2012年8月24日 

Almourol

エストレマドゥ-ル・リバテージュ地方Santarém 県Vila Nova da Bar-
quinhaとPraia do Ribatejoの間、テージュ川上流Zézere川と分かれる
辺りの川に浮かび、そのたくましき美しさに思わず感嘆の声が漏れそうな
水上のアルモウロール古城。下の地図の青い○印がその辺りです。
Almourol
     
310mx75mの小さな島いっぱいに建つ高さ18mの花崗岩のアルモウロール城の
起源はA.D.200年に遡り、要塞として長い間イスラム民族に占領されて来たの
をレコンキスタ(イスラム民族からの国土奪回運動)の勝利によりポルトガル
が手中におさめます。

Almourol
       城だけがある小さな島には渡し舟や小さな舟で渡る。      

「Almourol」とはアラブ語「Al-Morolan=高い石」という意味から来まし
た。ポルトガル語にはAlgarve、Alcobaça、Almoço等と「Al」で始まる
語彙がたくさんありますが、これはイスラム民族に支配されていた頃の名残
りです。

島へは一人2ユーロから2.5ユーロ(往復)で渡りますが、島の周囲をぐ
るり一回りしてくれ、テージュ川のキラキラ光る清清しい漣を目にできます。                                                                   アルモウロール城は地図から分かるようにモンデーゴ川(コインブラに注ぐ)
とスペインを水源とするテージュ川の中間地点で軍事上重要な要塞でした。

Almourol
         高い城壁  

コインブラが首都だった12世紀初期、レコンキスタ運動の担い手でもあり
後のポルトガル初代国王(別名コンキスタドール=征服王)ドン・アフォン
ソ・エンリッケスが援軍テンプル騎士団とともにアルモウロール城を占領し
ました。その貢献に謝意を表し城をテンプル騎士団に与えています。この後、
騎士団により要塞城は再建築されました。

古城の頂上から眺めるテージュ川の素晴らしい景色以外特筆すること
はなにもありません。 

Almourol

Almourol
                   
この頃からコンキスタ運動は大いに進められ、14世紀前半になるとポルトガ
ルのテンプル騎士団はキリスト騎士団とその名を変え、大航海時代へと世紀
を超えてつながることになります。

Almourol

さて、テンプル騎士団とは、ベストセラーで映画化もされたダン・ブラウン
著「ダヴィンチ・コードにもその名が出てくるわけですが、騎士団そのもの
が歴史のミステリーとされています。

almourol

テンプル騎士団は、11世紀の十字軍から始まり、12世紀に9名のフランス
の騎士が創立した宗教騎士団ですが、そのあまりの財力と勢力に嫉妬したフ
ランス国王フィリップ4世により迫害され、1311年にローマ法王からも正式
に解散を命じられました。

しかし、ポルトガルではれコンキスタ運動時代からの援軍です、当時のディ
ニス国王はこれをサポート、やがてポルトガルのキリスト騎士団となり、大
航海時代に寄与したと言われます。

川岸からボートで、古城だけが佇む小さな島に入りますが地理的にも車でな
いと辿りつけない場所にあり、夏の観光シーズンはいいとしてもシーズンオ
フには前もって見学する由、連絡しておいた方がいいようです。さもなくば、
船頭が来るまで長い間待たされることになりそうです。

★連絡先:Tel&Fax: 249712094
     FREE 249712094
     携帯:962625678
E-mail: jftancos@gmail.com 

最後に。このアルモウロール城にまつわる面白い話があるのです。              

上記にあるように、テンプル騎士団はフランスを中心とするヨーロッパから
迫害追放、解散させられたわけですが、アルモウロール古城、もしくは島に
はテンプル騎士の財宝が隠されているとの噂が昔からあり、城内城外も発掘
されましが、発見されたのは、ローマ時代や中世の貨幣や城の基盤跡などで、
財宝は未だに発見されていません。

が、人々の口から口への「テンプル騎士団の財宝伝説」は「この島のどこ
かに隠されている」と言われ、今でも探す人がいるのだそうですよ。

フランス国王フィリップ4世はテンプル騎士団の財産没収が目的でしたが、
フランスの騎士団本部を襲ったときには、財産は既に消えていました。
以来、テンプル騎士団の財宝を巡る噂は後をたちません。財宝の一部は、
恐らく大航海の費用に使い果たされたとは、わたしの推考です。

島に足を踏み入れると、砂地を踏みしめながら古城まで上り歩き、急勾配の
ガタガタした、今にも崩れ落ちそうな木のハシゴで古城の要塞のてっぺんま
で上がるわけですが、脚腰の筋肉を十分に使いますよ。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村