とも規定している。中国側は入
札前、外務省に取得目的を「大使公邸の建設用地」としていたが、財
務省は、用途を変更した場合でも日本側が検証する手立てがないことを
認めた。

議員からは「何に使われるかチェックできないのはおかしい」(自民党・
新藤義孝衆院議員)との意見が続出。中国では北京の日本大使館も
土地取得が認められていない点に関し「相互主義になっていない」
(民主党・松原仁衆院議員)との批判も噴出した。
総会では、韓国が不法占拠する竹島周辺で総合海洋科学基地の建設
を計画していることに関し、日韓両政府間で正式な協議機関を設けて
中止を申し入れるよう松本剛明外相に働きかけることで一致した。
(産経ニュース)


東京のど真ん中を外国が、しかも隣国が購買できるなんて、平和ボケを通り
越して、「日本は日本人だけのものではありません」を地で行っている自爆
行為ではないかと心底思った。

北海道にある森の3分の2は既に中国人に買い取られてしまったという
話を目にしたときは、外国人が用意に一国の国土を取得できるという
のが理解できず、ポルトガル人の日本語教室の生徒さんと話してこと
がある。

ポルトガルで外国人が国土を買うのはそうそう容易くは認められず、仮に売
却されたとしても、いざというときのポルトガルの返却要請には、即、従わ
なければならないという条件下で成立するとのこと。

はたまたつい昨日、下記の記事を読んで、思わず危ない!と思ってしまった
わたしである。

尾瀬国立公園内の社有地売却案浮上 東電が賠償財源捻出で

2011.5.17 01:35
ミズバショウなどの美しい自然で知られ、群馬など4県にまたがる尾
瀬国立公園(約3万7200ヘクタール)のうち、東京電力が保有する
土地を国に売却する案が浮上している。福島第1原発事故の賠償費
を捻出するためで、政府関係者は16日夜、「当然、国が買い取ること
になる」と語った。

尾瀬は大正時代、水力発電の水源地として電力会社による取得が
進んだが、計画が頓挫し、東電が設立時の昭和26年に引き継いだ。
公園全体の4割、特別保護地区の7割を保有し、湿原保護などで年
約2億円を拠出。国は東電所有地を国立公園として運営している。
東電は数千億円の資産売却を目指しているが、尾瀬の土地を民間に
売るのは困難とみられていた。売却額などは未定だが、国が購入す
れば、東電への直接支援と批判される恐れもある。
(産経ITニュースより)


尾瀬沼国立公園の一部、しかも4割が東電所有地とは知らなかった。
「国が購入すれば、東電への直接支援と批判される恐れもある」等と言わな
いで「当然、国が買い取ることに」ならなければ!

平和ボケを通り越して、どうぞお獲りくださいとばかりに隣国におもねるの
と同じではないか。いったいがこういう国の屋台骨とも言える法令をどうし
て今までなおざりにしてきたのだろうか、日本人の目はいつからこうも節穴
になってしまったのだろうか。

北海道の土地売却の時点で既にこの話は上っていなければならないはずだった。
性急な法改正を心から望んでやまない。

ベランダのアジサイ

ベランダの花々に見やるも、曇り空もあってか、行って来たばかりの母国
を思うと不安な気持ちが納まらない今日であります。

ベランダの花
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
spaciesさん、こんにちわ。この記事について恥ずかしいのですが全然知りませんでした。驚きでした。北海道はニセコというスキー場で有名なところがあり何年前かからオーストラリアや他どこかの資本が入ってと聞いた事ありますが、私は単純に外国で商売してるんだな。。(土地取得ではなく)とボンヤリ思っていましたが、もしかして同じことなんでしょうかと思ってしまいました。私は2~3年前から日本という国が次第に無くなるように思い始めて周囲の人に話した事があります。住んでる船橋の駅前に良く買い物に行きますが日本語ではなく(日本人と見た目同じ)アレっ?となる言葉が→中国語、あちらからもこちらからもで驚きと共に不安が掠めたこと多々です。正直今はアメリカの植民地だと思っていますが、政府も官僚も顔色伺う習わしが身に染み付いてしまって、そうじゃない人は失脚か死んで行ってるように思ってしまいます。と流れがアッチに行きましたが、中国が虎視眈々と狙っているのは間違いない、またロシアも北海道あたりを狙っているようにも思うんです。大国の意識ーあれもこれも自分の物。中国は砂漠化がすごいらしく北海道の森林地帯と聞くと見据えて準備してるような気がしてなりません。日本はこの国難にあって適材がいないんですよ。。
2011/05/18(Wed) 19:39 | URL | kumi | 【編集
だいぶ前から、中国の水不足が深刻化し、日本の水源地を買おうと成金中国人が、日本中闊歩していると聞きました。熊野古道付近で買おうとして、水源までの交通が無いためあきらめたという記事を読みましたが、もう購入実績があったんですねえ。
2011/05/19(Thu) 04:46 | URL | 岩岡 | 【編集
> kumiさん

肝心の大事なことをメディアはしっかりと取り上げませんね。
もう新聞はダメだと諦めて、大切な情報は自分で探していかないと
いけないと今では思っています。

色んなサイトで色んな意見や情報があるわけで、それを自分が分析して
どれが正確なのかを考えなければいけない時代になりましたね。

尾瀬国立公園を東電が売り出したらきっと隣国が飛びつくことでしょう。
国土を外国人に簡単に売却できる制度そのものが
考えられないことです。
平和ボケもここまできたら手の施しようがないのかも知れません。

ポルトガルでも華人の進出は凄いのですよ。
一時、リスボンに中華街を作るとの話が出てきて、
幸いなことに当時の市長が許可しませんでしたが、彼らだけの
自動車学校だってありますし。
北部でも彼らの進出で色々トラブルが多く、問題視されています。

日本ではわたしが住んでいたころにはなかった「黄砂」にしろ、
日本と大陸との距離はドンドン狭くなってきてるように思われます。
今回の土地買収、子供手当て、華人の入国ビザなしと、
日本は我が手にある大切なものを自ら差し上げ着々と
進入されるのを良しとしている感すら見られ、遠方にいて
怖い気がしています。

もっともっと一般の人たちが覚醒する必要があると思っています。
ヒーローのない時代、時間がかかっても国民がヒーローを
作りだしたいかないと!

>岩岡さん

成金といってもかの国は個人の自由が無いはずですから、
結局国の政策で動いていると思います。
北海道には中国人相手の豪華マンションも建築中と言われますし、
いったいがカネのためならなんでもいいようになった
日本人に幻滅を覚えます。

熊野古道など、日本書紀にも登場する参詣道です、
どうして売却云々ができるのでしょう、とんでもない話だと思います。

ホンマに、こんなとき、白洲次郎のようなプリンシプルを知る男、
現れないかしらん^^

我が息子をそんな風に育てられなかったのを、今にして
悔いております^^;
息子は精神的にポルトガル人です。
2011/05/19(Thu) 22:37 | URL | spacesis | 【編集
情けないことに、あまり意識しておりませんでした…
そのようなことになっていたとは…

海上の領土だけでなく(なくなりそうな島とかを保護してますよね)、
国内領土も、しっかりせねばなりませんね!
2011/05/24(Tue) 04:45 | URL | jackie | 【編集
>jackieさん

肝心の大事な情報を一般国民にきちんと
提供してくれるメディアが
少なくなりましたね。

危険性をはらむ条項など、わたしたち自身がこちらから情報を
つかんでいかないと取り返しのつかないことになる今の日本の状態です。

母国がこんな風になるとは夢おもいませんでしたが、これは!と
自分が思ったことはこのブログでリンクなどして行きたいと
思っています。
2011/05/24(Tue) 16:51 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村