2011年11月18日

gadalupe

2011年夏に訪れたサグレス近辺、Vila do Bispoで、たまたま見つけた小
さな教会。もしかしたら「黒い聖母」かも!と夫と期待して足を運んでみま
した。修繕中だからか、ツーリスト向けの案内があまりされておらず、訪れ
ている人はいませんでした。

しかし、質素な田舎風の小さな教会は、人影もなく荒れた地で端正なその美
しさを放っていました。

ゴチック、ロマネスク建築様式を併せ持ち、13世紀の建築と言われています。
かつてはサン・ヴィセンテ(案内はこちら→)への巡礼コース上にあり、アル
ガルベ地方に於ける最古のゴチック建築のひとつと数えられます。
テンプル騎士団建築説、エンリケ航海王子建築説があるがいずれも確証はなし。
グアダルーペ教会は15世紀に改築されたとの情報もある。

さて、ここで、「Nossa Senhora de Guadalupe=ノッサ・セニョーラ・デ・グ
アダルーペ」とは何なのか?

Nossa Senhora は英語では「Our Lady」、フランス語では「Notre-Dame=ノー
トルダム」にあたり、「わたしたちの貴婦人」こと、聖母マリアのことです。
Nossa Senhora de Hora, Nossa Senhora de Vitoria, Nossa Senhora do
Gracaと、多くの名前で崇められていますが、全て同一人物、聖母マリアを指
します。

余談ですが、「ノストラダムスの大予言」なる本で知られる中世のフランス
人医師、占星術師、ミシェル・ノストラダムス(Michel de Nostredame)は
NotreDameのラテン語読みです。

Guadalupeはメキシコの土地の名前で16世紀半ばにGuadalupeに聖母が現れ
たとの言い伝えがあり、この小さな教会の名前は恐らくこの言い伝えがポル
トガルに伝わった以降に広まったと思われます。

さて、教会内部を見学すると、黒いマリア(イエス・キリストの伴侶と言
われるマグダラのマリア)こそありませんでしたが、何を物語ろうとして
いるのか、不明なシンボルがたくさん見られます。


 ヴィラ・ド・ビスポのグアダルーペ小教会
      
アーチ型の入り口。
gadalupe

下は入り口を象る柱。
gadalupe

↓柱のシンボルを拡大してみました。人面と縄模様が見られる。gadalupe

質素な教会内部。

gadalupe
                      
gadalupe
↑丸天井に施された奇異な模様。 

拡大した模様。
gadalupe
              
三つの頭部。ひとつは子供?後のふたつからは舌が出ている?大きな
頭部に続くのは魚にシンボルを象ったものか。  
真ん中には8つの渦巻き。十字が描かれた三葉植物。
          
柱にも人の頭部と十字が描かれた三葉の植物
gadalupe

この柱には牛の頭部。
               
gadalupe
            
十字が描かれた聖水盤こと pia de agua benta
gadalupe

質素な祭壇とガアダルーペ聖母像
gudalupe

gadalupe
↑ステンドグラス上の古代ギリシャに起源を持つトリケリオン(Triskelion)
こと三脚巴はケルトのシンボルによく使われる。生命、再生を意味する。

下方はよく見ると二匹の蛇が絡み合って結び目を作っている。
gadalupe

二匹の絡まった蛇は「intertwined snakes」と呼ばれ、ギリシャ神話の神、
錬金術師でもあるヘルメスが持つ杖(カドゥケウス)にも見られる。善と
悪の知識を表す異端グノーシス主義のシンボルでもある。
    
こうしたシンボルを見ると、この荒地の小さな教会は聖母マリアに捧げられ
て建築されたとは単純に考え難い。元々これらのシンボルを持っていたのか、
それともグノーシス主義参入者だとも言われる、14世紀の異端審問をかろ
うじて逃れたポルトガル在のテンプル騎士団が15世紀の改築に携わった結
果なのか。わたしの興味は尽きないのであります。

予定なくして訪れたグアダルーペ小教会はテンプル騎士団の追っかけをして
いるわたしにとって思わぬ拾い物になったのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
そうですね。
ポルトガルの教会はスペインのよりも装飾が多いくらいなのに、この教会はシンプルすぎますね。あと謎めいた装飾。

異端審問で思い出したのですが、
前に’XICA DA SILVA’というテレビ小説にはまったて見てたことを思い出しました。
2011/11/19(Sat) 05:18 | URL | gallega | 【編集
>gallegaさん

わたしは最後まで見ていませんが’XICA DA SILVA’、覚えています。
ブラジルの連続ドラマでしたね。

わたしは異端審問というと思い出すのが映画「薔薇の名前」です。
なんだか怖い映画でした^^;

それで、gallegaさん、すみません、コメントを削除する羽目になってしまいましたv-388
ご勘弁ください。
2011/11/20(Sun) 10:07 | URL | spacesis | 【編集
その怖い映画は日本でも上映されたということですか。探してみます。

削除の件、了解です。

昨日は父親か母親が日本人である子供達の集まりがありました。対象は10歳以下でしたが、子供だけでも20人くらい集まりました。こんなに市内にいるなんて!とびっくり。
近い将来補修学校開校できるかも!
2011/11/20(Sun) 20:21 | URL | gallega | 【編集
>| gallegaさん

ウンベルト・エコーの小説「Il Nome dela Rosa」が原作で、中世の修道院で起こる事件を中心に、異端審問管も出てきます。

ショーン・コネリーとクリスチャン・スレーターが主演で怖いけれども(わたしには)興味深い映画でした。
きっとDVDでも簡単に見つかると思います。
近くだったらお貸しするのに^^

20人もいて、その子供たちが日本国籍所有でしたら補習校ができると思いますよ。

日本国政府への援助金申請をお勧めします^^
手順については、わたしは直接申請に携わりませんでしたが、大使館に問い合わせしてみてはいかがでしょう。

援助金の対象は義務教育学齢期の子供の人数です。

補習校ができるといいですね!
2011/11/20(Sun) 22:08 | URL | spacesis | 【編集
え?ショーン・コネリーが出ているんですか?私大好きなんです。特に年老いえてからが。

あと、補修校情報ありがとうございます。
2011/11/21(Mon) 00:40 | URL | gallega | 【編集
Re: タイトルなし
> え?ショーン・コネリーが出ているんですか?私大好きなんです。特に年老いえてからが。
>
> あと、補修校情報ありがとうございます。

ショーン・コネリー、わたしは007以来、好きであります^^
この映画でも修道院内部の事件を探るフランシスコ派の僧侶を演じて、
なかなかいいですよ^^
こうやってカトリック教会は知識を人に知らせないように隠匿して
いたんだなぁと思いました。

補習校の件、もしお役にたてそうなことがありましたら、いつでも
どうぞ。学校づくりは大変ですが、子供たちの未来のために価値ある
仕事です。頑張ってね。
2011/11/21(Mon) 02:25 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村