2011年5月23日 

Picture 002-1

あれ?spacesisさん、孫でもできた?

いえいえ、そうだったら願ったりなのですが^^
先だってから早朝5時頃には目覚めてしまうので、えいや!とばかりに家中
の戸棚、押入れ、引き出し等の整理を始め、それがずっと続いているわけで。

一度などは夫が起き出してきて、時計を指差し、
「ドナ・ユーコ!この時計を見よ!いったい何時だとオモットルンダ~」と
目くじら立てておりました。

大きな音を立てないように気をつけてはいたものの、
「昨日はあっち、今日はこっちとガサゴソうるさい!」てなもんでしょうw
だって、こちとら、一度目が覚めてしまうと眠れない性分なのです。
何度も寝返りを打って悶々としているより、起きてしまうほうが好きなんでw

そんなわけで、少しずつ整理ができてきたものの、思い切ってドンドン処分し
ているもので、まぁ、ゴミの出るここと出ること。しかし、何でも保存して
置こうとする夫、こういうのは彼の目に着かないところでやってしまわないと
埒があきません。

そして、今日は日本語授業の合間を縫って、子供たちの洋服の整理です。

赤ちゃん時代の着る物は成長が早いので、当時新しく買った衣服はほとんど
新品同様で保存することができました。
我が子たちは10年前のお下がりなどもいただいてそれらを結構着ました
特に、第二子のモイケル娘には息子のそれで大分間に合わせたものです。

しかし、兄貴のお下がりだけでは、ちょっといけないかもと思い、玉に用意
した女の子用の衣服のひとつが上の写真です。
生後数ヶ月用で、やっとお座りができるころのものです。どんどん処分しよ
うと思いながらも、こういうのはどうしてもそれができず、結局、結構な数
の子供衣服がいつ来るかさだかでない孫にととって置かれることになりまし
た。それだって、男か女か分からないというのにね(笑)

一枚一枚手に取ると、それぞれの洋服を着ていた彼らの子供時代の姿が思い
出され、改めてすっかり月日が経ってしまったことを感じます。

marianajoao 004-1
赤ちゃん時代の東京息子、

marianajoao1-1.jpg
モイケル娘。

marianajoao 002-1
横浜の叔母にポルトガル式のbeijinhoことほっぺたにするキスで親愛の情を
示す東京息子。

marianajoao 003-1
似たようなポーズで同じく横浜の我が叔母と、こちらはモイケル娘。

moikeru-bolo.jpg
わたしの滞在中に25歳の誕生日を迎えたモイケル娘。兄貴が用意してくれ
たケーキとキャンドルを囲んで子供たちのアパートでささやかな祝い。

彼らが幼かったころは今日のこんな日が想像もつきませんでした。
まさか二人とも、30数年前に日本人として当たり前に日本に住むという軌
道を外れて自分が飛び出して来た母国へ帰っているとは・・・

子供たちを訪ねての帰国は、本心を言えば「行きはよいよい帰りはなんとか」
なのです。
子供たちに久しぶりに会える喜び、あれも言わなきゃ、これも教えなきゃと
意気揚々なのですが、ポルトに帰ってくる時がどうもいけません・・・・

ポルトへの逆帰国間近ともなると、一人、夕食の準備をしながら彼らの帰る
のを待ちながら、一緒にいられたら、あれもしてあげられるこれもしてあげら
れる。毎日の着るものだって食事だって、きちんとしてあげられると、あれ
これ、考え出して、おっかさんの目は潤んでくるのであります。
こんな気持ちで後ろ髪を引かれる思いで、毎回ポルトに帰って来ます。

子供たちからすると、久しぶりに顔を見る最初の頃と違い、これはこんな
風にせぇだの、この掃除はこれがええだの、洗濯はこうしたら猫の毛が他の
につかんぞぉだのと、段々口うるさくなるおっかさんは、煙たいだろうが(笑)

文句言われるうちが花、口うるさいのも愛情だ思っておくれ。そうすりゃ
腹も立ちません^^

「あんた、日本のことを子供らに教えすぎたんや。見てみぃ」とは、子供三人を
しっかり己が手元に引きとめている友人の言。そう言われてもねぇ、と思いな
がら、夫も密かにそう思っているかもしれないと思うと、げ!です(笑)

いずこにいるにせよ、子どもたちよ、人様に迷惑をかけないように。
息子よ、ジムでガンガンやって設備器具をこわすなや。
娘よ、ヒカルの碁に啓発受けて囲碁教室もいいが、もうちょっと若い男たちが
集うところへも顔を出せや。

おっとっと、話が限りなくなりそうで、本日はこれにておしまい!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
コメント
希望はある!
おっ!?モザイクがかかっている!
おっかさん、素のままではヤバイと思ったね!?
碁会所には、息子がちょうど年頃の、ちゅうみたいな年寄りのじいさん達が集まっている。
モイちゃんなら、内の息子の嫁にと話があるかもよ!?
ちゃらちゃらした若い奴らの溜まり場より、良縁の確率が高いかも?
2011/05/25(Wed) 19:41 | URL | お仕事待機ちゅう! | 【編集
嬉しい写真
こんばんわ。今朝見ちゃいました♪その後のモザイク、何だか過程がしのばれる(笑)
今度お見かけしたらご挨拶しときます♪とっても可愛いお嬢さん、ハンサムな息子さん、綺麗なお母さんですね!(以前の記事で思ってましたんです)
spacesisさんの記事って胸に沁みるのが多いですね(今日もグッときました)。
北京の息子とはメールでやり取りしてますがあまりにも何も教えなかったからなのか(本人がどーかしてるからかも)先日洗濯の仕方を聞いてきました、全自動なのに。夫はクスツって笑ってましたが。
またよろしく。


2011/05/25(Wed) 21:17 | URL | kumi | 【編集
モイケル娘ちゃん
Muitos parabens!!!
おめでとう~、若くていいなぁw

モイケル娘ちゃん、これからもっともっと才能の芽が伸びて、"a talented girl" から "a talented lady" へと成長(?)していくんでしょうね~♪
2011/05/26(Thu) 04:20 | URL | ピパーナ | 【編集
微笑ましいですよ!
うちはまだまだ、子供が小さいので、
いつかこういう日が来るのかしら?
と考えちゃいました!
国内だって、どうせ独立するだろうし…
(いつまでも一緒でも困りますけどね!)

ポルトガルに帰るときの気持ち、わかります…
うちの息子らにも、beijinho教えとかないと!!e-330
2011/05/26(Thu) 04:22 | URL | jackie | 【編集
ポルトガルの奴隷証人(イエズス会)がキリシタン大名たちに武器と引き換えに人身売買をしていました。信長の時代です。秀吉は日本人を返せといいましたがかなわず、家康の時代以降鎖国になっていったのです。我々の習ってきた日本史・世界史はデタラメ。偽ユダヤに騙されているのです。
2011/05/26(Thu) 16:00 | URL | てんぺらとうべ | 【編集
>ちゅうさん

うっv-394
実はkumiさんがコメントに書いてるように、最初は
モザイクをかけずにアップしてたのでした(笑)

以前にも既に公表してしまった顔なのですが、この広いネット世界、
自分の顔ならばいざしらず、いつ何があるかわからないぞ、と言う
反省の元、即、モザイクに、と相成りましたw

ふつつかな娘ですが、っておい!もう
勝手に親たちがv-397
この幸せは親の幸せでもありますね。

>kumiさん

そうなんですよぉ、上で説明したとおり^^;

でも、本顔を見たkumiさん、もし街で似たようなのを見かけましたら、
ひょっとして「ポルトガルのモイケルさん?」くらいに
声をかけてみてください^^

お母さんはきれいではありません、写真はごまかしがきく
のですってば(笑)妹や甥から頂くニックネームは
驚くな「サザエおばさん」!v-411
本人はいたって真剣に行動しているつもりなのに、なにげに
コケてしまうところがあり・・・
娘は十人並、息子はチョット見はイケメン的に見えるかも
しれませんが、既にエピソードも紹介してますように
「粗にして野」であります。

全自動って使い慣れた者には簡単なのですが、初めての人は
とまどうのですよね。わたしは日本に行くたびに夫に洗濯機、
食器洗い機の説明をしてます~。(何便教えてるねん!と陰の声w)

娘にはわたしも、肝心のお裁縫の基本、ボタン付けなど
教えるのを忘れたのでした^^;

息子さん、色々な体験をして滞在を楽しまれるといいですね^^

>ピパーナさん

なんのなんの、ピパーナさんだって若いじゃありませんか!
まだまだこれから色々なことに挑戦できますね。
それこそa talented ladyですばい!

モイケル娘のtalent部分てごく内輪で出る芽かな?^^
それもまた楽しかりけり、です。

>jackieさん

小さい小さいと思っていてもあっという間の20年30年。
子供時代は再びやってきませんから、目いっぱい子育てを
楽しんでください!

beijinhoが自然にできるようになるのに、その習慣がない
日本人は時間を要しますね。いったん習慣づいてしまうと
うっかり相手が日本人でも思わずbeijinhoポーズをとったりして焦ってるわたしです(笑)

>てんぺらとうべ

はい、その話、読んだことがあります。
イエズス会はポルトガルだけではなく当時のヨーロッパ全域で
普及した宗教勢力だと思います。

どんな国もどんな宗教も暗部の歴史を抱えていると考えます。わたしたちが習った歴史も当時の時代では
真実だと言われたのでしょうが、歴史は常に二面性を持って
いることを踏まえて、大人になったらわたしたちはもう一度
真実を求めて学びなおす必要があると思っています。
2011/05/26(Thu) 17:12 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村