2012年3月17日 

三日前、14日のWerder Bremenさんのコメントに「spacesisさんのホロ苦い
思い出が詰まったあの、急行(現寝台特急)日本海、運行廃止が近付きま
した
」とありました。

Werder Bremenさんのおっしゃるように青森発大阪行きの夜行列車日本海は、
その名を耳にしただけで我が心はノスタルジアに震えるのであります。タマ
ラナイノデあります。

わたしの人生初の長距離一人旅があの当時は急行列車だった「日本海」でし
た。どんな旅であったかは後記するとして、下記にネット新聞記事です。

青森―大阪間約1000キロ・メートルを結んできた寝台特急「日本海」が
16日、JRのダイヤ改正に伴いラストランを迎え、多くの鉄道ファンが別れ
を惜しんだ。国鉄時代の1968年に運転を開始。日本海側を縦走し、東北
と北陸地方と関西方面をつなぐブルートレインとして、旅行客やビジネスマ
ンに人気を博した。(2012年3月16日 読売新聞)

nihonkai
画像はWikiから。


「日本海」は、大阪と青森を結ぶ急行列車として1947年7月に運転を開始し、
1950年11月に「日本海」と名付けられ、1968年には特急寝台車になりまし
た。「日本海」とわたしの縁はまだ特急になる1960年代始めです。

時代の流れに逆らえず古いものがひとつひとつと姿を消していくのはいたし
方ない。それなりに味はあるのですが、今のスピード時代にはとてもついて
いけない。人間と似ています。残念に思うのですが、日本海よ、わたしの胸
には初期のお前の姿が今でも残っています。

ということで、本日は去り行く列車「日本海」へ愛惜の思いを込めて、か
つて綴ってWerderBremenが読んだであろう、思い出のエピソードをこちらに
アップさせてください。

「急行日本海 ~夜汽車に乗って~」

わたしは苦しいながらもなんとか高校で学ぶ幸運を持っていたが、小中学時
代の友達の中には中学卒業と同時に集団就職列車に乗って、富山や石川、
東京に出た人たちも何人かいる。     
今では死語となってしまった「集団就職」という言葉には、あれからもう40年
も経ち、大人になった今でもわたしには、切ない哀しみがにじみ出るように感
じられてならない。15歳で世間に放り出されるのには随分辛いものがある
だろうと、世の中のことを少し分かり始めてから、わたしは思った。

集団就職列車に乗って石川県に行った友を思うとき、わたしは決まって中
学時代の三度に渡る、自分の刺激的な家出を思い出さずにはいられない。
なぜなら、その家出を常に手伝ってくれたのが、彼女だからである。
13、14歳ほどで、家出を繰り返したとは、女ながらもまったくあっぱれ、大
した度胸であったと今振り返っても思う。別の言い方をすれば、無鉄砲以外
の何物でもないのだが。
     
競馬の仕事が思うように行かなくなった父が、弘前で腰を据えることになり、
父親の不在感の中で、自由に暮らしてきたそれまでの生活環境が打って変
わり、父との同居生活本当に窮屈なものであった。
いかんせん、丁度思春期でもあり、父はすぐ手があがる人だったので、表立
っての反抗は普段は恐くてできなかったもが、わたしは、「家出」という形で
表明していたのである。
     
父への反抗心からだけではない。
わたしは田舎の持つ古臭い風習や、少し変わったことをするとダントツに目
だって、陰でああだらこうだらと言う、その田舎根性を真っ平ごめんだと思
った。都会の持つ斬新で自由な空気は当時のわたしを魅了して離さなかった。
     
家出先は大阪、いや、最初は西宮である。
そこには江戸っ子の叔父と結婚した母の妹、叔母が、夫の転勤先ということ
で数年住んでいたのである。

時々、帰郷する叔母の持ち込む「都会の匂い」、これがたまりませんでした。
服装から持っているバッグ、靴、そしてお土産に貰う洋服。田舎育ちの少女
にとって、叔母は憧れの的、強烈な魅惑の香水のようなものであります。

さて、家出の運びはと言うと、父のいない日中を狙ってこっそりボストンバ
ッグひとつの小さな荷物を造り、それを友が預かる。翌日示し合わせてバッ
グを受け取り青森始発の夜行列車に乗り込む。

乗った列車は「急行日本海」。最初の家出は冬でした。座席下から上がって
くる暖房の熱気、そして真っ白な日本海沿いの雪に閉ざされた町々。
寝台車ではなく座席に座ったままの、弘前から大阪までの22時間。叔父達の
住所のみを握り締め、憧れが不安を打ち負かし、少女は初めて人生の冒険
に出帆です。
nihonkai
画像はWikiから

今のように電話はない。列車の中から車掌に電報打つことを頼むのでした。
       
○ニチ○ジ○フン、キュウコウニホンカイニテユウコ     
オオサカエキニツク ムカエタノム


旅費は・・・旅費はどないしたかと申しますと、今だから白状します。
可哀相な我がおかあちゃんの財布から、なけなしのお金を黙って拝借した、
13か14の冬だったのでした・・・・・・・・


明日に続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
大阪着、日本海、ラストランの走行写真・・・
spacesisさんのHPに載っていたメアドに写真添付で送っておきました。ご笑納ください。
2012/03/18(Sun) 22:56 | URL | Werder Bremen | 【編集
>Werder Bremenさん

本当にありがとうございました!返信で申しましたように、
早速ですが、写真を使用させていただきました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2012/03/19(Mon) 22:05 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村