2012年11月26日 

今ポルトにどのくらいのスシバー、スシレストランがあるのだろうか。
わたしの推測では20軒前後であろう。その中で日本人の料理人さんがいる
のは、以前にも書いたように10日ほど前の誕生祝に夫が予約をいれて連れ
て行ってくれたFozの海に面する「Ichiban(一番)」のみだ。

Ichiban
日本レストラン「一番」


イチゴズシ イチゴズシ

ここではイチゴズシ(↑)だのマヨネーズ入りのカリフォルニア巻きだの巻
きズシ天ぷらだのがメニューにないのが嬉しい。そうだと知っていながら、
新しいスシバーが開店するとつい味試しに行ってみることになる。

Ichiban
「一番」の二階の席から海が展望できる。窓枠が黒なのでまるで一枚の絵
のようだ。

そんな訳で、ついせんだって味試しに出かけたのがボアビスタのHF Fenix
Porto内に最近オープンした「Kyodai Sushi Bar & Terrace」です。
ホテルのロビー正面からそのまままっすぐレストランに続きます。

Kyodai

入り口から見る赤と黒を基本にした鮮やかなデザインの絵画とフロア。
野点傘がちょっとゆがんだ感じが気になるのですが、実はこの絵、ひょっ
として知人の作品ではないかと思い、それを確認したい気持ちもあって
出かけたのですが、残念ながらそうではありませんでした。

Kyoudai

Kyodaiはレストラン、スシバー、カクテルバー、テラスに分かれています。

Kyodai
スシバー

さて、名称「Kyodai」は日本語の「兄弟」。ホテル内のレストランは実は
第2店でもう一軒は古くからリベイラにあり、残念ながらわたしは行ったこ
とがなし。「兄弟」とは日本レストランの名らしからぬと思ったのですが、
経営者がEdsonさんとEdivaldoさんの二人のブラジル人から来るのだそう
です。

お味のほどは、まぁまぁ合格でしょうか。イチゴの時期が過ぎ、代わりに
ラズベリーを使ったにぎりがでてきます。わたしはオーダーする際に「イ
チゴは要らないです」と注文をつけるのですが、そう頼むとラズベリーが
出て来ること二度。このスシバーでもラズベリーズシ、マヨネーズ入りカ
リフォルニア巻きがでました。
次回には「Morango(イチゴ)もFramboesa(ラズベリー)も要らない。
マヨネーズも要らん」と注文をつけなきゃ^^;

本式の日本風味は、日本での生活経験でもない限りポルトガル人のみなら
ず外国人の口にはなかなか合わないでしょう。
欧米で巻き起こっているスシブーム、イチゴズシを代表として様々な創作
品が出現し、いつの間にか本家の寿司からは想像もつかないようなものが、
今後も出てくるような気がしてなりません。

いかなる国の文化もいったん流出され始めると、異国の地に広まり定着す
るためにアレンジされるというの憂き目を見ないものはないのでしょう。
わたしはこちらでスシを食べると日本では決してない独特の食後感が残り
ます。米はもとより酢、砂糖、スシネタそして何と言っても水の違いがそ
れを引き起こすのでしょう。分かっていながら一定期間が過ぎると、
「スシの味見を今一度」を繰り返す懲りないわたしではあります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
日本の回転寿司でも
マヨネーズが乗っかったお寿司がでてきますよ(^_^;
お肉が乗っかったり、寿司飯にこれ?!っていうのが結構あります。
サラダ巻はコンビニでもあるんですが、寿司店で出るのだとアボガドのもあるんで、結構これは好きです。
デザートも回ってきます(笑)
久しく本格的な寿司店に行ってません。大西洋のクロマグロの漁獲量を増やせるみたいなので、安く食べられるかも、なんてニュースでやってました。そちらはどうですか?

やっぱり自分で作るのは厳しいですか?恵方巻きなんてのがありますがv-22
2012/11/28(Wed) 18:10 | URL | なみ | 【編集
あらら、日本でも最近はそうなの?
わたしは日本で口にしたことがないです
アボガドやマンゴーはこちらではカリフォルニア巻きの定番ですね。

わたしはまだ一度も回転寿司に行ったことなし。どうも心配だったりするのです。

巻き寿司や押し寿司はときどき作りますが、米酢はもとより寿司酢も近頃は手に入らなくなり、貴重品ですw
いざとなればブドウ酢を使うことになるのですけどねw
2012/11/28(Wed) 19:23 | URL | spacesis | 【編集
変わり種すし!?
前述にもありますが、「回転寿司店」は、伝統的な寿司以外も色々出していますね。まず、注文しませんが。日本でもいろいろな方面で、外国の料理をアレンジして出すところはいくらでもありますが、日本人の舌に合うよう工夫しているので、本場物よりおいしいかとも!?「いちごすし」などは、そちらの人がおいしいと感じれば、立派なアレンジ料理ですね。こちらで言うと「いちご大福」とかね。物珍しさもあって一時食しましたが、自分の中では定番にはなりませんでしたね。やっぱり大福は小豆あんこのみが一番。にしても、レストランのインテリアが素敵だね。料理も高いんだろうな〜!
数年前に亀戸方面の名高い寿司店で食べたすしが、めちゃくちゃうまかったが、支払う段になってめちゃくちゃ値段も高かった。ゾッとしたね。接待だったけどv-8自分だったら、青くなっていたかも?そこの店では、外国人数人がすし職人になるため、修行に来ていた。
2012/11/29(Thu) 09:28 | URL | 足を引きずりながらお仕事ちゅう!? | 【編集
ちゅうさん、仰せの通り、こちらもなまじっか純日本風の寿司よりも、こちらの人の口に合わせてアレンジするのでしょうね。文句は言えませんですね。

インテリア、すてきでしょ?
それでお味については帳消しってことでv-290

今日は御呼ばれで夫と一緒に知る人ぞ知る隠れところの有名なレストランで晩御飯をいただいてきます。

もちろん後ほど報告します!

んで、脚は大丈夫?
2012/12/01(Sat) 02:02 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村