2012年6月2日 

♪ああ、我ダンテの詩才(鬼才?奇才?)なく バイロン、ハイネの熱なきも 
 石を抱きて野に歌う 芭蕉のさびを喜ばず

(註:この場合の「喜ばず」の「ず」は否定の意味ではないぞ、モイケルよ)

と与謝野鉄幹の「人を恋うる唄」でも歌われた詩人バイロンも滞在し、著書
「チャイルド・ハロルドの巡礼」の一部が書かれたと言われる、シントラの
Lawrences Hotelを今回は利用しました。
 
1764年に創立されたローレンス・ホテルはイベリア半島で最古のホテルだ
と言われます。五つ星、部屋数はわずか16室です。今回は4月の、しかも
日曜日の宿泊とあって、予約がとれました。

シントラ

ローレンス・ホテルは1961年に閉鎖され、1989年にオランダ人夫婦に
よってリオープンされた際には招待状に当時のアメリカ国務大臣やオランダ
のベアトリス女王が第一級貴賓とされたそうです。

シントラ
(この画像はWikiより)

また、ポルトガルの高校生が読書必須のポルトガル著名作家エッサ・デ・ケ
イロス(Eca de Queiros)の「Os Maias」(マイア一族)の中でも引用
されています。
シントラ
(Wikiより)

ローレンス・ホテルには部屋番号はなく、どの部屋にも個々の名前がつけら
れています。下はモイケル娘が宿泊した部屋。

シントラ
枕元の絵はよく見ると異端的なシンボル、尾が二つに割れている人魚メリュ
ジナが描かれています。

バイロンの他に、シントラの歴史とは切り離せないゴチック作家ウィリアム・
ベックフォードもここに滞在しており、二人とも秘儀主義者だと推測するわ
たしは、ひょっとするとここでそのヒントに出会えないだろうかとの期待も
あり、夫にこのホテルを選んでもらったのであります。
シントラ

わたしたちの部屋の奥がバイロン卿とベックフォードが使った部屋で、その
まま詩人と作家の名前が部屋名になっています。

シントラ

残念ながら、期待したこれぞというヒントをホテル内で見ることはできませ
んでしたが、いずれにしても、18世紀当初の所有者名がネット検索では出
てこず、ホテルの歴史情報が極めて少ない中、買い受けたのがオランダのベ
アトリクス女王を招待できるほどの地位にあるオランダ人夫婦だということ、
1999年には、陰のサミットと世に呼ばれ、そのメインスポンサーがロッ
クフェラー財団だとされるビルダーバーグソサエティ会議がシントラで開催
されていること、オランダのベアトリクス女王はそのエリザベス女王と共に
主要メンバーであることなどを考え合わせると、ローレンス・ホテルには創
立当初から、なにやら異端の匂いがプンプンします。

もっとも、それはこのホテルに限らずシントラそのものが昔から秘儀主義巡
礼者の密かなる出発点であったのではないかとは、わたしの素人考察です。

さて、ローレンスホテルに到着後、荷を解くのもそこそこにわたしたちは久
しぶりにペナ城を訪れたのですが、これは次回に案内するとして、翌朝、時
間を惜しみ少し早めに起き、ホテルでの朝食を終えて後、わたしたちは目的
の「キンタ・・ダ・レガレイラ」を目指して歩いたのですが、路上駐車して
ある我らの車の側を通り過ぎようとすると、モイケル娘、

「あれ?車の窓、全部開いてるけど?」
「ん?な、なぬ?」

と心臓ドキッのわたし。夫と二人目を凝らしてみると、モイケルの言う通り、
運転席の窓が全開やん!ちょっとーーー!

夫はこういうときですら慌てるでもなく、困ったなと言う風な顔をして、自
ら窓全開を確認し、「しかたない」と一言・・・・・

こんなドジをしでかすなんて、粗忽者のわたしならいざ知らず、夫がとは、
あな不思議。それよりも、前日到着後からずっとそのままだったと言うのに、
何の被害もなかったのはそれに輪をかけて、あなあな不思議と言わざるをえ
ません。ツーリストが少なかったこともあるのでしょうが、これはポルトガル
においては幸運の極みでありましょう。

やっぱり少し遠くても、少しお金がかかっても有料駐車場に止めるべきです。
で、下記、過去の自分の失敗談を引っ張りだして、本日はとっつばれといた
します。

2006年5月31日(木) シィ~~^^;
うわぉ!危なかった!

夏時間で今はまだまだ明るい夕方7時過ぎ。
アパートの玄関ブザーが鳴ったので、てっきり日本語の生徒さんだと思い、
日本語で、「どなたですか?」と聞いた。

これは、普段日本語を皆目耳にしない生徒さんたちのために、誰と分かって
いても、日本語でそう聞くことにしているのだ。「ちゃんと日本語で名前を
言わないと、ドアを開けるボタンを押さないわよ^^」と言ってある(笑)

すると、期待に反して、男の声がポルトガル語で何やらわめいている・・・
「アナです」とてっきり日本語で返事が来ると思っていたのに、案に反して
ポルトガル語が来たもので、か弱い我が頭脳は、数秒@@状態ですぐには
反応しない^^;

「な、なんでしょか?」と数秒後やっとポルトガル語で応対した。
「お宅の車の窓があいてまっせー」と、聞いた!
「う、うけぇ?(O que e!?)」(ポルトガル語で、え、えぇ!の意味)
え~らいこっちゃえらいこっちゃ!
聞くなり、家のドアの鍵束をひっつかみ大慌てで階段を下り、外へ出て己の
車を駐車してある向かいのアパートの前に!

うわぁ~~、ほんまや!助手席の窓、開けっ放しやん!
誰やねん!!・・って、自分やん^^;
3時からの日本語教室が終わってから、大急ぎでハイパーマーケットまで車
を飛ばし、買い物をしてその場所に駐車したのが2時間前。

たまたまわたしの車の横に自分の車をつけた、お向かいのアパートの人が知
らせてくれたのでした。その男性、助かったと礼言うわたしに片目をつぶり
ながら、自分のアパートのドアを開けて入って行きました。

ふぅ。危なかった^^;
あんなことしてたら、「は~い、車中のもの、残さずお持ち帰りくだされ」と
誘惑しているようなものだ・・・・いかんいかん^^;
しかし、お向かいに入っていったその男性、わたしはまったく見覚えがない
のです。わたしには、自分のアパートの前、お向かいのアパートの前とズラリ
並んで駐車している車、自分のを除いては、どれがご近所の誰の車かなんて
分かりもしません。

へぇ、みんなよく知ってるのね、とまずは思ったのだが、待てよ・・・・
やっぱり、茶髪グラサン東洋女の車が目立つのだわぃ^^;

それに、我が家へ来るお掃除のおばさんは、しょっちゅう向かいのカフェに
行ってますから、結構おしゃべりしてるやも知れない^^;
「ほれ、あの青い車、お慌て者のドナ・ユーコの車よ。今朝も行っ たら、前
の日の鍋焦がしの匂いがしてたわ。わっはっは」とかなんとか(笑)

しかし、人の口に戸は立てられず、です。
ま、このまま行っちゃうっきゃない^^

で、亭主にはこのまま言っちゃわない(笑)
もうちっと自分のボケぶりを自覚せぇ、とお小言もらいそうだから内緒内緒。
シィ~~・・・・・

え?日曜日には亭主、向かいのカフェで新聞読むのが習慣だから、どこから
かすぐ耳に入るんじゃないのかって?
・・・・・・・・・し、知らん^^;

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
友をえらばば書を読みて 六分の侠気四分の熱
 われ男の子 意気の子名の子 剣の子
      詩の子恋の子 ああ悶えの子

久々の「与謝野鉄幹」で、ございました、が、非常に人間臭い人やったそうで^^因みに「鉄幹」は老梅の幹の雅称だそうでごじゃります。

ホテル密集地の様でございます、ね。ローレンスホテル‥上は城、下に広がる大西洋‥お舟が遠く浮かんでる‥なんじゃあ!

有料駐車場でも窓の全開は、いけやせん。が、盗る方が、その気になるとガラスの一枚位は簡単に破ります(p_-)。いやいやいやいや!ついウッカリは年毎?日毎に多くなります。先般、撮影用三脚のエレベーターパイプを外し、地べたに置きました。忘れるぞ‥忘れるぞ‥と思い乍ら撮影を済ませて帰宅‥やっぱり忘れて来ました‥ぐやしぃぃ!

ジャガランダの花の代わりに?栗の花盛りです‥どうやら梅雨入りになります。
2012/06/05(Tue) 20:57 | URL | 冬の苺 | 【編集
>冬の苺殿

そですね。ローレンスホテルの道を先へ行くとすぐ異端のシンボルだらけのレガレイラ、更に進むとペナ城があり、そこからもった先へ行きますとシントラ山頂にたどり着きます。

実は苺殿のこのコメントを読んで、シントラ山頂にある「Peninha礼拝堂」へ行ったことを思い出し、今回は記事を書いてみようと写真を探したところ、ない!

記事の下書きもまだしていなかったもので、縮小写真もなし・・・

つまり、今年春のパソコン壊滅と同時にバックアップをうっかりしていなかったもので消滅してしまったのでありました。思い出すも悔しゅうございますv-293

その山頂からは、彼方にロカ岬が見えましたよ。もう一度行かなくちゃ!

>忘れるぞ‥忘れるぞ‥

(爆)笑っておりますが、しかし、相身互いでございます。
自覚しているうちが花でござんすねv-392

ところで、一度苺殿の写真を拝見いたしたいものです^^
2012/06/07(Thu) 18:58 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村