FC2ブログ
2012年7月15日 

尖閣問題、生活保護詐取、上野動物園のパンダ、沖縄のチャイナ発言、そし
て、多分今一番メディア紙上をにぎわしているだろう大津のいじめ事件と、
思うことは多々あるのだが、近頃思考力がどうも散漫しているようでまとめ
られずにいる。

「忙しい」と書いて「心を亡くす」。まさにその通りで、物事を捉えて考え
る時間がないというのは不安なものだ。こんなことでいいのか?と自問して
いる。つい先ごろまで元気だと思っていた人が突然病に倒れたり亡くなった
りすることが近頃は頻繁に身近で見受けられるようになった。

先だっては、71歳で亡くなった人の訃報を目にし、71歳といったら今の
わたしで行けば後何年だ?と自分の身に置き換えてみて愕然としてしまった。
たった6年しかないではないか!6年でいったいどんなことができる!?と
またまた短絡的に考えては慌てふためいている。

物事もそうだが、もちっと自分の生き方というものをそろそろ見つめる時間
が必要だと思いながらも、頼まれるとあれやこれやと引き受けてしまう情け
ない自分がいる。自分の顔はあまり外に出ないのだから「出たがりや」「目
立ちたがりや」と言うより「出したがりや」なのだ

というので、秋から開講される予定のAlmeida Garrete市立図書館での日
本語コースのプロローグとして、9月始めから2週間、同図書館の小スペー
スで日本文化展を開くことになった。この日本語コースだが、授業料はかな
り低く設定しており税金も払うことになるので交通費、駐車料を入れると手
元に入るのはあるかないか。そこで最低参加者数を設定したので場合によっ
ては開講できないこともあり得る。後1、2週間で我が日本語教室も夏休み
に入り、展示会の準備にちょうどいい。

結局は、依頼ごとを引き受けることで自らを忙しくして首をしめているのか、
はたまた依頼ごとがやってくるのは今これをせよという天の命なのか(笑)
考えないままに突っ走っている我が現状、近況だ。

さて、本題のブリュッセル巨大マンガ。今日もここからは写真が多いです。

ブリュッセルへ行くまで、巨大マンガを探しに街中を歩き回ろうなんてこと
は想像もしなかった。ベルギーはヨーロッパでは色々な人気漫画を生み出し
てきたことで知られ、ルッセルには3万冊の漫画を所蔵する「漫画博物館」
まである。博物館もいいが、わたしは知らない街を足で見るのが好きなので
博物館は行かず、二日間、午後の3、4時間は市内に隠されてあるこの巨大
漫画の一シーンを探しまわって歩いたのである。

ブリュッセル
しばらく前に映画化もされたTintinことタンタン。こんな建物の外壁に描
かれている。反対方向から歩いてくると気づかないまま通り過ぎてしまう。

ブリュッセル
ガストン・ラガフ。丈の短いグリーンのセーターに短いジーンズをはいている。

ブリュッセル
アンチヒーローキャラクタ。上の二つのキャラクタはわたしでも分かるのだ
が、以下、後は不明w絵と町並みを楽しんでもらえたら嬉しいです。

ブリュッセル

ブリュッセル
   
ブリュッセル
   
ブリュッセル

ブリュッセル

ブリュッセル

ブリュッセル

ブリュッセル

ブリュッセル

情報では市内に全部で25箇所ほどあるようですが、これが精一杯でした。
もちろん、壁画漫画の地図もツーリスト用に用意されてあります。

本日はこれにて。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ヨーロッパ
ジャンル:海外情報
コメント
面白いね!
どこかの国の錯覚する程の「だまし絵」では無いが、楽しい絵ですね。中でも、「タンタン」の絵と窓から落とした物が下の男にあたったのは、好きだなぁ!漫画と言うのが良いですね。これって、作画の費用は誰が負担しているんだろう。また、アイデアと描き手は誰なんだろう?お暇の時に調べておいてね。
昔、友人が焼き鳥屋を開く為のお手伝いで“看板”を描いたけど(ローマ字)、大変だったことを思い出しました。お礼は焼き鳥とバーボンで乾杯でした。
日本でも良き時代の映画看板を飾った町並みがあったが、今はどうなってるんだろう。
2012/07/16(Mon) 09:55 | URL | お仕事終了ちゅう! | 【編集
梅雨明けしました
 お気遣い頂き恐縮でございます。ありがとうございました。当地は、その昔はなだらかな山が幾つもあって、多くの開拓者によって農地として拓かれた様です。お陰で洪水の心配は全くございません。

相変わりませず好い写りでございます。漫画?は、どことなくアメリカンなタッチです、ねぇ‥プッププ!なんせ、アメリカの風刺漫画しか見た事がございません、ので(=_=)アメリカンヨーヨーでのスココンコン、ポルトの路面電車風‥等々どれも味わい深いです。

明日も晴れます、が、後に台風の接近です。

ぼちぼち、お遣り下さいませ。
2012/07/18(Wed) 04:16 | URL | 冬の苺 | 【編集
>ちゅうさん

画像が大きくないのでよく見えないけど、タンタンが落としているのはヨーヨーですね。

日本と欧米の漫画の違いは、ひとつにはラブコメディがあまりないことかもしれませんね。

この壁画は市内マップでも案内しているし、人家やビルに描くわけだから公の多分、市当局と漫画博物館の共催ではないかと思います。夏休み中にでも折を見て調べてみませう。

ちゅうさんも色々してきたのですね^^
昔の看板、それなりに情緒があって懐かしい時代の香りがします。あれらの記録を撮った人、いるのかしらね。もっとも日本は看板がやたら多すぎw歩道にまで食い込んでるものw

>冬の苺殿

大雨やら台風やら竜巻やらと、近頃の日本は災害に襲われることが多いですね。
くれぐれもお気をつけくださりませ。

日本と欧米は漫画のタッチがちがいますね。日本のマンガが世界の若い人たちに人気があるのは、ストーリー性もそうかもしれませんが、絵のタッチも大いに関係するような気がします。わたしはやはり日本のマンガに軍杯をあげます^^

いよいよこちらも暑くなって参りました。昨日は32度!熱気を防ぐがめ、家の中は各部屋のブラインダーを下ろして真っ暗にしておりまし(笑)
2012/07/18(Wed) 16:14 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ