2012年6月16日 

大都市と違い、ポルトで本格的な日本食を味わおうというのは叶わないこと
と重々承知している。それでもたまには自分の手を煩わせずに寿司もどきを
食べたくなる。

今では日本人の板前さんがいる和食レストラン「一番」があるのだが、少し
値がはるのと出てくるのが遅いのとで、しょっちゅうは行かない。わたした
ちがこれまで試した和食レストランはずいぶんとある。が、板前さんはどれ
も外国人なので、日本人のわたしからすればどうしても「まぁ食べられるが
ちょっと微妙な味」となるのだ。

ポルトに数ある寿司レストランだが、名前からしていただけない店にはわた
しは行かない。Kyodai、Sumo、Musashi, Soho エトセトラ。失礼だが
なんだ、これは?と店名からしていぶかしげで行ってみようと言う気がなえ
てしまう。ポルトガル人からすると、よく知られる日本語なのだろうが、レ
ストラン名としてはいかがなものかと日本人のわたしは思うのである。

日本食レストランでわたしがしないことがひとつある。生魚を口にしない。
鮮度が分からないのでポルトガルに限らず、国外ではわたしは極力生魚を
避ける。マグロ類は特に避ける。なんだ、それじゃ寿司を食べることになら
ないじゃないかと言われようが、よござんすのよ(笑) 

食べ物に臆病なわたしは注文するのは専らベジタリアン用の巻き寿司だ。
夫はすし類よりもカツ丼や照り焼き魚などを頼むが、これはわたしに付き合
って已む無く行ってることの証である。カツ丼も照り焼きも日本人が出す味
には到底ありつけない。

しばらく前に米国内のニュースで「寿司屋のマグロからサルモネラ菌…
20の州で116人が食中毒に」と言うのがあった。米国の海産物輸出業者が
販売した冷凍キハダマグロが原因とも、今米国で人気の「スパイシーツナロ
ール」(マグロの赤身にラー油と七味唐辛子をつけた巻き寿司だそうだ)が
原因だとも言われているそうだ。

寿司にラー油と七味唐辛子・・・とても日本人の感覚では考え付かないわた
しは思う。そうしてみると、ポルトの寿司レストランで巻き寿司を油で揚げ
たのをメニューにしているところもあり、日本語教室の生徒さん達と食事会
をしたときに注文したのがおり、このときは思い切って一口試食させてもら
ったが、本来の寿司からは遥かにかけ離れた味で、それきりだ。

日本の伝統食品の寿司がヘルシー食品として海外に普及され人気が出るのは
嬉しいことだが、本家の寿司を離れてアレンジされた色々なメニューが新た
に出てくるのには戸惑いを感じる。

わたしが思うに、日本伝統の寿司は衛生に口うるさい日本人が、長い年月を
かけて到達した、アレンジの追随を許さない究極の形なのではないのか。

日本人のわたしたちも、カレーライスのように本来のカレーから離れたもの、
また、タラコスパゲッティもそうだが、本場の人が「え?」と思うような、
日本人の口に合わせた味が創られた例があるので、伝統寿司云々と大きな声
では言えないところがある。

それでも、鮮魚を扱う寿司の話である、海外に普及されることで、外国人に
よってあのテこのテの微妙な味のスシモドキが出現するのは仕方ないが、日
本には古来から「食い合わせの悪い食べ物」というのがある。新メニュー創
作には、是非その点も外国人の板前さんには考えて欲しいものだ。

本日のエントリーのネタはこれなのであります。

イチゴズシ

出されてド近眼のわたし、ベジタリアン寿司を頼んだのに、何ゆえマグロが
乗ってるのだ?しかもやたら赤いし・・・」と思って目を近づけてみたとこ
ろ、イチゴでありました^^;
実はエチゴジシ、いや、イチゴズシは今回で2回目なのであります。初めて
目にし、何事も経験、向学のためだ、いけ!と一念発起、エイヤ!と挑戦し
て口にしてみたのが海岸通Fozにあるレストラン「Shis」でのこと。

イチゴズシ

まぁ、これは盛り付けとして美しいところもありますが、やはり味は何とも
微妙なものでありました。今回のはイチゴズシと分かるや、もちろん、はな
から相手にいたしません。とっとと乗っかってる甘いイチゴを箸でよっけて
寿司飯のみ口に放り込みましたです。それでも寿司飯にイチゴの甘みが残っ
ていて、なんだか食べてはいけないものを口にしたような気持ち・・・

漢字で書いてやらないぞぉ、このスシ(笑)

ん?一度試して見たいなんてお方、いらはるの?もう!知りまっせん!

イチゴズシが出るレストラン、次回ご紹介いたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
喰うたらあきまへん
  あああああ~こちら雨天なり

以前、シティーゴルフに併設されたレストランでも和食を喰いはりました?「芳しくなかった」と、つぶやかれた様な記憶がおます、が‥ちごたかあ(p_-)

一昔前の『海岸通』で、ご紹介のMssareldsまでの道中記‥戻りは路面電車ご使用。「Shis」にはIntanteから、この路面電車に乗り、終点のPasseio Alegreで降りて散策がてら行けます、ねぇ‥汀は画になる物がシコタマの様です。
2012/06/21(Thu) 15:48 | URL | 冬の苺 | 【編集
>冬の苺殿

シティーゴルフのレストラン、かなり前に閉店してしまいましたですv-388
場所がちょっとね。

そうそう、苺殿、そのMassarelosですが、今年のサン・ジュアン祭はあのあたりを撮影してみたいと思ってますよ。もちろん雨が降らなければですが・・・こちらもなんだか変な気候のこの頃なのです。

Passeio Alegreももう一度出かけて撮影したいものがあります。改めて今度ご紹介いたしやんす。

そちら、ご自愛なさいませね。
2012/06/22(Fri) 07:43 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村