2011年8月5日 

わたしがピアノに初めて手を触れたのは高校時代だ。
歌が好きだったので楽譜は読めたが、それまでに触れたことがある楽器と言
えばせいぜい小学校での木琴、それにウクレレだった。

わたしには8人の叔父叔母がいたのだが、その中の一番若い叔父が当時職
場でハワイアンバンドを結成しており、クリスマスなどのイベントに機を得
ては演奏していたと思う。叔父の持ち場はスティールギターだった。

きっかけが何であったか今ではもうはっきり覚えていないが、ウクレレプレ
イーヤーが一人演奏できなくなり、それで急遽、叔父家族の隣に住んで
いた高校生のわたしが穴埋めをさせられることになったように思う。

ウクレレは4本弦で小さくて弾きやすく、何事もいったん興味をもつとのめり
こみやすいわたしは、基礎的なコードを教えてもらい、朝な夕なに練習を
やりだすものですぐ弾けるようになった。
「月の夜は」「南国の夜」など何曲ものハワイアンソングを覚えたが、
なかでも好きだったのは叔父がよく演奏していた「すずかけの径(みち)」
だ。古い歌だったが3拍子のメロディーも歌詞も美しく、よく一人でウクレレ
を弾き歌ったものだ。

♪友と語らん すずかけの径
通い慣れたる 学び舎のまち

やさしの小鈴 葉陰に揺れば
夢は帰るよ すずかけの径
      懐メロですが、こちらで聴けます。
   こちらは倍賞千恵子さんが歌っています。

高校生になってピアノに触れるようになったのは、入学するなりすぐ、
「あなた、音楽部にいらっしゃい」と入部に勧誘した音楽教師の勧めだった。
高校の授業料もやっとこさ払えた生活環境である。ピアノレッスンなどの
余裕はなく、その女性の音楽教師が放課後にちょちょっと指導してくれ、
後は、早朝登校して音楽教室にあるピアノで練習するというレッスンで
あった。

夢中になったわたしは家でも練習したくて、白い紙に鍵盤を描き、その上に
指を置いては頭の中で音を出し、原始的な練習に勤しんだ時期ではあった。

いずこの親も自分の果たせなかった夢とやらを子に託すものである。
わたしもその例に漏れず、生半可なレッスンではピアノは学べないのだと
知り、高校時代に諦めてしまったわたしは、我がモイケル娘が5歳になった
とき、当時、2、3年毎の日本帰国を一回諦め、思い切って電気ピアノを購
入し、彼女に個人レッスンでピアノを習ってもらうことにした。

以来、娘のピアノ歴は、5歳からのピアノの先生が留学することになった後
のしばらくと、次の先生が少し厳しすぎたことが原因でしばらく休んだ期間
を除いて、ピアノ学習は13年ほど継続したことになる。

二人目の先生は中学時代の英国人の先生で、厳しくなったのには理由があっ
たと思っている。と言うのは、女性の先生であったが、そんなある日、
「モイケルさんを週に一度だけでなく、2、3度レッスンによこしませんか?
経済的な問題があれば、授業料は免除しますよ」と申し出があったのである。

この先生につき始めたころから、モイケル娘、
「本物のピアノが欲しいな。練習していってもタッチが違う、音が違う」と
言い出していたのを、
「お稽古で本物のピアノを買ってその後、家のなかで誰にも触れられること
なく、音も狂ってしまってるピアノをたくさん見てきてる。プロになるのだ
ったら別。この電気ピアノだって、ようやく買えたのだよ。我慢しなさい。」
と言い含めたものだ。

さて、先生の申し出はどうなったかと言うと、考えた末、やはりそれまで通
り週に一度のレッスンということにした。どんな楽器でもそうだが、それを
職業とするなら、学校の成績を気にしながらの生半可な練習ではできるはず
もない。音楽家の道は果てしもなく遠く、経済的なサポートなしでは成し遂
げられることはない。しかも、才能の有無は分からないのである。

そのうちに大学受験勉強で娘の生活は忙しくなり、その間のピアノレッスン
は予測どおり休まざるを得なくなり、ピアノレッスンはなくなったが、家で
はピアノを楽しんで弾いていたものだ。

日本の大学卒業後、就職をして、やはりピアノが恋しいと本人はローンを
組んで、持ち運びに便利、音の調節のできる電気ピアノを購入し、今でも
彼女はピアノの音を楽しんでいるようだ。

パソコンでなんとも面白い音楽を作っている兄貴の手ほどきを受け、いつの
間にか本人もパソコンでのゲーム音楽の作曲を趣味にするようになり、昨年
はYoutubeやニコニコ動画にも自分の曲をアップロードしたりしているのは、
このブログでも取り上げたことがある。

そのモイケル娘、趣味で彼女がpc作曲をしていることを知っている会社の
部署から
「スーパーでよく流されるような雰囲気の曲を作ってくれ」
と頼まれ、試しにこんな曲を作ってみた。昨日採用OKがでたので聞いて
みてくれと言う。タイトルは「iratto」。

わたし  「い、いらっと?」
モイケル 「うん。だってスーパーの曲って同じ繰り返し、聞いてると段々
       イライラしてくるじゃん」
おいおい^^;
もちろん、会社にはそんなタイトルは伝えていない(笑)自分のファイル用
だという。

「聞いてごらん。聞いてるとイライラしてくるぞぉ~」

それで、聴かして貰いました!
お、おもしろい!わずか10秒ほどの元気な音楽が繰り返し繰り返し。
まさにスーパーぴったりじゃん!

「モイちゃん、うまいねぇ~」とこれまた親バカ。で、すかさず、
「作曲料、コピーライト権は?」と意地汚いおっかさんの言葉に、
「いや、なにもない」

さ、さらーっとしてるけど、これ、流行ったらどないするねん?と、まぁ、
ほぼありえない事象を期待しての心配する親バカであります(笑)

ま、こういうのが励みになるということで満足しておきましょうか^^
ここでその「iratto」をお聞かせしたいところですが、ちょっとまずいで
しょうってことで、本日は我が子達の音楽を改めて紹介させてください。

まず、モイケル娘の2曲を。


http://www.youtube.com/watch?v=3PmUrY2Mbw0

 こちらは、既存の曲をジャズ風にアレンジ。


こちらは下記、我が東京息子の音楽サイトへ飛んでいただきまして

http://www.myspace.com/fullpropulsion

ポルトガル語になっていますが、真ん中に音楽リストがあり視聴できます。
トップの新曲「Time Off」は、わたしも気に入っており、おすすめ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:音楽
ジャンル:音楽
コメント
へ~
お子さん、すごいですね。
私なんて音大出てても作曲なんてできません!本当にセンスないんでしょうね。

大学卒業後はキューバ音楽に被れ、それ以降ラテン一直線でした。
2011/08/05(Fri) 19:19 | URL | gallega | 【編集
>gallegaさん

キューバ音楽と言うと、わたしが知ってるのは映画でみた
「ブエナ・ヴィスタ」くらいでしょうか。
あと、キューバですぐ浮かぶのは「チェ・ゲバラ」

ラテン音楽としては、ボサノバを除いたブラジル音楽も
いいのがたくさんあって、わたしは好きです。

ラテン一直線、そして今ラテン国のスペインに住むというのも
なにかの因縁ですね^^
2011/08/05(Fri) 21:38 | URL | spacesis | 【編集
ラテン
私が初めてキューバに行ったのはその映画の7年位前でしょうかね。日本でもまだキューバブームが始る前でした。
スペイン語始めたの、キューバ行ってからなんですよね。やっぱり言葉がわからないと面白くないじゃないですかぁ!
ブラジルは唯一行きたくて行けなかった国です。ハネムーンで計画していた
ら子供が出来てそれで行けずじまいです。サンバ・ボサノバもいいですよね。(私、浅草のサンバカーニバルにも出たことがあります。演奏する方ですよ)
2011/08/06(Sat) 02:47 | URL | gallega | 【編集
一度
「イラット」聞いてみたいですね~
掲載されてた音楽も、聞かせていただきました!
いろんなジャンルの曲が作れるのですね!
多彩でうらやましい(*^^*)
2011/08/06(Sat) 06:33 | URL | jackiemai | 【編集
「イラット」の曲?
何に使うために採用されたのかな?
仕事だったら当然、作曲料を請求!
もちろん著作権はもいける嬢にありよ!
ちゅうは会社にデザイナーとして勤めていた頃はちゃんと請求しましたよ!
もちろんイラストの場合ですが。そこんとこどうなのかしら!?
日本の社会(会社)はうやむやにする風潮があります。
次は、しっかり請求しましょう!
2011/08/06(Sat) 19:53 | URL | 猛暑!テニスちゅう! | 【編集
>gallegaさん

お!浅草のカーニバルに出てたなんて!

カーニバルは南半球のブラジルは暑い季節でいいの
ですが、北半球は大変なんですよね^^;
その国の言葉が少しでも話せて行くのとそうでないのと
では面白みが随分違いますね。

>jackiemaiさん

こんにちは。数日中にこっそり一日だけホームページで
紹介してみましょう。そのスーパー用の音楽(笑)
その時はここで事前にお報せします。

>ちゅうさん

スーパーでデモンストレーションをすることも
あるようで多分その時のBGMとして使用するのかな・・

二曲目に話がきたら請求せ~と言っておきましたv-290
2011/08/07(Sun) 19:40 | URL | spacesis | 【編集
モイケルお嬢ちゃん!
私、2番目をいたく気にいったのでしたw
やはりゲーマーということもあり、画像にもひかれ ^^
2011/08/19(Fri) 08:17 | URL | ピパーナ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村