2012年3月22日 

ご紹介しようと思いながら今日まできてしまったポルトガル刺繍、その一部
ですが、とりあげてみます。

ポルトガルでよく知られる「恋人たちのハンカチ(Lenco de Namorados)」
もカラフルで素敵なのですが本日ご案内するのはいたって素朴な布刺繍です。

昨年夏に訪れてきた北部リネン市を見て以来、ポルトガルの布にますます魅
せられ、機会があれば懐具合と相談して集めています。一時期わたしはレー
ス編みに懲り、当時は時間もあったものですからずいぶんたくさん自宅用に
作りました。

portugalgoods
これは長さが2メートルほどで下の写真のように両端に房をつけました。
同じものを何枚か編んで友達にもあげています。
portugalgoods

数年越しの編みかけのテーブルかけです。仕上げに後三分の一ほど残ってい
ますがこの3年ほど編み針を手にする時間もなくなかなか進まない状態です。
portugalgoods

日本にいたころはしたこともない手芸と言うものをポルトガルに来た30年
ほど前に、時間があるのに任せて本を見ながら始めたのがきっかけです。
以後、太目の糸で大きなものをきました。細い糸は性にあわないのです。

同居していた夫の母や叔母たちが毎日のように、ちょっとした暇を見てはレ
ース編みや刺繍をするのを目の当たりにしてきましたし、今ではもはや見か
けるこもなくなりましたが、当時は診療所での診察を待っている間やバスの
中でさえもレース編みをするポルトガル女性を普通に見かけていましたので、
それもひとつのきっかけになったと思います。

portugalgoods portugalgoods
30年ほど前に夫の母や叔母からいただいたクロスステッチとレースのナプ
キン入れです。今でも毎食時事に使っています。
「Recordacoes os passado(昔の思い出)、「Paz e Amor(平和と愛)」の刺繍
文字があります。今は亡きジュアキナおばさんのプレゼントです。

編み物や木彫りをしている時間はわたしにとって沈着した気持ちがもてる自
由な時間だと言えます。一編み一編みと針を運んでは頭の中でとりとめもな
いことを考えたり思い出したりします。編み模様のパターンが決まっている
と、テレビに目を向けながらでもできるようになります。

昔の女性は時間をこうして編み物をし、ベッドカバーやテーブルクロス、タ
オルの縁取りにもレース編みを施して、毎日の生活でそれを使ったり、嫁入
り道具として(これについては記事最でご案内いたします)とって置いたり
したのです。今では手作りのものを使えるのは少し贅沢なことですが、30
年くらい前は当たり前でした。

時代が変わり、今では自分の時間を削って稼ぐか、時間の潤いを選んで自由
な生活を選ぶかとなるのですが・・・
わたしも気がつけば、かつてしていたことができないように、時間を削って
働くほうにいつの間にか流されています。ま、日本語を教えることもまた、
好きなことのひとつではあるのですが。

では、下記に手元にあるポルトガルの素朴な布刺繍をご紹介します。

portugalgoods
Boldade de File(ボルダード・デ・フィレ)と呼ばれる北部の伝統編みもの
です。小さいものから大きいテーブルセンターまでありますが、この刺繍に
ついては後日、もう少し詳しく取り上げてみたいと思っています。

portugalgoods
後継者がおらず、消滅危機にさらされている伝統工芸のひとつ。数年前から
惚れ込んで見かけては集めています。
portugalgoods

下は昨年夏のリネン市で手にいれたものです。

portugalgoods
刺繍よりもリネン(麻布)そのものに惹かれて、もって行った財布を空っぽ
にしてきました。
portugalgoods

portugalgoods

portugalgoods
リネンそのものが手織りです。ゴツゴツ感がむしろ人の手の入った温かみを
感じさせます。

portugalgoods
わたしが好きな種類で、針で布を掘り起こすようにして模様を出すのだそう
です。これは買おうか買うまいかと思案して、思い切って手に入れました。
portugalgoods

6年ほど前に南部アルガルベ地方を家族旅行をしたときに、小さな町で見つ
けた手織りのマフラー。
portugalgoods
夏でしたが誕生日の前祝にとわたしにしては珍しく夫にねだりました。
portugalgoods

マフラーはこのおばさんが織っていました。
portugalgoods

下記にてこの町の記事が読めます。
http://www.geocities.jp/spacesis_porto/html/out_of_porto/domingos_mertola.htm

本日の布刺繍(1)の紹介は以上です。少し時間がかかりますが、次回はカラ
フルな刺繍を取り上げたいと思います。

下記では布ものを始めとする我が子たちの嫁入り嫁とり道具としてたものを
紹介しています。よろしかったらどうぞ。

ポルトガルの嫁入り道具(1
                 (2

本日も読んでくださり、ありがとうございました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
北部の伝統的な編みものが特に気になりました。僕も散財の危険を感じます。4月13日から彼女と二人で約ひと月ポルトに滞在します。ワイワイ塾探せるかな?楽しみです。
2012/03/23(Fri) 19:37 | URL | Yoske | 【編集
ママ^^
ベッドヘッドに今もあります^^
ネットの部分、どうやって編むのかなあとか思ったり。
最近目がレースの編み目を追えなくなってきて(^_^;とんと編んでいませんが、パイナップル編みやアイリッシュ編みなど、昔は編んでいました。母に誉められたのを覚えていますv-22
いろんなレースを見るのって楽しいですね☆
2012/03/24(Sat) 07:41 | URL | なみ | 【編集
>Yoskeさん

>北部の伝統的な編みものが特に気になりました。

他にもまだあります。追ってここにてご紹介いたしますね。

一月も滞在なさるのですか!ポルト市内はもちろんのこと、
近隣都市にも足をのばせますね。


>ワイワイ塾探せるかな?

うふふふ。看板などあがっていませんよ(笑)
知る人ぞ知る塾なのですv-290
ご滞在中に暇でしようがない、なんて時にはお声を
かけてみてください^^

>なみちゃん

>ネットの部分、どうやって編むのかなあとか思ったり。

うんうん、わたしも興味があります。今度とりあげてみますね。

>最近目がレースの編み目を追えなくなってきて

こちらの人もそれで歳をとるに連れてレース編みをやめる人が多いです。
わたしは老眼は大丈夫!ド近眼だからねw
太目の糸で編むのはどう?
2012/03/25(Sun) 05:27 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村