2012年9月2日 

いるけどいないもの、なぁに?

その答えは、8月初旬から3年半ぶりにポルトに帰省している我が東京息子
である。いるはずなのだが、いないのである、ほとんど家に(笑)

明日早朝にはもう日本へ出立するというのに夕方の今、まだいないのである。
ま、ひざ突き合わしてするほどの話も今更あるわけではないが、あちらの友、
こちらの友と、ポルトガル北部、リスボン、南部アルガルベへと飛び回って
一時も家にじっとしていることがない。

joao

丸一日共に時間を過ごしたのは、4週間のうちたったの一度、ドウロ川上流ク
ルーズだけではないか(笑) それすらもその日の夜にはリスボンへと車で
南下して行った。一昨日帰ってきたと思ったら、夕食後、今度は北のコンサ
ートで出演するからとお出かけでござる。一体全体、なんと言おうか、もう
言葉もございません^^;夫は苦笑するのみだ。


友人たちに久しぶりに会うだけでなくて、恐らく音楽関係も絡んで、行動範囲
を拡張しているのだろうが、こんな調子で体を壊さないかなとそれが気になる。
そんなことを思いながら、自分が息子と同年代には何をしていたかとふと思い
出して見た。

joao joao

当時、大阪で一人暮らしのわたしは、渡米の夢膨らませ貯蓄に励んでいた。
昼は洋書関係のオフィス勤め、夕方から夜9時までは梅田新道にあったアサヒ
ビアハウスで歌姫のバイトをしていたが、いよいよ渡米が間近になる頃は、
もう少しお金があればいいなと、新開店で普通の喫茶店と趣向を変えたこと
をしたいと、向こうから飛び込んできた歌のバイトを、ビアハウスが引けて
から、多分一週間ほどだったと思うが、受けたことがある。

夜11時に終わり家路につくころは、さすがのわたしもクタクタであった。
ふらふらの足取りで家に着いた初日、心配して電話をかけてきた友人に
「おまえ、やめれ。アメリカへ行く前に死ぬぞ!」と言われたものだ。

結局わたしは声が響かない悪条件の元、とにかく最後までやりきったのだが、
今にして思えば、アメリカに行きたいとの必死の思いがわたしをそこまでや
りきらせたのだろう。あの頃の自分と今の息子が少し重なって見える。
joao

今の道が彼の人生全てではないかも知れないが、こうしてひとつことを思っ
てしゃにむに突っ走るのは多分今こそなのだ。 

堅実な人生のプランを立てて生きる人もいれば、その時その時の目標に向か
って懸命に生きるわたしのような人生もある。結局わたしは渡米の夢を果た
し移住するつもりが、気がついてみるとヨーロッパの端の国の小さな街に身を
落ち着けている。その道一筋に行かなくなったとしても何事も懸命になると
いうことは、人生のほかの道の扉につながるような気がする。

joao


つい先だって、言語関係のバイトをするかもしれないとのモイケル娘とのやり
とりで、翻訳の話になった。
センスと専門性が問われる割には評価されないのが残念だと彼女は言う。
だね。風と共に去りぬのスカーレット・オハラの最後のセリフ、
「Tomorrow is another day」を「明日は明日の風が吹く」なんて訳した
人、すごいと思うとわたしが言えば、モイケル娘、
「あれも好きだよ。月がきれいですね、」
「なんだ、そりゃ?」
「夏目漱石がI love you を日本語で愛してるって訳すのはしっくり来な
いと言ってそう訳したんだそうだ」
「なんだそりゃ?I love you と 月がきれいですね、とどういう関係が
あるのよ」とのわたしに、娘いわく、
「日本人なりの遠まわしな告白なんじゃない?」

がーーーんと一発頭をぶたれた気がした。モイケルよ、そなた、わずかの間
に日本人というものを、いや、古き善き時代の日本人の気持ちを汲み取れる
ようになったとは。おっかさんのほうが、今ではむしろ、そういう見解から
離れてしまったように思われる。参りましたぞ。

で、と(笑)今の突っ走ってる息子を見ているとなんだか切なくなってくる
のだが、「月がきれいですね」^^
って言うのは、この場合ちょっと違うか(笑)いやいや、やはりね、こちら
の人のように息子や娘に「I love you」と言うのは照れくさくって言えた
ものではございません。やっぱり

「息子よ、娘よ、月がきれいですね」

今日はおしまい^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
息子はどこも同じだね!
我が家の息子二人も、親とじっくり話をするなんて言う事は無いですね。次男は、一人暮らしで久しぶりに帰って来ても、付き合いが忙しく「お〜っ来たのか?」。「もう帰るのか?」。の言葉を交わすだけ。v-389
テニス仲間の娘さんは帰国子女。陶芸制作とは別に翻訳の仕事も。翻訳の仕事を得るって大変らしいね。それでも実力を認められ、NHKのスペシャル番組に。全てを携わった訳でもないらしいが、番組そのものが面白いのでご紹介します。NHK BSコズミック フロント
www.nhk.or.jp/space/program/cosmic.html
2012/09/03(Mon) 10:16 | URL | お仕事中休みちゅう! | 【編集
一緒やなあ
随分前になってしまったけど、帰省したときとにかく母は私を喉まで出そうなほど食べさせて、「いいからいなさい」と言ったものです。
私としては、ここぞとばかりに名物を食べ歩きしたかったんですけど(爆)懐かしい店に寄ったその一店しか行けませんでした。

今度帰るときはいつになるやらわかりませんが、少し余裕をもって帰りたいです。故郷の山奥を撮りに行きたいので(ってやっぱり足は外w)
2012/09/03(Mon) 13:06 | URL | なみ | 【編集
自分が感動した景色を伝えたい相手っていうのは、よっぽど大切に想っている人なんじゃないかと思うのです。

こちらの月もきれいですよ。
2012/09/03(Mon) 21:30 | URL | もいける | 【編集
>ちゅうさん

あ、そちらも同じですか?w
まぁ、大きな図体でゴロゴロ家にいるのもなんだけれどもね。

ご紹介の番組、面白そうですね。
故カール・セーガンさんの「コスモス」は本で読み、
テレビの連載もみたものです。後でゆっくり拝見。
ところで、モイケルのバイトは翻訳にあらず。まだ決定していないので
言えないのであるw
少しは涼しくなりやんした?

>なみちゃん

親に少しでいいから顔見世するのも大きな親孝行ですね。

昔の人が言った「いくつになっても子は子」、これが
分かる歳になりました。

なみちゃんもお母さんがお元気なうちに、がんばって帰省してあげてね。

>モイケル君

おお、なんだか言うことが日本的、そしてしっかりしてきたぞ^^
読書、大いにしてください。それで、面白いのがあったら教えてくだされ。
勉強、がんばれ。

2012/09/05(Wed) 15:58 | URL | spacesis | 【編集
先日はありがとうございましたm(__)m

ちょいちょいと来ては読み逃げばかりでしたが、
おっとと!竜巻は落ち着きなく、でも、その賑わいを運びまわっているのでしょうかw

はてさて、月が・・・
うちならどうだろう・・
月が・・いや、
あれやこれやと指差した星空だろうか、
「なぁおい!星綺麗だぜ」
そんな事を言って言わせて(そんな域にw)みたいものですわい(= ̄∇ ̄=)
2012/09/06(Thu) 00:15 | URL | マー | 【編集
>マーさん

いえ、どういたしまして。

落ち着きなく周囲を振り回すのも若さでしょうね。

星空はいいですね。頻繁に仰いだ夜空ですが、
今でも時々深夜に目を覚まし、星座を眺めます。
飼い猫にでもいいましょうかね。
「なぁおい!星綺麗だぜ」

二学期が始まり、またお忙しくなることでしょうが、
ご家族のご健康を願っております^^


2012/09/07(Fri) 06:22 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村