2012年6月7日 

数日いい天気が続いたと思いきや、曇り空のこの頃。
これは6月、朝は曇りがちで日中真っ青な青空を見せたりするサン・ジュアン
の頃の天候でもあります。

今日は移動性祭日の「Corpo de Deus」(聖体祭)でポルトガルは休日です。
Corpo de Deus(Corpo=体、Deus=神)は現カトリック教会典礼によると、
「至聖なるキリストの体と血の儀式」なんだそうで、よく内容がつかめない
のではあります。
休日の朝一番の電話、ん?何ごとであるかと応答すると日本語の生徒さん、
「今日は授業できませんかぁ?」・・・・・おい!(笑)
「今日は、先生は休みたいです」と返事を返しましたです。

さて、毎週水曜日は日本語教室の合間を縫ってなんとか頑張って通い続けて
いるポルトガル語個人授業ですが、ついに最後の読解力練習テキスト、第1
課から30課までを昨日終えました!

ポルトガル語


ん十年も住んでるんだ、spacesisさん、もう十分ポルトガル語ができるで
しょう、などど皆様、お考えなさるな。子育て、17年に及ぶ学校の送迎、
子達の日本語教育と、楽しみながらではあるものの全力を注いで(ちょっと
言いすぎかもw)自分の教育をなおざりにしたツケが、ポルトガル語学習の
遅い始まりと言う形になったのであります。ま、自分に費やす教育費どころ
ではありませんでしたしね(笑)
と、一応たらたら言い訳をこねましたが、ご勘弁を。

30課も学習したとは言え、家での勉強はポルトガル語に出かける前の1時
間きり。復習する時間はなかなか作れず、やりっ放しの状態ですから、単語
に関しては「あ、見たことがある」くらいなもので、果たしてどの程度頭に
入ってるかはさて置き、とにかく完了したということに少しは意味があるか
も知れません。そして、来週からディアス先生と読むのがこの本です。

ハガレン

ブラジル人作家、パウロ・コエリュ氏の「O Alquimista」(錬金術師)。

表紙のイラストとタイトルを一目見て即手にしたのがかれこれ7年ほど前に
もなる。ざっと一度読んで面白いと思い、数年後、我がモイケル娘にも増版
本を送りましたら、ハガレンこと「鋼の錬金術師を読んでるぞ」と言う。

聞くと、マンガのシリーズなのだそうで、ポルトのマンガ狂の間でも知られ
ているのを発見(笑)。しからばそのシリーズを買い揃えておくれ、とモイ
ケルに依頼し全27巻揃えてもらったので、昨春の帰国時に持ってこれたも
のを、食べ物に欲がくらみ旅行カバンは日本食で制限重量目いっぱい。前回
は持ち込むことができなかったのでした。

2001年に始まったこのシリーズは2010年に完結。ファンタジーです
から、出てくる語彙やその意味合いを鵜呑みにはできませんが、マンガとは
言え参考になるのではないかとわたしは期待しているのです。

錬金術の歴史は古代エジプトに遡り、物質の変化、精錬のサイエンス性から
人間の精神の完成度を求める秘儀神秘思想まで、多くの人々を惹きつけてき
た言葉です。

さて、パウロ・コエリュ氏のアルケミストに戻りまして、不明なところはすっ
飛ばして読んだこの本をもう一度読んでみなければと思ったきっかけにマー
チン・シーン主演の「The Way」(邦題:星の旅人たち)があります。

サン・ティアーゴ・デ・コンポステラ巡礼でピレネー山脈を越える途中で嵐
に会い命を落とした息子の足跡を辿り、父親のトムは傷心を抱えて星の道と
呼ばれる古の巡礼路をフランスからサン・チアーゴ・デ・コンポステラまで歩
こうと決意します。旅の途中でそれぞれ国籍の違う3人の巡礼と知り合い、
やがて共に歩くことになるのですが・・・



「You don’t choose a life, Dad. you live one」
とのトムの息子の言葉が胸に残ります。

サン・ティアーゴ・デ・コンポステラはわたしたちも2度訪れています。
これまでなかなか記事にする機会がなかったのですが、次回ご紹介したいと
思います。

不明なところはすっ飛ばして読んだ「アルケミスト」ですが、きちんと読み
少し掘り下げてみたいという気持ちが今回の再読になりました。

我がポルトガル語の先生は70近くのお歳ですが神学を選択した方です。素
人のわたしの独学ではとても計り知れないような知識をお持ちのはず、辛抱
強くお付き合いくださることを願いつつ、来週からのレッスンを楽しみにし
ておるのです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
ブログ興奮(更新中)ちゅう!
姐さま!失礼とは存じますが、ちゅうのブログにきてくだされ!
興奮しまっせ!と言ったら、カミさん曰く「地元出身だからよ!」。
2012/06/08(Fri) 19:35 | URL | ブログ興奮ちゅう! | 【編集
ハガレンは、福島第一原発の電気でつくっていたアニメNO.1wwww
2012/06/08(Fri) 23:00 | URL | 西武ファンの鴇田翔平 | 【編集
>ちゅうさん

行った、見た!(笑)
ふふふ。ちゅうさんの興奮ぶり、目に浮かぶようでっせ!

ついでに、弘前のねぶた祭りも検索して見てきたのでありましたv-407

>西武ファンの鴇田翔平さん

そ、そなの?
実はまだ日本の娘の手元にあって読んでいないであります。

錬金術シンボルをどんな風に使っているか、楽しみなのです^^
2012/06/09(Sat) 08:24 | URL | spacesis | 【編集
これも興奮!
S姐さま、早速見て頂きありがとう!
これも興奮しまっせ!
「銚子の跳ね太鼓」
http://www.youtube.com/watch?v=9pezLf497wg&feature=related
2012/06/09(Sat) 18:23 | URL | 夕方はまったりちゅう! | 【編集
しつこく!
これも、大興奮!涙が出ます。
http://www.youtube.com/watch?v=XoAp8l38QzQ&feature=fvwrel
2012/06/09(Sat) 18:38 | URL | 夕方も興奮ちゅう! | 【編集
聞き流し‥問屋が卸さねぇ
 語学‥難儀な事でおます。ご苦労お察し申し上げます。

日本では聞き流しのCMが耳障りな程に流れておりまする。幼子が遊びの中で聞き流しで覚える言葉とは異なり、大人にはねぇ(=_=)ほんで読み書きは、どないすっんねん‥ワタイと一緒でエエ加減!

黄金でも銭儲けでもなし?漫画は皆目、分かりません。が、花の慶次とエヴァンゲリオンは大好きです‥なぁうんじゃあ!

THE・WAY‥散骨の旅?某評論家はポリ公の「The pilgrimage road to find their own thing」が心に残った言葉やそですぅ。

写真は、名所古跡や神社仏閣は遣らず、飛行機が多いです。絵葉書調やカタログ調は駄目(p_-)プロペラ機が好きで、アヴェイロの飛行場に連泊して粗撮乱写したいです‥無論ポルトの雨や日暮れの裏通りも^^。

こちら梅雨入りです。飛行機は好い写真が撮れます。
2012/06/09(Sat) 20:06 | URL | 冬の苺 | 【編集
>ちゅうさん

跳ね太鼓、二人の息が合わないと困ったことになりますね。ダンスと同じ^^

日ごろのやり取りから、わたしと夫では跳ね太鼓もダンスも目も当てられない状態になり、周囲を笑われること請け合いですv-408

ちゅうさんと奥方ならなんとなく上手くできそうねぇ^^

>冬の苺殿

聞き流し、わたしもダメですね。
文法の理解なくしては受け入れず(笑)
その点子供ならできるのでしょうか・・・・
ある程度まではいけそうですが、果たしてどうなのかと疑問ではあります。

わが子たちの日本語教育振り返ってみても、耳だけではとても運ばなかったと思っています。

マンガはわたしも娘に触発されて手に取ることがほとんどです。
わたしの時代は「忍者武芸帳(帖?)」「あしたのジョー」「カムイ伝」ですね^^

一ヶ月以上を終日徒歩で、しかも大自然の中を歩くわけですから、人たるもの、自ずと自分に向き合うことになるのでしょうか。人知では計りえない大いなるものの力をどこかで信じています。これは「Faith」と言えるのかな?

飛行機の撮影は機会を見つけるのが大変そうですね。

今日のポルトは小雨ですが、UEFAカップ、本夕方からポルトガル:ドイツがございます!結果は後ほどに^^



2012/06/10(Sun) 02:26 | URL | spacesis | 【編集
ハガレンは、福島第一原発の電気でつくっていたアニメNO.1wwww
2012/06/10(Sun) 18:53 | URL | 西武ファンの鴇田翔平 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村