2012年10月3日 

前回の記事「大阪」が出てきたところで、本日は随分と長い間放置してきた
カテゴリ、「あの頃、ビアハウス」にカムバックです。

長くお付き合いいただいているブログ友のみなさまはもうご存知かと思いま
すが、不才わたくしがあつかましくも歌を歌って多少稼いでいた頃の思い出
話シリーズなのです。

当節、大阪ではドイツのビアフェストこと、オクトーバーフェストが盛大だ
と聞きます。かれこれ30数年前の先駆けて1970年代、我が歌姫バイト先
の梅新(梅田新道)交差点にあった大同ビルの地下、「アサヒビアハウス」
では既に年に一度の10月にオクトーバーフェストが催されていたのでした。

当時としては国内で唯一のオクトーバーフェストであったと思います。ドイ
ツ領事やちょっとした著名人、それにたまにTV局が入ったりしていました。

普段はアコーディオンとリズムボックスのみで歌うビアハウスもこの日は
オーケストラもどきのドイツの民族衣装を着た楽団が入り、前売りチケット
は売り切れになります。

わたしが「先輩」の定冠詞をつける只一人の御仁、歌の大先輩こと宝木嬢と
わたしの歌い手二人の「梅新アサヒ」もこの日は他店からも歌い手さんが
合流します。歌い手さんたちはみな音大出身で、その中に宝木嬢にスカウト
されて歌い始めた素人のわたしが紛れ込みます。ホールは人でぎっしり、
ビアソングと人の熱気と喧騒でにぎやかなことこの上ありません。

アサヒビアハウス・フェスト
写真左はベルリンオリンピック(!!)の水泳競技金メダリストの葉室鉄雄
(てつおは古い漢字)氏。アサヒビアハウスの常連でした。


我が声域はアルトと低くに、コーラスでは高校時代からいつも低音でした。
低音で声が大きいものですから、数人の高音でも一人の低音で、かかってこ
い!という具合でした。

故にモイケル娘からは、
「おっかさん、地声の低音でドス効かしたらこわいよ・・・」
と言われる始末^^;なんでぃ、これでも一応女の子だい。

このビアハウスの歌姫バイトがあったからこそ、5年ほど昼夜働き、わた
しは30をちょっと過ぎた頃にやっと長い間の夢だったアメリカ留学が果
たせたのですが、意思あるところに道は拓けるであります^^

解体されるまえの梅新アサヒビアハウスは大きな大理石柱も有名で、四季
を通して欠かさず通ってくる何人もの常連さんで毎夜9時まで賑わったもの
です。歌われる歌はビアソングもさることながら、オペラのアリアやオペレ
ッタからもたくさん歌われていました。

シャンソンやカンツォーネもわたし用にとOKが出ていました。どの歌にして
も、悲しいのはしめっぽくなりビールがまずいのでダメw、場を盛り上げる
陽気な歌で、客も歌い手も毎晩ビールで乾杯ですからね、楽しくないはずが
ない(笑)梅新アサヒビアハウスは当時は日本でも数少ないドイツ式を装っ
た老舗でもあったわけです。

現在は改築された同和火災ビルの名もフェニックスタワーとなり、その同じ
場所の地下にこれも店名を変えて「アサヒスーパードライ梅田」となって
いますが、我が脳裏に忘れえぬ姿で残るのは1970年代そのままの「梅新
アサヒビアハウス」なのです。

大阪時代、20代も後半でしたが、我が青春まっさかりのビアハウスの思い
出を常連さんを描く事で綴っておこうと思い立ったのは随分まえのことで
す。記憶が薄れないうちにとダーッとめくら滅法に綴ったのが誤字だらけ
の第一弾多分20章くらいでしょうか。そして誤字を直し言い回しにもう
少し手を加えてみたのが第二段。つまり、ここに載せつつある分なのです。

なんだかんだと話題の手を広げるうちにいつの間にか忘れておりましたが
今後、時折取り上げてまいりますので、よろしくお願いいたします。
なお、これまでの7エピソードは左カテゴリの「あの頃、ビアハウス」を
クリックいたしますと、読むことができます。

本日のエピソードは、アサヒビアハウスから遠く離れ、かれこれ25年ほ
どもたったある日に、風の噂で耳にしたかつての常連さんの思い出話です。
以下。

あの頃、ビアハウス「A.D.」

アサヒビアハウスの常連で名物男の一人に「AD」と皆から呼ばれていた
おじさんがいました。毎日顔を出すわけではないのですが、ちょっとした
風貌で人気者でした。その風貌と言うのが、 いつも広島カープの赤い帽
子をかぶり、ガニまたで歩く足に履く赤い靴だけはやけにピカピカ光って
いるのです。
  
けっこうなお歳で当時はもう70近くだったかも知れません、小柄な人で
した。赤い帽子をとると頭はこれまた靴と同じくツッルツルのぴっかぴか!

よく気をつけて見ると、両目がアンバランスなのですね。それで片足が
少し不自由で、足を引きずって歩いていました。若い頃はボクサーだった
と聞きました。

多く話す人ではないのですが、話し始めると江戸っ子弁かと思われるような
べらんめぇ調が入ってきます。^^顔いっぱいに浮かべる笑みは、どこか
少年のような無邪気さがあってとても魅力的な小さいおじさんでした。
  
独り身だとのことで、当時は大阪のどこかのボクシング・ジムに住んでい
ると噂されていました。が、ADについては、誰も多くを知らないのです。
他の常連たちのように9時半までの長居をしたことはなく、ビールを1、2
杯飲んだ後、片足をひきずって地下にあるビアハウスのドアを出て行くAD
の背中には一抹の寂しさが漂っている気がしてならないのでした。

ビアハウスの歌は6時半から30分間が第1ステージ、歌姫は30分休憩で
す。7時半から第ステージで再び3分の休憩、そして8時半からの30分
が第3ス
テージで、ステージの終了時には、わたし達二人の歌姫が合唱で「Auf
Wiederseh´n」(アウフ・ヴィーダゼーン=ドイツ語、また会いましょう
の意味)と、ドイツ語で歌い、マイクで挨拶をして9時に終了です。ラス
トステージの「アウフ・ヴィーダーゼン」についてはいずれ綴るつもりです。

ステージが終わり休憩に入ると、わたしは時々呼ばれもしないのに両腕に
自分の歌の楽譜を抱えてADの立ち席まで行ったものです。(彼はけして
座りません)
 
 「おじさん、元気?」と声をかけると、決まって、
 「おお、あんたも元気かい?」
  
ADのアンバランスな目が、なぜかウインクしたように見えたりするのでした。

あれからふた昔以上が過ぎていましたが、ポルトガルに来てからこのかた、
一度もADのことを思い浮かべたことはありませんでした。

それがしばらく前のある日、ひとづてに、そのADのことが耳に入りました。
ADが何歳で、そしていつのことだったかは知らないけれども、亡くなって
いたのです。路傍での孤独死だったと聞きます。

誰も引き取り手がなく、アサヒの常連の一人が引き取り彼を知る常連たちが
集まっての見送りになったそうです。
  
わたしは少し堪えました。
随分若い頃、20代も半ばを過ぎる頃までのわたしは、若気の至りで「例
え明日、この身の命が無くなってもいい」くらいの無茶な意気込みで、日々
を、あの頃にしてみたら一生懸命、しかし、今振り返って見ると無謀にしか
思えないような生き方をしていたものです。「例え路傍死しても」との思い
があったのも若さゆえだったと、今にして思います。

「路傍死」
その言葉に記憶があるわたしは、A.D.のその孤独な死が堪えまして涙が後
から後から出て止まりませんでした。
  
ADが若い頃どんなボクサーだったのか、誰か覚えている人はいないのか、
今となっては知る由もありません。

「アサヒは人生のるつぼ」だとわたしが思うひとつのストーリーではあり
ます。

A.D.に、心をこめて、合掌します。


ドイツ語が見つからず。イギリスの国民歌手Vera Lynnが英語で歌ってい
るノスタルジックな「Auf Wiederseh´n」をクリックしてYoutueでどぞ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
若い!
いや、アサヒビアハウスで歌っていた写真がね!若さと言う光が身体中から発光している。自分もこうだったろうなと・・!何をしてもこの頃は楽しかったね。仕事の帰り、終電手前で電車内はもちろん会社勤めの男女。見回せば、ちゅうみたいな年寄りはほとんどいない。渋谷の松濤界隈の仕事先に夜行ったが場所が分からず、ウロウロ。そこへ小学生の女の子が学校帰りなのか歩いていたので、道を尋ねたら「方向が同じなので一緒に行きましょう!」と。暗い夜道、変なおじさんだったらと、逆に心配してしまいました。人を信じるって、まだまだ日本は捨てた物ではありませんが、政治家と官僚だけは信じられません。うむ!?何か、とりとめの無い話だったね!
2012/10/05(Fri) 23:32 | URL | 三連休ちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

他にほめどころがなかったろうけれど、眼がキラキラしてるねとはよく言われました。

希望に胸膨らましてたのよね、アメリカへ行くのだ、いつか絶対行くのだ!ってv-291希望っていいです。

あの頃のように大きくはないけどまだ目論んでることが
あるのよん^^

ところで、ちゅうさん、その子にちゃんと言ってあげましたか?「おいちゃんは悪い人間じゃないけど、世の中にはおいちゃんみたいにいい人だけじゃないから、次からは気をつけるんだよ」って。

それにしても終電車も近い時間に小学生の女の子が一人で歩いているなんて・・・危ない!

今、イギリスでApril Jonesと言う5歳の女の子が行方不明で大捜査してます。普段から小さい子供たちだけで遊んでいてもこれまで何の事件もおこらなかった、住人たちはとても安全な地域だと自慢していた田舎です。

ちゅうさんの会った女の子がこれから先もわたしのように、どうか運よくいい人にいつも回り逢えますようにと祈らずにおられません。
2012/10/06(Sat) 01:57 | URL | spacesis | 【編集
目論みって?
何を目論んでいるの?
旦那がまた、冷や汗を掻くような事ではないでしょうね?
女の子の出会いは、午後の6時前でした。
住宅街で小雨も振っていました。
が、ちゅうの醸し出す雰囲気が“安全なじじい”と見えたのでしょうv-8
直後に案内の若者が走り寄ってきたので女の子に「ありがとね!」と礼を言って別れましたが、姉様のご指摘の言葉は思いつきませんでした。この次には気をつけて声をかけますね。
イギリスの事件、数年前もあったような記憶が!?そのときの犯人は11~12歳ぐらいの少年二人の犯行だったような!?無事であればよいね。
2012/10/06(Sat) 09:46 | URL | これからテニス始動ちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

年数がかかりそうだし、ひょっとしたらこの歳からというのはどうなか?という気持ちも無きにしも非ずなので、な、い、しょ(笑)

大丈夫です、冷や汗の種類ではござりません^^

ところでちゅうさん、テニス始動って、大丈夫なの?
2012/10/08(Mon) 00:52 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村