2012年4月16日 

自身はそれに染まりませんでしたが、20歳の頃の大阪京橋時代、まわりには
上に素人と名のつく、演出家、役者、シナリオライターの演劇関係者、作家
志望やカメラマンなど、サラリーマンとは異質の知り合いがたくさんいまし
た。

わたしはと言うと、その中でどういう訳かこれまた上にへんちくりんな定冠
詞がついて「自由人ユーちゃん」と呼ばれていたのです。わたしのどこが自
由人かと問いますと、常識の枠にとらわれないで行動するからだそうで(こ
れは20代の頃だということをお忘れなく)、褒められているのか呆れ
られているのか複雑なところではありました。

素人劇団の何のお役目も担っていないのに出来上がったばかりのシナリオを
読まされたり、その仲間からはあっちへこっちへと引っ張りまわされたりし
たのですが、都会生活がまだ2年ほどの20歳そこそこのわたしからすると
彼らが皆、まぶしい輝きを放っているよう見え、深夜を問わず喜んで引っ張
りまわされていた感があります。

おかげでまともな生活はできず、飲まず食わずの日が多かった青春時代では
ありましたが、今振り返ってみるに、かけがえのない青春の一こまであった
と思います。団長はかつて「劇団四季」に籍を置いたことがあるという男性
で、彼らはサマセット・モームの作品のみを手がける劇団でした。

そんな知り合いたちの中に一人、プロダクションには属していないものの中
川君という素人ではない(!)役者がおりまして、これが顔が大きいもので
すから、現代劇より時代劇でよく映えるのです。案の定、彼は京都四条にあ
る南座で、よく歌舞伎公演での役回りをしていたのでして。なに、役回りと
いってもハシッパの役(笑)

これが、ある日浮かぬ顔をして現れまして、
「舞台でドジッた。トップの役者さんにこってりしぼられてん」
何をしたかと言いますと、
出番の寸前にどうにも我慢ができなくなってトイレに行った。
そしたら出番の合図が聞こえたので慌てて舞台に飛び出して行ったのだと
言う。

出てしまってからハッと気がついたのが、足に履いてる「便所」と書いて
あるスリッパ!(爆)おまけに、手に持ってなきゃならないはずの十手を
トイレに置いてきてしまって、「御用だ!御用だ! 」と突き出す手には、
十手なし・・・

周りの小役人を演じている人らの後ろに後ろにと隠れて誤魔化そうとしたの
だそうだが、そんなもん、ロケじゃあるまいし本番なんやから、どうやって
誤魔化すのよ(笑)これを聞いたときには、気の毒な気持ちよりも大爆笑が
起こって我らは皆、抱腹絶倒。

役者さんの世界って、NGがたくさんあるでしょ?あれ、爆笑ものが多いで
すね。しかし、劇場では毎回が本番、やり直しがきかない。中川君によると
立派な歌舞伎役者さんも時には失敗するのだそうで、そういう時は、舞台が
終わった後に先方さんからちゃんと陳謝として全員に何がしかが配られるの
だそうです。

あれから40年ほども経つというのに、今思い出しても「便所」と書かれた
スリッパを履いて、「御用だ、御用だ!」と空の手を突き出し、にっちもさ
っちも行かなくなっている中川君の姿を思い浮かべるたびに、くっくっくと
腹を抱えて笑わずにはいられないわたしです。

中川君、どうしているでしょう^^彼からもらったヅラをつけたサイン入り
のブロマイド、どこへ行ってしまったかなぁ^^
            <我がエッセイ「中川君のブロマイド」より>

さて、どうしてこんな話から今日は始めるかといいますと、実は先週日曜日
の午後、まこと40年ぶりにTeatro観劇をしてきたのです。この演劇は上に
書いたような失敗など許されない古典劇ギリシャ三大悲劇のひとつと評価さ
れるソポオクレスの戯曲、「オイディプス」、ポルトガル語では「Edipo」
といいます。

edipo1

わたしの一番最後の観劇は、大阪時代に観た浪漫劇場の「薔薇と海賊」です。
三島由紀夫の原作で主演は村松英子と中山仁でした。劇の内容よりもスッと
背筋を伸ばし大股で舞台を往来する美しい村松英子の着物姿に感動し、40
年たった今でもあの姿は脳裏に残っています。ただ、今考えて見るとあの歩
き方は着物では邪道らしい(笑)にも拘わらず、彼女のその着物歩行をわた
しは素敵だと憧れた20代初期でした。

印象的な演劇では高校時代に観た「アンチゴネー」があります。「アンチゴ
ネー」は偶然にも今回観たオイディプスの娘を主人公にした戯曲です。
ファンとはとても呼べませんが、数年前までは夫と連れ立って時にオペラや
コンサートへ出かけたものです。ありきたりの日常生活から抜けて、その時
間だけ日々の垢がちょっと落とされるようなリフレッシュ・タイムに浸るこ
とができます。

ポルトガルに来て以来感激したものに、オペラ「トスカ」と、家族で見たロ
ンドンのマチネ、ミュージカル「レ・ミゼラブル」があります。2作ともま
るで体ごと吸い込まれでもしたかのように、いつの間にか自分がその主人公
になりきって感涙したのでした。

物事を感覚的にとらえるタイプのわたしは、構えた見方をしないので好きな
作品には体ごとのめり込む。ですから、自分が主人公の人生を体験するよう
な感覚になり、それでよしとする。ま、言ってみれば単なる素人観衆で絵画
も本もあまり説明を要するものは苦手な単純人間です。

話を元に戻しまして、今回はブログが縁で、目下ポルトで上演中の、ミラノ
を拠点にヨーロッパや日本で活躍されている演出家、井田邦明氏のご親族の
方のご親切で氏演出の「Edipo」に招待されたのでした。実はご招待を
受けるにあたりポルトガル語での劇が果たして理解できるだろうか?との
不安があり少し迷ったのですが、ふと若いころのあの刺激的な感覚を思い出
し、よし!と出かけて来ました。

edipo

上演劇場Teatro do BolhaoがあるACE演劇学校の入り口。下は中庭。
edipo

ストーリーをあらかじめ知っていたためか、物語の運びにはたいして問題な
くついていくことができましたが、役者さんの格調高いポルトガル語に覚
醒された思いです。ポルトガル語の面白さを再認識、今後の語学学習
にも熱が入りそうです。
劇中意表をつかれた演出もありましたが、ここでは今触れないでおきまし
ょう。忙しさにかまけ、このような優雅な時間があることも忘れていたこ
の数年でしたが、久しぶりに刺激的な日曜日の午後になりました。

下記にてご案内いたしますので、ポルト在住の方、よろしかったら是非お出
かけしてみてください。

インフォーメーション
「Edipo」
演出:井田邦明
上演場所:Teatro do Bolhao(ACE演劇学校内)
       Praca Coronel Pacheoco No.1
Tel: 222 089 007
www.ace-bt.com
上演期間:4月12~5月6日 
上演時間:(1時間20分)水~土21:30~  日曜日16:00~
料金:10€ (12歳以上)


なお、下記wikiサイトではストーリーの概要を読むことができます。

オイディプス

アンチゴネ-」


最後にこのような機会を下さったI様に感謝いたしまして。

本日も拙ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:演劇
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
もしできたらお会いしてお話を聞かせて欲しいです!いつでも構いません。francesinha食べましたがあれはだめでした。
2012/04/18(Wed) 16:50 | URL | Yoske | 【編集
>Yoskeさん

あらら、だめでしたか?

お店にもよると思います。わたしは一人前はボリュームがありすぎてとても食べきれないので、いつも半分のメニューがあるところを選びます。
どこでたべましたか?

オフ会、いいですよ^^
今週の金曜日、午前中は仕事があってできませんが、昼からならOKです!

このコメントの下の「管理者にだけ表示を許可」を利用してください。

それで待ち合わせ場所、時間等を設定しましょう。
では、ご連絡お待ちしてます!
2012/04/18(Wed) 17:34 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/18(Wed) 23:26 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/19(Thu) 05:13 |  |  | 【編集
初めまして。
今回、ポルトの情報を探していてこちらのブログを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

「Edipo」を見たのですがポルトガル語が全くわからない分、役者や演出を興味深く見る事ができました。ポルトガルのかわいいアンティークショップと手工芸にハマった4日間でした。

ポルトって良い街ですね。
2012/04/19(Thu) 23:02 | URL | laluna | 【編集
>lalunaさん

初めまして。
「Edipo」ご覧になりましたか!

上演があること、よく分かりましたね。
わたしのポルトガル語理解力もたいしたことはありませんが、今回は観に行ってなんだか得をしたような気持ちでした。

食わず嫌いはいけないなぁと反省中です。

>ポルトって良い街ですね。

そういうご意見を聞くと同胞に巡り会えたように嬉しいです。
小都市だからこその親しみやすさがありますね。
どうぞ、またいらしてください。コメントをありがとうございました!
2012/04/20(Fri) 04:37 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村