2012年6月10日

今回は2回にわたり2009年に訪れたサン・ティアゴ・コンポステラの記事
になります。

サンティアゴ・デ・コンポステラはエルサレム、ローマに並ぶキリスト教三大
聖地のひとつです。古から「星の道」と呼ばれてきました。現在も多の巡礼
者が訪れると言われます。巡礼路は下記図のようにいくつかあり、主にフラ
ンスからピレネー山脈を 越えてスペイン・ガリシア地方へ入り、終着地を
目指します。

サンティアゴ・デ・コンポステラ
画像はWikiより
        
スペイン国内の巡礼路はユネスコの世界遺産に登録され、日本の和歌山県、
三重県、奈良県三県にまたがる吉野大峰、熊野三山、高野山の三つの霊場
とその参詣道に並ぶ、世界でも珍しい文化遺産とされています。

ピレネーからは徒歩で30日以上を要するそうです。わたしが住むポルトガ
ル・ポルトからもポルトガルの道がありますが、3分の1ほど。遥かピレネ
ーを越える巡礼者に比べると10日から2週間の巡礼路、若いうちにしてみ
たかった気がします。徒歩ではないが、車で2度訪れました。わたしが見た
サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂を紹介します。


サンティアーゴ・デ・コンポステラ 

サンティアゴ・デ・コンポステラ
                大聖堂

聖ティアゴ(聖ヤコブ、またはSt.James)はガリラヤ湖の漁師で、弟のヨ
ハネと共にイエス・キリストに従った。ヒスパニアで布教活動を行い、エル
サレムに帰還後、ヘロデ・アグリッパ1世によって断首され十二使徒のうち
最後の殉教者となった。伝説では9世紀に星に導かれた羊飼いがこの地で聖
ヤコブの墓を発見し、遺骨を祭った聖堂が建てられ、そこに教会が作られた。
          
これがサンティアゴ・デ・コンポステーラの町の起源とされ、町の名はラテ
ン語の「Campus stellae」(星の野)あるいは「Compositum」(墓場)
にちなんで名付けられたといわれた。(Wikipedia引用)

    
サンティアゴ・デ・コンポステラ
広場にある巡礼者が使う杖。帆立貝はサンティアゴのシンボルで諸説がある。

サンティアゴ・デ・コンポステラ
サンティアゴは布教中にほたて貝を杖にぶら下げて歩き、これで水をすくっ
て飲んだからとも言われます。瓢箪は現代の巡礼者の水筒代わり。
   
サンティアゴ・デ・コンポステラ
かわいい托鉢巡礼ワンちゃんを見かけた。しかし、なんだかなぁ、ではある。 

サンティアゴ・デ・コンポステラ
人でにぎわう大聖堂への道

大聖堂内へ

santiago14-catedral.jpg
入り口へいざなう階段の一部
     
サンティアゴ・デ・コンポステラ

この「栄光の門」から入るのだが私たちが訪れた2009年夏には修繕中で
あった。栄光の門の中央柱に座るサンティアゴ。右手に「主が我を使わせり」
と書かれた巻物を、左手に杖を持つ。柱の下はキリストの家計図を表す「エ
ッサイの樹」。

註)エッサイの樹:ダビデ王の父エッサイからイエス・キリストにいたる系
図を一本の樹に表したもの。横たわったダビデ王の父エッサイを根元にユダ
王国の12人の王が枝になっている。 

樹の枝の一段目右はダビデ王、左にはその息子ソロモン王、トップに立つの
はヤコブの子、聖ジュゼ(ヨセフ)、その両脇には聖母マリアの父ジョアキ
ン(ヨアキン)、その左は聖母マリアの母、サンタ・アナ、頂上は聖母マリア
と幼いキリストです。 

柱、エッサイの樹の下方は、これまで多くの巡礼がこの門をくぐる際にサン
ティアゴに到着したと報告する意味で手を触れるのでその部分は手形にへこ
んでいる。

サンティアゴ・デ・コンポステラ
エッサイの樹の下、柱の足元。これがなんなのか、目下調査中。

次回に続きます。

なお、エッサイの樹については下記ポルトの「サン・フランシスコ教会」で
も触れています↓
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-687.html
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:スペイン
ジャンル:海外情報
コメント
世界ふれあい街歩き‥でも見ました、が
YOUKUには『巡礼の道~スペイン~レオン・サンティアゴ デ コンポステラ』が無いようです。NHKが街歩きを止めた途端ドッカンと200本ほど出しました、が‥巡礼の道がありません。オンデマンドにはあります、が‥なんじゃ!

金剛杖に瓢箪とホタテの貝殻‥逆光で白トビ黒ツブレも無く綺麗な仕上がりでございます。

手形にへこむ‥凄いです。石畳も角が取れてテカテカ「涓滴岩を穿つ」ちとちごたか(=_=)

今日は矢鱈と暑かったです。上へ参ります。


2012/06/13(Wed) 23:33 | URL | 冬の苺 | 【編集
>冬の苺殿

あらら、巡礼の道がなしですか。忙しい現代日本人には向かないのでしょうねw

なるほど、金剛杖というのですね。
これは教えていただきました。なにしろ祖国を離れて30年、言葉がパッと出てきません^^;

>手形にへこむ

写真に撮るのを迂闊にも忘れたおアホですv-408

こういうことをしゅっちゅうしでかしており、せっかくの取材もぱぁになることもござんす。情けなや。

2012/06/14(Thu) 22:53 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村