2011年7月28日

前回エントリー、トマールはテンプル・キリスト騎士団修道院のマヌエル建
築と呼ばれる「大窓」にあるシンボル、バックルつきのベルトの意味は何か
と謎解きに挑戦してみました。
下記、もう一度、件(くだん)の写真を。

janela_garter

①ガーター騎士団

2007年に訪れて以来、思い出してはこのシンボルの意味するところを調
べてきましたが、なかなかこれかと思われるものに突き当たらず。
それがらみで時間に任せてあちこちネット内をサーフィンしているうちに、
ある日出会ったのがイギリスの「The Order of the Garter」こと「ガーター
騎士団」です。
ガーターとは、最近では女性もめったに着けなくなった「靴下止め」のこと。
そんなガーターの騎士団とは一体どんなものなのか?

14世紀の半ば、イギリスのエドワード三世が設立した騎士団で、フランス
との百年戦争のために団結力を結束させることを目的に、「アーサー王と円
卓の騎士」を真似て24名の騎士を編成したのが始まりだと言われます。

騎士団は君主から「ガーター勲章」を受ける形をとります。勲章一式はブル
ーの生地に金糸で「Honi soit qui mal y pense(よこしまな思いなる者災
いあれ)」とフランス古語で刺繍されているガーター、黄金の首飾りとそれ
につける記章、星の記章(下の画像で女王がきているマントの左胸にある)
大綬章で構成されています。
 
ガーター↓は男性団員は左ひざに、女性団員は左腕につけるのが習慣とされます。
comventocristo?garter
wikiより 
       
これは現在もイギリス王族に引き継がれており、1948年以来、毎年6月
にウインザー城でセレモニーが行われるとのこと。
勿論、現在のマスターはエリザベス女王です。
conventcristo_garter
wikiより

この写真からウイリアム王子もガーター騎士のメンバーになったことが分かり
ますね。黄金の鎖をさげています。
conventcristo_garter
wikiより

さて、この辺まではこれまでの調べで分かっており、ベルトと思っていたト
マールのテンプル・キリスト騎士団修道院、マヌエル式大窓にあるものは
ベルトではなくてガーターではないか?と思い始めてきました。

しかし、これだけではつながりが明白でなく憶測の域をでません。そこで、
「ガーター騎士団」の由来を辿ってみることにしました。

ガーター騎士団は、イギリスのエドワード3世が設立したのですが、その歴史
は12世紀、獅子王と呼ばれたリチャード一世の十字軍遠征に遡ります。

十字軍遠征は11世紀から13世紀の間に9~9回の遠征があり、12世紀
後半の第3回目の遠征にリチャード一世は参加しました。
この時、リチャード一世は加護として自身が崇敬する聖ジョージ(聖ゲオル
ギオス)の象徴である白地に赤い十字をあしらった旗を掲げ、同じく聖ジョ
ージが足に着けたと言われるガーターを着けて闘いに臨みました。
(上の写真、ウイリアム王子のマント、左胸にあるマークがガーターの真ん
中に象られた聖ジョージの旗です)

この時の旗が後のイギリス国旗、ユニオンジャックの元になるわけですが、
このことから後に聖ジョージはイギリスの守護聖人にもなります。

当時の騎士がガーターをつけたのには、そこに武器を差し込むためと考えら
れます。

ここに来て、トマールにある大窓の木に巻かれているのはベルトではなくて
「ガーター」ではないか?と思い始めたたのですが、ガーター騎士団は英国
のこととて、これだけでは決め手になりません。
そこで、まず「聖ジョージ」とはいったいどういう人なのかを調べてみるこ
とにしました。

この続きは調べがついているのですが、まだまとめが仕上がっていません。
ちょうど面白いところで申し訳ない!明日には更新できると思いますので
いま一日の猶予をください。

さて、ポルトはやっと少し暑くなりました。我が土曜日の日本語教室も先週で
ひとまず終了し、自宅教室の生徒さんたちもほとんどが休暇に入りましたが、
まだ頑張りたいという熱心な生徒さんもいます。

なにしろ我が家のクーラーと言えば例の問題移動クーラーな訳で、できる
ものなら使いたくない。暑さにはからきしダメなわたしですし、そろそろ少し
の期間はデレ~~ンとして怠けてみたい

そしてその後は10月に市立図書館で上演決定となったボランティア影絵の
準備です。BGMは既に決めてあるので、近頃は毎日その音楽を流してイメージ
を膨らませては、「よし!やるぞ!」と(笑)

近況でございました^^
それでは、明日は謎解きの続きと参ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
へ~奥が深いんですね。
それとspacesisさんの探究心の深さには恐れ入ります。

昨日あたりから気温が上がり始め、この時ぞとばかり海水浴へ行く人も増えているようですが、本当に寒い日が続いてました。あの去年のトマールのくそ暑さが懐かしいぐらいです。
私は旅行後の疲れか、食べすぎか、この気候のせいか、はたまた更年期のせいか体調が優れません。
2011/07/29(Fri) 01:31 | URL | gallega | 【編集
ふむ
なかなか面白い推理ですね~
って、そもそもガーター騎士、の前に勲章やらいろんな小物がよくわかってないのですが、
推理の結末を待ってますね!

そうそう、お申し出いただいたので、早速こちらのブログから、spacesisさんのリンクを張らせていただきました!!
が、よく考えたら、FC2同士なら、別のやり方があるのかしら…?
まだよくわかってません、
よかったら教えてくださいね!
2011/07/29(Fri) 04:55 | URL | jackiemai | 【編集
>gallegaさん

ほんと、こちらも急に暑くなりました。
と言うより、これがいつもの夏なんですけどw
ついこの間までの涼しさが、色々動きやすくてわたしは
好きなのですが、そうは問屋が下ろさないですね。

うふふふ。去年の一番暑い時期にトマールを訪れたのでは?v-391
去年この謎解きをしていたら、gallegaさん、ご家族にちょっと
自慢できたかも^^残念でした。

日本から帰って以来、わたしもずっと体調があまり優れなかった
のですよ。
やっと最近少し戻ってきたところです。
マヤの暦が2012年の12月で終わるのでと騒いでいる
人たちも一部いますが、なんだか少し気になることでは
ありますね。

お互い異国に住む身、体だけは気をつけましょう!

>jackiemaiさん

自分では色々念頭にあって書くもので、
つい調子に乗って
説明不足なところがあると思います。

本日28日のエントリーでもう少し分かりやすくなったかな?と(笑)

リンク、ありがとうございました。
謎解きに夢中になっていて、うっかり忘れてましたv-408
本日、こちらもいたしました。
今後ともよろしく!


2011/07/29(Fri) 10:07 | URL | spacesis | 【編集
マヤ!
マヤ暦云々は知りませんでした。
なんだかまんざらウソでもなさそうな・・
実は私ラテンキチで、1年ほど一人で中南米を放浪したことがあるんですが、その前にマヤ文化に惹かれてグアテマラのtikalまで行ったことがあるんです。
その後、国立図書館に専門書を取り合わせたりして色々調べたりしたのを思い出しました。そのころはまだネットとか普及してませんでしたし。
2011/07/29(Fri) 19:53 | URL | gallega | 【編集
>gallegaさん

おお、すごい!
グアテマラまでも足を運んでいるのですね!
わたしは残念ながら南米には一度も足を踏み入れてはいません。
若い時から遺跡関係で興味はあったものの、とうとう
行かずじまいでした。

南米には多くの未解読の遺跡がり、その当時わたしは
エーリッヒ・デニケンの本を読み漁り(知ってますか?)、
夢中になったものです。

ネットで調べるのとじかに現地に足を運んで検討するのとは
多いに違いがありますね。

gallegaさんの中南米放浪を聞いて、なんだかぐんと親しみを
感じます。
2011/07/31(Sun) 18:37 | URL | spacesis | 【編集
いや~検討とまでは行かないと思いますが、その頃は”もう、行かないと!”という思いで親にも事前連絡せずに行きましたよ。(その頃情勢もあまり良くなかったので)
2011/07/31(Sun) 19:25 | URL | gallega | 【編集
>gallegaさん

南米は今でも時々日本人相手に事件が起きたり
していますね。
gallegaさん、そういうことに遭遇しなくて幸運だったと
言えそうです^^
2011/08/01(Mon) 19:50 | URL | spacesis | 【編集
本と、そうです。
キューバは危なくないですけど、メキシコやベネズエラでは色々聞きました。
プエルトリコでなんてコンサート会場で発砲された時には驚きました!
2011/08/02(Tue) 06:02 | URL | gallega | 【編集
>gallegaさん

若い時に半年ほどアリゾナで勉強したことがありますが、
メキシコとの国境Nogalesへ入ったことがあります。
わたしの南米体験はそれだけw

町のいたるところで男たちがタムロしている光景に少し怖気づきました。
でも、あれってラテン系の習慣なのでしょうね。
30年前にこちらに来たときに、まさか、ポルトガルや
スペインで同じ光景を見かけることになろうとは夢思いませんでしたw

退職者や仕事にあぶれている人たちでも家の中に
こもっていないというのは、救われるのかな?と今ではそう思っています。

これもポルトガルの昔の話ではありますが。
2011/08/02(Tue) 18:19 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村