2012年1月13日

今日はブログ仲間の最近の記事の紹介からです。
メーソン記事は後半にあります。

お馴染み、アーティストのちゅうさんが「坂本龍馬・3D応援カード」なる
飛び出すメッセージカードを作りました。

だれでもダウンロードOKですので、プリントして作ってみました↓
(暇なわけじゃないのだよw)
chusan

仕上げに表に和紙など貼り付けなければならないのですが、せっかちなわ
たし、できた!とばかりに写真に撮り、ちゅうさんのオリジナル写真と比
べて見ると、ありゃりゃ?どっか違う@@
貼り付ける順番が間違っとるやん!(笑)

波が二つ前に来なければならないのに。ちゅうさん、スンマセン^^;
ということで、このメッセージカードがダウンロードできるちゅうさんの
ブログはこちら↓
http://ryoukitekityu.blog74.fc2.com/blog-entry-613.html

もうひとつは我がモイケル娘。
長い間、書いたり書かなかったりのブログでしたが、最近日本文化に
ハマッているようで、神社巡りを展開、狛犬やキツネの追っかけ記事が
書かれています。また、こんないたずら書きもあります。
gato-e

自分の飼ってるネコがモデルかな?なんとなくタメゴローに似てるw
寄ってやってもいいかなと思われる方は、下記へ一度どうぞ↓
Drivin down the road

さて、今日は久しぶりにわたしの道楽、「spacesis、謎を追う」シリーズで
す。ダン・ブラウンのダヴィンチ・コードヒット以来、ポルトガルのテンプ
ル騎士団に興味を持ち、暇があれば追っかけて独学しているわたしですが
今日はそれにちなんだ話を。

2005年8月にこんなエッセイを書いています。

 
ーーこの2、3日、pcが不調で1日半ほどチェックに入ってもらいました。
の間、日本にいる娘に送ってもらった「ダヴィンチ・コード」を読み上げま
した。本はロマンス式になっていて読みやすい。が、わたしはむしろ、あの
中で取り上げられている資料本に大いに興味を持ちます(笑)
(後記:その後それらの資料本は殆ど読み終えました)
読みながら、わたしのボンクラ頭に30年振りに「テンプル→薔薇十字→
フリーメースン→アメリカ1ドル紙幣の裏側」とフラッシュがパチパチッ!
(笑)

ここでハイ!ちょっと面白い物を^^
1dollar

これはわたしが持ってるアメリカの1ドル札の表裏です。

1dollar

30年ほど前の渡米を目前に、初めて1ドル札を手にして裏のこのシンボ
ルを目にした時、 その不思議なデザインに強く興味惹かれたのであります。
以来、この1ドル札をずっと持っているのですが、札の裏側右はアメリカの
国璽(こくじ)で  左は国璽の裏だそうです。拡大してみました。
          
1dollar

まず惹かれたのが、光っている「三角形の中の目」。
そして、アメリカなのになぜにピラミッドなのか?
当時はインターネットなどありませんでしたから、後年これについて書かれ
てある文書に触れた時の喜び!

さて、この手のミステリーが好きな方はもうご存知とは思いますが。アメリ
カの国璽の裏側として使われたこのシンボルは、未完成の13段のピラミッ
ド。最下段には「MDCCLXXVI,」1776年とあります。

ピラミッドの下にはラテン語で「NOVUS ORDO SECLORUM」「新時代の秩序」
の意味。1776年、イギリスから独立したアメリカの大陸議会が、トーマ
ス・ジェファーソン、ベンジャミン・フランクリン、ジョン・アダムスの
3人に国璽選定を指示した年号だそうです。

トップにある三角形の目は俗に言われるところの「万物を見通す叡智の目」
更に上に書かれてある13文字のラテン語、「ANNUIT COEPTIS」英語で
「He has favored our undertaking」(神は我らの計画/約束に加護を与
えり)この国璽を決めるのには数年を要したということです。

ピラミッドと目はフリーメースンの(かの本にも出てくるが、テンプル騎
士団の生き残り説がある)シンボルでもあり、初代大統領ジョージ・ワシ
ントンは、それの、もしくはそのグループのひとつに組する「薔薇十字団」
の会員だとも言われます。

アメリカでは毎日何気なく使われている紙幣の裏にこのような暗号めいた
ものが記されているなんて、とわたしは興味津々なのですが、みなさんは
いかに?

さて、本を読んだあと、昼食にでかけたレストランで夫にその話をして
みました。
太陽系の10番目の星、「惑星X」説で笑われたのに懲りず(笑)
(後記:これは数年後に天体科学者により確認された)
ダヴィンチの絵、シオン教会、テンプル騎士団、レンヌ・ル・シャトー、
しまいにはフリーメースン、オプス・デイの名前まで出して^^
すると夫が言うには、
「ふむ。してみればほら、定年で退職したあのチーフ、覚えてる?
彼、オプス・デイのメンバーだよ。それに、我らの知人のあの人、
上層部ではないけれども、フリーメースンのメンバーだ。」
「ほ、ほぇ???・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

我がポルトガル、イベリア半島、端っこでもさすがヨーロッパです。
後記:この頃はテンプル騎士団とポルトガル建国との関わり合いをまだ
知らなかった
)ミステリー本の中でしか聞かないであろうと思っていた固有
名詞を結構身近で聞くなんて・・・・

一瞬鳥肌が出て、コップに残っていた生ビールを、ごくりとのどに流し込
んだオチではありました、はい・・・^^;ー
                  


テンプル騎士団が中世期、エルサレム聖地を目指すキリスト教信者の巡礼
を護衛する十字軍として設立されたというのは表向きのこと。当時はロー
マカトリックの教義に当てはまらなぬもの全てが異端教とされていたわけ
ですが、テンプル騎士団が異端の神秘主義者集団だったというのは、もは
や周知の事実です。

14世紀初頭、フランス王フリップ4世のもと、異端、偶像崇拝の罪名を
科せられ、弾圧を受けたテンプル騎士団はジャック・ド・モレーを最後の
総長(グランドマスター)に壊滅するわけですが、騎士団の財宝はどこぞ
へと消え、団員たちも他の騎士団に加わったり、引退するものがいたり、
また、ポルトガルの騎士団のように国王の庇護の下「キリスト騎士団」と
名前を変えたりして生き残ったものも多数。そうして生まれた一派がメー
ソンと考えられます。

そこで、近頃ポルトガルのテレビニュースでもちきりの話題がフリーメー
ソン。ポルトガル語で「Maconaria」(cの下にcedilhaことニョロマーク
がつき、マソナリアと読む)と言う。

一般ニュースでメーソンの話題が大々的に取り上げられるのはこの国で
初めてでしょう。リスボンにあるロッジの内部や博物館も紹介されました。
理由はというと、数ヶ月前に機密ファイルをひっさげて天下りした(?)
議員のスキャンダル。議員はフリーメーソンメンバーで、数人のメン
バー議員もそれに絡んでいることが発覚したと言う。
これについて、コエリュ首相がメーソンのメンバーである主要議員を召喚し
フリーメーソンに関して十分な説明をと要請したそうです。

ポルトガルは昔から外交上フランス、イギリスとの関わりが深い。フラン
スと言えばテンプル騎士団発祥地、イギリス、スコットランドはその騎士団
の逃亡先で彼らが生き延びた場所。この二国はメーソンとは切り離せない
間柄です。

さすれば歴史上、二国の影響大のポルトガルです、秘密結社メーソンと無
関係とは行きますまい。

ニュースのかじり聞きですので、あるいは聞き違いがあるかも知れません
が、ポルトガルのフリーメーソンに関する基本的な情報です。

ポルトガルのグランド・ロッジ(国や州を単位とする本部)はルジターノ
大東社と呼ばれロッジ(ロッジ=各メーソンの独立した支局)は90、会
員は2万人ほど。なかでもロッジ「モーツアルト49」は国内の政治家、
企業家、シークレット・サービスが属することで知られる。

ロッジに「モーツアルト」の名前が使われるなど、噂どおりモーツアルト
はメーソンであったとの証拠です。

ところで、昨年春、わたしはポルト市内のLapa教会とその墓地を訪れたの
ですが、果たして墓地の光景に圧倒されて帰ってきたのでした。しかし、
画像は写したものの墓地の写真など不謹慎だと思われ、そのまま今日まで
ボツにしてきたのです。

が、フランスには著名人が葬られている墓地が観光化されているところも
ありますし、今回のようにフリーメーソンの話題がしきりにメディアで取
り上げられることもそうそうあるものではありません。、これもテンプル
騎士団の追っかけで知らず知らずのうちにフリーメーソンを調べるところ
まで頭を突っ込むことになったわたしの勉強結果の一環をメモするのにい
い機会だと割り切り、明日はその画像を紹介することにします。

ではみなさま、続きは明日に。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
Boa noite ☆
ちゅうさんのカード、おもしろいですね ^^

いつもモイケル娘ちゃんのブログ楽しく読ませてもらっています ^^ モイケル娘ちゃんはオタク要素いっぱいなので私と共通点が多くw
モイケル娘ちゃんのいたずらがき(?)も楽しいですね~♪ 猫ちゃん、リアルでかわいく描けてると思いますよ ^^

圧倒された墓地の光景をとらえた写真、楽しみにしています! ^^
2012/01/15(Sun) 03:38 | URL | ピパーナ | 【編集
ドル紙幣裏面の謎解き興味深く拝見させていただきました。
考えてみたらそんなにまじまじと見たことありませんでした。
お札といえば、先日8歳の息子に野口英世の話をしたら”あ、千円札の人”と即答。
驚きました!
2012/01/15(Sun) 07:08 | URL | gallega | 【編集
ほへ~~~?
う~む!今回、誰でも作れるように、作り方も入れてみたのですが・・?
また、母心として、M娘への激励カードを贈るであろうと念頭に入れていたのですが・・・?う~む!?
姐さまの、性格が(何とは言いませんがv-8)表れたようでおかしかったですなv-8
昨夜は、クラブの新年会。じゃんけん大会で金券をゲット!これは春から縁起が良いわい!とご機嫌でした。
2012/01/15(Sun) 10:07 | URL | 徐々に活動ちゅう! | 【編集
>ピパーナさん

ちゅうさんのカード、お試しあれ^^

モイケル、最近記事をとぎれさせずに頑張ってるみたいです。
この母のDNAです、オタクっぽいところがありますが、
仲良くしてあげてください^^

もう少しあったかくなったらEl Corte Inglesのカフェででも
一度お茶をのみましょうか?^^

>gallegaさん
おー!しっかりしてるではないですか。息子君!

そのお札、裏返しにして富士山の絵をm一度透かしてごらんあれ^^
英世の目が三角形の山の中に見えるのは偶然か!
やっぱりマニアっぽいです、わたしv-8

でもgallegaさん、それを既にご存知だったら、あなたもマニア(笑)

>ちゅうさん

おひさ!
モイケル娘、目指すところが^^;
でもマ、何事も挑戦ですわ(笑)
「娘よ、大志を抱け!」で応援すっか!w(金喰い虫め!=金喰いむすめ。爆)

なになに?じゃんけん大会で金券ゲット?
次回のお食事代にとっておくべし!とは厚かましい(笑)

奥方と仲良くおいしいお食事でもどぞ!
2012/01/16(Mon) 21:13 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村