2012年3月11日 

家族と遠く離れていると日々気になることはあるけれど、今のご時勢、少し
パソコンが使えると、また携帯電話を持っているとすぐコンタクトできる方
法もあり、誠に便利な世の中になってものだと感心し、どっぷり文明の利器
に浸かっている毎日です。

が、肝心の時に携帯電話や固定電話が通じずパソコンが通じるという、わた
しからすると不可思議なことを知ったのは昨年の東北大地震の日です。

下記、昨年の3月12日の日記抜粋です。

地震の被害にあわれたみなさまに、こころからお見舞い申し上げます。

我が子たちも所沢の妹たちも無事だったとは言え、ニュースで繰り返し放映
される画像を見るにつけ、手放しで喜べない気持ちです。目を覆うばかりの
惨状に愕然とし、泣きたい気持ちになります。
みなさまのご家族、ご親戚、お知り合いの方々はご無事でしょうか。

昨日の午前中はいつもの日本語教室がキャンセルされていたので、前夜は新
しいクラスの準備で少し夜更かししてしまい、いつもなら起床している時間
にまだ寝入っていたのでした。

それが、7時半過ぎに電話が鳴り、こんな朝早い時間にいったい誰だろうと
思い、ベッドから飛びおりて玄関ホールの電話を置いている所まで小走りに
向かいました。

受話器を取るなり「ユーコさん!あんた、東京が大変なことになっとるで!
子供たちおるやろ!ニュース見てみー!」と大阪出身の友人の一声です。
そうして目に飛び込んできた画像に、しかも即それを東京だと思ったもので
もうその後は大変でした。すぐ子供たちのケータイに電話を入れたもののつ
ながらない、所沢の妹宅の固定電話もダメ!

今、日本は何時よ!?娘は?息子は?と不安は募るばかり。
何度も何度もダイヤルを回せど同じ応答です。ウェブ新聞で更なる情報を得
ようと慌てふためいてパソコンに走りました。すると、スカイプで息子が
「ママ、地震があった、こわかった~」と、声をかけてきました。
息子は昨日は仕事が休みで、地震が起きたとき、外で自転車を走らせていた
そうです。急いで帰宅し、やったことが、なんと!3匹の猫たちをそれぞれ
のカゴに入れて外へ運び出したのだそうです。(あんたら幸せなねこやで!)

モイケル娘は?と聞くと、「まだ会社だと思う、けどケータイが通じない」
と言う。ダメもとでケータイにメールを送ろうとメールボックスを開くと、
モイケル娘からのメールの件名、

「かあちゃん、地震起きました」

この件名を見た瞬間、わたしの心臓はぎゅぎゅっとしぼんだ!
そして、短い文面を読んだ瞬間は安堵に胸をなでおろしたのでした。

まだ会社にいるが、都内の電車が前面ストップしているので帰れない。
普段はできないのだけれど緊急事態なので、会社のパソコンを使用して通信
してる、とのこと。いわゆる帰宅難民になっていたわけです。

そのうち、「同期の人たちで歩いて帰ろうという話が出てる」と言うではな
いか。おいおい、待て!それは危険なことだ。止めよ、とメールを打ったが
息子、「She's comming back. 家に向かってる」

「シ、シーズ カミング バックって、あんた!ナニ言ってるのよ~」と叫
べど既に遅し。

すると間もなしに娘からの返事、
「今歩いてる。心配しなくていいよ。グループで歩いてるから」
こういう時は余震もさることながら、狼男も心配なのだよ、おっかさんは!

我が娘、思うに絶対ネコのことが心配で、歩いて帰る気になったに違いない。
同じ環境だったらわたしも同様のことをしていたこと確実であります。

夫も勿論起き出しておりましたが、気になるとて患者の仕事を休むわけには
行かない。間もなく出勤しましたが、残ったわたしは、新しいクラスの準備
も手に付かず、そのうち、友人たちから、親戚から、知人からと電話が一日
中なりっぱなしです。

娘が一緒に歩いたグループは会社の寮の人たちで、実はその寮が偶然我が子
たちのアパートの一つ駅違いのところにあるのだそうな。たまたま、社員に
寮から築地にある会社まで、1時間ほどかけて自転車通勤をしていたツワモ
ノがいたのだとか。それで道を知っていたので、皆で徒歩で、との決断を下
したそうだ。

自転車で1時間が、歩いてなんと4時間半!たはーー!
どんな靴でそんな長時間歩いているのだろうか、足は大丈夫だろうか・・・
そんなことを思い巡らしながら、気もそぞろで新しい出張日本語クラスを
終えて帰宅し、息子から家に無事たどり着いたことを確認して、ひとまず
安心したのでした。


あれから一年、こうして昨年の日記を読み返すだけでも心配でオロオロし
たあの日のことがまざまざと思い出されるわたしです、ましてや被害に合
われた人たちはいかばかりでしょう。

地震以来、政府の対応に目を向けてきましたがその緩慢さに「いったい何を
してるんだ!」と怒りがこみ上げること度々でした。今日も依然として復興
作業は大してはかどっておらず、この一冬を被災地の人々はどんな思いで
過ごしてきたのだろうかと思うにつけ、胸が痛くなります。

一年一年と過ぎ去る月日が人々の心を少しずつ癒していくのかも知れません。
春はもうすぐです。あんなことがあったといつの日にか、思い出せる日が
来ますように。亡くなられた多くの人の冥福を祈りながら、被災された方々
には一日も早く立ち直ってくださることを祈りながら、黙祷を捧げます。

the prayer
ー画像は新聞記事からー
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:東日本大震災
ジャンル:日記
コメント
こんにちは。
早いもので一年がたちました。
今日、仕事でした。店内アナウンスで地震発生時間に亡くなった方に黙祷をの呼び掛けがあり、店内にいたお客様や従業員一度は捧げました。
私はあの日も出勤で更衣室でmixiをみていたら、床からイキナリ縦横にロッカーと電球が踊り、「こんなの初めてだ」「ただ事じゃない」って思って事務所やバックルームのパソコンを覗いたら、東京でさえ震度5がずっと続いて恐怖で気が気じゃなかったのを覚えてます。

私も私なりにこの一年いろいろありました。
被災された方には大変申し訳ないんですが、生きててよかったな、こんなに家族が大切だなって思うことができて考え方が変わりました。

たまに強い地震がくるんですが、やっぱり怖いです。
2012/03/12(Mon) 01:17 | URL | まりちゃそ@Mariko.A | 【編集
>まりちゃそさん

災害の衝撃は体験者でなければ分からないかも知れませんね。
わたしも遠くにいて気が休まりませんでした。
子供たちが心配で地震後の昨年4月に帰国しましたが
成田空港到着していきなり揺れに遭遇し、電車がストップ。
その後も子供たちのアパートで毎日のように揺れを感じて
怖かったですね。

こういう災害時には、ではどうすればいいのか等というのは、
その場になって見なければ分からないような気がします。

喜びも悲しみも生きているからこそ感じることができる。
家族ってなんだろう、なんて普段の生活では考えることがないのですが、
何かがきっかけでわたしたちはその大切な絆を知らされますね。
そうやって人は成長して行くのではないかと思います。

わたしもこの歳になり、若いときの多少の苦労が今日の自分を作り上げ
たんだな、生きててよかったなって近頃思いますよ。

今日も生きていることに感謝して元気で参りましょう!
2012/03/12(Mon) 14:25 | URL | spacesis | 【編集
 お久しぶりです。私もそのお坊さんが映っている写真のような現場でボランティアしてきましたけど、あの瓦礫の山を目の前にして呆然自失でした。20代の学生さん達のように体が動かず、たった2日間で筋肉痛で戦線離脱と相成りました・・・情けない。いや~、冗談抜きで津波で運ばれてきた土砂は海水をタップリ吸って腰が抜けそうになるくらい重かったですよ、ホント。
 あと、もう一つ、残念なニュースです。と言っても、事故、災害ではないのでご安心を。spacesisさんのホロ苦い思い出が詰まったあの、急行(現寝台特急)日本海、運行廃止が近付きました(↓)。
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20120309ddlk02040094000c.html
最終日は自宅近くの東海道線の線路沿いからspacesisさんに代わりに、「思い出を有難う!」と呟いておきますね(笑)。
2012/03/14(Wed) 02:06 | URL | Werder Bremen | 【編集
>Werder Bremenさん

お疲れさまでした!
きっと気が遠くなるような作業だったのではないかと推察いたします。
影絵上映で筋肉痛になったなんて恥ずかしくて消え入りたい思いです。
二日間とはいえ、厳しい状況の中、Werder Bremenさんのご健闘に拍手を
送らせてください。

わたしの親友の娘さん、まだ20代の自衛隊幹部候補ですが、原発事故
直後、あの20キロ圏内で3週間作業をしたそうです。
頭が下がります。

それに比べて復興政策がなかなか示せない現政権、いったいどうなってるのか!
遠くで吼えるしかない無力に脱力感を感じることがあります。
一日も早く被災地の方々が平穏な生活に戻れますようにと願うのみです。

急行日本海、いよいよラストランですか。
今ご紹介の記事を読んできましたが、1960年に寝台特急になったとのこと、
わたしの思い出はその前の「急行」だったころになりますね。

Werder Bremenさん、覚えていたくださりありがとうございます。
「急行日本海」の文字は今でもわたしの胸をキュンとさせます。
あのころは夢で胸が大きく膨らんでいましたね。
あの夜汽車に乗って以来、ずいぶん遠くへ来てしまいました。

教えてくださり、本当にありがとうございます。
2012/03/15(Thu) 06:30 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村