2012年3月23日 

先ごろ、こんな記事を読んだ。

kippu

「三陸鉄道支援・釜石から復興未来ゆき切符11日発売」 

「釜石から復興未来ゆき」の切符が大震災から1年となる11日、岩手県釜
石市の釜石駅前で発売される。被災して大半の区間が不通となった三陸鉄道
を支援しようと地元有志が企画した。有効期限は「諦めない限り」と書かれ
ている。切符が売られるイベント「かまいし復興の祈り」では、2500個
のキャンドルをともし「復興の鐘」を鳴らして震災犠牲者の鎮魂と被災地の
未来への希望を願う。2014年4月に全線開通を目指す三陸鉄道の釜石駅
前が会場で、収益金で地域の足を応援する。


3月11日に切符を売り出したところが全国から問い合わせがあり、切符販
売を3月いっぱい受け付けるとのこと、興味のある方は下記サイトで詳細を
ご確認ください。

http://mirai-ticket.jimdo.com/復興未来ゆきキップ窓口/

「諦めない限り有効」という言葉に未来志向が感じられ、なんだか少し胸に
響きます。瓦礫処理が震災復興に立ちはだかるという大きな問題があり、復
興にはまだまだ時間がかかると思われますが、今こそ政府、専門家、民間が
知恵を絞ってこの問題に取り組んでいく必要があります。

放射線量の有害性についてはわたしは分かりません。
「核爆発で数十名の死者を出し、高濃度の放射能を広く拡散したチェルノブ
イリ事故と、水素爆発と狭い範囲の低濃度放射能漏れで、ひとりの死者も
いない福島第一の事故は全く種類が違う。医学の権威は現在の放射線レベル
で病気の発生など有り得ないと太鼓判を押している」「世界各地には極めて
高い自然放射線地域があり、例えばイランのラムサール地方は年間10ミリシ
ーベルト観測上の最高値は260ミリシーベルトもあったそうだ。それでも誰
も癌にならず元気に暮らしている。宇宙飛行士は大気圏外で年間400ミリシ
ーベルトくらい浴びるし、ラジウムの瓶が床下からごろごろ出てきた世田谷
の90何歳かのお婆ちゃんの被曝量は何と宇宙飛行士並だった。しかも30年
間ぶっ続けなのに健康でご長寿だ。放射線医学の権威が、福島原発事故によ
る被曝で病気なんて有り得ないと断言するのは、頷ける話なのだ」

というサイトもあり、こちらを読めば「そういうものならあまり心配しなく
ても」と慰められ、あちらを読めば「いったい幾シーベルトなら人体に
害を及ぼさないのか、関東に住む子供たちも含めいったい人々はどうなるの
か」と不安に襲われ、読むほど混乱して分からなくなります。

わたしはもう検索をやめました。日本に住む限り、どこにいてもわたしたち
はこの問題と向き合って生きていかなければなりません。それこそ諦めず復
興未来に向けて一歩一歩踏み出していくことがおそらく解決策につながるの
ではないでしょうか。

この復興切符を見ながら、ふとこんなことを思いました。

わたしたちは生まれるとき誰しもが未来という切符を手にしているのだ。
希望未来ゆきの切符だ。諦めない限り有効。釜石の「復興未来ゆき切符」と
違うのは料金が書かれていないことだ。

月日が経つにつれ、多くの場合、わたしたちはその切符の存在を忘れてしま
う。希望は薄れ失われる。わたしが言う希望とは、わたしたちを苦境から這
い登ろうとさせる何かだ。夢だ。それが実現したらと考えると自分をちょっ
とワクワクさせるような夢だ。若い人にはこの切符の存在を思い起こしても
らいたい。好きなことを一生懸命すればいい。諦めないかぎり有効なのだ。

わたしは?と考えてみる。
ヨレヨレになっているけれど、多分まだその切符を手にしていると思う。
わが子たちは?彼らもまた好きなことを諦めないで歩き続けているようだ。

しばらく前の我がモイケル娘のブログ記事にこんなのがあった。

働く意欲のあるニートの呼び名を「レイブル」に変えようと呼びかけている
連中がいるらしい。こういう記事を読むと、本当に日本人は名称を考えるの
が好きだな~とつくづく思う。

意欲があろうがなかろうが二ートはニートじゃないか。
Not in Education, Employment or Training

定義は間違ってはいない。
この用語はイギリス発祥だそうだが、
それ以前のニートは Status Zero と呼ばれていたらしい。・・なんだか響きは
かっこいい気もするがある意味ニートより屈辱的である(笑

それこそレイトブルーマーだっておかしくないか。
ブルーマーって、お前らまだ咲いてないじゃないかww
咲く前から遅咲きってなんぞw 大体自分で自分のことを遅咲きって呼ぶやつ
がいるか。どんなナルシストや。

そもそもニートによくないイメージがついたのは、実際にそういう若者も増
えてるんだし、またこの不景気の中働き口がなかなか見つからない人もいる
ことを皆分かってるはずなのに。

レッテルを張り替えてる暇があったら人々の意識を変える教育方針でも作れ
ば?(ー_ー)どっかの金融機関か不動産にしか聞こえないような名称に変
えるよりは(`_`)

ちなみに私も4月からニートだ。
なんとでも呼びやがれ はーはははは


すみません、多少言葉遣いが良くないのには目をつぶっていただきまして
我がモイケル娘、「石の上にも三年だ。勤めたからには3年は辛抱せよ」
とのわたしから言い付かった言葉、年貢をきちんと納めたと思いきや、この
3月には退職し、新たな進路へと踏み出す。

自分が心から生きていると感じられることを若いうちにするがいい。一生懸
命するがいい。「復興未来ゆき」切符には「下車前途無効」とありその通り
だが、若者の「希望未来ゆき」切符は、「途中下車有効」だ。
ニートはニートでも希望あふれるニートでいて欲しい。

って・・・なんか変かな?

モイケル娘のブログサイトはこちらです。

本日も読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:東日本大震災
ジャンル:日記
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/03/24(Sat) 10:42 | URL | ビジネスマナーの言葉遣い | 【編集
ハア、本当に放射能の事判りませんね。でも私は野菜は近辺のは避けてます(悪いのですけど、そうと思うのもおかしい)肉類も国内産除けてます。料理へへの意欲がめっきり減ってます。ここしばらく毎日どんよりした霧雨空なのですが、何かの影響か(?)と思ってしまいます。この社会は統治がなされなければいけなくて、民主主義で議会があって選ばれた人がウロウロしてますが、首相でさえ怪しいのです、言うことも取り繕うことも。つくづく人間の世界だなと思います。モイケルちゃんのブログもっと更新して欲しいんですよ、面白いです。
2012/03/24(Sat) 22:52 | URL | kumi | 【編集
>ビジネスマナーの言葉遣いさん

読んでいただきありがとうございます。!またどうぞいらしてください。

>kumiさん

ついついそちら方面と関連付けてしまいますよね。その気持ち、分かります。

>首相でさえ怪しいのです

Youtuveを通して国会の答弁を見ていると白々しいと思うと同時に
これがわが国の最高府かとその幼稚さに絶望感に陥りそうになります。
いったいどうしちゃったんでしょ、日本v-394

>モイケルちゃんのブログもっと更新して欲しいんですよ、面白いです。

ありがとうございます!本人に伝えます。きっと喜びます。
言葉遣いが・・・とその点きになりながら、思わず大声出して
笑ってしまい^^;
普段の生活ではあのような言葉遣いはしないはずです。
ブログの言葉の面白みと見ていただき、ご勘弁ください。
2012/03/25(Sun) 05:42 | URL | spacesis | 【編集
私は宮沢賢治が好きで、1年半前にひとりで仙台ー盛岡間を3泊4日北上するの内陸部を旅行にいきました。
当時は三陸海岸で列車の旅もいいかもーと考えていた自分が昔のように感じてしまいます。
その半年後に大震災がありました(´Д`)

毎日ニュースや新聞を読んでも、政府の対応になんだかやりきれない毎日です。

震災後、最近また宮沢賢治の作品が取り上げられる機会が増えてきました。

このニュースを知ったとき、なんだか銀河鉄道みたいだな。って思いました。
銀河鉄道は死の世界なんですが、私が感じたのはポジティブな意味で、様々な人の想いに期待や希望をのせて走る姿がまるで銀河鉄道のように感じました(・ω・)


私もモイケルちゃんブログ楽しみです(●´∀`●)/
可愛らしい内容でほんわかします(´ω`)
2012/03/26(Mon) 02:59 | URL | まりちゃそ@mariko.A | 【編集
>まりちゃそさん

賢治の作品はわたしもいくつか読んでいます。

小さいころに読んだ「よだかの星」はずっと心に残って
おり、また大人になって読んだ「永訣の朝」という
最愛の妹の死を歌った賢治の死に深い哀しみを感じます。

銀河鉄道は不思議な物語でわたしも好きです。 

もう一人ファンがいるよとモイケル娘に伝えますね!
調子に乗ってブログ更新数が増えるかもv-290

英検勉強、進んでますか?
2012/03/26(Mon) 07:58 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村