2012年5月8日 

筆者は元来が粗忽もの、それを脳内では日本語、英語、ポルトガル語の三カ
国語が飛び交っておるわけで、この年齢ともなると言語の瞬間スイッチが効
かなくなってきております。

雨が降ったりやんだりのリスボンの街を夫とモイケル娘の3人で、カルモ教
会目指して歩いたのですが、方向音痴の夫を先頭にして参った我ら、行けど
も行けども目的地にたどり着かず、とうとう出た口から出たブツクサ。

母「ゆっくり時間があってリスボンをZaraZara歩くのならまだしも」
モイケル娘「ほぇ?ZaraZaraっておっかさん?」

し、しまった!脳内スイッチの入力が遅かった!ブツクサ言った丁度その時
我が視野に入ったのが目の前の店名「Zara」・・・とほほほ、「リスボンを
ブラブラ」と言いたかったところがZaraZaraになってしまい、さすがおっか
さんとモイケルが大笑い、情けなや^^;これが「リスボンZaraZara」の謂
われであります。

旅行出発に先立ち、準備としてネットでざっと検索するのがわたしの常なの
ですが、今回ばかりは影絵の準備に追われその時間もなく、夫に任せたのが
間違いであった。ロシオ広場からあんなに大きく見えるカルモ教会です、そ
んなに遠いはずがない。坂道を上って行くうちに、これはオカシイと気がつ
いた。

しかし、いつものごとく自信ありげに先を行く夫に迂闊にそれを言うと不機
嫌になること間違いなし。さっきまでカルモ教会がやっとこさ見られると嬉々
として歩いていた我が表情もいつのまにやら顔はくもり目はきつく、口元も
「への字」に結ばれてじっと我慢の子。さすがの夫も「まちがったかな?」
とソワソワしだした。「あったりきよ、だんさん、こんなに遠いわけないっ
て。地図、見せてみぃ~」と内心では思うものの、ゆめ、口に出してはなら
んぞな(笑)

だが、ものは考えようで、グルグル迷ったおかげで思わぬ写真が撮れた。

electrico2_1.jpg
路面電車です。雨に赤が映えて素敵です。

リスボン路面電車
こちらも車体に鮮やかなデザインが施され、
 
方向を変えたところでカメラを向けると、あらま、ただ乗りのヤングマンが
ポーズをとって。
リスボン路面電車

ポルトにも2台の路電がありますがこんな風にカラフルにするのもいいなぁ
と思ったり。

こちらは、歩いて歩いていつの間にか辿り着いたサン・ペドロ・アルカンタ
ラ展望台。目的地のカルモ教会からはずいぶん離れていたのですが、この展
望台のすぐ横で、もう一台の路電を。
 
リスボン路面電車
石段から先は進めずここは終着点。
運転手もサービスでカメラにポーズを取り写真におさまって。
リスボン路面電車

リスボンの路面電車は3台あるとのこと、道に迷って結局全部の路電を
見たことになります。
この展望台まで来て、さすが道を間違ったと認めた夫ではありました。

リスボン路面電車

リスボンの町並。右に見えるのはサン・ジョルジュ城。
次回はカルモ教会です。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
少年ミゲルは変声期?
リスボン散策、街歩き♪楽しそうで何よりでございます。

今回の画像も、エエ発色で素晴らしいです。

地雨はイケません、が、降ったり照ったりの日和は、画像の抜けが良くて趣がございます。殊にポルトガルの路面電車は沿線の佇まいと相まって絵になります。

歯車使用の?登坂路面電車は、相変わらずの落書きでエエです、ねぇ。サン・ジョルジュ城を望む展望台は、ミゲル君の「消臭力」CMソングで一躍有名なりました。    改名しました(=_=)
2012/05/11(Fri) 00:12 | URL | 冬の苺 | 【編集
>冬の苺殿

改名、了解でございます^^

そのミゲル君ですが、当地では一向に話題にはのぼらず、最初は何のことか分かりませんでした。日本のCMに出演していたのですね。今回、モイケル娘に聞いて判明でございました。

リスボン、ポルトでは大きな落書きが相変わらずです。まぁ、見る側としては面白がることもできるのですが、やられる方はたまったもんではないでしょうね。
消すのに大変な費用がかかるとのこと、シンガポールだったらムチたたきの刑ですぞ。

で、これならまだ許せるかな?と思わせる落書きを最近あちこちで見かけています。後日ブログにて^^
2012/05/13(Sun) 18:16 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村