2012年5月29日 

以前にも取り上げていますが、先週金曜日に歩いたFoz海岸通りをご紹介し
ます。

ポルト海岸通

Praia da Molheあたりにある気に入りのパーゴラ。ここからドンドン先へ
歩いて行きますと、大西洋が一望できる休憩所に出会う。

ポルト海岸通

やがて、Castelo de Queijoに到着。
ポルト海岸通

学年末も近づき、学校の課外授業のグループがたくさん来ていました。
この高架道路を挟んだ向こうは前日歩いた市民公園です。
ポルト海岸通

ゴンサルヴェス・ザルコ広場にはドン・ジュアン6世の銅像が建っている。

ポルト海岸通
(参:ゴンサルヴェス・ザルコとはエンリケ航海王子のもと、マデイラ島を発見
した航海者)(ドン・ジュアン6世についてはこちらでどぞ。)

ポルト海岸通
空中の赤い大網から向こうはMatosinhosになる。

岩だらけの海岸ポルト側だがMatosinhosからは砂浜も見られる。
ポルト海岸通

Castelo de Queijoからの帰り道は通りに面した散歩道ではなく、海沿いの
散歩道を歩いてみた。
ポルト海岸通

これが思いのほか、歩きにくいのである。
ポルト海岸通

ところどころ大きな隙間があいているので、つまづいて転びはしないかと足
元を見ながら歩くことになる。歩きながら何度か前につんのめった。わたし
のような粗忽者には向かない散歩道ではある。

ポルト海岸通

老人と海と、自転車と。

ポルト海岸通
こんなところに自転車を置き、日光浴をしているのであろう。

ポルト海岸通

そして沖に浮かぶ赤い船と。
ポルト海岸通

この日の散歩も終盤、出発点にもどったところにある有料トイレです。

ポルト海岸通

使用料25セント。トイレにこんなユーロポスターは目下のところ、いただ
けないってば。書いてあるのが「ヨーロッパの栄光、ユーロ!ユーロ!です
ぞ^^;ギリシャ、イタリア、ポルトガルとユーロ危機の引き金をひこうか
と言うこんな時期に、なんだかなぁ。しかも場所が場所です。いまいち納得
いかない気分で帰って来たのであります。

明日は4月にモイケル娘と我ら夫婦3人とで行ってきた我がお気に入りの町、
シントラの話です。今回も興味深いシンボルをたくさん見つけてきました。
お楽しみに!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
お暑ぅございます
 特異な趣きの海岸通り、エエです、ねぇ。小舟が転がっている‥スゲェ!他にも鋼船も難破していたり、巨大網の向こうMatosinhosには路面電車の名残のレールも‥ほんま画になります。

何時ぞやの廃屋?を過ぎドウロ河口へ向かいますと、御紹介済みの大西洋の怒濤と夕陽を眺めるレストラン『shis』がございまぁす^^。

岩場のスノコ状の遊歩道?ハイヒールはヤバイです、ねぇ‥引き潮の浜は潮干狩りにゃ持って来い?超遠投で投げ釣りも良さそうです。いやぁ何時もながらのエエ写りの画像ばかりでございました。

退院しましてから二度目の低血糖←^^の症状が出ました‥明日は[B787]が初飛来します、ので、ちょこっと撮影に出掛けます(=_=)

ぼちぼち御気張り下さいませ。
2012/05/31(Thu) 20:21 | URL | 冬の苺 | 【編集
>冬の苺殿

はい、小船が転がって自転車も転がっております(笑)
何しろお金がありませんからね、難破船も放ったらかしであります^^;

礼のゴチック建築様式の廃屋も相変わらずの状態で、Shisはモイケル娘がいた間に、影絵ボランティアを手伝っていただいてるOちゃん一家と久しぶりに食べてきました。あ、そういえばその時に出てきた「いちご寿司」の話を忘れていましたっけ。

Fozのあたりは釣りの場でもありますよ。以前から早朝に出かけてその光景を撮って見たいと思っているのです。特に晩秋あたりの朝もやがかかる時期に^^

B787の撮影、うまく行き申しましたかな?今回モイケル娘が利用したのは羽田発フランクフルト行きでした。
B787はその航路に使用されるのでありましょうか?

次回の帰国にはわたしも羽田行きを利用しようと思っています。

苺殿もご自愛のほどを。
2012/06/01(Fri) 07:21 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村