2011年6月2日

本日はテンプル騎士団ミステリー話を休憩して、子供たちの話を。

日本滞在から帰国して、ジェットラグ(時差ぼけ)でどうしても早朝に目が
覚めてしまうのだが、それを利用して家の中の整理を決心し、このところず
っと物入れや引き出しをひっくり返しては処分する物、まだ取っておく物と
分けている。

こうして整理をしていると懐かしいものがあれこれ出てくるので、それを眺め
たり読んだりしているうちに思わぬ時間がかかったりする。
そういうものの中には子供たちの思い出にまつわるものが多い。

そのひとつが下のゲーム元祖ファミリーコンピュータことファミコンだ。

ファミコン

いやぁ、このファミコンにはほんとに苦労させられました!

今ではゲームを卒業し、語学学校で働きながらなんとか生活費を稼ぎ、方や
ミョウチクリンな音楽作曲にもうしばらくの間うつつを抜かしたいと、東京在
住3年目に入った我が息子ですが、中学生だった頃の彼とは親子して、毎日
ファミコン・バトルに明け暮れたものです。
今ならさすづめパソコンゲームです。

以下、過去の我が子達のバイリンガル教育体験を綴ったものに、子供たちと
のファミコン・バトルの章がありますので、引用します。

我が家にファミコンがやってきたのは、本国でのブームより大分遅れてから
です。ポルトに日本企業が進出してきた1980年代も終わりの頃、駐在員さ
んのこどもの数が増えるにつれ、補習校の付き合いで息子のお呼ばれの
回数も度々です。そうして行っては遊んでくるファミコン。

しかし、変圧器を通して日本から持ち込んだ電気製品を使用できる企業関
係者と違い、現地に住んでいる我が家族です、変圧器など当時は10万円も
すると話を聞いており、そうそう簡単には参りません。
それ以前に、いったいファミコンゲームとはなんなのかと、親のわたしの知識
は皆無でした。

我が家にファミコンゲームが入ったのは息子が小学校も終わるころでしょうか。
所沢の妹一家から息子へのお土産にともらったのです。

しかし、ファミコン本体を持ち込むだけではだめなのでした。
日本と海外では電圧が違い、そのままでは使えない。
ファミコンゲームをするためには、まず変圧器とテレビを持ちこまないこと
には無理なのです。今ではテレビ、ビデオデッキもマルチシステムと言って、
日本、海外のソフトへの対応ができていますが、これが出てきたのはこの
ずっと後のことです。

せっかくお土産にともらったファミコンも、これでは使えない。
やもなく、わたしは日本から小型のテレビを持ち込み、変圧器はこちらの日本
企業の方になんとか工面していただきました。
しかし、これが後ではエライことになってしまうのですね。

ファミコンとテレビを飛行機でポルトに持ち込んだときは、息子の喜ぶ顔を
目の前に、親のわたしもこれで息子もなんとなく普通の日本人の子供の仲間
入りができるのかな?なんて単純なことを思い、後でやってくるファミコン
を間に親子の長期バトルのことなど、想像だにしなかった。

最初はおとなしく、せいぜい45分間との親との約束を守り、たった2本持っ
ていた「スーパーマリオ」と「Peach Boy(なんのことはない、桃太郎です)」
を楽しくやっていたのですが、中学生にもなると、補習校の子どもたちとソ
フトの交換をし始めました。

日本からも誕生日だクリスマスだと、プレゼントにファミコンソフトが届く
ようになり、さぁて、この息子のファミコン熱を親としてコントロールする
のが、誠に一苦労なことになったのでありました。

子供同士のソフトの貸し借りは原則的にわたしは同意しません。
貸すとなかなか返ってこないこともあり、また人のものですから何か故障に
でもなるとすぐには弁償できないという余計な心配と不経済が入ってきます。

そんなわけで、息子のファミコンソフトにはどういうものがあるか、わたし
はソフトボックスをチェックするように心がけました。見覚えのないソフト
があるときは、「これは一体どうしたのか」と必ず本人に問うようにし、借
りたものは長期間持つことがないよう返却を促しました。

さて、スーパーマリオなどの毒性のないソフトからやがて「ドラクエ」ブー
ムに入りました。この頃は、クリアしたいがために、表示される色々な語彙
の意味や漢字の読み方を質問してくるようになり、ここまでは、日本語を学
ぶ一端になると考えることができます。語彙力を養ったのは事実です。

ファミコン
★我が家に残っているソフトの一部

が、そのうち、ババッ!ババッ!と言う効果音(?)のついた暴力的なゲームも
入ってきました。それまでは、ひとりで遊んでいたファミコンゲームに、6歳下の
妹を誘い込むことになります。娘はこんな風に兄から男子ゲームのファミコン
洗礼を、ずいぶん早い時期に受けたことになります。

ファミコン
★ソフトの中でも息子が夢中になった「ババッ!ババッ!と言う効果音のつ
いた暴力的なゲーム。この二本にわたしは眉をひそめ、しまいにはアタマに
来て何度ぶっこわそうとしたことか


当時、子どもたちは帰宅すると一休みしてからまず宿題、そして日本からの
通信教育を終えるのが日課でした。リビングにある大きなテーブルにそれぞ
れの課題を広げ、わたしも必ず同席しました。学校の宿題を終えると、次は
日本からの通信教育学習です。これはわたしと一緒に読み書きを学びます。
補習校のみならず、自分の子どもの2クラスを同時にみるという複式授業を
家でも実施したいたわけです(笑)

ファミコンゲームはこれらの学習ががきちんと終わってから1時間という約束
です。「1時間経ったら終わる」
ところが、ゲームに夢中になると、あと少しあと少し。もうちょっとでクリ
アできるから、とこの約束が段々守られなくなっていきます。

しかし、母親もヤワではございません(笑)
約束は約束。しつこくファミコンにしがみついてると、容赦なく横からバチ
ッと電源を切ります。
こういうことが度々繰り返された暁には、ある日学校から帰って見ると、肝心
要の変圧器がどこにも見当たらない!というとにちょこちょこなりました。
神隠しならず、親隠しです。

息子の中学生時代、夕方の我が家はこの「ファミコン1時間戦争」で明け暮れ
たのでした。軍配は、どちらかと言うと、恐らくしつこく親隠しし、約束を守
らせようと時には口角泡飛ばした、母親に挙がるのではないかと思っています。

こういうことを、子どもと争うような形で、毎日するのはなかなか骨の折れる
ことです。もういい加減しんどい、と諦めて子どもたちの好きなようにさせて
しまうのはイライラしなくて済みますし、こちらとしては楽なのですが、それ
では親権、しつけの放棄です(笑)

子のしつけというのは、絶え間ない目配り気配りの連続だと、わたしは思って
います。時には親たりともイライラしたり、ドッと疲労感を味わったりするの
ですが、しつけ時代に親が楽をしてると、何時の日にか自分のいい加減なしつ
けのしっぺ返しを受けないとも限りません。
「可愛いけれど、ここは譲らんぞ。」としつこい一貫した親の気概がいるよう
に思います。

娘の部屋の隅で、誰の手にも触られることなく、すっかりほこりを被って
いる骨董品まがいの初期ファミコン本体と、場所だけとって邪魔になって
しまった日本の小型テレビは、あの頃のファミコン戦争などまるでなかっ
たかのように、今静かに横たわっています。


ところで、わたしたち夫婦はスカイプを利用して文字チャット、カメラチャ
ットなどでコミュニケーションをとっているのですが、子供たちからの話し
かけの挨拶言葉が昔から度々「Glu!」なのです。

「Glu!って何でんねん?」と訊ねるや、モイケル娘曰く、

「ファミコンのセイントセイヤのゲームの効果音だよ
味方が攻撃する時にGLU!って音がするのだw
GLU!GLU!って言いながら敵を倒していくのだw」


って、おいおい、わたしゃ攻撃相手の敵かい!
子供たちの挨拶の中には、今でもファミコンゲームの亡霊「Glu!」が住ん
でいるのである。

とまぁ、こういうことで、件のファミコンは「横たわっています」からその
後箱に入れられ保管されてきたのですが、テレビも邪魔だしもろ共、処分で
きないかなと思い、先だってモイケル娘に話してみました。

「だめーーーー!そのまま置いといて!」

今ではゲームを卒業した兄貴をしのいでゲームオタクもどきになった娘、
これじゃぁ、男もつかんかもなぁ

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
コメント
ゲームお宅と言う手もある!
我が家では中学か、小学高学年になってもゲーム機類は買わなかった。
そのかわりアナログの「人生ゲーム」や野球盤など買って家族で楽しんだ。
が、甥っ子がある時、子供達にファミコンを土産にくれた。
子供達は大喜び!親は渋い顔。
それでも、興味はサッカーにとなったので、時間も取れなくなっていつの間にか興味も薄れたようです。
さて、これからテニスクラブのパーティに行ってきます。
2011/06/04(Sat) 15:49 | URL | 本日テニスクラブ30周年祝ちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

ファミコンは百害あって一利なしなんて思ったりしたものです。

でも、ディスコもそうでしたが、それなり経験してよかった
のかな?と。

ところで、パーティーの報告、楽しみにしてます^^
2011/06/06(Mon) 03:55 | URL | spacesis | 【編集
ゲームは
ゲームは、私自身はぜんぜん興味がなくて、しなかったのですが、子供達はやっぱりするでしょうね~
今は、どこへでももっていけるPSPやらDSやら、親の目の届かないところで友達同士でできるのもいろいろあって、
公園で遊んでいても、そういうゲームしてたりしますよ。
折角晴れていい天気なんだから、体動かそうよ!!って思ったりしますが(f^^)

大人も電車でもどこでもやってるし。
(大人の場合は自己責任ですからいいんですが)

子供には、親がどう知恵を発揮して、他のこともやらせるか、でしょうかね。
2011/06/07(Tue) 04:26 | URL | jackie | 【編集
> jackieさん

ほんとね、困ったもんです。
ゲームより本物の人生のほうがよっぽど
面白いのにねw
2011/06/07(Tue) 06:05 | URL | spacesis | 【編集
やっぱり!
モイケル娘ちゃんと私は似ていますねw
私もファミコンはゲームオタクとなった原点ですw
弟はいまもファミコンを持っています >u<

お持ちのゲーム類、絶対に捨てないでくださいね~w かなりのお宝です!
2011/06/11(Sat) 03:56 | URL | ピパーナ | 【編集
>ピパーナさん

あれ?今頃はシンガポールかと思って
いたんだけど^^;
もう帰ったのかな^^

テレビもトランスもとっておくことになり、
邪魔なのよね~、小さい家にv-292

孫だっていつの話になるか分からないしv-8

ピパーナさんの言う「お宝」を信じてもうしばらく
のさばらしておくか!


2011/06/11(Sat) 08:11 | URL | spacesis | 【編集
こんばんは ^^
愛犬キカが老化でいろいろと問題が出てきたので、どうしても長期で留守番をさせるわけにいかず、賞味4日半の滞在にしました ^^;
なので行って、バタバタとすぐ戻ってきましたよ ^^;

私達オタクにとってはお宝の中のお宝です!
息子さん、ギターのコレクションすごいですね、私の弟も家が埋まるほどギターコレクションしていてもうスペースがなくw

モイケル娘ちゃんはやっぱりこういう経緯があって、ゲーム音楽作曲なんかに興味をもつようになったんでしょうねぇ。
ゲーム、あなどるなかれですね ^_-
2011/06/14(Tue) 07:30 | URL | ピパーナ | 【編集
>ピパーナさん

あらら、4日半!
でもペットを飼っていると旅行していても気持ちのどこかで
いつも気になり落ち着かないものですね。

うちにも白内障でほとんど盲目のネコ君がいますので、
ピパーナさんの気持ち、分かります。

わたしたちも5匹ネコで一緒に日本へ行くのは不可能^^;
夫がブツブツ言ってます。

音楽は二人ともわたしの影響もあるかなと思います。
彼らが小さいときから、レコードをかけたり歌を歌ったりは
しょっちゅうで、歌なしでの日々は無かったような気がします。

たしかにゲーム音楽の中にもいい音楽がありますね。
娘からよく紹介してもらってます^^
2011/06/16(Thu) 07:50 | URL | spacesis | 【編集
こんにちは ^^
そうですよね、spacesisさんちは5匹ですもんね~ ^^; 
旅していても毎日毎日犬・猫が気になり、世話してくれている友人に毎日電話して様子を伺ったり >u<

ああ、やっぱり、spacesisさん宅でもご両親が音楽をずーっと流しているから、だったんですね。
うちも全く同じです。小さい頃からレコードがいつもかかっていて。その影響で、私も弟も大の音楽好きに育ちました ^^

もうすぐサン・ジュオンですね ^^
サン・ジュオンのにぎやかな音楽もまたあれはあれで好きですよ♪
2011/06/16(Thu) 20:47 | URL | ピパーナ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村