2012年11月16日 

アーティストで友人のちゅうさん が今日のブログで「民主党という沈没船か
ら逃げるネズミたち」をもじってイラストを載せています。こういうのを見る
と深いため息が出ると同時にその節操のなさに苦笑してしまいます。保身に
奔走するこういう輩は政治家を辞めるがいい。後ろの公認党看板が変わって
も夢、一票を投ずるべきではないとわたしは思っている。

「野田首相が苦悩している元凶は、輿石氏の裏切りだ。輿石氏は、野田首相
を12月中に引きずり降ろし、細野豪志政調会長を新首相に担ごうと党内工
作をしていたという。しかも、裏には小沢氏がいて、2人は手を握っていた
とも。この動きを知り、野田首相は相当ショックだったようだ。この「小
沢・輿石密約」説が政局を動かしたのかもしれない」とzakzak(産経新聞
社):スクープ最前線にあります。 
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121114/plt1211140712000-n1.htm


まぁ、大小の違いこそあれ、政界同様どこの社会でもこういう人間同士の醜
い闘争はあるのですが、そういう中で「自分の意見を言わないでやりすごす」
とか「ずるい手段を講じる」とかは、したくないものだと己に言い含めてお
ります。

ということでこの数日今か今かと待った衆議院議員総選挙、十二月四日公示、
十六日投開票の正式発表となりました。

2009年8月の衆議院選挙でわたしはこんなことを書いています。

熱かった(暑かった?)衆議院選挙も終わり、日本人の多くは民主党政権を
選びました。

西松建設に始まる不正献金疑惑の小沢一郎、「故人献金疑惑」を抱える鳩山
由紀夫の国民に対する説明は,マスメディアの世論調査を信じれば「不十分
である」と考える人が70%に達していると言うのにそれをケロリと忘れて
民主党を選択する脳天気な日本国民。

古くから云われている言葉があります。
「国の指導者は国民のレベルでしか選べない」
云い換えれば「政治家は国民の鏡である」(鑑ではありません)   
            ブログ「大事小事」より

口下手なわたしの気持ちをよく表しているブロガーさんのお言葉をお借りし
て。のらりくらり交わして疑惑の納得できる説明を国民にしない二氏をトッ
プに頂く政党政権はわたしは腑に落ちない。

自民党の不甲斐ないのは承知していますが、党大会では国旗を掲げない党、
国旗を切り二枚張り合わせて党の「神聖な旗」を作る党が、国民の投票で政
権をとったのですから、日本がこれからどんな方向へ舵を切っていくのか、
不安は否めません。
が、これが民主主義の結果であれば受け入れしかありません。

自民党は公明党と組んできたことで、保守から見放されたのでしょう。これ
を機に、自民党には公明党との決別をし、政の何たるかを初心に帰って見直
し、新たな姿で再び復活してくれる日を待ちながら日本を見ていきたいとわ
たしも心を新たにしたいと思います。

ただ、今回の選挙で、こういうのは辞めて欲しいと思われる幾人かの大物政
治家が落選したことは極めて喜ばしいことです。

はぁ・・・・予想していたとは言え、失望、大きいって・・


この3年間、母国はどれだけボロボロになったことか、もういいから勘弁し
てよと言うくらい本当に長かった。そして肝に銘じたのが、メディアは真実
を伝えようとはしない、自分で情報を収集して考えなければならないという
ことでした。

さぁ、いよいよ選挙、誰がふさわしいか色々勉強しなければなりませんが、
政権が変わったからとてすぐにわたしたちの生活が改善するのではないと
いうことも覚悟しておかなければならないと思います。

さて、このところブログ更新を怠ってチョロチョロ動き回っておりました。
そのひとつ、1時間ほど歩いたポルト市立公園の散策道をば。

ペナ宮殿


BoaVista通りの公園の主要入り口。公園にはいかにもミスマッチな大理石
の2柱。未だに謎が解けていません。
 
parquecidade

市立公園は83ヘクタール(1ヘクタール=10000㎡)の広さがあり全
散策道は10キロに及びます。

paruquecidade
こんなのどかな光景も。

parquecidade

園内の林に足を踏み入れるときのこが。落ちているのは独特の香りをもつユ
ーカリの実。亡くなった夫の母は香りを好んでタンスの奥にこれを忍ばせて
いました。わたしはどちらかと言えばユーカリの香りは苦手^^;

parquecidade
こちらは隣町Matosinhos(マトズィーニュス)に隣接するポルト側の海沿
いの入り口。潮の香りがします。


parquecidade
園内数箇所に設置される休憩のイス。

parquecidade
ワンちゃん入園OK。ただし御用の向きはこれをご使用ください。

parquecidade
木々の間から差し込む秋の木漏れ日。

で、こちらは、しばらく前にブログデ取り上げた10年ぶりほどで再会した
ドイツから一時帰国したかつての我が日本語教室の生徒さんだったアルフレ
ッドさんを囲んで、ダウンタウンのスシレストラン、Kyotoにて。
kyoto

当時同じクラスで勉強していたマリアさんも合流。この二人が我が塾の最高
齢者です。彼らの向学心にわたしも負けておられません^^

それでは今日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
あれま!?
大したイラストでもないのに、ご紹介ありがとうございます。ほんとに日本の政界の体たらくには、辟易です。また、政治家どもは「日本のため!」や「国民のために!」と心にも無い事を叫ぶんでしょうね!
もう『しゃめて!!』と叫びたいくらいです!ほんと!笑った!!
2012/11/16(Fri) 22:23 | URL | ぼち、ぼち仕事ちゅう! | 【編集
最初の写真
ブログにコメントは久しぶりですv-238
最初の写真の柱、うっすら赤くないかしら?
何だか鳥居の柱みたいね。
2012/11/17(Sat) 02:46 | URL | なみ | 【編集
>ちゅうさん

しゃめて・・・・
モイケルめ、再度ブログでバラシたのねv-408

ところで、政界の体たらくにわたしもこの3年間、おかげでたくさん勉強させてもらいました。
まさに魑魅魍魎の世界ですね。

>なみちゃん

ピンクの大理石ですね。
どこかから移動してきたのかしら?
場所的になんともチグハグでしょ?
きっと意味があるんだろうなぁと思っているのです。

2012/11/17(Sat) 04:52 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村