2012年1月23日 

ここ数日、暇をみてはパソコンに向かい、探し物をしている。

自分が撮影してきた画像、特にトマールやシントラなどの「spacesisの謎追っ
かけシリーズ」の資料となるべき写真は、このところじっくりみることがなかっ
た。

そこで、先週土曜日夜、久しぶりに昨年夏に再訪してきたトマールの元テン
プル騎士団修道院、現在はキリスト騎士団修道院にあるドン・マヌエルが
造らせた「大窓」の写真を大きな画像のまま、既に紹介済みの「ベルト」や
「ドラゴン」などを眺めながら、面白いものだなぁ。大の大人、国王たる者
にこのような不思議な建築様式をさせるその根本はいったい何なのだろかと
そこが知りたくて追っかけをしているのだが、眺めながら、ふと長方形の
大窓の上にある丸窓に目を移した。

tomar

ゴチック様式建築ではよく見かける丸窓です。窓にある渦巻状模
様がひとつ、ひっかかってはいたのだが、これまであまり気にとめ
ずにきました。

しかしですぞ、わたしとしましては心踊る発見をこの丸窓にしたのであります!
拡大した画像にみえたのは、これです↓
tomar
こ、これはなに?
よくよく見ると人間の顔、そして前に両手。。。スフィンクスではない?

tomar

しかもよくよく見ると羽を持っているように思われます!
「翼を持つスフィンクス」は、アッシリアやペルシャ王朝時代のスフィンク
スがあります↓

tomar
ペルシャ王朝のダレイオス・スフィンクス(480BC) 

トマールのキリスト騎士団修院は12世紀から17元はテンプル騎士団に
よって建てられ、12世紀から17世紀にかけて増築を重ねたものです。
特にこの大窓を造らせた16世紀のドン・マヌエル王の時代は大航海が
もたらす巨万の富によりポルトガルが栄華を極めた時代。ドン・マヌエル
はポルトガル歴史上、最もリッチな王と言われます。

このマヌエル建築様式の大窓に何が故、スフィンクスが置かれているのか。
この丸窓の渦巻き模様も含め、多いに興味がわいてきたわけですが、実は
この窓、他にもまだ面白いシンボルがあるのです。
以前チラリと出した謎↓
tomar
樹の根を両手で支えている帽子をかぶった男の顔。

tomar
わたしがこのところずっと検索しているものの、未だにひっかかってこない
シンボル「鈴」の意味。

鈴のシンボルは他の箇所でも見かけられます。この大窓にはその他にもミス
テリアスなシンボルが色々あり、徐々に取り上げて行きたいと思っています。

ドン・マヌエル王はこの巨大な窓にこれほど多くのシンボルを隠して一体後
世の人々に何のメッセージを残したかったのか。或いはこれらのシンボルは
それを解読できる極一部の人たちに残したメッセージなのか。
だとすれば、それは誰なのか?

キリスト騎士団の総長の名を冠した王だが、これらのシンボルから見える王
のプロフィールは、教会から見れば「異端」と糾弾されてきた、秘儀参入者
そのものとわたしには思われるのです。

ドン・マヌエル王の謎に挑戦するわたしは、あたかも「朝には四足、昼には
二本足、夜には三つ足の生き物はなにか」と謎を投げかけては、それを解け
ない旅人を殺していたと言われるテーバイの美しいスフィンクスの前に立つ
凡な旅人のような気がしないでもない。

この謎解きにはとても時間がかかり、多くの資料に目を通すことになりそう
です。フダヴィンチ・コードから発したライフワークですね^^

そろそろ夜が更けました。
本日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ではみなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村