2012年5月24日 

モイケル娘も義兄も行くからと夫に誘われ、雨天の中、しぶしぶ出かけたド
ウロ川終日クルーズ、これが思いのほか良かったので紹介します。

ドウロ川クルーズ

参加者は朝、8時半にサン・ベント駅に集合。このツアーはほぼ9時間の終
日旅程で、サン・ベント駅→ドウロ川上流地帯のレグア駅→乗船→ポルト対岸
カイス・デ・ガイア着で9時間ほどのコースです。

夫が申し込んだ最初のコースはレグアより下流にある小さな町までバス、そ
してそこから4時間の船旅のコースだったのですが、参加者が少なくキャン
セルになり、これで行かなくてもすむと喜んでいたら、なんと4時間どころ
か6時間の乗船コースを夫に選ばれてしまったのでありました。

ドウロ川クルーズ

サン・ベント駅から2時間ほどでレグア駅に到着。ポルトから船着場までこの
ガイドさんが案内しました。レグア駅から船着場までの短距離をこんなかわ
いい乗り物で移動です。子供が大喜びすること、請け合いです。
ドウロ川クルーズ


ドウロ川クルーズ
船着場で見かけたクルーズ用の大きな船。外から少し中がのぞけましたが
ベッド付きで、これはドウロ川上流も上流、スペインまで行く数日のグルーズ
用です。わたしたちのはこれ↓
ドウロ川クルーズ

船内↓ 乗船するや、すぐ昼食の時間でした。
ドウロ川クルーズ

いつもの如く食べ物の写真をうっかり撮り忘れ^^;
ドウロ川クルーズ

昼食と食前酒のポートワインがサービス付です。
さてこのツアーの圧巻はドウロ川の5つのダムのうち、その二つを越
えるところにあり。最初に越えたのが下のCalapatelo(カラパテロ)ダム。
ドウロ川クルーズ

ダムに向かって右側の水路を通り、閘門式水門をくぐります。
このダム、35メートルの水位高低差があるという。
ドウロ川クルーズ

いったいが、行きたくないなどとごねていたのはどこの誰であったのかを忘
れ、果たしてどんな風にダム越えするのかと、小雨の中、デジカメ構えて
目を見張っていたのであります。
後ろからわたしたちの後にも2隻の船が水門をくぐって入ってきます。
ドウロ川クルーズ

ドウロ川クルーズ
門をくぐったあと、作業は船からのロープを数箇所の岸にある石くいにひっ
かけました。

水位が少しづつ下降していきます。
ドウロ川クルーズ

cruzeiro_barragem5.jpg
上下の画像を比べてみてください。水位30メートル下降したところです。見上げる
水門はまるでノアの箱舟にでも乗っているような不思議な感覚を覚えました。
cruzeiro_barragemo4.jpg

cruzeiro1_1.jpg

35メートル下降した水門内部を静かに移動して
cruzeiro2_1.jpg

もう出口水門が開きます。
cruzeiro_barragem6.jpg
 
わたしたちの後続船が水門をでてくるところ。これでダム越え終了です。
cruzeiro_barragem7.jpg

もうひとつのCrestuma・Leverダム、15mも同様の方法で通過し、後は
ドウロ川をポルト河岸のリベイラまで緩やかに下ります。
(下)現在はポザーダに変身したニコラウ・ナゾニの作品建築「フレイシュ宮殿」
(Palacio de Freixo)を右手に見て、
ドウロ川クルーズ

ドウロ川に架かる6つの橋のうち5つ、フレイシュ橋、サン・ジュアン橋、ド
ナ・マリア・ピア橋、インファント橋、
ドウロ川クルーズ
(くぐった後から撮った写真)

ドウロ川クルーズ
最後にドン・ルイス一世橋をくぐりリベイラに入る。

ドウロ川クルーズ

夕方6時にリベイラの対岸カイス・デ・ガイアに到着した6時ころには雨は
あがっていたものの雲が低く垂れ、この天気だけは残念でした。
仕方ない、付き合ってやるかなんて気持ちで出かけたのが思わぬ拾い物をした
感じのドウロ川クルーズになったというわけです。

終日クルーズは逆の遡上コースもありますが、午前8時にカイス・デ・ガイア
発、朝食昼食付きで→Lamegoで下船→ぶどう農園を見学→レグア駅から電車で
サン・ベント駅となります。

費用はシーズン中とシーズンオフ、また平日と週末とで違います。わたしたち
のクルーズはシーズンオフの平日で一人当たり59ユーロ。また、丸一日の時
間はないという方は、1時間ほどの6つの橋めぐりコースもあるそうです。

ドウロ川クルーズ
モイケルが撮ってくれたスナップ。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、また明日!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
5900円は安い ♪
 復調されて、何よりでございます。

ドウロ川下り途中、サンデマン等のブドウ畑も眺めて‥エエです、ねぇ。以前、レグアはSLの旅で行かれておられます。高速道路が渡ってましたっけ‥古い蒸気機関車の画像の記憶が‥。

35メートルの高低は凄いです、ねぇ。ヨーロッパには多い閘門式運河での工程を動画を見た事があります。

それにしましても、カメラよぉ写ります、ねぇ。ピーカンではないので、しっとりとしたエエ写りです。フレイシュ宮殿は、川っぷちにプールがあります、ね。仕舞いの45度からのポートレートもエエ雰囲気に仕上がっております。

先日、御宅、近くの学校の動画を見ました、が、訳の分からんモンでした^^。

では‥ボチボチお勤しみ下さいませ。
2012/05/26(Sat) 00:19 | URL | 冬の苺 | 【編集
そうなんです!
先週から、徹夜続きの仕事で更新する暇もなく現在に至っております。v-16
姐さまに関係する記事発見!創立50年の影絵劇団「角笛」http://newyork.keizai.biz/headline/639/の活動と美しい作品を紹介していました。ご参考までに。今日は以前、公私ともに親しくしていた方の13回忌の集いに参加と言うことと、来週の水曜日過ぎまで仕事のスケジュールがありまして、ブログの更新がままなりません。今日は出かけるのには暑い位の陽気になりました。では、またネ!
ラストの写真、う〜む!年輪を重ねた熟女の横顔。決まってるね!
2012/05/26(Sat) 09:24 | URL | 徹夜続きのへたれちゅう! | 【編集
あ、とうとう行かれたんですね!
しかも娘さんたちと一緒で、良かったですね。
水門くぐりは閉所恐怖症の母親には無理かもしれません。

ところで、私達家族は4月の初めにまたポルトガルへ行きました。と言っても宿泊は川を挟んで向かいはスペインというとこでしたが、初日CERVEIRAから入り、再びスペインのMuiños de Folónという山の傾斜に水車が30個ほどあるという山を登り、翌日はCastelo de castro laboreiro,Monasterio da Peneda
最終日はスペインはガリシアのオレンセにあるローマ時代からの温泉Termas de bandeへ行って来ました。この温泉なるほどローマ時代から続いているという雰囲気があってとてもいいのですが、なんせ普通に観光客が訪れるのでゆっくりお湯につかるという気持ちにはなれません。
うちは来月日本へ里帰りです。
2012/05/27(Sun) 22:16 | URL | gallega | 【編集
>冬の苺殿

SLの旅の記事、覚えておいていただき恐縮です。
ダム越えもなかなかに面白かったですがSLはまた違った趣で、水路と陸路のドウロ川旅情、考えたものです。

稚拙な撮影腕、褒め殺しでございますな^^次回の帰国には是非もう少しいいカメラをなんて調子に乗っております。

そちら、入梅しましたか?

>ちゅうさん

お、やっぱり。でも仕事が入るのはいいことですもんね。ただし、徹夜続きの後は、十分に休息なさいませ。お互いに・・・っとっとっと、それは言いっこなしだw

影絵参考サイト、ありがとうさんです。
実は藤代清治氏の本を持っており、いったいどんな方法で?とその美しさに惹かれ目下研究中です。

材料はこちらで入手できそうもなく、日本から取り寄せることになりますが、今すぐでなくてもいずれ手がけてみたいものです。

ところで、ちゅうさんカラーフィルムとはどんなものか、ご存知?ご存知だったら時間のできたときで結構ですので、教えていただけたら助かります。

セロファン紙みたいなのか、その辺で売っているものなのか、知りたいところです。ネットで検索しているのですが、いまいち、ピンときません。

じゅ、熟女ねv-408。まだそう言ってもらえる歳かしらん・・・

>gallegaさん

お久しぶりです!

面白いではないか!と拾い物をした気分でした^^

Cerveira、随分昔になりますが歩ザーダに滞在しましたよ。
スペイン側のその山、スペイン人の友達の勧めで水車を求めて行きましたが、そんなにたくさん見つけられませんでした。もう一度、行ってみてもいいかもです。

お里帰りとのこと、いいですね。お子さんの体験入学などなさいますか?

道中気をつけて、楽しんできてください!

2012/05/28(Mon) 05:52 | URL | spacesis | 【編集
ありがとうございます。
去年は日本人学校で、おととしは私の母校で体験入学したんですが、今年は拒否反応を示したので、無理に行かせるのはやめました。
今年は広島まで両親と旅行をし、その後は九州を家族3人で旅行します。九州は修学旅行以来2回目です。
平戸へは初めて行きますが、とても楽しみです。
櫻島は最近よく噴火しているので行けるかどうか・・・・
2012/05/30(Wed) 19:13 | URL | gallega | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
2012年5月24日 モイケル娘も義兄も行くからと夫に誘われ、雨天の中、しぶしぶ出かけたドウロ川終日クルーズ、これが思いのほか良かったので紹介します。参加者は朝、8時半...
2012/05/25(Fri) 16:17:58 |  まとめwoネタ速neo
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村