2011年7月11日

generalife
Alhambragranadaサイトから
                 
アルハンブラ宮殿の建つ同じ丘の宮殿から少し離れたところにある。
13世紀から14世紀の始めにかけて造られ、イスラム王族の別荘として
使われた。
「ヘネラリーフェ」とはアラビア語で「全てを知るものの住むところ」と言う
意味。

generalife
Alhambragranadaサイトから

しかしながら、ヘネラリーフェはイスラム時代の終わり頃からレコンキスタ
による陥落後の長い間放置されてきたのと、キリスト教徒がレイアウトを
変えたりしたのとで、元のヘネラリーフェがどのようであったかを知るのは
難しいようだ。

アルハンブラ宮殿にあるような華美なアラベスク模様の細工はへネラリー
フェでは見られず質素だと言われる。

「言われる」とわたしが言うのは、とどのつまり見逃したのであった^^;
よって、トップの画像二枚のみはアルハンブラ案内公式サイトからの借り物。

こと、自分が興味あるものには、普段はたいしてない体力も俄然出てくる
わたしと違い、前日の夜のアルハンブラ、そしてこの日のアルハンブラと
続き、更に日中は結構な暑さのためか、夫は多少くたびれたようで糸杉の道
にあるベンチで休憩。 

generalife

その間、欲張りなわたしは休んでおられるか、もったいない!てなことで、
彼が休憩中、一人、へネラレーフェ庭園の外壁側にある庭園を歩いて撮影し
て来たのである。

しかし、今にして思えば、「しまった!夫を引きずってでも行くべきであっ
た」と後悔している。
車で片道9時間近くの旅程はきつかったので、そうそう簡単にアルハンブラ
再訪はできまい。夫にそれとなしに、「いいところを見逃してきた~」と言っ
たら、「We can visit next life」と、にべもない

と言うわけで、トップ、フェネラリーフェ庭園内はアルハンブラ公式案内サ
イトからの借り物です。下記わたしの画像はフェネラリーフェへ向かうまで
の糸杉の道にあるフェネラリーフェ庭園に良く似たガーデンです。

generalife
面白く刈り上げられた糸杉をくぐると、噴水が続くプロムナードになっている。
generalife

generelife

generafile
サルビア、薔薇、ジャスミンの花が咲き、噴水が清涼感を誘う。
generalife

↑↓写真の壁裏側がフェネラリーフェ庭園になる。

generalife

下は野外劇場の一部
generalife

今回(7)をもち、わたしの「アルハンブラ宮殿案内は終了です。
空路、陸路の車、電車、バス、どれをとってもアンダルシア地方に辿り着く
のはあまり楽なことではありませんが、それを押しても行って見るだけの
価値はあります。

ヨーロッパの中にありながら、他の国とは何かが違うと感じられるポルトガ
ル・スペインのイベリア半島は、紛れも無く8世紀から15世紀にも渡るイ
スラム文化の影響を今に留めているからです。

ポルトガルもスペインも、イスラム文化が花を咲かせた南に下れば下るほど、
その影響が顕著に見られます。言語にもアラブ語を語源にする言葉がたくさ
んあります。Algarve(南部の地方名)、almoco(昼ごはん)、almofada
(クッション)、alcool(アルコール) algebra(代数学)、almanaque(暦)
algodao(綿)などなど、alで始まる語彙はAlhambraも含め殆どがそうです。

イスラム文化がイベリア半島にもたらしたものは言葉だけではなく、数学、
天文学、建築、彫刻、詩、音楽など幅広い知識であり、ポルトガルの大航
海時代もこれらの基礎知識の恩恵を得たものではないか。

これらからすると、かつてのイスラム文化は世界に類を見ないハイテクの国
だったと言えます。
砂漠と月と星のイスラム国は、それゆえに砂漠に無いものを求めて知恵を集
め、技術の光を求め続けたのでしょう。

いかなるものも永遠に存続するあたわず。
歴史遺跡を訪れるといつも思うことですが、アルハンブラ宮殿はその異文化の
華麗故か、特にそんなことをわたしは感じました。

スペインの作曲家フランシスコ・タルレガの名曲「アルハンブラの思い
出」を聴きながら、わたしが写真で紹介したアルハンブラをもう一度
動画でごらんください。




「アルハンブラの思い出」に関連するわたしの思い出話を聞いてみますか?
                 ↓
             津国ビル純情1

なお、本日は「タブレイロス祭」の記事も下記にあります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:スペイン
ジャンル:海外情報
コメント
いつか…
「アルハンブラの思い出」は、さすが名曲ですね~
画像と一緒に堪能しました。
いつかぜひ、自分の目で見てみたい!
…ですが、やはり遠いのですね…
先輩(岩岡)のところに行っても、簡単には行けないようですね。
でも、その方がいいのかも…
すぐ行けちゃうところよりは、夢が膨らみますからね。
いつかは!!
大長編、お疲れ様でした!
楽しませていただきました
(*^.^*)
2011/07/13(Wed) 04:24 | URL | jackie | 【編集
spacesisさん、こんにちわ。

お忙しい中、すごいup!
そうですか、スペインやポルトガルはイスラムが色濃くあるんですね。
行った事ないのに、確かに他のヨーロッパの国々とは違う印象は持ってました。

納得。精力的で面白い記事でした。

こちら毎日暑い熱いです。でも未だエアコン使ってません、扇風機や保冷材で足りてます。眠れないと問題ですが眠れてますので、節電もそうですが、慣れて行きながら力をつけたいと。

ではまた。
2011/07/13(Wed) 11:05 | URL | kumi | 【編集
>jackie さん

リスボンからだともっと近くなりますよ^^
楽しんでいただき、こちらも嬉しいです。

>kumiさん

がんばってますね!
湿気が少ないと多少の高温もなんとか
しのげます。

まだこれからが勝負ですから、無理をせず、いざというときには
エアコンを使いましょう。熱中症にでもなったら、
それこそ取り返しがつかなくなります。

ブログを読んでいただき、ありがとうございます!
2011/07/14(Thu) 07:19 | URL | spacesis | 【編集
こんにちは~!
ぜひ、相互リンクさせてください(^^)
糸杉を見るとヨーロッパだなと感じます。
街路樹(道沿いに植えてある)イメージですが、
庭園で刈り込んだりする木なんですね。
ちょっと意外でした。
糸杉の道にある公園は、緑が美しいですね。
こんなところで、ゆっくりと時間を過ごしてみたいです。
2011/07/16(Sat) 10:58 | URL | cobe | 【編集
>cobeさん

この刈り込みはわたしにとってもおもしろいなぁと意外でしたよ。

リンク、ありがとうございました!
こちらも近々、ねこちゃんの画像を載せてみますね^^

今後ともどうぞよろしく。
2011/07/18(Mon) 15:58 | URL | spacesis | 【編集
アルハンブラの思ひ出ぽろぽろ
シリーズ終了お疲れ様であります。「アルハンブラの思い出」は譜面を入手してぼちぼちぽろぽろ練習していますが、トレモロが面倒なので"I can play it the next life" ということになるかもしれません(^^;)
2011/07/19(Tue) 21:19 | URL | matsuura448 | 【編集
>matsuura448君

あはははは。
一期一会。next lifeで会えるとは限らんぞw
確かにトレモロ、楽ではないですね。
2011/07/21(Thu) 15:55 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村