2011年8月30日

首相の顔が変わり、ようやく朝っぱらから不機嫌にならなくて済むかと思い
きや、今朝のウエブ新聞「幹事長に輿石氏内定」を読んで、がびーーん!
よりによってシ、シケメンをなんでまた・・・初っ端からだめだ、こりゃ。
おまけカン前首相、「立つ鳥後を濁さず」の日本人性質を知ってか知らずか、
最後の最後の土壇場で朝鮮学校無料化適用手続きの再開指示ってなんだ
い、ありゃ。そんなことより先に自国の教育をかえりみよ!
これを言わずして今朝はブログが始まらない!

と、一言書いたところでエントリー本題です。

ポルトには、昔からアーティストが集まる老舗のカフェがいくつかあります。
今日はその一つ、友達や日本と生徒とのおしゃべりにわたしもよく利用する
Cafe Guaranyですが、先週見てきたライブも併せてご案内します。

guarany

 所在地:Avenida dos Aliados89/85
  アクセス:メトロAliados /Sao Bento 下車  
  営業:9:00-24:00

                  
著名人も訪れ昔からミュージシャンたちのカフェとして知られるカフェ・グ
ァラニ。「グァラニ」とは、南アメリカ中央部に広く生存していたインディ
アンのことで、現在はパラグアイ、ブラジル北部とに住んでいる部族をさす。
また、アマゾン川の植物グァラナ(ガラナ)からとるブラジルのソフトドリ
ンク、ガラナはこの部族の名前から来る。
guarany

カフェグァラナはカフェブーム時代の1933年にオープンし、現在も週末とも
なるとアーティスト達が集う場所だ。毎週末にはファド、ジャズ、キューバ
ン音楽などのライブがあり、入場はテーブルについて飲み物を注文するだけ
でフリーだが、席が取れないことが多いので、できれば夕食の予約していく
ことを薦める。

ベル・エポック時代そのままの雰囲気がいい。
guarany
店内の壁いっぱいに掛かるのはグァラニ族を描いた「Carla Morais」の絵。
テーブルは大理石仕込みで、奥にはグランドピアノが置いてある。    
     
ウインドーに貼り出されたコンサート案内のポスター。
guarany

拡大してみましょう。
guarany
        ファドの宵(2007年) 
 
guarany
        キューバン音楽の宵(2007年)

guarany
        ファドの宵(2011年) 
  
           
           
夏休み最後の先週の金曜日夜、地元の人間でありながらまだ一度も入ったこ
とがないという夫と義兄を誘い初めて夜のGuaranyへ。
         
guarany
   
9:30からライブが始まるというので少し早めに出かけて食事を。
guarany
下はわたしが注文したArroz de Feijaoこと豆ご飯。
guarany

この夜は三人楽器演奏者、シンガーが二人の5人メンバーのラテン音楽グルー
プ。
guarany
キエンセラ、ベサメムーチョ、stand by me、最後はシャキーラの歌までサー
ビスの1時間半の出ずっぱり。右の女性歌手は声にボリュームも表現力もあっ
て歌っていい。
          
guarany
親に連れられて来た子供がラテンの軽快なリズムになんとなく体を動かして^^
(長期帰国滞在中、子連れでアサヒビアハウス歌姫カムバックしたころの息
子を思い出しました。これについてはこのブログの後記に。)
        
下は、いつの間にか客が踊りだしているところ。常連でしょうね^^
後半、上の写真の年配のお二人も踊りに加わりました^^
guarany
 
我が大阪青春のビアハウス時代を思い出しました。かつての梅新アサヒのビ
アハウスでもこんな風に歌にあわせてステージ前で常連がタンゴなどをよく
踊ったものです。

ビアハウス時代については数年前に私の初期のホームページにシリーズとし
てエッセイとギャラリーを載せてありますが、新しいデジカメも手に入った
ことですし画像もエッセイも目下掲載し直し中で、改めて後日、ご案内い
たしますが、ちょっとだけでもええから見せて~と言う奇特な方がおられま
したら、下記までどうぞ。

あの頃、ビアハウス」ギャラリーを覗いてみる。 
asahi-joao asahi-joao
註:歌っているのはわたしではありません(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
こういうお店が…
あちこちに、あるんですか?
いいな~私だったら、毎晩行ってそう…
(*^^*)

日本の政治について、これから期待できるんでしょうか…
不安ではありますが、まずは見てますよ。

そちらは、危機回避できそうなんですか??
2011/08/31(Wed) 04:52 | URL | jackiemai | 【編集
>jackiemaiさん

最近は小さな店でのジャズライブが結構あるようです。
そういうところも金土の夜が多いと思います。

わたしは今では夜の外出、かなり億劫になってしまいましたね^^;

jackiemaiさん、期待はできそうもないです。これではね・・・
ポルトガルも厳しいようですが、どうなることか、世の中全体がどうも調子よくないですね。
2011/09/02(Fri) 06:31 | URL | spacesis | 【編集
良き時代‥‥エエですねぇ
それのしても入口のプランターも凄いです。西へ行けば先生の教室?地下道の先はクリスタル庭園、ロータリーに出て音楽堂から海へ行く途中のサッカー場近くにマクドが‥最近知りました‥グァラニ近くのマクドは「世界一」と言われております‥が^^。

梅新と言えば激安洋画館と千成しか存じませんが(>_<)ビアハウスも正に良き時代でございました。
2011/09/02(Fri) 23:07 | URL | 夢想窓 | 【編集
>夢想窓さん

ふふ、よくご存知でv-290

教室は実はこの春、Lapa教会と病院のすぐ側に移ったのです。
場所は便利でよかったのですが、段々スペースが狭くなり、教室としてはもう少し落ち着いた雰囲気が欲しいということで。

アリアードス通りのマクドは昨年6月のサン・ジュアン祭にアイスクリームを求めて始めて入りました。

そういえばアサヒビアハウスの向かいあたりに映画館があったような。
あの頃は世の中に活気がありましたね。そう思えるのは自分が若い時代だったからかな?
2011/09/04(Sun) 13:37 | URL | spacesis | 【編集
すみませんが質問です。
私達夫婦は二人と大型犬一匹の家族で南アフリカに6年住んでいます。私の仕事が定年で終えた後にポルトガルのAlgarve地方への移民を考えています。二人とも英会話はOKですが、ポルトガル語は駄目です。言葉と一般生活が心配です。どうでしょうか?
2011/09/26(Mon) 20:53 | URL | mkoba100 | 【編集
>mkoba100さん

日本に滞在していたため、レスが遅くなってしまいました。すみません。

移住についてですが、大丈夫とも大丈夫じゃないとも言いがたいのが本音です。何しろわたしは単なる主婦ですし。

ご夫婦とも日本人でしょうか?英国人はポルトガル語を覚えるのが早いような気がします。

英語は会話だけでしょうか?それとも英語の読み書きができ、文書など理解できるのでしょうか。Algarve地方は気候がよいため、英国人の移住者もたくさんいますので、通訳を雇ってみることも可能かとおもいますが、移住するとなるとやはり現地の言葉が話せるようになることが必要だと思います。

家を借りること、もしくは購入すること、また医療関係のこと、移住に関する様々な手続きなど色々生活の基盤となることの交渉、手続きにおいて全部英語で通じるようだといいのですが・・・

わたしなどは連れ合いが現地の人間ですので、ドキュメント関係は全て夫任せです。
わたしがmkoba100さんの立場でしたら、休暇などを利用して、或いは移住を決定する前に半年ほど、住んで見てから決めると思います。
知ってる日本人夫婦にポルトガルに惹かれて長年住んだ方がおりますが、やはり最終的には日本へ帰国なさいました。

どうぞ、じっくりお考えになった上でご決心なさいますよう。
大してお役に立たないレスでごめんなさい。

2011/10/02(Sun) 00:29 | URL | spacesis | 【編集
お返事多謝
お返事をありがとうございます。今年の年末年始で2週間弱、リスボンとポルト周辺および南海岸を回りポルトガルとの相性を探る旅をしてみます。アドバイスをありがとうございます。
2011/10/04(Tue) 19:12 | URL | mkoba100 | 【編集
>mkoba100さん

リスボン周辺は滞在する日本人も多く、大使館もあり文化的な催しも多く、何かと便利ではないかと思います。南部ですから気候もいいですよ。

北部は冬は通常雨季にあたり、リュウマチ気味の人には堪えるようです。
この点もご考慮なさいませ。

もっとも、北部独特の魅力は多いにあります^^
2011/10/05(Wed) 13:38 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/27(Thu) 18:13 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村