2011年11月11日 

始めに、前回チベット署名のご協力をお願いいたしましたが、他の組織や
他のサイト経由の署名と合わせて25000人を超える署名が集まり、米国
政府と議会に対しては既にTYC(Tibet Youth Congress)の在米代表が署
名を提出し、既に目標数を達成したとの情報を得ました。

ホワイトハウスサイトで署名していただいた方、また拡散してくださった方、
ありがとうございます。

さて、今日11日をポルトガルでは「サン・マルティーニュの日」と言いま
す。どういういわれがあるのか、そしてどんなことをするのか、過去に書い
ていますので、本日はそれを引っ張り出してこちらにアップします。

以下、2006年11月の記事から。

先だって、とある患者さんから届けられた今年の栗。
ひとつひとつが大きくて見事なものでした。
そうです、今年もまた栗の季節になりました。
毎年11月11日はポルトガルのSao Martinho(サン・マルティーニュ)に
あたる日です。Sao Martinhoとは聖人マーティンのことです。

この日、人々は今年採り立ての焼き栗をほおばりながら、この夏の9月10
月に収穫されたぶどうから造られたできたてのワインやJeropiga(=醗酵前
のぶどう液)、もしくはポルト・ワインを味わうのであります。

サン・マルティーニュ サン・マルティーニュ
             芳醇(ほうじゅん)な酒ポルト・ワイン

各家庭でも栗を焼きますが、ところによっては祭りを催します。
この祭りのことをポルトガル語でMagusto(マグースト)と言います。
もともとはこの時期に採れたおいしい栗を焚き火で焼いたことから始まった
のではないかと思われます。

我が子たちがBritish Schoolに通っていた頃は、学校の行事としてこの前
後の土曜日はMagusto祭が催されました。子供たちはこの日のために準備され
た色々なゲームに興じたりくじ引きをしたりして楽しみ、大人はPTAが用意
した栗とワインに舌鼓をうちます。もちろん行事は夕方からです。

わたしもボランティアとして得意のパイナップルケーキを提供したものです。
これらボランティアが提供したケーキは一切れいくら、と値段がつけられ
売られます。売り上げは学校の教育費の一環として使われることになります。

何しろポルトガル政府からはもちろんのこと、本国のイギリス政府からも
援助金を受けずに独立採算のポリシーを採っている私立学校です。

さて聖人マーティンとはどんなことをしたのか?
これには古い言い伝えがあるのです。

ローマの兵士マルティーニュはイタリアからフランスの、とある自分の故郷
に帰る旅の途中でした。
馬上の人として、悪天候でとても寒く強風も冷たく吹き付ける11月のアル
プス山中を通りかかったその時、突然目の前に、着ている衣服もボロボロの
貧しい男が現れ、物を乞うたのであります。

ローマ兵士であるマルティーニュは当時のローマ兵服として真っ赤なマント
を身にまとっておりました。

施し物を持たない彼は、やおら剣を取り出し自分のマントを真っ二つに引き
裂き、半分をその男にあげたのでした。

サン・マルティーニュ

するとその瞬間、これまでの寒さも強風も止み、日が照りだして来たので
あります。マルティーニュの善行に報いる神のなした技です。


以来、毎年この時期は、秋にも拘わらず11月11日前後の3日ほどは
良天候に恵まれ、まるで夏のような暑さになる、と言われています。

そうして見ると、確かにこの2、3日は外へ出ると暖かく、まさに
「サン・マルチーニュの夏」と言われる所以がわかる気がしますね。
これは英語では「Indian Summer」、日本語では「小春日より」に当たりま
す。世界の国々のそれぞれの習慣は違っても、どこか似たようなつながりが
見えて面白いなぁと、わたしは思っているのですが、こういうことは、探
してみるとたくさんあるような気がします。

子どもたちも成長して日本住まい、学校の行事に出かけることもなくなり、
夫婦二人きり、5匹の猫とになってしまった我が家ですが、今宵は焼き栗
ならず「ゆで栗」で食後のポルト・ワインを楽しみましょう^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
ポルトはリッチですねえ。さすが地元Vinho do Porto ですか。リスボン近辺はアグア・ぺが主体ですね。最近ジュルピガもスーパーで見るようになりましたが。
2011/11/13(Sun) 01:10 | URL | ganchan | 【編集
焼き栗にワイン、ですか!
私はお酒に弱いので、お茶と一緒にいただきたいかも(^^ゞ
昔話もあり、勉強になります!
2011/11/14(Mon) 05:54 | URL | jackiemai | 【編集
スペインではSan Martín そしてMagostoと言います。ほぼ同じですね。
ガリシアではOrense県で栗を食べるお祝いがありますが、地元の学校でも焼き栗を食べる行事があります。
スペインの家庭では通常アニスをいれて茹でますが、私はこのアニスが大嫌いなので(どうして本来の栗の味を尊重せずにアニスなんかというきつい香料を混ぜるのか疑問なんですよね)日本風に茹でるか最近は電子レンジでチンして食べてます。先日は栗ご飯も炊きましたが、今年は栗の味が今一のような気がします。

こちら別件ですが見てください。
http://takumiuna.makusta.jp/e147714.html
2011/11/14(Mon) 18:06 | URL | gallega | 【編集
>ganchanさん

伝統的な飲み物はagua-peなのでしょうが我が家はずっと昔からVinho de Portoです。

思うにGinjinhaも合いそうな気がしますがいかに?

>jackiemaiさん

お酒に弱いのは残念!強くなくてもちょっとたしなむのはいかが?
ポルトワインは甘いので少しはいけるかもしれませんよ。

>gallegaさん

アニスはわたしも苦手!アニス酒もありますが全くダメです。

今年は栗だけではなく果物全般がおいしくないですね。やはり今年の冷夏の影響だと思います。

大好きなメロンも今年はさっぱりでした。

ところで上記サイト、拝見しました。
千葉県といえば我が子たちも住んでいるところです。
来年後半、遅くとも再来年春には引越しすることを忠言しています。

チェリノブイリのガンに侵された子供たちを追ったドキュメンタリは以前こちらで放映され、観ていますが、それ以上に辛い写真が多いですね。
この中の一部を別サイトで目にしています。

いったい日本国政府は何を考えているのかと腹立たしい気持ちです。世界からの援助金寄付金も内訳を知ると、随分といい加減なものだと、これも気持ちを暗くします。

どうしたらいいのか、わたしたちに何ができるのか、地方だけでなく国全体が取り組むべき事項なのに・・・

こうすれば防御できる、という方法がないのが果てしなく怖いですね。
2011/11/15(Tue) 06:20 | URL | spacesis | 【編集
世界からの援助金寄付金も内訳を知ると、随分といい加減なものだと、これも気持ちを暗くします。---内訳どこでわかりますか?
こちらからもわずかですが、寄付したものはどこへ行ったのやら・・・。

ところで、APECではアメリカが故意にか本当に間違えてかTPPに関して日本は全品目について対応する”みたいに発表され、あわてて訂正した野田さんですが大丈夫でしょうか。

千葉の友人宅の裏にある市民センター・通学路を除線に来たそうです。
まだまだ落ち着きそうにないですね。

女川の実家を震災でなくしたスペイン在住の女性が、まだ市内は廃材などが道の両脇に山のように高く詰まれたままと言っていました。やらねばいけないこと本当に山積みです。

2011/11/16(Wed) 06:38 | URL | gallega | 【編集
こんにちは ^^
ご無沙汰しております。
お元気ですか?お体の具合はだいぶ良くなりましたでしょうか?

サン・マルチーニュの夏で、もっと暑くなるのを期待してたんですが ^^; でもまあやっぱり少し暖かくはありましたね ^^

私達も栗とワインにはまっています!
が、ポートワインやヴィーニョ・ヴェルドゥではなくて、ティントゥで甘いものを探しているのですがなかなか見つからず悶々w
spacesisさんは確か赤がお好きとおっしゃっていたのを思い出して、もし甘い赤で美味しいワインをご存知でしたらぜひ教えてください ^^
(お手頃価格なものでw)
手当たり次第いろいろ試したのですが、なかなか「これ!」という甘い赤に辿り着けず ^^;
渋いのと酸っぱいのばかりにあたってしまいます・・・
2011/11/16(Wed) 23:09 | URL | ピパーナ | 【編集
>gallegaさん

こちらよ。
http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/608.html

援助義援金が全て直接被災地に渡るわけではなく、ボランティア団体などにも渡る話は聞いています。

ま、ボランティア団体も資金がなければ活動ができないのでしょうが、わたしはなんだか素直に受け取れません。
それでわたしの場合、ポルトガル人の友人と一緒に被災者の一人に少額ですが直接カンパしました。

色々な人たちがチャリティーをしていますが、その後、募金がどれくらい集まりどこへどうやって送られたのか、HPやチェーンメール、チャリティーがなされた場所とか、何かの形できちんと報告されるといいですね。

野田首相、結構しぶといお方ですよ。
下記一番下、興味がありましたら、ご覧ください。

西田昌司、山田一太両氏のするどい追求に会っています。
やりすぎる勘がなきにしもあらずで、人のいいわたしは見ていてなんでかしら@@ハラハラしどうしです。
いったいどっちのサポーターやねん!と突っ込みです。

Skynewsなどでよく英国の国会の質疑応答を見ますが(もちろん内容が全部分かるわけはございません^^;)、日本もあれくらいのユーモアセンスでやれたらいいのになぁと、思ったりするのですが。

日本の質疑応答を見てると心臓に悪いのよv-388

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=4xe7QELEl0A

http://www.youtube.com/watch?v=anXOGmbsgsQ&feature=related

>ピパーナさん

こんにちは!
咳がしつこく残るのみで、今またボランティアの影絵でヒィヒィ言ってますv-408

赤ワイン、体にもいいと言われますしね。
でもわたしは夫が薦めて出してくるのを飲むのみよ!(笑)
で、うまいとか酸っぱいとかコメントするだけで、銘柄がさっぱり頭に入らんのです。トホホホ。

しぶいの、酸っぱいのは、夫はがんばって最後まで飲みますけど、わたしは一口飲んでお仕舞い。

でも、夫は少し知っていると思いますので聞いてみましょう。
2011/11/17(Thu) 05:34 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村