2012年8月1日

システィーナ礼拝堂

ユダヤ教の解釈では楽園に描かれる禁断の果実はりんごではなくいちじくだ。
ミケランジェロはシスティーナ天井画のいたる箇所に痛烈な教皇、バチカン
批判を暗号として描き残したわけだが、ここでは紹介しきれないので、解説
に興味のある方は本を読むことをお勧めする。

その才能を見込まれ、ミケランジェロは若い頃からカトリック一色の中世に
あって、カトリックの説く教義と異なった自由思想を育む環境、芸術家たち
の後ろ盾となり古代神秘主義、ギリシャ哲学、ユダヤ教の思想を自由に学べ
る当時ヨーロッパ一の大富豪フィレンツェのメディチ家に迎えられ過ごした。

システィーナ礼拝堂はユダヤ教の神殿を再現して建てられたと言われる。
反ユダヤ主義をとりながらユダヤ教の神殿に似せカトリック教皇自身の権力
を誇示しようとする天井画計画を言いつけどおりには、到底承服できなかっ
たミケランジェロだ。彼の一徹な性格は教会の腐敗、欺瞞が我慢ならなかっ
たようだ。

この反骨の芸術家は自分しか考え付かない天井画の構想を練り続けた。バチ
カン宮殿で日常的に目にする数々の偽善や権力の乱用にたいして、日頃から
感じていた激しい思いを、投獄されたり処刑されたりせずに伝えることがで
きる方法を、である。

システィーナ天井画がカトリック教義を表す作品であるのに、天井に描かれ
た300人を超す人物の中には、実は一人もキリスト教徒がおらずキリスト
教的な含みはことごとく欠けているのだ。中世時代であることと高さ約20
メートルの天井画であればこそ、容易には見破られなかったのである。

教皇とぶつかりながら、頑固な面構えで時には教皇たちの虚栄心をくすぐり、
ミケランジェロは見事なまでにしてやったのだ。

さて、もうひとつ、ミケランジェロの反抗の作品を。
ミケランジェロの最後の仕事となった、教皇ピウス4世から依頼された
仕事、ローマの「ポルタ・ピア門」である。

システィーナ礼拝堂

ポルタ・ピア門には奇妙な飾りがある。

ピウス4世は低い身分の家柄の出身だった。身分が低いのはよしとしてバチ
カン宮殿を女人禁制にし、ユダヤ教のカバラ等の書物を焚書、ユダヤ人をゲ
ットーに強制収容にしたパウルス前教皇と同じ政策をとった教皇でもある。
他方では愛人たちに湯水の如く教会の資金を浪費してもいたのだ。メディチ
家で自由な思想に囲まれ、カバラをも学んでいたミケランジェロ、これに取
り組んだのは齢80くらいで、一徹さを相変わらず抱き続け、思い上がった
教皇に向けてまたしても強烈な一矢を放ったのである。

システィーナ礼拝堂

ピウス4世の父親は旅回りの理髪師で瀉血(しゃけつ=治療の目的で一定量
の血液を体外に除去すること)をも請け負っていた。ポルト・ピア門の不思
議なモチーフとは旅回りの理髪師が使う「一本のタオルと洗面器」なのだ。
教皇庁が気づいたのは一世紀も経ってからだと言う。

さて、最後にもうひとつ。
教会により当時は禁じられていた人体解剖だが、ダ・ヴィンチ然り、ボッティ
チェリ、ミケランジェロ等の芸術家たちは、密かに解剖学的研究をしていた
ようだ。かくして彼らは巧妙にカモフラージュされた臓器を絵画に隠したの
である。

下はシスティーナに隠されたミケランジェロの臓器。創造主を包む紫のケー
プは腎臓、もしくは脳の断面図と言われる。

Sistine_Chapel_ceiling_left.jpg

こちらボッティチェリの有名な「春」。中央に見える木々の隙間は肺の形を
している。
システィーナ礼拝堂


システィーナ天井画には知る人が見ると、解剖学の教科書に載っている構造
図に類似している多くの人間の臓器が見られるとのこと。20世紀になり外
科医によってやっと発見されたのである。

いつの時代にも権力者為政者の欺瞞、腐敗はあるものだ。が、4世紀も前の
絶大な権力を持したカトリック教、自己顕示欲にとらわれた教皇たちをこう
も痛烈に批判したミケランジェロのメッセージには芸術家の真骨頂を見る思
いだ。けだし、しんどい生き方ではある。

カトリック宗教の価値観に支配されていた時代は、科学の暗黒時代とも言え
る。今年3月から9月までローマのカピトリーニ美術館ではバチカン秘密文
書館400年を記念して門外不出100点の資料が公開展示されているとのこと。
その中にはガリレオやテンプル騎士団の裁判記録もあるそうだ。このような
資料公開が拡大され、歴史の真実を少しずつ知ることで、宗教とは、わたし
たちが生きる世界とは何なのかの問いに向き合える機会を得られるのではな
いかと、やはり長期に及ぶカトリック教支配下にあった、そしてその文化背
景を持つヨーロッパの端ポルトガルに住んで考える。

ミケランジェロの暗号は今回でおしまいです。
なお、文中、そのままではありませんが本の引用が数箇所あることを書き添
えておきます。
長い拙ブログにお付き合いくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:
ジャンル:
コメント
素晴らしい!
フレスコ画といい、ミケランジェロの隠し絵(だまし絵!?)といい、姐さまの年齢を感じさせないv-8探究心には敬服いたします。コンピューター時代の現在でも、これほどの作品は作り出せないでしょうね。日本の昔の工芸品や建築物の技術も、現在の技術者には真似出来てもそれを越える事は出来ないようですね。話は変わって、そちらではコンビニで買うようなアイスクリームとか日本のかき氷らしき物はあるのかしら?※追伸:「対外は「体外」では?と、”突っ込み”!
2012/08/02(Thu) 10:54 | URL | 猛暑中休みちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

げ!ほんまやv-388
年を重ね経験を重ねてもこの誤字丸菌は抜けませぬw

教えてくれてありがと~。訂正しました。

かき氷はないけれどアイスクリームはカフェやキオスクで普通に売ってます。
なんでなんで?

かき氷はなつかしい^^昔子供の頃夏になるとうちの「たまおばあちゃん」が屋台を出して家の前で売ってましたっけ^^
2012/08/02(Thu) 16:23 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村