2011年6月27日 

アルハンブラの記事を楽しみに当ブログにおいでの方、いま少しお待ち乞う。
ただ今整理中です。

24日、サン・ジュアン休日を利用して兼ねてから再訪したいと思っていた
トマールまで車を飛ばして行って来ました。片道2時間半の道程、この日の
気温は32度と急に暑くなり、前夜、サン・ジュアン祭で夜遅く街へ出たの
もあって、週末の土日はくたびれた。

トマールはリスボンを含む「Estremadura=Ribatejo」地方に入ります。
テージュ川(Rio Tejo)の支流ナバン川が流れます。

今回訪れたのは、この数年間でキリスト騎士団修道院(元はテンプル騎士団
修道院)の修繕に期待したのがひとつ。もう一つは、トマールで4年に一度
行われる「タブレイロス祭(Festa dos Tabuleiros)」、2011年がその年
にあたり、あと一週間後だというので、ひょっとしてその準備が見られない
かな?との思惑があったのでした。

tomar
しかし、残念ながら見られたのは通りの装飾旗のみ。トマールの街は昼休み
で、飲食店とTurismo(ツーリストオフィス)を除いてはどこも閉店でしんと
していました。

tomar
↑↓ツーリストオフィスで見かけたタブレイロスのデコレーション。
パンと花で美しく飾られています。町に入りしな、タブレイロスを頭上に
乗せて歩く練習をしている女性を見かけましたが、機会がまたあると
判断したのが間違いで撮影し逃し!
tomar

下は、間もなく開催される祭のポスター。
tomar
テンプル・キリスト騎士団の赤いシンボルマークがくっきりと。

tomar
建物のベランダにも同様に。


この日は先に修道院を回ったので、食事は院内のカフェで。

tomar
基礎建築をそのまま利用して改造した修道院内のカフェ。食べたのはタマゴ
料理のふんわりキッシュ。食後のコーヒーは町のカフェで。

そこで薦められたのが、トマールの伝統菓子「Fatias de Tomar(ファティアス
デ・トマール」↓
fatias de tomar
FatiasはFatiaの複数で、パン、チーズ、タルト、肉などの一切れの意味)。
タマゴの黄身を使ったデザート用のお菓子ですが、冷たいシロップがかかっ
ています。
ポルトガルは、アヴェイロ市のOvos Molesのようにタマゴの黄身をしっかり
利用したお菓子が多いのですが、トマールのこれは冷たいからでしょう、
甘さも強くなくさっぱりしていました。

本日は、肝心の目的だった修道院は後回しになり、食べ物の紹介でした。
次回はアルハンブラUP、頑張ります!

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
修道院の中に
カフェがあるのですね!
そして、甘いものに目がないので_(^^;)ゞ
その、トマールのお菓子、おいしそうですね~~
ポルトガルのお菓子、エッグタルトも食べたことがないので、
いつかは!
と思っております。
(*^^*)
2011/06/29(Wed) 05:40 | URL | jackie | 【編集
庭には二羽にわとりがにわか雨
Fatias de Tomar、卵焼きに砂糖を混ぜた感じなのかなぁ~と味が気になります。なんとなく高級感が漂っているので昔はお祝い事の時にしか食べられなかったとかそんな話はあるのか興味のあるところであります(^^)
2011/06/30(Thu) 08:50 | URL | 松浦佳也 | 【編集
>jackieさん

ポルトガルのお菓子もデザートもこってり甘いですよ。
お覚悟あれ!笑

>松浦君

卵焼きじゃないぞw
卵の黄身をたっぷりつかってけれど、作る時間も結構かかるみたい
冷たくて美味しかったです^^

そう言えば一言書くのを忘れてました。
この伝統菓子はキリスト
騎士団修道院のお坊さんたちが好んだのだそうです。
2011/07/01(Fri) 23:30 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村