2011年6月17日 

トマールのテンプル・キリスト騎士団修道院についてはしばらく前からご案内
していますが、聖堂が終わったところで内部についてはこれからということに
なりますが、どうしても再訪したいと思い、できれば来週、夫を説得して行っ
て来るつもりをしています。

夫、近頃忙しいのか、遠出するのがかったるいのか(年寄りめ!w)、どうも
腰が重い^^; そんなもので、先だってから、
「いいよ。あぁた行けなかったら、あたい独りで電車で行って来てやるぞ」
と誘い(誘いじゃなくて、そりゃ脅しだろ^^;)をかけているのですが、
夫、わたしが一人で遠出するのを好まないのでありまして、この手を使うと
まず95%がた成功でございます(笑)

ですので、テンプル・キリスト騎士団修道院内部のご案内は、もう少し増し
な撮影をして来るまで、お待ち乞う。

さて、ふと思い出したことがあるんです・・・・

昨春、堺に住む我が親友みちべぇと一緒に行こう!と長年夢見ていた我らが
約束の地「アルハンブラ宮殿」なのですが、ずっと待つこと30年。寄る年
波にはひょっとして勝てなくなるかも?と焦ったわたし、
「お~~い、みちべぇ。もう30年待ったぞ。この先、いつ何がおこるか分
からん年代に入り申す。先に行っとくぞ。」と許可を得て訪れてきたアンダ
ル地方の一週間、案の定、車での片道9時間は、きつかったのでありました。

コルドバの花祭りを始め、メスキータ、グラナダなどを既に旅行記として写
真ともども皆様には報告したのですが(こちらをクリック、もしくはブログ左
メニューのカテゴリ・アンダルシア
からどぞ)あれ?と思い出したの
は、肝心のアルハンブラ宮殿、アップしてない!

これもできるならば、先ごろ日本へ帰国してときにゲットしてきたデジカメ
で再撮影に出かけたりところですが、こればかりは、トマールのようにおい
それとは行きません。そこで、多少画像劣悪なのは我慢していただき、今日
は事始め「アルハンブラ宮殿(1)」と参ります。

アルハンブラ

多少マニアックなところがあるわたしは、アルハンブラ宮殿の昼と夜の顔が
みたいと言うので二度訪れて来ました。

しかし、日中は観光客が多くてどこもかしこも人だらけ。
なかなか思うように写真が撮れず、大変でした。夜は夜で城内はかなり明か
りを抑えているもので、こちらは我が稚拙な腕ではご推察通りの結果ではあ
りました。

画像を紹介しながら、わたしが興味を持ったことに絞って、勉強しながらアッ
プしていきますので、アルハンブラについては間をおきながらのシリーズに
なります。気長にお付き合いくださったら嬉しいです。

アルハンブラを訪れて、改めて「美しい」と思ったものひとつに、アラビア文字
があります。
アラビア文字

アラビア文字は右から左に横書きするそうですが、その他の細かいルールは
別にして、アルハンブラ宮殿内の売店で本を買ってきましたので、その中か
ら画像を載せてみます。

日本語を知らない外国人がウィンドーのディスプレイやTシャツのプリント等
で、よく鏡文字や逆さ文字などで使用していることがありますが、アラビア
文字も気をつけない、知らない者には上下左右が分からず気をつけなければ
なりません。間違いがあったらご連絡ください。

アラビア文字
これは古代アラブの諺だそうです。
「人は生まれ育った土地に属するのではなく、居を定めたところに
属するものだ」(英訳から)

アラビア文字
「Doubt is the first grade of conviction」

アラビア文字
これは詩の一節だそうです。その一行を繰り返しています。

アラビア文字
「The letter is a veil and the veil is a letter」

日本の「書」についての詳しいことは分かりませんが、こうして見るとアラ
ビア文字はどこかそれに通ずるような美しさがあるように思うのですが、どう
でしょうか。

生涯でわたしがアラブ圏の国を訪れることは恐らくないと思いますが、この
文字の美しさには惹かれるものがあります。また、写真で見る限りのモスク
の美しさも然り。
画像を整理しながら、これから異文化のアルハンブラ宮殿について少しずつ
調べて記録していくことのなるのですが、よろしかったらこのシリーズ、お
付き合いくださいませ。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:スペイン
ジャンル:海外情報
コメント
アルハンブラのロレンスの思ひ出
アラビア文字の絵、素晴らしいですね~その昔、NHKでアラビア語講座が短期集中で放映された時に第1回だけ見たのですが文字を覚えるのが大変そうなのですぐに挫折しました(^^;)ところで、アルハンブラ宮殿といえばクラシックギターの有名な曲に「アルハンブラ宮殿の思い出」というのがあるのをご存じだと思いますが、恥ずかしながらあっしはクラシックギターの曲をあまりやってこなかったので今度ちゃんと練習しようかなぁと考え中であります。トレモロ奏法というのが結構難しかったりするのですよね(^^;)それとなんとなく映画「アラビアのロレンス」をもう一度見たいなぁと頭に浮かんできましたが、あれって長いのですよね…と徒然なるままに続きそうなのでこの辺で。アルハンブラシリーズ楽しみにしています(^^)
2011/06/18(Sat) 19:55 | URL | 松浦佳也 | 【編集
アルハンブラ宮殿…!
言葉は知ってましたが、
実在の、ものだったのですね!!
恥ずかしながら、全然、思ったこともありませんでした~_(^^;)ゞ

私の、全く思わなかった分野を勉強できるので、毎回、楽しく読ませていただいてます!
このシリーズも、楽しみにしてま~す!!
(*^^*)
2011/06/19(Sun) 06:15 | URL | jackie | 【編集
>松浦君

「アルハンブラの思い出」は、わたしにとって思い出深い
曲です。既に書いたことがあるのですが、このシリーズの
途中でいずれ挿入します。

トレモロを練習して、松浦君のアルハンブラをUPしてよ^^

同じ曲でも、ナルシソ・イエペスのアルハンブラは他のギタリスト
の演奏と比べて速い・・・・なぜかしらね。

イエペソはロルカと同じ出とのこと、なれば、グラナダ出身で
アルハンブラは地元。彼の演奏の方が正しいのかな?

他のギタリストが弾く速度の方がわたしは好きだけど^^

アラビアのロレンスは好きな映画の一本!音楽もいいし。
ロレンスの最期も陰謀じみていて・・・

>jackieさん

こんにちは!
いいんですよ、私も知らないことはたくさんあります。

それを学ぶの楽しいのです^^
小さなことに疑問を持ち、ちょっとマニアックな記事かも
知れませんが、読んでいただけたらわたしも嬉しいです。
今後もよろしく!
2011/06/20(Mon) 17:13 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村